« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月31日 (火)

茄子の豚肉巻き紫蘇ソース

P1040148

野菜を豚肉で巻く、という調理法は基本的にテッパンなのですが、今日の組み合わせは予想以上にいけました。普段、肉巻きのときは、アスパラとかインゲンとかおくらとか、緑の野菜が多いのですが、今日は茄子。まぁ、もともと茄子はお肉と相性いいですしね。ポイントは豚肉で巻く前に、茄子にレンジで火を通しておくこと。そうすると中はトロっと外は豚の油でかりっとの食感が楽しめます。

P1040151

食卓全景

茄子の豚肉巻き紫蘇ソース

小松菜ともやしの中華風胡麻和え

糸こんにゃくの真砂煮

烏賊とおくらの生姜醤油と白ご飯


2012年7月29日 (日)

しめじと紫蘇のペペロンチーノ

P1040139

日曜日ですね。けど、このあと仕事をしに大学に行く予定の私です。そんなわけで、冷蔵庫の残り物で有り合わせのランチです。ホント、何もなかったので、野菜室のなかを総ざらえ状態です。でも、パスタと紫蘇の組み合わせは大好き♪バジルより紫蘇のほうが好きかもです。

P1040121

富井貴志さんのスープボウルにちゃんとスープを盛りつけました(買ってから果物入れとなっていたもので・・・)これ、量もちょうどいいし、とっても使いやすいです。安くはなかったけど、いい買い物だったなー。それにしても、夏は冷たいスープ必須!!

P1040119

おまけ。昨日の晩ご飯。疲れやらなんやらでふらふらだったので、三越の聘珍楼で色々買ってきました。聘珍楼の浅漬けザーサイがマイブーム(右の白いお皿に入っているのが、ザーサイ)。あとは、点心盛り合わせを買ってきて、せいろで蒸しただけ。おともはシャンパンです。ホントはゲベルツとか合わせたかったんだけど、まぁ、仕方ない。


2012年7月28日 (土)

夏の朝ご飯コレクション第二弾

P1040110

試験に会議と相変わらず忙しくしております。昨日・今日は試験監督が朝イチからあり、そのあとは採点にまた会議で、結局、終日大学におりました。そういうわけで、食べ物の写真は朝ご飯しかないのです。まずは洋朝食バージョン(金曜日)

バタートースト・半熟卵・トマト・胡瓜・ゴールデンキウイ・かぼちゃの冷たいスープとミルクコーヒー

P1040113

で、こちらは今朝の和朝食。

よこわまぐろのとろろがけ(おくらとうずら卵トッピング)、もずく酢、万願寺ししとうジャコ炒め煮

しばらくはこんな感じのバタバタが続きそうです。うーん、明日は休めるかなぁ。仕事しないときついかなぁ。

2012年7月26日 (木)

かぼちゃと鶏肉のカレーふう煮物

P1040099

かぼちゃはお好きですか?私は子供の頃、あまり好きではありませんでした。ていうか、かぼちゃと言ったら、甘辛い煮物くらいしかなくて、しかも、甘い料理はご飯に合わないし、嬉しくない一皿だったかな。けど、大人になって自分で料理するようになってからは定期的に食べています。一番好きなのはスープだけど、天ぷらにしたり、サラダにしたり、もちろん煮物にも。我が家には「ぽくぽく煮」と呼ばれている定番のかぼちゃ煮があるのですが、今日は別バージョン。ベースは和風の煮物なんだけど、ラストにカレー粉を加えています。かぼちゃの甘みとカレーのスパイスで引き締まった味になります。

P1040104

食卓全景

万願寺ししとうとじゃこの炒め煮

カボチャと鶏肉のカレーふう煮物(しめじといんげんも一緒に煮ています)

だしがけ納豆

とろろ汁(胡瓜とオクラいり)と白ご飯


2012年7月25日 (水)

夏の朝ご飯

P1040088

月曜日は病院と会議。火曜日水曜日と終日会議で、あまり家でご飯を食べておりませんでした。というわけで、ひさびさに朝ご飯をアップ。大学で午前中から業務があるときは基本的に和朝食です。と言っても、あまり火を使ったものは作りたくないし、そもそも食べられない・・・というわけで、だいたいこんな感じのメニューになります。白ご飯だけ炊きたてであれば満足な私です。

インゲンとブロッコリー、蒸し鶏の胡麻和えと冷やしトマト

だしがけ納豆(うずら卵トッピング)

オクラとしらすの冷たいお味噌汁と白ご飯

あとは、プロ野球の後半戦が始まったので、こんなアテをつまみながらビール飲んだりしております。皆様も夏バテなどお気をつけて〜。

P1040095

だし巻き卵・大根おろし・胡瓜の梅かつお和え

水菜としめじのお浸し

ヨコワマグロの山かけ


2012年7月22日 (日)

豚肉と椎茸のウスターソース炒め

P1040084

どうってことない普通のおかずなんですが、まぁ、こういうのが一番ご飯がすすむとも言えますね。でも、この組み合わせはテッパンですよ。ポイントはしゃきしゃき甘い玉ねぎ。玉ねぎ・豚肉・椎茸をバターで炒めて、軽く塩こしょう。味付けはケチャップとウスターソースでがっつりと。

P1040074

メインはがっつり味なので、あとはさっぱりと。こちらは、昨日の冷やしラーメンにも使った鶏スープ。トッピングに青紫蘇とたたき梅。実は鶏スープに梅って合うんです。これに蒸し鶏をトッピングしてご飯にかければ、同居人くんの好きな「冷やし鶏スープ茶漬け」になります。

P1040077

食卓全景。実は残り物処理の食卓でした。

豚肉と椎茸のウスターソース炒め

卵豆腐ふり柚子

オクラとモズクの三杯酢

水菜のお浸し

冷たい鶏スープと白ご飯



2012年7月21日 (土)

冷やしラーメンはじめました。

P1040065

これからは冷たいメニューが増えますね。我が家の冷やし麺の定番といったら、納豆とだしをトッピングした冷やしうどん、もちろん、冷やし中華に冷麺(韓国風やら別府やら盛岡やら)、手打ち素麺のときには鶏つけ汁だったり、静岡ふうの「がわ」を使ったり。で、今日の「冷やしラーメン」も定番です。鶏ガラでスープを丁寧にとって、油を取り除いたものをしっかり冷やして、醤油・オイスターソースに大蒜なんかで味をつけたものがベースになります。あとはお好みの野菜をたっぷりと。今日のスープはガラではなくもみじでとったので、いつもよりプルプルでコラーゲンたっぷりバージョンでした。

冷やしラーメン(トッピングは、レタス・きゅうり・茹で水菜・トマト・蒸し鶏・煮卵)

2012年7月20日 (金)

鶏肉ぱりぱり揚げ韮ソース

P1040053

昨日作った韮ダレを使っての展開料理。ブログを見た同居人くんが「揚げた鶏に韮ダレかけたやつってご飯すすむよなー」と言っていたので、なら作りましょう、と。ただし、おともは白ご飯ではなくビール!だって、プロ野球のオールスターなんですもの。で、食卓全景はこんな感じ。

P1040052

野球を見るときは、こういうジャンクな食べ物がいいんです。揚げ鶏に冷や奴に、ポテサラはマストですね。あ、でも、我が家では毎回「ポテサラ」か「マカロニサラダ」かで悩みます。

鶏肉ぱりぱり揚げ韮ソースとレタス

トマトとオクラのお浸し

ポテサラと茹でブロッコリー

冷や奴食べらーがけ

はがつおのユッケ(これ、小さめのかつおのときにおすすめの食べ方です。かつおのサクを刻んで、ごま油とコチュジャンとお醤油を混ぜて、最後にうずらの卵をトッピング。)

2012年7月19日 (木)

万能ニラダレ

P1040035

安く韮が手に入ったらよく作る一品が、この韮ダレです。作り方は至って簡単で、韮をみじん切りにして、よく水気を切ったら、ごま油を絡めて、醤油と酢、少しの味醂と七味を入れて一晩寝かせる。一週間ほど日持ちしますので、いろいろ使い回します。今日は蒸し鶏にトッピング。

P1040048

こう暑いとホント食欲失せますよねー。明日の講義で一応、講義期間は終了。試験をやって採点して、あぁ、怒濤の会議ラッシュをクリアして、8月までは一気に走り切ります。

納豆・だし・オクラの冷たいうどん

久在屋さんの油揚げと椎茸の焼いたん

蒸し鶏の韮ダレ、冷やしトマトぞえ

2012年7月18日 (水)

あらかぶの新生姜たっぷり中華蒸し

P1040024

「あらかぶ」というのは「かさご」のことです。(うちの実家方面では「がしら」)福岡の人は、この「あらかぶ」が大好きで、年がら年中スーパーに出回っています。しかも、安い。今日のは一匹300円です。煮付けにぴったりサイズですね。煮付けにしようと思って当初は買ったのですが、なんせこう暑いとしっつりした味のものを食べるのはきつい・・・ということで、さっぱりと蒸し物に。一塩したあらかぶに、すりおろした大蒜とごま油を塗込んで強火で15分。一緒にネギとエノキ茸も蒸しています。塩味が付いているので、あとは柑橘系(今日は青柚子)をぎゅっとしぼるだけ。

P1040020

こちらは定番の胡麻酢和え。練り胡麻とすりごまを両方使っているので、ごまごましいですw

P1040021

安藤雅信さんのこのうつわは、ちょっとした炒め物を盛りつけるのにぴったりですね。ホント使い勝手良い。

P1040029

食卓全景。

あらかぶの新生姜たっぷり中華蒸し

蒸し鶏と胡瓜の胡麻酢和え

にらたま

オクラとじゃこの冷たいお味噌汁、水ナスと茗荷の浅漬け、白ごはん

 


2012年7月17日 (火)

鯵のなめろう

P1030998

私事ですが、本日誕生日です。何歳になったかは・・・まぁいい。まぁ、誕生日と言っても同居人くんはいないし、仕事はあるし、とりたてて何もしないのですが。夜くらいは野球見ながらお酒でも飲みますかね。でも、それっていつもと同じだし(笑)せめてお昼は好きなものを食べようと思って、朝から近所のスーパーに行ったら、今朝あがったばかりのぴっかぴかの鯵が売っておりました。で、即購入。鯵が食べたかったというのもあったのですが、何よりも京都で新しく買ってきた器に合わせてみたかったのです。想像していたけど、想像以上に良い!

P1040009

あとは最近定番となったオクラの肉巻き。今日は大根おろしにたっぷりの七味をかえて、お醤油を落としていただきます。

P1040012

夏っぽい食卓ですね。というか、薬味満載。この時期、茗荷・紫蘇・新生姜を一日たりとも切らす事ができない体質です。

オクラの肉巻きと冷やしトマト

久在屋さんの油揚げ、椎茸、万願寺唐辛子の焼いたん

もずくと胡瓜の三杯酢

鯵のなめろう、白ご飯

P1030997

おまけ画像。やまほんさんで買った富井貴志さんのスープボウルです。スープではなく、本日到来した桃を盛りつけたのですが、これもキレイ。汁物だけじゃなくて、何にでも活躍しそうで、買ってよかったなーとしみじみ。



2012年7月16日 (月)

京都つれづれ

087

金曜日の夜から京都に戻っておりました。まずは着いてすぐにいつものOさんへ。一応、食べたものをあげておきましょう。

・青梅ごはん

・鱧の焼き霜造りと鱧糸造り

・すっぽんの冷たい煮こごり すっぽんの卵も一緒に

・加茂茄子丸揚げ 田楽味噌添え

・グジと朝風きゅうりの胡麻酢和え

・とり貝の炙り

・郡上の天然鮎塩焼き

・焼きトウモロコシご飯と鱧カツ丼

・じゅんさいと抹茶のゼリー

083

あとは、こんなところでもランチを食べたり。こっちも一応備忘録。

・琵琶マスの軽いスモークとトリ貝お造り

・とろける煮穴子

・牡蠣の塩辛とタラバ蟹内子の塩辛

・お鮨(カレイの昆布〆、スミイカ、こはだ、づけ、中トロ、蒸しアワビ、鯵、鱚、ほっき貝、車海老、天草のうに、穴子、鉄火、玉)

慣れた店で慣れた時間をすごす。一番の贅沢ですね。


2012年7月12日 (木)

釜揚げしらすと生アオサのペペロンチーノ

P1030984

釜揚げしらす祭り絶賛開催中でございます。ご飯に合わすだけではなく、今日はパスタで。これ、大当たり。しらすにアオサって同居人くんが絶対好きな組み合わせだな。今日はリングイーネを使いましたが、もちろんスパゲティーでもオッケー。作り方は至って簡単で、普通のペペロンチーノベースを作って、そこにアオサとしらすを入れるだけ。アオサとしらすに塩気があるので、塩は控えめにしてください。

P1030971

こちらも定番。オクラとトマトのサラダ。この組み合わせのときは絶対に柚子胡椒!ポン酢に柚子胡椒をといたもので、カットしたトマトとおくら、蒸し鶏を合わせるだけですが、おいしい♪

P1030980

食卓全景。

釜揚げしらすと生アオサのペペロンチーノ

トマト・おくら・蒸し鶏の柚子胡椒サラダ

冷たいかぼちゃのスープ



2012年7月11日 (水)

釜揚げしらす丼

P1030962

ここのところ朝ご飯に釜揚げしらすを食べることが多いのですが、実は福岡の人はあまり釜揚げは食べないようなのです。なので、いつもデパートでしか手に入らなくてちょっと不便をしていました。というわけで、実家から送ってもらうことに。和歌山はしらす大国。釜揚げもちりめんも何でもござれですが、私はやっぱりこれくらい粒の大きい釜揚げがいいなー。というわけで、まずは釜揚げしらす丼。定番の卵黄のっけです。今日は広島土産の広島菜を刻んだものも一緒に添えてみました。

P1030958

こちらは我が家の夏の定番トマトとオクラのお浸し。よーく冷やして食べるとトマトの酸味と相まって本当に食べやすい。もちろんお出汁もごくごく飲んじゃいますよ。というか、飲めるくらいの出汁にしております。

P1030968

食卓全景。こうやって見ると、ものすごくヘルシー感な食卓ですね。でも、これくらいの方が食べやすくていいんですよね。もうあったかいお味噌汁飲むのさえおっくうな感じなので、汁物もだいたい冷製ばかりですしw

釜揚げしらす丼

小松菜と新生姜の塩麹炒め

トマトとおくらのお浸し

茗荷とすだちの冷たいおすまし



2012年7月10日 (火)

焼き茄子の胡麻ソース

P1030951

焼き茄子って実は色々な食べ方ができるメニューですよね。焼きたてあつあつに新生姜をおろしたものにお醤油をじゅっとかける、というのが一番の定番かもしれないですが、我が家はあまり焼きたてを食べません。それよりも、焼いたあとに冷やしたものが人気。シンプルに食べるなら、出汁に浸して冷やしたもの、あとはお吸い物仕立てにもできますし、ちょっと中華風のタレをかけても美味しい。でも、我が家で一番人気なのは、この胡麻ソース。出汁に浸して冷やしてから、練り胡麻ベースのゴマだれをかけて、ラストにふり柚子。今日はお昼ご飯ですが、本来なら日本酒ですね(笑)

P1030949

こちらは肉厚ピーマンを使っての小さな一皿。ピーマンには山椒とか七味が合います。というわけで、今日は山椒炒め。

P1030955

食卓全景。

キャベツとツナのバター煮

ピーマンと豚肉の七味炒め

焼き茄子の胡麻ソース

おくらと納豆のおろし和え

茗荷とすだちの冷たいおすまし、広島菜漬け、白ご飯



2012年7月 9日 (月)

フレッシュトマトと紫蘇のパスタ

P1030939

福岡は今日も快晴。青空はすっかり夏を告げております。そして、夏といえば食べたいこのパスタ。同居人くんの大好きなメニューですね。作り方は至って簡単。玉ねぎ4分の1個、にんにく1片、唐辛子1本をオリーブオイルで炒めて、湯剥きして刻んだトマト大2個、ツナ水煮缶半分を入れて、水気がなくなるまで煮詰めて、味付けは塩のみ。で、ラストに紫蘇をたーっぷり。トマトの甘みと、唐辛子のぴりり、そして、紫蘇の香りがきいていて、ホントいくらでも食べられる系です。

P1030935

一応、食卓全景。あとはホントお手軽料理です。

フレッシュトマトと紫蘇のパスタ

キャベツとハムのコールスローサラダ

かぼちゃの冷たいスープ


2012年7月 8日 (日)

マツダスタジアム!

065

仕事もたまっているのですが、ずーっと行きたくてうずうずしていた、カープの本拠地マツダスタジアムに行ってきました。福岡からなら新幹線で1時間。10時半に出れば12時前にはもうスタジアムに着いているという近さ。

広島駅が近づくにつれ、ドキドキする。この想いは知っている。うん、20年くらい前によく経験した。いい大人になって、純粋にときめけるってなんて素敵なことだろう。小走りで球場に入る。

063

マツダスタジアムは甲子園と並ぶ美しい球場だと個人的には思っている。やっぱり球場は屋根なしがいい。空の高さ、わたる風、天然芝の緑、こんな気持ちのいいところ、他にあるだろうか。本当なら同居人くんと一緒に来たかったけど、でも、一人でだって楽しみます。というわけで、マツダに来たからには球場メシ!

060

マツダスタジアムのフードコートは本当に充実していてい、唐揚げ専門店にポテトフライ専門店、韓国料理屋さんに、ホットドッグショップ、ドーナツ屋さんにうどん屋さん・・・と列挙するとキリがないくらい。そのなかの”koi court”は選手プロデュースメニューを出すお店。さて、そこで何を食べようかと考えたのですが、来られなかった同居人くんに敬意を表し、同居人くんの大好きな木村昇吾選手プロデュースの「豚キム丼」を。上にのっているのは冷ややっこで、これを混ぜながら一気にかっこむといういかにもベタなメニューです。

076

こちらは天谷選手プロデュースのマンゴ―アイス。フレッシュマンゴーにナタデココ入りでかなり美味しかったです。次回も絶対また食べよう。球場探索を楽しんで、グッズを買い込んだ後は、しっかり観戦です。一球ごとに歓声が起こるスタジアム。来ているお客さんは本当に老若男女みんないる。誰だったか「広島においてカープは文化だ」と言ってたけれど、ここに来るとそれはよくわかる。お孫さんがおばあちゃんの車いすを押してカープの応援をしにくる。女子高生たちが当然のように、カープの外野手争いの話をしている。普通の地域の生活のなかに、とても近くに野球がある。なんて素敵なんだろう。

078

ラッキーセブンは風船飛ばし。今ではどの球団もやっていますけど、実はカープ起源なんですよね。球場の美しさにうっとりし、歓声にうちふるえながら、気付いた。「カープってすごく高校野球的だ」ということに。それは、地域密着というのもそうだし、野球の仕方や新しい選手がどんどん出てくるところや、色んな意味で。あー、ダメだなぁ、メロメロだなぁ(笑) だから、好きな球団を持つことを避けていたのに。でも、もう持ってしまったので、素直になります。さぁ、がんばって、CSめざそう!次はいつ見に行こうかな~。




2012年7月 7日 (土)

かつおの刺身

P1030926

近所のスーパーで良い鰹のサクが安く出ていたので、即購入。大きさとしてはけっこう小さめなんだけど、鰹はすこし小ぶりのものの方が好み。あと、戻り鰹で脂のりのりというのよりも、走りの季節のあっさりしたものが私も同居人くんも好きです。

さて、鰹に添える薬味って何なのかってけっこう地域差がありますね。どうも福岡はワサビらしいのですが、一般的なのは生姜でしょうか?あと、三重は和芥子を使いますしね。で、私の実家がある和歌山はもちろん生姜もあるのですが、大根おろしとダブル使いをします。これが美味しい。というわけで、上の写真。

P1030931

豚しゃぶにかかっているのは、韮ダレ。これも我が家の夏の定番です。生のニラを刻んで、ごま油を絡めたところに、醤油・みりん・酢・七味をひたひたに注いで、半日ほど置くだけ。これを、豚しゃぶやら蒸し鶏やら、焼いた豚肉やら、揚げた鶏やら、冷や奴やら、さまざまなものにかけます。

P1030933

食卓全景。夏のやる気のない食卓ですねー。

かつおのお刺身

豚しゃぶニラだれ

おくらモズク酢

かぼちゃのすりながし汁

2012年7月 6日 (金)

日々の想い

259

以下、普段とは全く関係のない日々のつれづれ(やや学問)ですので、見なかったことにする方向で。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨年末の病気は、ある意味で、自分が今まで研究してきたテーマにとって、大きな転換点だった。というか、それまで自分の考えてきたことがいかに薄っぺらかったかということを痛感させられた。「災厄」とか「偶然」とか「出来事」とか、口にすることはたやすい。でも、私は、それをいつも自分の側からしか見てこなかった。つまり、自分が何事かに巻き込まれるということは考えても、他人を巻き込むということを想像していなかったのだ。だから、自分の病気がわかったとき、共に生きていく人に影響を及ぼしてしまうこと、つまり、迷惑をかけてしまうことを極度に恐れたし、半ばパニック状態に陥った。人はそれぞれに自らの人生を充実させるべきで、そして、それを他人は邪魔すべきではないという、それまでの私のモットーを、あらんことか、自分自身の存在が崩していくのだから。

他者と共にいる、ということの意味を改めて考えた闘病期間だったなぁと今にして思う。

そして、私はいま、ようやく一つの答えを手にできた気がしている。それはたとえば、「愛」と呼ばれるものが一体何なのか、おぼろげに見えてきたということ。

愛・・・口にするとちょっと照れる。でも、かつて、もう10年ほど前になるだろうか、私の研究を見守ってくれている先生が、「あなたがこの先に進むためには、愛について考えないといけませんよ」と言ってくれたことの意味を、今頃になって私はようやくわかった。当時の私は、「偶然」や「災厄」を「愛」に繋げるその発想に、どこかしら「おめでたいなぁ」とか、「この先生はええ人やなぁ」と思っていたところがあったんだけど、別に、それはおめでたいわけでもなんでもなくて、ある種の覚悟の問題なのだ、と気付いた。覚悟をきめることのできない人間には、ただ、それが甘やかに見えるだけで。

では、それはいったい何の覚悟なのだろう。単純にいえば、巻き込まれることの肯定であり、つまり、他者とともに偶然に身を委ねていくことの覚悟なのだろう。偶然にふりまわされるとわかっていながら、それでも引き受けることは一種の賭けだ。賭けることができるとは、それすなわち愛なのではないのか。

えらそうに愛について語っているけれど、私は自分でそこに到達したわけでもなければ、自分がそういう愛あふれる人間だとはこれっぽっちも思っていない。というか、私はそれを与えられ、教えられた側だ。そういう人が一緒にいてくれるということは、なんという僥倖だろう。

「愛とは真に、偶然に対して寄せられた信頼なのです。愛はわれわれを、差異とは何かということの根本的経験の領域に、そして結局、ひとは差異の観点から世界を探求できるのだという考えへと向かわせるのです」

このアラン・バディウの言葉に、いまなら素直に頷くことができる。

しらす納豆だし丼

P1030922

大学に出勤しない日は洋食の朝ご飯で、出勤日は和食ご飯というのがここのところの定型になっています。やっぱり白ご飯の方が腹持ちいいし、いうても、講義1時間半ってものすごい肉体労働なんですよ。ずっと立ったまんまでしゃべり続けているわけで。で。最近のお気に入りがこの丼。今日は卵黄のっけではないですけど、もちろん卵黄を落とせば更にパワーメニュー。

しらす納豆だし丼

水菜お浸し

かぼちゃの冷たいスープ

2012年7月 5日 (木)

夏野菜の揚げ浸し

P1030908

ともかく湿度が高くて不快指数上昇中の福岡です。なかなか食欲もでない・・・でも、ここで手抜きしちゃうともっとばてるのは目に見えているので、ぐっと我慢して、お料理を。とはいえ、食べやすい物がいいので、冷たい一品が嬉しい季節です。そんなわけで、夏の定番揚げ浸し。

P1030916

とはいえ、さっぱりしたものばかりでもまずいので、タンパク質とらないと。たまたま牛肉が冷蔵庫に転がっていたので、シメジと一緒に炒め合わせてみました。良いバターを使っているので香りたかくて美味しい。

P1030912

夏っぽい食卓ですね。出勤前のお手軽ご飯でした。

牛肉とシメジのバター醤油炒め

夏野菜揚げ浸し(かぼちゃ・ピーマン・茄子)

オクラもずく酢

冷や奴

青瓜のお漬物と城ご飯


2012年7月 4日 (水)

オクラとしらすの明太子パスタ

P1030903

春先は菜の花と浅蜊レシピブログと化し、いっときは豆ばっかりを食べていたわけですが、ついに来ましたオクラの季節。だいたい私は、ねばねば系好きなんですよ。で、個人的にオクラには酸味系のものを合わせると、さらにすっきり食べられます。そんなわけで、今日のパスタも明太子をほぐしてから、けっこうたっぷりカボスの絞り汁をいれています。最後にトッピングしたしらすが良い仕事してました。この時期、釜揚げしらすはもりもり食べたいんですが、福岡だとあまり良いのが手に入らないのが辛いところ。

P1030899

雨で外はまっくらなので、せめてご飯くらいはカラフルに。赤・黄・緑と揃いました。はー、冷たいカボチャのスープうまーい。

オクラとしらすの明太子パスタ

かぼちゃの冷たいスープ

豆腐サラダ


2012年7月 3日 (火)

冷や汁・野菜天定食

P1030894

夏休みまであと一ヶ月になって、私も同居人くんも息切れ気味です。ふたりともスカイプで話すことと言ったら、何して遊ぶか何を食べるかということばかり。特に同居人くんは、おうちのごはんが食べたいようで、この前も「まきちゃんの作ったおひたし食べたい」とつぶやいていました。そのとき、「なんでおひたしなん?もっと派手な料理あるやん」と言ったのですが、同居人くんいわく、「うちの味の基本だから」だそうです。

P1030886

というわけで、お浸し。まぁおそらく、出汁のひき方とか、醤油とみりんのバランスとか、そういう和食の基本が一番出るメニューだから、「うちの味」ってことなんでしょうね。

P1030893

あと、冷や汁には絶対天ぷらを合わせる主義です。「素麺に天ぷらと一緒よな」とは同居人くん言。

P1030887

食卓全景。

天ぷら盛り合わせ(茄子・かぼちゃ・おくら・しめじ・豚肉青のり)

小松菜お浸し

かつおの漬け

瓜のお漬けものと明太子

白ご飯と冷や汁セット




2012年7月 2日 (月)

冬瓜とつくねの煮物

P1030882

気がついたら、いつのまにかもう七月。2012年も半分がすでにすぎたのかと思うと驚きますねぇ。ホント早い。なんでこんなに早いのかと考えると、やっぱり忙しいからでしょうか。先週も東京でしたし。そんなわけで、ひさびさの家ごはん。まずはシンプルな和食で。何を作ろうかと思ったのですが、美味しいそうな冬瓜が出ていたので、ほっこり煮物。

P1030876

食卓全景。枝豆の箸置きがなにげにかわゆい。

冬瓜とつくねの煮物青柚子の香り

オクラともずくの酢の物

簡単冷や汁

焼き万願寺おかか醤油

藁納豆・瓜のお漬物・白ご飯


« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »