« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月31日 (土)

広島ふうつけ麺

P1060932

広島の名物といえば、一般的にはお好み焼き、我が家の二人にとっては、汁なし担々麺ですが、もう一つ、最近メジャーになってきた名物が、この広島のつけ麺(正しくは、冷麺と呼ぶべき)。

つけ麺といっても、東京の温かいつけダレに、冷たい麺ではなくて、冷たい麺に冷たいタレです。だから、冷麺なんだけどね。で、特徴はこのたっぷりの野菜と、真っ赤なタレ!担々麺といい、この冷麺といい、実は広島、激辛の聖地です。

広島にはもちろん専門店があるのですが、私たちはもっぱらカープの試合を見に行ったあとに呑みに行く焼き鳥屋さんで〆に頼みます。で、その再現メニュー。休日のお手軽ランチにぴったりでした。

広島ふうつけ麺(野菜は、ゆでモヤシとキャベツ、トマト。上には豚しゃぶ)

2014年5月29日 (木)

豚しゃぶサラダ

P1060929

5月とは思えない暑さが続いていますね。しかも、私の勤務先はまだ冷房が入らないため、講義環境劣悪です。もう1コマやっただけで、ぐったり。そう、これなんだよ、6月のバテる原因は・・・・。

ということで、きっちりバテています。しかし、食べないとバテはひどくなる一方。しかし、食欲もイマイチ・・・まぁ、こういうときは食べやすいものがいいですよね。

で、ド定番ですが、こうなりました。別府で買ってきたグリーンリーフと新玉ねぎをたっぷり使って豚しゃぶサラダ。

P1060926

しかし、冷たいものばっかり食べちゃいかんぞ、と自戒の念も込めて、具沢山の汁物。牛肉を入れて、ちょっと濃いめの味付けにして、たっぷりのお葱。新ゴボウがたくさん入っているので、香りがいいです。

P1060930

おおう、なんて手抜きな食卓なんだ・・・。でも、まぁ、出勤前ですんで、これぐらいで勘弁してください。

豚しゃぶサラダ
新ゴボウと牛肉のお汁
白ご飯

2014年5月27日 (火)

九州ふう鶏めし

P1060921

九州の鶏めしって、関西の炊き込みご飯、かやくご飯と似て非なるものなんですよね。まず、かなり味がしっかりしている。ポイントは、鶏肉は親鳥を使うことと、あらかじめ具材をしっかり味付けして炊いておくこと。なので、冷めても美味しい。

ということで、三重に戻る同居人くんのために、お弁当として作りました。で、その余り物を自分のお昼ご飯にするという。

P1060916

そして、また食べているおろし和え。どんだけ好きなんって感じですが、こう暑いとね・・・やっぱりさっぱりしたものが食べたくなるわけですよ・・・

P1060914

ちなみに同居人くんのお弁当は、こちら。朝イチの便だったので、おかずは手抜きです。

鶏めし弁当(鶏めし・あおさとジャコの卵焼き、絹さやと新玉ねぎの牡蠣醤油炒め、
        ロースハム、胡瓜と白瓜の浅漬け)

2014年5月26日 (月)

あっさりビール飲み食卓

P1060903

別府から帰ってきて、さて、月曜日。

ともかく福岡は暑い。30度・・・・。ぶっちゃけ食欲湧かないよー。でも、暑いからビールは飲みたいよー。どうしたもんかなぁ、と悩みつつ、自分の体の声を聞いたら、野菜と酸っぱいものばっかりになっちゃった、という食卓です。

P1060890

夏になると、消費量が一気に増えるのが大根おろし。おろし和えが手を変え品を変え並びます。今日は別府で買ってきた新鮮なナメコと水菜を使って。大根おろしには、これまた別府土産のかぼすで味付けしています。

P1060892

そして、これが同居人くんのハートを、いや胃袋を鷲掴みにした一品。鰯のマリネです。
ポイントは、今流行の塩レモン。刺身用の鰯を塩レモンで1時間ほど漬けただけ。もう、これがね、ほどよい塩気とレモンの酸味で、ばっちりですよ。ていうか、塩レモン万歳。これは我が家の定番調味料として仲間入りしました。夏場はがんがん使っていきます。

P1060899

多少温かいものもいるよね、とモツ煮込みを作ったのですが、ほとんど食べませんでした…どんだけバテてるん、私たち。

これじゃ、あったかいものないままで、体を冷やしてしまう!となって、最後の〆に美味しいお茶漬けを作りました。(同居人くんの分です)

P1060906

美味しい海苔と、明太子、そして、キチンとひいた出汁があれば、お茶漬けもごちそうです。一応、浅漬けも添えてみましたよ。

鰯の塩レモンマリネ
マカロニサラダ
トマトと新玉ねぎのツナサラダ
ナメコと水菜のかぼすおろし和え
納豆キムチ奴
茹でトウモロコシと空豆
酢もつ
明太子のお茶漬け

2014年5月25日 (日)

別府ショートトリップ(3)朝ごはん&お昼ごはん

Img_6316

毎回このブログで書いていますが、ショートトリップの絶対条件は、美味しいB級グルメがあって、それをお昼に食べに行けること!です。日田のときは、焼きそば。そして、別府といえば、この冷麺!

今回もお気にいりのK亭に行ってきましたよ〜。前回は並を頼んだら、まだいける!って感じだったので、私は大盛り、そして、同居人くんはダブルで。(写真は大盛り)

注文して、約10分で出てきます。そのあとは、ひたすら食べる。二人とも無言で、麺をもぐもぐ、スープをごくごく。「はー、よく食べたね」。
いや、ホント相変わらず美味しいです。麺のコシはぶりんぶりんだし、スープはあっさり滋味深く、キャベツのキムチは酸味がちょうど良くて。やっぱり別府冷麺サイコー!

Img_6306

こちらは今回宿泊した「ゆるり」さんの朝ごはん。これ以外に、せいろ蒸しの野菜と出汁巻きがありました。いやー、十分十分。でも、温泉三昧のときは、ちゃんと朝ごはんを食べておかないと、です。特に別府はお湯がしっかりしているので、けっこう体力使うんですよね。

温泉三昧で、しっかり汗をかいて、ばっちりリセットのショートトリップでした♪

2014年5月24日 (土)

別府ショートトリップ(2)ご飯あれこれ

Img_6303

別府に行ったら、必ず外ごはんです。そして、絶対再訪したい店があったのです。前回、はじめて別府に行ったときにお邪魔した居酒屋Hちゃん。常連さんメインのカウンター8席だけのお店。ご夫婦二人で切り盛りされていて、メニューはキッチンの奥にかかったホワイトボードで、その日のオススメをいろいろ頂くという形式。

前回の訪問は1月末だったのですが、今回は初夏なので、魚種も変わっているだろうなぁと楽しみに行ってまいりました。
ちなみに写真は、お刺身だけ。大分といえば!の関アジです!もう、ブリンブリンの食感です。アジっていうより、鯖みたいな感じ。そして、初めて頂いたのが、このアジの白子。河豚の白子ほどマッタリしていなくて、あっさりした白子で、これまた旨い!
あまりの美味しさに、アジを食べまくってしまいました。食べた物は以下一覧。

ニイナの煮付け(和歌山ではガンガラ、静岡ではナァラミ、そして、大分ではニイナ。
           こちらでは、お醤油味の煮付けで出てきました)
石鯛のお造り
関アジのお造り、白子つき
関アジのフライ(これが食べたかった!前回も感動したけど、今回も感動〜)
関アジの南蛮漬け(前日、お刺身で出なかった分は、南蛮漬けにしとく、とお父さん談)
鮑のバターソテー(小ぶりの鮑やったけど、これも美味しかったなぁ)
大分産ジャンボ椎茸の網焼き(これも食べたかったの〜、肉厚でおいしい)
真鰯の塩焼き(鰺の大きさくらすの立派な鰯!)

ビールをガブガブ飲み、あとは焼酎を舐めながら、お魚をほじほじして、さくっと1時間半でお店を出る。というか、私たちが食べているときから、電話はジャンジャンなるし、人気店なんだよな〜。

実はこの段階では、すこしお腹に余力を残していました。
というのも、今日はハシゴする気まんまんだったから!

Img_6305

次に向かうは、別府の路地裏にある餃子の名店。ここは、焼き餃子とビールしかない、カウンターのみの店。座ったら、まず、「餃子二人前とビール」。あとは、ぱりっぱりに焼けた餃子をはふはふ食べて、ビールをぐびっと。

さすがにお腹いっぱいだし、温泉効果でホカホカの二人組は、路地を歩きながら、「暑い暑い」と。で、そんなときには、名物ジェラートがあるのです!写真はないのですが、おじいちゃんが一人でやっているローカルアイス屋さんに立ち寄り、〆のアイス(同居人くんはラズベリーヨーグルト、私はカシューナッツコーヒー)。

「あー、食べたねぇ」と時計を見たら、まだ9時にもなってない。なんて健全なんだ!と言いながら、宿に戻って、バタリと眠りました。

別府ショートトリップ(1)お風呂&町歩き

Img_6301

同居人くんが帰ってきて、別府に一泊のショートトリップに出掛けてまいりました。

大学教員にとって、一番きつい時期、それが6月。そこを乗り切るために、ここらで一度リフレッシュが必要ということで、温泉に行こうと。いつもの日田でも良かったのですが、あいにくお目当ての宿が満室で、それなら!と久々の別府に決めました。

そして、別府といえば、やっぱり街をぶらぶら、外湯めぐりです。日田は、良い宿でおこもりですが、別府は素泊まりで、色々なお湯をめぐりに行きます。今回は一泊だったので、お湯は二箇所。

まずは、泊まったのが亀川だったので、亀川温泉。宿の家族風呂です ↓

Img_6300

泉質は、かなりのトロットロ。そんなに硫黄の匂いはきつくないですが、肌に吸い付く化粧水系のお湯です。ちなみに、今回、素泊まり利用した亀川の宿ですが、大変リーズナブルな上に、部屋にも露天がついていて、朝ごはんもちゃんとしていて、リピ決定です。場所もバス停に近くて、便利だし、次は連泊したいところ。

Img_6308

翌日。朝から部屋の露天風呂(もちろん掛け流し)に入っていたのですが、もう一湯行こうということで、同居人くんと相談。候補は明礬か鉄輪だったのですが、あの別府といえば!の湯煙もくもくの風景を見たかったので、鉄輪に。以前は「ひょうたん温泉」の日帰り風呂を使ったので、今回は別の所にしようと、「鬼石の湯」に行ってきました。

こちらのお風呂、大浴場以外に家族湯があって、私たちはこちらに。脱衣所はクーラー完備で快適、お湯質はかなり硫黄分が強い感じで、効きます!

Img_6296

おまけ。

別府まではソニックで向かったので、車中ではベタに駅弁なるものを頂きました。私は博多らしく「かしわ飯」、同居人くんは「長崎焼売弁当」でした。

2014年5月23日 (金)

おつかれ晩ご飯

P1060887

金曜日、今日は同居人くんが福岡に戻ってくる。はじめは、外飲みという話だったんですが、結局、やっぱり家でダラダラ飲もうか、と。同居人くんに何食べたい、と尋ねると、「福岡っぽいもの!」というリクエスト・・・・福岡っぽいもんってなんだ・・・・

いろいろ考えた結果、「夏の居酒屋さんメニュー」になりました。まずは、定番ですが、手羽先唐揚げから。ぱりっぱりに揚げたあとに、スパイシーなタレを塗っています。ビールがススムくんなメニューですね。

P1060876

これは、新作だったのですが、ヒット作。今後の定番にします。砂ズリとセロリの中華和え。酒と水でじっくり茹でた砂ズリを豆板醤の効いた中華タレに浸して冷やしておいて、あとは、たっぷりのセロリと食べるラー油で和えたものです。

P1060883

これは、我が家の夏の定番。焼き茄子の冷製胡麻クリームソース。手間がかかっているのに、食べるときは一瞬・・・けど、好きなんですよねぇ。これ。

P1060880

白瓜が出始めました。ホント夏なんだなぁ。こちらは、白だしとカボスで浅漬けにしました。これは、カボスをきかせるのが、ポイントです。

P1060885

食卓全景。二人で撮りだめたブルーレイディスクを見ながらビールがぶがぶ、三時間近くかけて、食べました。

手羽唐揚げ
砂ズリとセロリの中華和え
白瓜の浅漬け
トマトのお浸し
マカロニサラダ
地鶏のたたき
明太子卵焼き、地蛸のお刺身(画像なし)
〆の冷や汁ごはん(画像なし)


2014年5月22日 (木)

トマトと胡瓜の香味野菜お浸し

P1060869

また、冷たいもの。でも、ホントこういうものが食べたいんですよ〜。今日はお手軽なお浸しですが、トマトと胡瓜を合わせました。そして、夏といえば、茗荷に紫蘇に新生姜〜。お浸しもこういう香味野菜が入るだけで、ぐっと夏っぽくなりますよね。

P1060871

サイドがさっぱりなので、メインはがっつりと。といっても、出勤前のお手軽手抜きのっけ丼です。本当はニンニクのきいたものが食べたかったんだけど、仕事前なので自重して、かわりにカレー味にしてみました。

P1060874

食卓全景

豚肉とピーマンのカレー醤油炒め のっけ丼
トマトと胡瓜の香味野菜お浸し
しめじとにらのお味噌汁

2014年5月20日 (火)

冷やし茄子と豚しゃぶのにらダレ

P1060849

福岡は連日夏日が続いていて、この暑さに体についていけず、バテ気味の私でございます・・・。もう春の野菜とかではなく、こうなると、初夏!そして、食べたくなるのは、瓜系のお野菜。

で、今日は蒸しなす。「蒸し」といっても、レンチンなのでお手軽です。で、レンチンした茄子を手で裂いて、お出汁に浸して冷ませば、ここからお手軽保存食のできあがり。今日はそれを冷しゃぶに合わせました、そして、にらダレをたっぷりかけて、その上に食べるラー油をトッピング。トロンとしゃきっと食感の楽しい一品になりました。

P1060854

冷やし茄子と豚しゃぶのにらダレ
厚揚げと軟白ねぎの炊いたん
お味噌汁・白ご飯

2014年5月18日 (日)

海老とほうれん草のトマトパスタ

P1060846

土曜日は合同ゼミで朝10時から夜11時まで働きました。もうクタクタ。最後の方は、何喋ってるんかわからんレベルに頭が疲弊していましたから。。。

で、ゆっくりできる日曜日。といっても同居人くんもいないしなー野球見て料理するくらいしかやることないよなーと、とりあえずスーパーに。
実は今年、春の定番のパスタを食べていなかったので、そろそろ作ろうかと。それが、蛍烏賊のパスタ。けど、近所のスーパーに蛍烏賊がない・・・・

うーむ、と考えた結果、立派な有頭海老が安く出ていたので、それをお持ち帰り。単なるむきえびじゃない有頭海老を買ったのには理由があって、それは、海老味噌を使いたかったのです。まずは大蒜と唐辛子をオリーブオイルで炒めて、そこに海老の頭をどばっと。あとは、中の味噌を出すようにして火を通したら、殻は越して捨てる。で、そこにトマトを入れて、味を調えていくと。要するにアメリケーヌソースですね。こうすると、濃厚海老味!です。

はー、おいしかった。

海老とほうれん草のトマトパスタ
空豆と軟白ねぎのスープ

2014年5月15日 (木)

新玉ねぎの丸ごとスープ

P1060831

ぼちぼち新玉ねぎも終わりの時期になってまいりましたが、まだまだ食べたい。普段は生でいくことが多いのですが、今日はほっこりスープです。出汁は貝柱の缶詰をそのまま使っているので、お手軽です。とろとろの玉ねぎうまー。

P1060837

講義が始まると、安定の手抜き飯って感じですね。
今年は、巨大クラス(500人講義)を担当しているせいか、今までより疲労感が強い気がします。同居人くんにも、「金曜日は疲れている」と指摘され、仲のよい先生にも、「疲れてる?」と尋ねられ、危機感募ってます。というか、なんか肌に元気がないのかな、やばい、年だ。

にらたま
新玉ねぎの丸ごとスープ
白瓜の浅漬け、しらす納豆、白ごはん

2014年5月14日 (水)

だらだら飲み

Img_6221

週末になりましたが、まだ京都にいたときの晩ご飯をアップ中です。

これは、お昼にたっぷりつけ麺を食べた日の晩ご飯。

どれくらいたっぷり食べたかというと、麺は4玉あったんですよ。もちろん、同居人くんが、2.7玉、私が1、3玉です。しかも、つけ麺は〆にご飯をいれるんですよね、つけダレに。どんだけ炭水化物とってんの、って話ですけど、最後にご飯をいれて食べきって、もうその後は二人とも「おなかいっぱいー、動けない−」と、蒲団でゴロゴロしていました(←ふとる)

で、夕方。「おなかすかんねー」。
いや、ホントにまったくお腹空かないんですよ。で、結局、「ちょっとビールでも飲む?」となって、こんな手抜きというか、大変ひどい晩ご飯になりました。

トマトとジャコのナムル
長芋のお浸し
蒸し鶏と新玉ねぎのサラダ
自家製チャーシューの葱和え
・・・と、ビール!

2014年5月13日 (火)

自家製つけ麺

Img_6210

京都の家に戻ったら、北大路のビブレに買い出しに行くことがしばしばです。で、ビブレに行ったら絶対買いたいのが、「大勝軒のつけ麺」です。これ、生麺で極太もっちもちでかなり美味しいんですよね! 今までは鶏すきの〆に使っていたのですが、のんびり時間もあるので、本気のつけ汁を作ることに。

本当は鶏ガラがモミジが欲しかったのですが、ビブレにはなかったので、鶏手羽で代用することに。あとは、スペアリブに人参、じゃがいも、白葱、大蒜で肉系スープをとります。つけ麺ってことは、ダブルスープが基本なんで、和風出汁も準備。こちらは、煮干し、干し椎茸にかつお出汁。あとは、バーミックスでガーッと攪拌。ダブルの割合を見つつ、味付けていきます。

で、出来たのが、こちら。あ、もちろん煮卵とチャーシューも自家製です。

えーっとですね。かなりの再現度です。てか、家で十分じゃね?みたいな。今回はたっぷりスープをとったので、冷凍保存して、あと二回ほど楽しみたいと思います。それまでにトッピング用の魚粉買うんだ〜。

Img_6224

そして、こちらは三重に帰る同居人くんにお持たせしたお弁当。前日とったラーメンスープを使ってのラーメン炊き込みごはん。たっぷりチャーシューに煮卵トッピング。こちらも絶品!でしたよ。

2014年5月12日 (月)

お好み焼き大会!

Img_6198

まったりのんびり日曜日。何も予定がなく、とりあえず北大路のビブレに買い物に行くことに。この日の京都は、最高気温26度と一気に暑くなり、すこし歩いただけで、じわっと汗が。

買い物に行く前は「美味しい野菜とか食べる?」と話していたのですが、暑さのなか歩いたら、一気に「ビールグビッといきたいね!」ということになりました。で、どうしようと考えて、「餃子でパリパリじゅわー」か、「お好み焼きで、パリッとフワッと」か、どっちにしよう?と二人で相談。二人ともどちらも捨て難かったのですが、結局お手軽にできるお好み焼きになりました。

で、鉄板を出すのだから他にも何か焼きたいねとなって、チョイスしたのが立派な賀茂茄子と朝取りのアスパラ。あとは、ビブレの輸入食材の店で、美味しいソーセージとカチョカバロをチョイス。

画像がないのが残念ですが、賀茂茄子は両面にオリーブオイルを塗ってじっくり焼いて、これまた焼いてトロトロになったカチョカバロをトッピングして食べました。同居人くんいわく、「茄子とチーズの組み合わせはテッパン!」

で、お好み焼きですよ。

Img_6205

これだと、かなり大きく見えますが、普通のお好み焼きの半分くらいのサイズで色々なトッピングを楽しみました。まずは、豚玉。それから、烏賊、海老、ミックスに、チーズ焼き。

で、さんざん食べて最後の〆は烏賊焼きソバ!山盛り食べたのですが、私の作るお好み焼きは、ほとんど山芋とキャベツで粉はほんの少ししか使わないので、軽い食感で胃もたれゼロ! にしてもよく食べましたね(笑)

お好み焼き(豚、烏賊、海老、チーズ)
ソーセージ三種(ピリ辛、レモンバジル、ペッパーガーリック)
賀茂茄子に燻製カチョカバロ
朝取りアスパラ
冷やしトマト、胡瓜のラー油漬け、茹で上げ枝豆

2014年5月10日 (土)

シンプル和定食

Img_6196

土曜日は学会でございまして、二人揃って出席してまいりました。懇親会では、同居人くんが忙しそうに挨拶にまわるなか、私は端っこの方で仲の良い人たちとまったーりして、「大変そうやなぁ」と独りごち。(まぁ、同居人くんのホーム学会で、私はアウェイなんで)

懇親会ではひたすらお酒を飲むだけで、ご飯はまったく口にしていなかったので、終わった段階で、お腹ぺこぺこで倒れそうでした。他の人たちは二次会にって話だったのですが、私たちはさくっと京都に帰ることに。

で、ようやく待望のアジェで深夜焼き肉!
・・・の翌日のお昼がこれでございます。
起き抜けに、とりあえず、グリーンスムージーを飲んで、ダラダラとお風呂に行って、そのあと、「でも、あっさりした和食でいいよねー」と二人で話し合った結果、地味すぎるご飯に。まぁ、アラフォーですから気づいたら。こんなもんですよ。

蕗とジャコのきんぴら
大根葉の浅漬け
もずくと新生姜の酢の物
藁納豆、エノキ茸と揚げの味噌汁
美味しい卵と炊きたて白ご飯

2014年5月 9日 (金)

おつかれビール会

Img_6188

金曜日、仕事が終わって新幹線に乗る。とりあえず、新幹線のなかでは残った仕事をひたすらにやって、7時前に京都に。今回は同居人くんが仕事で遅いということだったので、外食するわけにもいかず、家でご飯に。スーツケースをごろごろひいて、家まで帰ったらすぐに近所のスーパーに。

こういうときは、ビールをごくごく飲みたい(だから本当はアジェに行きたかった)。ビールごくごく、しかし、深夜飯でもあるからして、あんまり食べ過ぎもよくない・・・とかうだうだ考えつつ、8時過ぎに同居人くんからカエルメール。「お腹空いた」と。
で、急遽作ったあり合わせメニュー。

新じゃがフライドポテト
よだれ鶏
蕗とジャコのきんぴら
水茄子の浅漬け
茨木屋のツナマヨネーズかまぼこ、サラダ巻き
アオサの出汁巻き

2014年5月 6日 (火)

続・和歌山で食べまくる

Img_6163

今回の和歌山滞在は4泊5日と長かったので、なんだかんだ食べました。こちらはある日の昼食。おいしい卵があるということだったので、目玉焼きにしよう!となり、それなら、フレッシュなアスパラが欲しい、やら、うまいハムが欲しいやら・・・で、結局こうなった、という食卓。ていうか、目玉焼き食って、煮魚までって、食べ過ぎなような気がしますが、じつはちゃっかりビールに日本酒まで飲んだんだよなぁ。「休み休み」って言いながら、食べてすぐ昼寝しちゃったのは、ちょっと内緒。(ていうか、写真にビールの缶が入ってるし)

Img_6180

そして、和歌山に来たら一度は食べたいラーメン(正しくは中華ソバ)。いつもながらの丸田屋さんに行ってきました。一本だけビールを頼んで、チャーシュー食べて、ビール飲んで、ラーメンすすって、早寿司(和歌山ラーメンはこのお寿司がつきもの)かじって・・・といういつも通りのローテーション。しかし、これが一番美味しいし、落ち着くんだな。

いやー食べまくった連休でした。

2014年5月 4日 (日)

和歌山で食べまくってきました!

Img_6161

ゴールデンウィークはあっという間に過ぎてしまい、相変わらず業務に追われて、またブログが疎かになっていました・・・

さて、今年のゴールデンウィークは珍しく和歌山の実家に戻っていました。いやー、実家は上げ膳据え膳でラクチンですなぁ。といっても、ちょいちょい料理はしましたが、まぁ、やっぱり私より、うちの母が大活躍でした。

で、帰ってすぐに行ったのが、地元の(ちょっと高級な)スーパー。土曜の朝市をやっているということで、ワクワクして行ったのですが、この魚の並び!すばらしい!同居人くんは大興奮で、「うわー、ええなー。こんなスーパー近所に欲しいなー」と何度も言っておりました。

結局、お目当てのケンケン鰹と新鮮な鰺をゲットして帰り・・・

まずは、土曜日の晩ご飯は、これ。どどーん。

Img_6169

ケンケン鰹は片身買ったのですが、半分ずつお刺身とタタキで頂くことに。そして、スターターにぴったりな、地海老の唐揚げ。ひたすらポリポリ食べる二人組。

翌日のお昼もどどーん。

Img_6175

春だからね!ということで、母親が気合いを入れて作ってくれたのが、このバラ寿司。なんというか、バラ寿司ってなんでこんなに「おふくろの味」感が出るのでしょうか。でも、やっぱり私が作るより美味しいんだよな。そして、同居人くんがひたすら「うまいうまい」と食べておりました。やっぱり私の料理では「おふくろの味」に勝てない・・・orz

ちなみにこのバラ寿司は、春のお野菜たっぷりです。蕗、筍、れんこん、絹さや。この食感が楽しいんですよね。そして、仕上げにはたっぷりの新鮮な鰺を〆たもの!

他にも、実家では、うすいえんどうの卵とじや、蕗の煮物や、筍の木の芽和えやら、いろいろ食べてきたわけですが、なんつーか、一言、「なんか結局かないませんわ」というのが感想でした。おっかしいなぁ、私の方が料理うまいような気がするんだけど、でも、やっぱりかなわないのか、ぐぬぬぬ。

続きを読む "和歌山で食べまくってきました!" »

2014年5月 1日 (木)

めざし定食

P1060829

GWは和歌山の実家でリフレッシュしてきたのですが、これはGW前のご飯。まー、何って特徴のない和食です。

我が家の冷凍庫には、つねに何かしら干物があります。困ったときにすぐ焼けるし、便利。そして、相変わらずカルシウムを補給しなければならない私。

というわけで、めざし。めざしが食べたかったというより、このお皿が使いたかったんですよね。同居人くんいわく、「武士の一分皿」。たしかに、この竹と雀の柄といい、フォルムといい、渋い。

P1060825

渋いお皿に負けないように、ちまちま小鉢を集めてみました。

めざし

厚揚げとしろ菜の煮浸し

茹で鶏の食べラーがけ

レンコンきんぴら、広島菜漬け、納豆

新玉ねぎの味噌汁、白ご飯

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »