« 菜の花の肉巻き | トップページ | みぞれ汁で優しい和食ランチ »

2014年12月22日 (月)

長楽でがつんと四川!

Img_7516

同居人くんが福岡に戻ってきました〜。
何を食べに行こうと相談したのですが、なんせ昨日(月曜日)は、
あられやしぐれ模様で冷え込む福岡。
こうなったら、あっつあつのかっらからでしょう!

で、春吉の長楽さんへ。
ここ、見た目はぼろっとした大衆中華なのですが、本格的な四川料理が食べられるのです。
しかし、「本格的」ということは、ものすごく辛い!
もちろん、単に辛いのではなくて、複雑な辛みが病みつきなのですが・・・
ちなみに上の麻婆豆腐は、「普通?激辛?本場?」と尋ねられ、「本場で」とお願いすると、
「ホントに?大丈夫?」と確認されました(笑)

Img_7512

スターターはこれまたこちらの名物、紅油餃子。つるっとした皮にジューシーな餡、そして、ニンニクのきいたソースがうまいです!

Img_7515

こちらは四川といえばの定番、辣子鶏ですね。香りがいい〜。

Img_7514

そして、今回最大のヒットがこれ!野菜と豚肉の四川特別調味料炒め。
ぐっつぐつに煮えたぎった状態で供されます。ホァジャオの刺激がたまらん・・・

途中、店のお父さんが「いま、台湾から空心菜届いた、たべる?」とテーブルまで来て下さって、それを注文し、クラゲの酢の物を口直しにしつつ、ひたすら辛い物を食べ、紹興酒をがぶがぶ飲み続ける夜でした。あー、デトックスしたわー。

« 菜の花の肉巻き | トップページ | みぞれ汁で優しい和食ランチ »

晩ごはん」カテゴリの記事

外ごはん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 菜の花の肉巻き | トップページ | みぞれ汁で優しい和食ランチ »