« 京都でのんびりラーメンランチ | トップページ | 鮭のコチュマヨ焼き »

2013年11月 2日 (土)

祇園でごはんたべ

土曜日の夜はひさびさの「ごはんたべ」。
「ごはんたべ」って関西弁なんでしょうか?京都のことば?
ともあれ、「お食事にいく」のではなく、「ごはんたべ」という、
ちょっと特別な響きが私は大好きです。
そして、ひさびさの祇園です。この日は連休中だったので、
四条通は人混みがひどくて、二人で歩きながら、
「はよ路地入ろ入ろ」と。

いつも通り、祇園南はNむらさんで。
ぽすっと、角の席に座るとNむらさんが、「カープすごかったなー」と。
あなた、阪神ファンですやん(笑)

食べたものはこんな感じ(一部抜けあり)

・いつもの胡麻豆腐
・鱧と松茸に蕪あんでお椀
・鱧の焼霜、鯛(刺身と昆布締め)、五島のウニ
・鯖寿司(八坂の雪バージョン)
・八寸(春菊、ほうれん草、菊花、紫ずきん、舞茸、松茸の軸、とんぶりのお浸し

     筋子醤油漬け
     銀杏と小芋の揚げたの
     栗の甘露煮
     玉子焼き、ぎせい豆腐)
・雲子天ぷら甘酢あんかけ
・まながつおの幽庵焼き
・壬生菜と海老芋の炊いたん
・鮑の肝ペーストとからすみ(これは酒肴として)
・鯛ご飯

ともかく同居人くんは、鯖寿司が出てきた瞬間、
「あーー、これが食べたかったんよ」とがっつき、
筋子は「日本酒ほしい・・・」と取っておき、
壬生菜と海老芋の炊いたんは「どんぶり一杯食べられる」と宣言し、
鯛ご飯を二杯たいらげるという食べっぷり。
でも、たしかに、ぶっちゃけ派手さはないし、
シンプルなものしかないんですが、しみじみ美味しい。体にすっと入るご飯です。
そして、なにより酒がススム♪
もちろん、あいかわらずのスナックぶりで、いい夜になりました。

« 京都でのんびりラーメンランチ | トップページ | 鮭のコチュマヨ焼き »

外ごはん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 京都でのんびりラーメンランチ | トップページ | 鮭のコチュマヨ焼き »