イギリス生活

2011年2月 9日 (水)

2月8日

まきが送った荷物が届いた。
Img_0067

特にうれしいのはおかき。ときどきこういうお菓子を食べたくなる。日本にいたときは、まきと一緒に買い物に行ったときに、まきの目を盗んで勝手に買い物カゴのなかに入れたこともあった。ビールのつまみとして重宝しそう。小分けされているから、食べ過ぎる心配もないし。

そしてバレンタインということで。

Img_0068

お茶チョコレート。今年の冬は、コーヒーとチョコレートという組み合わせにふたりではまって、仕事休憩の定番になっていた。糖分をとると頭が働くし。ふたりとも甘いものは苦手だけど、ビターなチョコレートは好きなのだ。

入れ物がとてもかわいい。
Img_0069

こっちではインスタントコーヒーばかりだから、やはりここはひとつ、いいスコッチを買ってくるべきか。

中身はこんな感じ。
Img_0070
Img_0071

もったいなくてまだ1枚しか食べてないけど。どのスコッチに合わせようかな。

というわけで、なんじゃかんじゃと忙しいなか、ひとつ夜の楽しみができました。まきちゃん、ありがとう。

2011年1月31日 (月)

1月30日

・午前中、投稿する論文のアブストラクトを書く。
・僕の日本語は下手なので、まきに手伝ってもらう。
・というか、僕が断片的に思い浮かべた日本語をまきにつなげてもらったというほうが正しい。
・こういうとき、彼女がパートナーであることの大切さを認識する。
・それは単に自分の研究に役立つということではなく、無駄に言葉を費やさなくても通じるような文脈を共有しているということにある。
・その文脈は、一緒に暮らすことで広がって、研究だけでなく、高校野球、本、食事に至るまでになった。
・だから日本に早く帰って、また一緒に暮らせるといいのだけど。
・最近、まともな日本語の文章を書いていないから、この文章もひどい。
・眠い。
・終わり。




2011年1月29日 (土)

1月28日

Img_0065

救援物資。深謝。

2010年9月16日 (木)

9月15日

Dsc00186
マキからの救援物資がきょう到着。相変わらず、神業のようなパッキング。やはりインスタントラーメンは日本製だなあ。あと、食べるラー油が入っているのも嬉しい。麺つゆは最近パスタにも使うようになったので、消費量が多くなりそうだし、とてもありがたい。さてなにから平らげてやろうかしら。

ネットで配達記録を確認すると、昨日の朝には着いていることになっていたので、昨日の晩飯はラーメンにするつもりで帰宅。しかし管理人からの受け取り通知が郵便受けに入っていない。予定が狂ったけど、頭の中はラーメンでいっぱいだったので、近くのアジア系雑貨店で辛ラーメンを購入。勢いが止まらず3袋を食べたら、今日は一日中腹痛に悩まされることになってしまった。でも悪いことばかりでもない。その雑貨店でごま油を見つけたからだ。これで料理の幅が広がる。マキと相談して、とりあえず蒸し鶏を作ることに。今日の酒のあてになる予定。楽しみ。

2010年9月12日 (日)

9月11日

Dsc00181

ネギパスタ再び。
ネギを大きく切りすぎた。要練習。

2010年9月 8日 (水)

9月7日

買い物に行ったテスコでネギを見つけた。
こういう時はとりあえず購入して、マキに相談してどう料理するかを相談する。
結果、パスタにしようということでマキにレシピを教わって作ってみた。
麺つゆとサーモンとネギの組み合わせはなかなかにうまい。
時間配分に気をつけて、もう一度挑戦してみよう。

Dsc00179

2010年9月 6日 (月)

9月5日

どうにかマンチェスターに到着。ホテルのパブのカウンターでギネスを飲みながら、ipadでぼんやりと文章を書いている。やっぱり便利だなあ、これ。もう少し変換が賢ければ文句なしなんだけど。

なんとなく夏休みを回顧。

今年の夏は、春からずっとお互いにひとりだっただけに、目一杯ふたりで遊んだ。

まず京都。もうここの住人ではないのだという寂しさ。僕もマキも大学生になった時から住み続けていただけに、京都に来てホテルに泊まるというのは、なにか悲しい。ちなみに今回泊まったホテルでは、履正社が大体大浪商に勝って甲子園出場を決めた試合を見たような気がする。そして日本酒バーTさんの相変わらずの居心地の良さ。

滋賀。実家に滞在。あと一眼レフの写真にメロメロになる。この夏のマキの料理の写真はとても綺麗だった。高校野球の記憶がないということは、開幕前だったのだろう。

そして天草。滞在するのはこれで2度目なのだけど、やはり独特。ひと、食事、建物。いろんなものが歪んでいて、伝言ゲームの果てのような。露天風呂から見た星の多さ。ついでに、明徳義塾が本庄一校に勝っていた記憶もある。

人吉。山の中にある町。山の見える風景はいくらでもあるのだけど、四方360度すべて山というのははじめて。そしてJR九州のサービス精神。夜の人吉に圧倒されて、甲子園の記憶なし。

和歌山。マキのご実家にお伺いするたびに、たくさん料理をいただいてしまう。僕ばかり食べてしまって少し恥ずかしいのだけど、美味しいのだから仕方ないよね。そして親父と食の好みがかぶっていることを毎回痛感。前日に北大津が勝ってたような気がする。あと、興南が仙台育英に勝ったんだっけか。

福岡。西陣の住みやすさというのは、ふたりで散歩するルートがすぐに思い浮かぶことにあったのだと思う。その意味で、ようやくいま住んでいるところでも散歩のルートができつつあるかな、という感じ。ちなみにバーテンはカッペに限るというのが僕の持論。なぜなら僕がカッペだから。ちなみに京都人も田舎の人間ではあると思う。だから居心地が良かった。福岡で見た試合で言えば、興南と報徳学園がベストゲームだった。

春に福岡に滞在したときは引っ越したばかりでバタバタしていたけど、今回は福岡での日常生活を満喫した。朝起きて、今日はなにをしようかとふたりで相談することの楽しさ。ふたりでテレビを見て、同じことに反応するときのうれしさ。

早く日本に戻れるといいな。

2010年7月16日 (金)

7月15日

Dsc00175

いつものパスタ。

2010年7月15日 (木)

7月14日

Dsc00174

大学が夏期休暇に入り、僕のフラットメイトも全員いなくなった。

フラットでひとりなのはかなり寂しいが、その反面、いままでキッチンを6人で共有していたわけで、彼らがいなくなった分、色々と料理欲が湧いてくる。

というわけで、これまでは夜の10時まで仕事をしてそれからドカ食いをしていたのを、マキと一緒に暮らしていた頃のように、5時に寮に戻って6時に夕食を食べて、それから11時まで仕事をするというパターンにあらためることにする。

今日はゴルゴンゾーラ。さすがにパスタを作るのもかなり慣れてきた。日本でマキと一緒に暮らすようになったら、僕が昼飯を担当できるくらいになればいいのだけど。

2010年7月13日 (火)

7月12日

朝、マキとスカイプをすると、えらくテンションが高い。理由を聞いて僕も納得。SL人吉のチケットが取れたのだ。争奪戦だと聞いていただけにこれは嬉しい。

マキが時々ブログで愚痴っているように、九州という土地は、住んでみるとなかなかに関西人にはしんどい状況が多い。とくに接客に関しては、おそらく日本一チェックが厳しい大阪人を相手にすることが多いだけに、関西のレベルは高い。僕はその手のことをあまり気にするほうではないのだけど、九州にきたら、やっぱり関西は心地良かったんだなあと思うことが多いのだ。

それでも九州に来てよかったと思うことはたくさんある。そのひとつがJR九州の存在だ。以前、マキとふたりで珍しく民放の情熱大陸という番組を見ていたときに、JR九州の車両のデザイナーが特集されていた。それを見て以来、僕もマキもJR九州の個性豊かなデザインに魅了されてしまったのだ。実際そのために、去年の夏に天草にいったときは帰路にリレーつばめに乗ったくらいだし。

そんな魅力的な車両の中でも特に乗りたかったのがSL人吉。うーん、嬉しい。実は、僕の実家の近くでもSLが走っているのだけど、こういうのはやはり旅行先で楽しむものだろう。なにより、展望室があってそのデザインも素敵なのだ。

これで夏の天草旅行に豪華なおまけが付いた。人吉ではなにを食べるか。今日はずっとその話でマキと盛り上がった。チケットの予約のことを覚えてくれていたマキに感謝。

より以前の記事一覧