« 京都の日常 | トップページ | ズッキーニと鶏肉の黒酢炒め »

2012年8月13日 (月)

古いうつわ

018

相変わらずのうつわ好きなのですが、やっぱりどちらかというと、古いうつわの方に心が動きます。もちろん、最近の作家さんのものも整然としていてキレイだなぁと思ったり、さえざえとしているなぁと感じたりするのですけれど、なんというか物語性に欠ける。使いこまれてきたものだけに宿る時間性は、様々に物語を喚起して、ひとつ置いただけでも存在感が違います。

で、上の写真は今回どうしても欲しくて買ったうつわです。大吉さんで求めました。やっぱり大吉さんは色々良いものがあって、お財布のことを考えなければ他にも欲しいものがあったのですが、まぁ、そういうわけにもいかず。大吉さんにお邪魔したときに奥さんと少しお話していて、色々見せてもらったのが、アンティークのグラス。

014

古いグラスのもつ「ゆらぎ」とか「たわみ」みたいなものが愛おしい今日この頃です。次の入院のときにお薬飲む用コップとして持参する予定。


« 京都の日常 | トップページ | ズッキーニと鶏肉の黒酢炒め »

台所まわり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 京都の日常 | トップページ | ズッキーニと鶏肉の黒酢炒め »