« 京都で洋食 | トップページ | 鶏と蕪のおかゆ »

2011年11月21日 (月)

大阪で食べたもの

月曜日。翌日の朝イチで私は福岡へ、同居人くんは関空へ向かうので、
大阪へ移動。新大阪に宿をとり、さて、大阪で何を食べようと。
前日の京都では和食を食べられなかったので、
(さすがにこの時期の京都で直前予約の和食は無理でした)
じゃぁ、大阪で和食食べようと。

京都と大阪、同じ和食でもぜんっぜん違う。同じ割烹でもぜんっぜん違う。
やっぱり、大阪はインパクト重視だもんなぁ。
それにたいし、京都は良い意味でそっけない。
京都の割烹に感じるけれんみの良さみたいなものも大好きだし、
そっちに最近ではすっかり慣れているんだけど、
よく考えたら、私の割烹原体験は大阪なわけですよ。
板前さんがたくさんいて、カウンターには派手なお姉さま方が座ってて、
賑やかな掛け声がとぶフロアー、目移りするくらい豊富なお品書き。

というわけで、ひさびさミナミへGo!子どもの頃からおなじみの割烹へ。
同居人くんと二人、カウンターに座る。
相変わらず同伴客に接待客満載w
以下、食べまくったもの一覧。

和歌山産戻り鰹のたたき
馬刺し
蓮根饅頭(なぜか毎回食べてしまう。子供の頃から慣れ親しんだ味。もちもちです)
牡蠣と蓮根のグラタン(しょうゆ風味のクリームソースが美味しかった―。この店はクリームソース系が美味しいんだよね)
鴨と下仁田葱の照り焼き
帆立と椎茸のグリルサラダ
揚げ新じゃがのサラダ(これが今回一番の驚きがあったものかな。すりおろしたジャガイモを丸めて揚げて、そこにイクラとホワイトソースです。たぶん)
雲子の海苔巻き天ぷら
キノコとろろ酢(これは箸休めにと、サービスで出していただきました)
和風ふかひれスープ(あわび、ウニ、車海老がたっぷり入ったスープ。これもなぜか毎回食べてしまう)
蕪のふろふき
グジの塩焼き
鯛茶漬け(同居人くん)、焼き胡麻のかつお茶漬け(私)

やっぱりここでは一手間かけたものを食べたいところ。はー、満喫した。

« 京都で洋食 | トップページ | 鶏と蕪のおかゆ »

旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 京都で洋食 | トップページ | 鶏と蕪のおかゆ »