« 冷や汁天ぷら定食 | トップページ | 新生姜と新ごぼうの炊き込みご飯 »

2015年6月 1日 (月)

小鮎の山椒煮と九条葱の肉巻き

Img_8876

5月から6月にかけては保存食作りの季節ですね。
生姜とか梅とか、シロップ類とか。
そのなかのひとつが実山椒。子どものころ苦手だったのに、今では大好きです。
この時期に下処理して、あとは冷凍保存。

で、実山椒をたっぷり買ったある日。
同居人くんが「小鮎食べたいな」と。
琵琶湖県出身の彼にとって小鮎はふるさとの味。
「でも、あのカチカチの甘露煮は嫌い」とのこと。
ふむ、じゃぁ、おいしいやつ作ってあげようじゃないか、ということで、
実山椒と炊きました。

おそらくカチカチになるのは保存性の問題や、水飴を使っているからだと思うのですが、
我が家のは食べきりなので、砂糖も少なめで、
実山椒たっぷりのつまみ味。

Img_8887

メインディッシュは、こちら。
良い九条葱が手に入ったので、肉巻きに。
葱の肉巻きのタレには黄身醤油がおすすめです。
同居人くんもいたくお気に召したよう。

Img_8886

食卓全景。今シーズン初ハモも登場!ちなみに、ハモおとしを作った残りのお出汁を冷やしてお茶漬けにしたのですが、これまた絶品でした。

鱧おとし
九条葱の肉巻き 黄身醤油
マカロニサラダ
トマトマリネ
小鮎の山椒煮
鱧だしの冷やし茶漬け

« 冷や汁天ぷら定食 | トップページ | 新生姜と新ごぼうの炊き込みご飯 »

晩ごはん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 冷や汁天ぷら定食 | トップページ | 新生姜と新ごぼうの炊き込みご飯 »