« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月30日 (日)

明太子クリームパスタ

P1040608

秋になると、食べたくなるのがクリーム系の食べ物ですよね。シチューにグラタン、そして、クリームソースのパスタ♪ そして、クリームソースのパスタって、手軽に作れるのも利点。今日も今日とて仕事している私にとっては心強い一品です。秋ですね、と言いながら、副菜は思いっきり夏の名残なのですが、その辺は見逃してやってください。(だって、最近、野菜高いんですもの・・・)

明太子クリームパスタ(シメジとアスパラトッピング)

オクラと長芋のトマトマリネ

コーンスープ

2012年9月29日 (土)

秋色ランチ

P1040597

写真が汚いです・・・ていうか、盛りつけ方もひどい。食卓がダメダメなときは、メンタルもだいたいダメダメです。なんていうか、こういうのって如実に出ますよね。だからこそ、食べる事はちゃんとしないといけないと思う。テキトーな料理して、テキトーな盛りつけしていたら、余計に心が荒みますからね。ゆっくりきちんと余裕が大切ですよ。忙しいときほど、深呼吸。

中トロ漬け・オクラ・長芋のわさび和え

小松菜と韮のニンニク塩炒め

里芋の明太子サラダ

納豆

金目鯛のアラ汁と白ごはん

2012年9月28日 (金)

ビビンパ丼朝ご飯

P1040584

金曜日はがっつり朝ご飯を食べてから、出勤です。お腹が空いていて、野菜をたっぷりのせたビビンパ風丼にしてみました。この清岡幸道のボウル使いやすいなー。

ビビンパ風丼(小松菜ナムル・茗荷甘酢漬け・舞茸ナムル・豚肉甘辛いため・目玉焼き)

もずくオクラ酢

韮のお味噌汁

ヨーグルトとゴールデンキウイ

2012年9月27日 (木)

チゲふう雑炊

P1040581

昨日は午後から会議のあと、専門ゼミのゼミコンパでした。3、4回生からなるゼミ生たち。4年生は卒業が見えてきて、3年生は就活が迫っている。大学という守られた場所から、社会へと出て行くことの不安感をみんなが口々に語っている。彼女・彼らは、たぶん、私が学生だった頃よりも現実的で、だからこそ、不安が強い。「もっと自由に生きていけばいいよ」というのはたやすいけれど、それでは無責任だろう。現実の前にたじろぐ不安をどうやってぬぐってあげればいいのか、大学という世界でぬくぬくと育ってきた私は、その言葉をもたない。頼りない先生でごめんね、と思いながら、とりあえずビールを飲み続けた夜でした。

で、飲んだ翌日なので、やっぱり汁物。

チゲふう雑炊(たっぷりの韮トッピング)

小松菜の納豆和え

胡瓜の辛子漬けと沢庵

2012年9月26日 (水)

あんかけラーメン

P1040574

京都での暮らしが楽しかった分、福岡に戻ってきてからの落差に思わず鬱になりそうになりました。しかし、鬱になっている暇などないのだ。京都でのんびり過ごした分、仕事はたまりまくりの押しまくり。基本、小走り、常時仕事をしている福岡生活になりそうです。というわけで、ご飯もお手抜き。

あんかけラーメン(鶏ガラスープベースで、オイスターソースで味付け。たっぷりの炒めた野菜をもりつけて。近所のチャンポン屋さんに「五目ラーメン」というのがあって、私はそれがとても好きなのですが、それを目指してみました)

巨峰

2012年9月24日 (月)

ちゃんこ鍋大会

924

こちらは月曜日の夜に食べたご飯。実は、もともとの予定では月曜の夜に福岡に戻るつもりだったのですが、なんだか離れがたくなって、スケジュール帳とにらめっこした結果、「ん、明日の朝に戻る」と変更。そうなると、夜は家でゆっくり過ごせることになり、ゆっくりした夜、といえば、やっぱ鍋ですよね、というわけで、二人で買い物に。

なじみ深い新大宮商店街へ自転車で向かう。多少はお店の入れ替わりがあるけれど、ほとんど変わっていない。今宮通りまであがれば、いつもの魚屋さん。しゃがれた声のお父さんが「安いよ−安いよ−」と言っている。時々、お邪魔していたキッチン用品屋さんにも顔を出す。ここにはすっごくかわいい看板犬がいて、やっぱり相変わらずおとなしくてかわいかった。

ホント何も変わっていないんだもん。なんだか泣きそうになってしまった。あの頃の、暮らしが懐かしすぎて。

野菜たっぷりちゃんこ鍋(水菜・白菜・えのき茸・まいたけ・ごぼう・しらたき・お揚げ・つくね・鶏肉・はまぐり)

お漬け物盛り合わせ

チヌのお刺身

ハマチ照り焼き定食

923

これは月曜日の食べたお昼ご飯の写真です。日曜日に引っ越し作業がある程度かたづいて、月曜日は朝から千中の方に買い物に出たので、わりときちんとしたご飯になっています。ところで、このテーブル、なかなかいい感じなのですが、実は大家さんが「使ってみてー」と言ってくださったもの。

本当に今回の町屋は建物も大家さんもすばらしくって、なんというか、自分でいうのもアレなんですが、私って、何かと「出会う」才能をもっているんじゃないかと自画自賛したくなるくらいです。

ハマチ照り焼き、レンコンバターソテー

水菜お浸し

とようけさんのひろうす焼いたん

キュウリとじゃこの酢の物

納豆

わかめ味噌汁と白ご飯

私たちのちいさな家

Photo_2

西陣に帰ってきました。

 

同居人くんがイギリスから帰国し、京都で仕事を始めるにあたって、家を探していたのですが、当初、「街中のマンションでいいや」と言っていた彼も、あるおうちと出会い、「やっぱり西陣に戻ろう」ということに。

かつて暮らしていた町屋と比べると、本当に小さな町屋だけど、

風のわたり方や、日差しの加減はやっぱり同じ。

外は暑いのに、一歩入るとひんやりしているところや、

格子から漏れる光のやわらかさ。

 

木曜日から引っ越し作業に入っていた同居人くんを追いかけて、私は金曜日の仕事終了後、最終の新幹線で京都に向かう。

ホテルの名前じゃない行き先を告げることの安心感。

西陣の夜は早い。真っ暗な入り組んだ路地の奥にぽっと灯ったあかり。

がらがらという引き戸の音。

一旦荷物を置いて、近所のコンビニに出かける。かつて、初めて西陣に暮らしたとき(そのときはアパートだった。それから同居人くんと一緒に暮らすために町屋に引っ越したのです)と同じ最寄りのコンビニ。店の前には高校生がたまっている。そして、職業不詳の住人たち。

 

一夜明けて、さっそく二人で朝ご飯を買いにパン屋さんへ出かける。これまたかつてよく来たお店。西陣は夜が早いかわりに、朝の始動も早い。土曜日だけど、子供たちがパン屋さんのまわりを駆け回っている。

近所のスーパーに行くと、以前と同じ人がレジ打ちをしている。「こんにちはー」「今日は涼しいねぇ」というふうに、なにげない会話が流れていく。何も変わっていない。三年離れていたはずなのに、何も変わっていなくて、時間が止まっているよう。いまの自分を忘れそうになる。あの頃の、手持ちぶさたで、けれど、何も持っていなかった自分を思い出す。

 

土曜日の夜は、引っ越し作業に明け暮れて、気づいたら九時前。ぺこぺこのお腹を抱えて、二人で紫明通りに出来た焼き肉屋さんへ。木屋町のAが新しく出した北店なのだ。この焼き肉屋さんもまた(木屋町の本店のほうだけど)、私にとっては思い出の店。いつも通りのオーダーを入れると、同居人くんから「もう、なんというか、フォーマットが決まってんのな」と笑われる。タンユッケに生セン、ホソ塩、赤センタレ、ハラミタレ、ラストの〆はツラミのタレ焼きにチゲスープとご飯。店のお兄さんたちの客さばきも、店内の活気も本店と同じ。京都特有の、接客の距離。

 

翌朝。西陣の朝。7時には人が動き始める。その声を聞きながら目を覚ます。大家さんが様子を見に来てくれたり、ひっきりなしにやってくる宅配業者のお兄さんとしゃべったりしながら、のんびりと時間がすぎていく。西陣という町はとても不思議で、なんというか、ここだけで完結している。排他的というわけじゃない。入ってくるものを拒むことはたぶんない。時間の流れがとても独特で(ゆっくりしている)、そのゆったりとした時間の無為さ加減が、ほかの地域からこの土地を切り離しているように私には思える。仕事とか出世とか、なんというかそういうことがどうでもよくなってしまう感じなのだ。そして、間違いなく、この無為な時間に私や同居人くんはかつて守られてきた。そのことを思い出す。

Photo_3

ちなみに、いまの私たちを守ってくれているのは、この守り神。うちの玄関の上に鎮座ましましております。

 

 


2012年9月22日 (土)

西陣に戻ってきました。

2012年9月20日 (木)

釜揚げしらす丼

P1040573

講義が始まると、当たり前なのですが、バタバタします。というか、いまバタバタしているのは、私が遊びすぎという説もあるんですけど(笑)まぁ、自業自得ですな。そんなわけで、超テキトー感のブランチです。これ食べて、即出勤なので、さくさく食べられるように、丼と汁物になりました。

釜揚げしらす丼卵黄のっけ

けんちん汁

胡瓜の辛子漬け

2012年9月19日 (水)

鶏汁そうめん

P1040564

小豆島は素麺も有名なのですが、島宿真里さんでいただいたのが「生素麺」。普通の乾麺とちがって、かなりもちもちしていて、二人ともいっぺんに気に入ってしまいました。気に入ったものは、もちろん買って帰る主義。

しかし、小豆島から戻るとすっかり涼しくなって、冷たい麺という感じではなくなっていて・・・そういうときは、このメニュー。麺は冷たく、つけ汁は温かい鶏汁です。まぁ、いわゆる鴨汁蕎麦の簡易バージョンですね。

鶏汁そうめん(しっかり焼いた鶏と白ネギ。トッピングはネギとかぼす)

冷やしトマト

韮と厚揚げのひき肉炒め

朝定食

P1040563

慌ただしくとも、食べてくれる人がいれば、やっぱりちゃんとしたものを出したくなるのは、料理好きの性なんでしょうか。と言っても、かなりの手抜きなんですが(手抜きというか、残り物盛り合わせただけ)。それにしても、朝晩すっかり涼しくなって秋ですね。秋といえば、根菜類と汁物の季節というわけで、絶賛、豚汁楽しみ中の我が家でした。

肉団子、ゆで卵味噌漬け、ジャコピーマン、冷やしトマト、胡瓜の辛子漬け

納豆、白ご飯、豚汁

巨峰

2012年9月18日 (火)

新さんま秋定食

P1040558

秋!といえば、さんまですよね、やっぱり。というわけで、今日はさんまメインの晩ご飯です。個人的に焼き魚にはたーっぷりの大根おろしがほしいので、山盛りになっています。

ところで、最近、インスタグラムで食事の記録をとっているので、ブログの方が疎かになりがちです。気長におつきあいくださいませ。

新さんま塩焼き

白滝と韮の生七味炒め

オクラとジャコの生姜風味お浸し

冷やしトマト

厚揚げと長ネギの味噌汁、白ご飯

おにぎり定食

P1040550

すっかり更新をさぼっていましたが、元気です。先週は東京出張から友人の結婚式のため、大阪へ行き、帰りのついでで広島によって(もちろん、カープの応援をして)、昨日帰ってまいりました。講義も始まっているので、非常に忙しいです。しかも、同居人くんが京都へ引っ越すので、その準備も。今日はその引っ越し荷物の運び出しが午後に入っていたので、手軽につまめるおにぎり定食になりました。朝晩めっきり涼しくなったので、今シーズン初の豚汁も登場です。

おにぎり定食(おにぎり二種は佐藤水産の鮭ルイベ漬け、島宿真里さんの諸味味噌、卵焼き、肉団子甘酢、冷やしトマト、ウィンナー、胡瓜の辛子漬け)

豚汁

2012年9月17日 (月)

やっぱりカープはナンバーワン!

P1040505

昨日からカープはヤクルト3連戦。CS進出に向けて負けられない試合でした。で、この試合のチケットをちゃんと取っていた私♪ しかも、今回はなんと砂かぶり席!いわゆる、グラウンドレベルで見れる席です。なので、選手が近ーい。これくらいの距離ですよ。

P1040538

緒方コーチー!

P1040544

席がベンチの真隣なので、これくらいの写真もとれてしまう。堂林くん、水飲んでますね。

試合の方は、本当に悔しい結果になりましたけど、でも、やっぱり球場はいい。そして、応援する球団があるのは、もっといい。



2012年9月 9日 (日)

豚しゃぶ定食

P1040484

今回の旅行は、本当に盛りだくさんで、小豆島の二泊を起点に、高松から広島へと、三つも土地を移りました。で、広島に行くのなら、小豆島から岡山へ戻れよ、という話もあるのですが、わざわざ四国に渡ったのには理由がありまして、そのひとつが訪れてみたいうつわ屋さんがあった、ということです(ちなみに、その他の理由はうどんと骨付き鶏)。

で、そのお店「とうもん」さんで購入したのが、このお盆。同居人くんも帰国して、私は後期の講義が始まるしで、忙しい朝なんかに、このお盆を使えば配膳も片付けも楽じゃん、ということで、前々から狙っていた品です。真ん中の炒め物がのったお皿も新たに購入。同居人くんが一目惚れして、買ってくれました。もちろん、他にも色々買ったので、これからおいおいアップしていきたいと思います。

豚しゃぶ(トマトと胡瓜をたっぷりと。ゴマだれは七味をきかせて)

青梗菜の塩炒め

韮ダレ奴

えのき茸の卵スープと白ご飯

2012年9月 8日 (土)

赤いズムスタ!

P1040450

マツダスタジアムは、いま色々なスポーツ業界から注目される球場だそうです。それは、ともかくファンサービスが素晴らしくて、お客さんをつかむ仕掛けに長けているからだそう。それは、たしかにそうで、もう広島駅降りた瞬間からテンションマックスになります。いきなり、ローソンだってカープ仕様です。

で、広島駅からは一本道で歩いて行くのですが、その道にもこんなものが。

P1040449

こんな感じで選手達のプレートが。しかし、なぜ、倉のプレートを撮ったんだ、同居人くん・・・他にもたくさんの選手のがあったのに。

P1040451

大河ドラマの『平清盛』とコラボってことで、壁画は武将バージョンの選手達。ノムスケって公家顔ですなぁ。

P1040452

今村がそっくりすぎる件(笑)

P1040454

非常口の案内はカープぼうやですよ、はい、こちらー。

P1040469

今回は応援するぞってことで、ライトスタンドでした。ちなみに、甲子園と違って、ライトスタンドはマジ応援の席ではありません。応援団さんは、パフォーマンスシートというライトの上の席におられます。とはいえライトスタンドも熱いよ!

P1040474

試合の方は、マエケンの完封勝利で、私はズムスタ不敗記録を伸ばしました。ちなみに写真はヒーローインタビュー後のマエケンと梵、そして、スラィリー!

こんなに大声で叫んだり、笑ったり、はしゃいだり。いつ以来だろう。やっぱりいいなぁ、球場は。そして、好きな球団があるって幸せだなぁ。まぁ、クライマックスがかかっているので、毎日一喜一憂していますけど、それも含めて幸せです。



そしてオオトリはズムスタ!

2012年9月 7日 (金)

小豆島から高松へ。

2012年9月 6日 (木)

小豆島2日目

島宿真里さんのご飯など

P1040425

真里さんといえば、醤油会席。上の写真は一日目のメインですが、このお野菜も自家製。もちろんお魚はすべて小豆島でその日あがったもの。で、これらをいろんなお醤油やもろみで食べるわけです。

P1040423

とく諸味たれが、野菜にぴったり!ほかにもお魚満載ですよ〜。

P1040426

焼き鱧のトマトポン酢仕立てなんて、洒落た一品もありますよ。

P1040435

ワタリガニが好きだと言ったら、二日目の晩ご飯には塩ゆでと焼きガニまで出していただきました。

P1040437

おこぜの薄造り。胃袋や肝、皮の湯引きも食べ尽すよ〜。

P1040440

〆には鯵のお茶漬けなんていかがですか?

P1040482

お品書きですよん。

P1040428

朝ご飯は野菜中心の小鉢など。もちろんコレ以外にもだし巻きやら焼き魚やら。

真里さんのご飯は、噂に聞いていましたけど、予想以上でした!リピ確定です。







2012年9月 5日 (水)

小豆島一日目

島宿真里さんにて

P1040418

毎夏、必ず旅に出ることにしています。同世代の同業者たちは、かなり忙しくしていて、夏休みなんて取れないという感じの話もよく聞くのですが、私は少しムリをしてでも必ずバカンス期間を作ります。私たちの仕事は、いわゆる、「作る」力が必要なもので、そういうふうに、モノを作って外に出すためには、自分の「中」をクリアにして、いろんなものを入れておく必要があると個人的には思います。アウトプットばかりじゃ頭がもたない・・・。まぁ、単なる言い訳なのかもしれませんが、遊びを知らない人より知っている人の文章を読みたいですよ、私は。

ここ三年は毎夏、天草だったのですが、今年はちょっと趣向を変えて、瀬戸内へ。前々から泊まってみたかった島宿真里さんがラッキーにもとれたので、今回は小豆島へ。岡山まで新幹線で、新岡山港から船で小豆島へ渡ります。初めての小豆島・土庄港。着いてまず一言めは、「ごま油〜」。実はごま油の大手かどやさんって、小豆島が本社で、すべてここで製造しているんですよね。で、その工場が土庄港の真ん前。ホントびっくりするぐらいごま油の匂いでした。そこからのんびりと路線バスで真里さんへ向かいます。

P1040411

そして、小豆島は醤油の島。真里さんのまわりは濃厚なもろみの香りが充満していましたよ。では、お宿の写真をどどっとアップ。

P1040413

今回泊まったのは「お」のお部屋。メゾネット形式のお部屋で、この写真は半地下です。で、一階はご飯を食べる和室。それから二階が寝室とお風呂でこんな感じ↓

P1040414

お風呂はお部屋にも温泉がありますし、はじめの写真は貸し切り風呂です。こちらの貸し切り風呂は時間制限もなければ予約もいらないので、本当に使い勝手がよかったです。

P1040417

二階にはテラスもあって、海と街の風景が見渡せます。ここが気持ちよくて、朝のコーヒーはこちらで飲んでいました。

朝7時には役場の放送が「おはようございます」と流れ、夕方には「遊んでいる子供たちは帰りましょう」と告げる。小豆島はそんなのんびりした島でした。


2012年9月 4日 (火)

豚テキで休肝日晩ご飯

P1040387_2

明日から旅に出るので、冷蔵庫整理のご飯です。和歌山から来た野菜もすべて食べきりました。旅行中は暴飲暴食になること間違いなしなので、今日は休肝日。「わしわし食ったでー」という同居人くんの言葉通り、ご飯がすすむ系のメニューにしました。まぁ、魚は小豆島で堪能することになるんだしね。

さて、一つ前のエントリにカレンダーをアップしていますが、これ、instagramにあげた写真を編集したものです。クリックすれば詳細も見れるし、しかも、かわいい。最近のアプリはすごいです。

豚テキ・千切りキャベツ・ポテサラ

小松菜お浸し

こんにゃく豆板醤炒め煮

麩と三つ葉のお味噌汁と白ごはん

8月の思い出

だし納豆うどんとインゲン豆天ぷら

P1040383

これまた夏の定番「だし」をたっぷりかけた冷たいおうどんです。いやー、今年の夏は本当に「だし」のお世話になりました。入院中も、自作のだしとシラスを持参して、結局、こればかり食べていました。もちろん、「だし」は同居人くんも大好物。イギリスにいるときから「だし食べてー」と申しておりましたし。

P1040379

冷たい麺のときには少しだけ揚げ物が欲しくなりません?というか、我が家はいつも冷たい麺のときには天ぷらがつきものです。今日はシンプルにインゲン豆のみ。和歌山からのお野菜なので、味が濃くて美味しい!揚げたてに塩をふってハフハフ言いながら食べました。

P1040377

食卓全景。同居人くんのひとこと「すっきりさっぱり体が冷えた〜」。

だし納豆うどん(写真はお出汁をかける前ですね。ここに冷え冷えの出汁をそそいでまぜまぜしたら一気にどうぞ)

インゲン豆の天ぷら

茄子の揚げ浸し



出汁茶漬け

P1040375

同居人くんが帰国して一週間ですが、いい感じに早起き生活が続いています。いやー、非常にありがたい。この調子で朝型生活に切り替えてもらえると嬉しいのだけれど。そんなわけで朝ご飯はきちんと食べています。昨日の夜は、近所のオステリアに行ってワインを飲みまくったので(結局ボトル2本空けた)、今日の朝はあっさりと。「海大臣」を使ったお茶漬けです。このとろっとなった海苔がまた美味しいんですよ。

鮭海苔茶漬け

胡瓜の辛子漬け


2012年9月 3日 (月)

おにぎり朝食

P1040368

シンプルな塩むすびも海苔がおいしいとぐっとごちそう感が高まりますね。やっぱり海大臣は偉大。炊きたてのご飯でおむすびを結んで、あとはパリパリの海苔。少ししんなりしたところを食べると、海苔の香りも高くて、味も濃くて最高です。

さて、今日は病院の日ですよと。

おにぎり朝食(ブロッコリーとクリームチーズのツナ和え、だし巻き、ハム、茄子の豚肉巻き、胡瓜の辛子漬け、冷やしトマト)

オクラとじゃこの冷たい味噌汁

2012年9月 2日 (日)

鯵の棒寿司とビールのおつまみ

P1040353

今晩は、広島vs阪神戦を観戦しながらビールを飲もうじゃないか、というのがコンセプトでして、で、そのために同居人くんに「キムパプでも作ろうかと思うんだけど」とお伺いをたてると「んー・・・せっかくだったら、鯵のお寿司が食べたい!」と。ええ、あなたの大好物ですよね、知ってます。リクエストに応えて作りました。ひさびさなので、巻き方のバランスがおかしくて曲がっていますが、まぁ、味はいつも通です。小さめの鯵を二匹使って二本作ったのですが、同居人くんいわく、「もっとシャリは小さくていいから、これからは三本作って」とのことでした。いや、これでもかなりシャリコマなんだが、三本も食うのか・・・

P1040361

こちらはメインディッシュ、揚げ鶏の韮ソース。見るからにビールのおともですよね。さくさくジューシーです。

P1040360

食卓全景。

揚げ鶏の韮ソース

茄子の豚肉巻き山椒醤油

ぽてさら

鯵の棒寿司と沢庵巻

こんにゃくの豆板醤炒め煮

茹でとうもろこしと枝豆



夏野菜カレー

P1040350

あり合せの夏野菜を集めてのカレーです。ルーはほとんど使わず、野菜のとろみでまとめているので、とっても軽い感じになっています。ただし、スパイスはがっつりきかせているので、辛いですが。揚げ茄子をトッピングしたカレーは同居人くんの夏のお気に入りでもあるので、せっせとたっぷり茄子を揚げました。

同居人くんいわく、「辛かったけど、さっぱり食べられた」。たしかに、お肉はほとんど入っていないので、たくさん食べてもお腹が軽い感じです。おいしかったー。

夏野菜カレー(煮込んだのは、ピーマン・米なす・パプリカ・かぼちゃ・玉ねぎ・トマト。トッピングは揚げ茄子・万願寺・おくら)

ブロッコリーとクリームチーズのツナサラダ

冷や汁ごはんで朝ご飯

P1040341

これも同居人くんからリクエストされていた一品、冷や汁です。普段なら、手抜きバージョンなんですが、まぁ、せっかくだからキチンと丁寧に。たまたま鰯が冷蔵庫に転がっていたので、開いて塩をして即席干物に。それを焼いて、ほぐして、すり鉢であたって、焼き味噌を加えてまた炙って、冷たい出汁を加えて少しずつ伸ばす。で、食べる直前にざっくり崩した豆腐と胡瓜、おくらに新生姜。「濃厚うまい!」とは同居人くんのお言葉です。

P1040340

食卓全景。

冷や汁ごはん

万願寺ししとうと塩豚の炒め煮

にら納豆

梨(幸水)


2012年9月 1日 (土)

芋煮と枝豆ごはんで休肝日

P1040333

和歌山から届いた新物の里芋をさてどうしようかと。同居人くんの好物「里芋の唐揚げ」でもよかったのですが、今日は休肝日なので、秋の気分を先取りで「芋煮」にしました♪芋煮って地方によっていろいろ作り方があるようですが、我が家は牛肉を使ったタイプ(たぶん山形風)。

P1040338

同居人くんの好物のひとつに「まめご(うすいえんどうの豆ご飯)」があるのですが、この春は食べられなかったので、せめてもの気分を味わってもらおうということで、枝豆でまめごを作りました。丁寧に薄皮をむいたのでホクホクとしておいしいです。

P1040329

食卓全景。お野菜たっぷりのヘルシーごはんでした。同居人くん、今日の一言は「芋煮はうまい。〆の芋煮の汁をずずっと飲むのがいい」だそうです。おかわりしてましたもんね。

芋煮(たっぷりの里芋にこんにゃく、味噌で炒めた牛肉に最後はたっぷり青ねぎを)

韮と豆腐の生七味炒め

焼き茄子の胡麻クリームソース

新物わかめとしらすの三杯酢

枝豆ごはん、胡瓜と水ナスの浅漬け


フレッシュトマトと紫蘇のパスタ

P1040327

来週半ばから少し旅に出るのですが(3泊4日瀬戸内旅行)、それまでは休暇です休暇。今年は盆も働いたし、病室でもほそぼそと仕事をこなして、夏休みらしいことをしていなかったので、今週が私たちは夏休み!といっても、別に何かするわけでもなく、ダラダラと料理作ったりマンガ読んだり読書したりなんですけれど。で、夏を味わっていないのは同居人くんも同じで、しばらくは彼のリクエストでメニューを組んでいく予定です。すでに鶏飯やら鱧しゃぶやら、彼の好物目白押しですが。

さて、本日はこれまた夏の定番である、生のトマトを使ったパスタです。紫蘇をたっぷりトッピングして、トマトの甘みと酸味の一体感♪

一口食べて同居人くんは「ん〜〜、これこれ」と言っておりました。

P1040325

フレッシュトマトパスタ(今日はリングイーネで)

かぼちゃの冷製スープ

茹でとうもろこし、胡瓜のサラダ、美味しいハム


あまーい朝ご飯

P1040321

たまには朝から甘いものを。ハンバーグを食べたときのバゲットが余っていたので、昨日の晩ご飯を準備するときに、ついでに卵液に浸しておきました。一晩じっくり漬けておくと、バゲットもふわふわと柔らかになるのでいいですよ。あとは自家製の苺ジャム。同居人くんは今年の春も夏も日本にいなかったので、せめてもの春を・・・と思ってジャムを冷凍していたのです。で、帰国したので早速、解凍して使おうと♪ フルーツもたっぷりで冷たいカフェオレが美味しい朝でした。

バゲットでフレンチトースト、梨(幸水)、葡萄、アイスカフェオレ

美味しい野菜で焼き焼き大会

P1040318

実家から「めっけもん市場」のお野菜を送ってもらいました。野菜が来たときは定番の焼き焼き大会。お肉よりも野菜を味わうのがメインです。特に椎茸!!あとは塩豚を焼いて葉っぱで巻く♪ もちろん茹でとうもろこしやアスパラも。水ナスと胡瓜は塩揉みして浅漬けに。ビールの合間の箸休めです。

で、もう一つのメインがこっち。

P1040319

キタアカリのフライドポテトです。ほくほく甘みがあって、本当においしい。これだけでビールがぶがぶ飲んでしまいました。

野菜たっぷりでデトックスです。食べている量はけっこう多いのですが、野菜メインだとお腹が軽い感じでいいですよね。


« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »