« カープ戦行ってきました | トップページ | しらす丼 »

2013年8月28日 (水)

広島でたべたもの

Img_4911

広島といえば、お好み焼きがやはり名物なんでしょうか。まぁ、そうなんでしょうね。でも、わたしたちにとって、広島といえば、コレ!汁なし担々麺です!

今回は、以前から行ってみたかった「國松」にお邪魔してきました。火曜日は12時過ぎに広島駅に着いたので、それからのんびり市電にのって八丁堀まで。行列しているかなと心配していたのですが、さほど待つことなく入店。

入り口側にカウンターがあって、奥はテーブル席。幸いテーブル席に通されたので、ゆっくり食べられました。ちなみに、わたしのオーダーは「汁なし担々麺3辛、温泉卵つき。半ライス。ハートランドビール」。写真を見ればわかる通り、たっぷりのラー油に花椒。よーく混ぜて混ぜて、一気に頂きます。

一口目は胡麻の風味が強くて、けっこうマイルドな感じがするのですが、そこから花椒の痺れ系辛さがくるくる!途中で卵をつぶして、味をかえて、最後はご飯を投入、まぜまぜして完食です。ふたりとも食べている最中は無言で、食べ終わったときに「はーーー、うまかったーー」と。広島の汁なし担々麺はいろいろなお店があるのですが、「國松」は別格に気に入りました。単に辛いのではなくて、バランスが良くて、味が深い。気に入りすぎて、二日連続で食べにいったのは内緒です(笑)

ちなみにズムスタでは、いつものカープうどん全部のせ。それから、大好きあまやんのマンゴー氷も食べました♪

Img_4933


« カープ戦行ってきました | トップページ | しらす丼 »

旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« カープ戦行ってきました | トップページ | しらす丼 »