« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月30日 (水)

牡蠣のバターソテー

P1020256

寒くなったり暖かくなったり、気候が定まりませんねぇ。てか、明日で師走なんですけど。とはいえ、やっぱり食材は着実に冬に向かってます。そんなわけで、今日は牡蠣。福岡も隠れ牡蠣の産地なのです。今日はいろは島の牡蠣。小粒ですが味が濃くて生でもよし、炒めてもよし。今日はバターソテーで。残った油で炒めたほうれん草がまた美味しい。(器は安藤雅信さんですね)

P1020248

自然光で撮ると器がきれー。こちらは玄海産の天然鯛。こぶりだけど、これくらいのサイズの鯛もけっこう好きです。

P1020250

器を撮りたかっただけシリーズ。こちらは市川孝さんの片口。

P1020252

食卓全景。今日は食べたい物、というより、使いたい器メインかもw とはいえ、こういうシンプルなご飯が一番ほっとするなぁ。

牡蠣とほうれん草のバターソテー

天然鯛のお造り

牛蒡とブロッコリーのサラダ

ネギ入り出汁巻き

もずく酢

シメジのお味噌汁と白ご飯




2011年11月29日 (火)

晩酌セット

P1020227

この週末は学会でバタバタしていまして、その影響か昨日は体調を崩していて、まともなものが食べられませんでした。でも、基本的に食べることが生活の中心にある私としては、ちゃんとしたものを食べないというのは、痛恨の出来事なわけです。ていうか、食事を整えないと、日々整いませんし。そういうわけで、しばらく、「ちゃんとしたもの食べたいなー」「丁寧に器並べたいなー」と思っておりました。

P1020219

今日は比較的早く仕事が終わるので、満を持してのご飯作りです。まずはビールセットということで、生春巻と伊万里牛のステーキ。実はステーキののったお皿と生春巻のお皿は古伊万里です。

P1020231

こちらは日本酒に合わせたアテ。というか、この前yamahonさんで買った器を使いたかっただけなんですけどねw

P1020234

思わずちょっと食べ過ぎましたw

伊万里牛ステーキとジャガイモのバターソテー

海老と蒸し鶏の生春巻

いくらおろし

煮奴

明太子&広島菜

お酒は日置桜鍛造生もと強力





2011年11月24日 (木)

豚汁定食

P1020203

引き続き新しく買った器を使いたいだけメニュー。

というわけで、一人になったらいきなり手抜きになった私のお昼ごはんです。寒くなったので、まずは豚汁。ちなみに、よくある議論ですが、果たして豚汁は「おかず」なのか「汁物」なのか。今日は「おかず」にカウントして、その他のお皿は少なめバージョンです。ゆえに、浅漬けとか。

P1020210

ここのところ、蕪ばかり食べていますが、またまた蕪。

P1020207

食卓全景。目玉焼きののった古伊万里がめっちゃかわいくてご満悦の私でございます。

ウィンナーエッグとコールスローサラダ

水菜とナメコのお浸し

蕪の柚子香漬け

豚汁と白ご飯



2011年11月23日 (水)

きんぴらうどん

P1020198

同居人くんがいなくなると、ホント食べる物に困ります。ていうか、食べたい物が思いつかないの。今日のお昼も一応ご飯を炊いたのですが、あんまり「白ご飯」って感じでもなかったので急遽おうどんに。やっぱりほっこり系に走ってしまう。でも、小鉢は二つ作りました。なぜならば、食べたいのではなく、「盛りつけたい!」という意欲があったから。

P1020186

内田さんの片口。和え物にぴったりのサイズです。

P1020191

この御深井焼は、何にでも合いそうな感じ。

一人でも良い器があれば、しゃんとするし、きちんとした物を作ろうって思います。やっぱり器って大事だね。

きんぴらうどん(トッピングに水菜と白ネギを。)

胡瓜となめこのおろし和え

じゃこキムチの冷奴



2011年11月22日 (火)

鶏と蕪のおかゆ

P1020182

同居人くん、二週間のイギリス滞在へ。というわけで、ひさびさの一人暮らしです。いつも通り仕事を終えて、近所のスーパーへ行ったんだけど、一人になると何が食べたいのかさっぱりわからない。今回は京都で食材も買ってこれなかったし、そうなるとホントに食べるものが思いつかない。

で、京都大阪と暴飲暴食したので、ちょっとあっさりご飯で。スーパーに行くと幸い立派な蕪が安く売られていたので、「これは!」ということで即購入。同居人くんと一緒だとあまり食べない「お粥」を炊くことに。

ちなみに、鶏肉と蕪のお粥は高山なおみさんレシピです。これには絶対骨付きの鶏肉がいいですよ。炊きあがったら、蕪の葉の塩揉みをのせて。シャキシャキとろーんにほかほかで、体の芯から温まります。

器はさっそく京都で購入した新作が登場♪大きさといい、持った感じといい、ベストです。

2011年11月21日 (月)

大阪で食べたもの

月曜日。翌日の朝イチで私は福岡へ、同居人くんは関空へ向かうので、
大阪へ移動。新大阪に宿をとり、さて、大阪で何を食べようと。
前日の京都では和食を食べられなかったので、
(さすがにこの時期の京都で直前予約の和食は無理でした)
じゃぁ、大阪で和食食べようと。

京都と大阪、同じ和食でもぜんっぜん違う。同じ割烹でもぜんっぜん違う。
やっぱり、大阪はインパクト重視だもんなぁ。
それにたいし、京都は良い意味でそっけない。
京都の割烹に感じるけれんみの良さみたいなものも大好きだし、
そっちに最近ではすっかり慣れているんだけど、
よく考えたら、私の割烹原体験は大阪なわけですよ。
板前さんがたくさんいて、カウンターには派手なお姉さま方が座ってて、
賑やかな掛け声がとぶフロアー、目移りするくらい豊富なお品書き。

というわけで、ひさびさミナミへGo!子どもの頃からおなじみの割烹へ。
同居人くんと二人、カウンターに座る。
相変わらず同伴客に接待客満載w
以下、食べまくったもの一覧。

和歌山産戻り鰹のたたき
馬刺し
蓮根饅頭(なぜか毎回食べてしまう。子供の頃から慣れ親しんだ味。もちもちです)
牡蠣と蓮根のグラタン(しょうゆ風味のクリームソースが美味しかった―。この店はクリームソース系が美味しいんだよね)
鴨と下仁田葱の照り焼き
帆立と椎茸のグリルサラダ
揚げ新じゃがのサラダ(これが今回一番の驚きがあったものかな。すりおろしたジャガイモを丸めて揚げて、そこにイクラとホワイトソースです。たぶん)
雲子の海苔巻き天ぷら
キノコとろろ酢(これは箸休めにと、サービスで出していただきました)
和風ふかひれスープ(あわび、ウニ、車海老がたっぷり入ったスープ。これもなぜか毎回食べてしまう)
蕪のふろふき
グジの塩焼き
鯛茶漬け(同居人くん)、焼き胡麻のかつお茶漬け(私)

やっぱりここでは一手間かけたものを食べたいところ。はー、満喫した。

京都で洋食

カテゴリーに新しく「京都」を作りました。
なぜなら、私にとって、京都は「帰る場所」であって、「旅行先」ではないから。
なので、本当はわざわざ「京都」というカテゴリーを作るのも抵抗があるんだけど、仕方なく。

そんなわけで、日曜日から京都に。よく考えたら今の京都は観光シーズンまっさかり。
じっさい、住んでいた頃には絶対に外に出掛けない(飲みに行くなら西院とかにしてた)時期。
ぎりぎりの譲歩で土曜日は避けて日曜日から出掛けることにしたわけです。

日曜日は午後に着いて、ホテルに荷物を放り込んでから、
同居人くんと二人テクテクとUTSUWA yamahonさんへ。
それから、次はアンティークベルさんへ。戦利品については別記事参照です。

晩ごはんは探しまくって(なんせこの時期なので電話するところ、どこも満席で)、
二条城近くの洋食屋さんへ。実は初訪問。
京都に住んでいた頃、ちょっといい洋食というと、裁判所近くのNさん派だったし、
二条城近辺は以前の私の活動エリアに入っていなかったこともあって、
噂は聞いていたんだけど、未訪のままだったのです。

福岡に住んでいると、イタリアンやフレンチではない「洋食」というものを食べる機会がさっぱりなく、
(そもそもそんな店見ない)、関西に生まれ育ち、ちょっとしたハレの日には(あくまでも「ちょっとしたハレの日」であることがポイント)デミソースのかかったロールキャベツなんかを目の前にしてわくわくしていた人間としては、非常に寂しい想いをしていました。
なんだろう、「ものすごいご馳走」ってわけじゃないんだけど、
買い物に行ったついでとか、少し良いもの食べよかという感じで食べるのが洋食で、
そういう意味では、私にとってはちょっと背伸びした日常にあるものなんだけど、
どうも福岡だと、そういうのが妙に「おされ」な感じなってしまって、
正直、いたたまれない気分になってしまう。

なので、関西に帰ると、昼夜問わず洋食を食べたくなる。で、今回は初訪問のお店。
ちなみに「日常の延長にあるちょっとしたハレの日」に行くところが洋食店ということは、
良い洋食店には、子供の頃から通ってますよ、みたいな常連さんがいたり、
家族総出で来ているお客さんがいるというのが理想的。
けれど、そういうところに一見でお邪魔するのは、ちょっと緊張する。
なんていうんだろうか、「よそもの」ですからね、一見は。
で、ドキドキしながら扉をあける。

でも、全然緊張なんて必要なかったw
視野の広いお父さんのサービス精神、おちゃめな息子さん、のんびりしたお母さん。
皆さん、とっても素敵。
しかも!ふとしたきっかけで一気に距離が縮まった。
同居人くんと二人、以前住んでいた西陣の家の話をしていたんだけど、
それを小耳にはさんだ息子さんが「それってどこですか?」と話しかけてくださって、
なんと、息子さんの住んでおられるのが、私たちの家のごく近所!
(てか、同じ町内という・・・)
それからは、みんなでワイワイ地元話で盛り上がってしまいましたw
盛り上がれば、食欲も進むわけで、ぐびぐびワインを飲みながら食べまくってきました。

以下、食べたもの。

前菜盛り合わせ(野菜のマリネ、蟹サラダ、ほっき貝のエスカルゴバター)
イチボのたたき
生牡蠣
クラムチャウダー(同居人くん)、パリソワーズ(わたくし)
鶏のから揚げ
ポテトサラダ
蟹クリームコロッケ
ハンバーグ
プリン
クラシックラガー中瓶×2、グラスワイン白×2、赤ワイン1本

こうやって書き出すと、食べまくってますなw
あと、お酒はかなりの勢いで私が飲みました。なんせお父さんんに「気持ちいい飲みっぷりやねー」と褒められましたから。
「ぜったいまた来てね―」とおっしゃっていただきましたが、
もちろん!!ていうか、なんで今、京都に住んでいないんだ、と地団駄踏みたくなった夜でしたよ。年明けには絶対再訪するぞ!

2011年11月20日 (日)

最近買ったうつわ

P1020159

日曜日から京都に行ってまいりました。今回のお楽しみはやっぱりお買い物(と、もちろん、美味しいもの)。諸事情あって、最近の私は強烈に美しいものを求めているのです。まずは、いつものベルさんで骨董をあれこれと。

P1020162

御深井焼の小皿。なんか好きなんですよね、御深井焼。これからの季節、登場が増えそうなぽってりとした雰囲気。

P1020166

形といい、白のニュアンスといい、好き!な感じです。青みの野菜を入れたらキレイだろうなぁ。

さて、今回はベルさんがメインではなく、高倉五条に出来た「utsuwaya yamahon」さんにお邪魔するのがメインイベントでした。リノベした古いビルの一室。そんなに面積としてみた場合は、広くないのだろうけど、空間の使い方に余裕があるので、気持ちのいい空間です。とりあえず、企画展を見ようと足を踏み入れたのですが、入った瞬間、目が釘付けになったのがこれ↓

P1020171

思わず、同居人くんを急いで呼び寄せてしまったw 一応、ショットグラスなんですが、我が家なら竹鶴のにごりを飲むときに使おうかな。あと、ちょっとしたアテをいれるのにも良さそう。いくらおろしとか、合いそうだなぁ。

P1020179

こちらは、たっぷり汁物を食べたいときに使う予定の大ぶりのお椀。ずーっと大ぶりのお椀を探していたので、えいやっと買ってしましました。一客しかなかったので、あと一客は入荷待ちです。楽しみだなー。

P1020176

企画展は内田鋼一さんでした。刷毛目の片口をふたつ購入。使いやすそうなサイズでこれから活躍するのは間違いなしです。きっとお浸し鉢になるんでしょうw

けっこう散財しちゃったけど、やっぱり楽しい器選び。さて、今から食器棚整理しないとなw







2011年11月19日 (土)

鮭のホイル焼き

P1020152

同居人くんに「今日、何食べたい?」と訊ねると、「フツーの和食」とのこと。明日から関西方面に出掛けて、同居人くんは火曜日の朝、イギリスに戻るので、まぁ、シンプルに美味しいおかずと白ごはんがいいかなと。

P1020156

今シーズンは鮭が不漁らしいですね。秋になってもイマイチ値段が下がっていないけど、やっぱりシーズンになると秋鮭は食べておきたい。そして、やっぱり鮭には味噌とバターの香りが必須。

P1020153

寒くなってきたので、青菜類もみっしりと味が濃くなってきましたね。こうなるとお浸しとか煮物よりも、しゃっきりと炒めたものの方がおいしい♪ というわけで、定番のニンニク塩炒め。

同居人くんいわく「シンプルでおいしかったよ」という晩ごはんでした。

鮭とキノコのホイル焼き 味噌バター味

小松菜のニンニク塩炒め

白菜とツナの煮物

出汁巻き

ピーマンとじゃこのきんぴら

油揚げのお味噌汁



辛ラーメンおにぎりセット

P1020150

朝イチで病院に行ったので、朝ご飯抜き。さすがに昼前にはお腹がぺこぺこ。というわけで、手軽に作れる五木食品「赤辛ラーメン」におにぎりをつけて。このラーメンには、絶対にもやしたっぷりで!あとは台湾ラーメンっぽくピリ辛に炒めたひき肉が合います。

赤辛ラーメン(もやしとニラミンチ、ゆで卵、たっぷり青ネギトッピング)

かつお梅のおにぎり

2011年11月17日 (木)

サンドウィッチでブランチ

P1020143

おいしいパンが食べたいなー、おいしいパンが食べたいなー、とここのところ思っています。けど、福岡ではなかなかないんですよねぇ、ホントに。でも、パン欲求が高まっているので、この際なんでもいいって感じw そんなわけで、出勤前のお手軽ブランチにサンドウィッチを。

P1020146

サンドウィッチだけではちょっとなぁ、ということで、自家製スープも。またまたカリフラワー。でも、好きなんですよ、カリフラワーのスープ。コーンスープよりも好きかもしれない。

サンドウィッチ四種(ベーコンとコールスロー、卵、ハムチーズとミニホットドック。リンゴは長野の秋映です)

カリフラワーのクリームスープ


2011年11月16日 (水)

手羽先と大根のこっくり煮

P1020138

う、ちょっと盛りつけが汚いですね。ていうか、盛りすぎか。今日は煮物、炒め物、和え物、お刺身、といかにもな感じの家ごはん。こっくりした煮物があると冬だなぁと思います。

P1020140

カリフラワーが安くて美味しいので、最近食べまくってます。そして、カリフラワーといえば、カレー味。

P1020137

食卓全景。なんか雑駁感満載なんですけど。同居人くんのお言葉は「普通にうまかった」だそうです。「普通の晩ごはんが普通においしいって大事なことやで」とのこと。うん、まぁそうですよね。毎日ごちそうばっかり食べるわけにはいかないわけで、こういう普通のご飯が日常なんだもん。

手羽先と大根とこっくり煮

カリフラワーのカレーマヨ和え

にらたま

太刀魚のお刺身

エノキ茸のお味噌汁

青菜ごはん(塩漬けにした蕪の葉を混ぜた青菜ご飯。これは同居人くんの好物です。「おれ、やっぱり青菜ごはん好きやわー」としみじみ言ってはりました)



旅館の朝ご飯ふうブランチ

P1020132

今日は12時以降予定が満載。というわけで、朝昼兼用のごはん。とはいえ、あまり重い物はちょっと、、、というわけで、旅館風のごはんとなりました。

P1020133

自然光でとるとやっぱりキレイ。

五島列島の鯵みりん干し(ちょっと焦がしてしまった。。。)

こんにゃくと人参のピリ辛ひき肉煮

藁納豆ねぎたっぷり

水菜と春菊のお浸し 生姜風味

ワカメのお味噌汁、白ごはん、蕪の柚子香漬けと沢庵


2011年11月15日 (火)

アラ鍋とアテいろいろ

P1020126

この一週間、いろいろありまして、お酒を断っておりました。あー、一週間の禁酒生活きつかった。というわけで、今日はお酒飲もうぜ、お酒!の日。

そうなると、やっぱりいいお魚が欲しくなり、同居人くんと仕事のあと岩田屋へ。しかも6時!値引きのお時間です!

ここの魚屋さんはいつも買っているので、気楽に「今日はお鍋しようと思うんやけど、何がいいかな」と声をかける。「今日はアラ!それかアラカブもいいよ」と言われ、しばし悩む。。。「もうええよ、アラ値引き、2650円!」その声で思わず買ってしまいましたw

P1020127

まぁ、お鍋だけじゃね、ということでもろもろアテセット。とっても良い本マグロがあったので、お刺身で。あと、同居人くんといえばの蛸。ビール用にチョリソーと本シメジのバターソテー。

本日のお酒は独楽蔵の2006でした。はー、お燗はおいしいねぇ。

アラ鍋(たっぷりの生わかめ、白菜、えのき茸、春菊、豆腐)

天然本マグロ、地蛸のお刺身

くみ上げ湯葉

チョリソーとしめじのバターソテー

鯖寿司(画像なし)


2011年11月13日 (日)

紫蘇とチーズのミルフィーユ豚カツ

P1020122

ここのところお魚晩ごはんが多かったので、ひさびさに肉食べよう肉!ということで、とんかつ。ただ、もう分厚い豚ロースは脂が重いお年頃の私たち。そんなときはしゃぶしゃぶ用の豚肉を重ねたミルフィーユ豚カツがいいですね。ただ重ねるだけでは能がないので、紫蘇とスライスチーズを挟んで揚げています。ちなみに、衣をつけている段階で、「あ!パン粉がない」ということに今更気づく私(笑)でも、大丈夫。ないのなら作ればいいのだ、ということで、急遽朝ごはん用のロールパンを一つ拝借し、バーミックスでがーっと。はい、生パン粉完成。

P1020124

こちらもバーミックスメニュー、鯵のつみれ汁です。昨日特売で買った鯵が余っていたので、三枚おろしにしてこれまたバーミックスでがーっと。鯵のつみれ汁は実家の定番メニューなんですが、久しぶりに食べたなぁ。

P1020120

食卓全景。同居人くんは白ご飯三杯で今動けなくなっています(笑)生パン粉で揚げた豚カツがお気に入りだったようです。たしかに、乾燥パン粉とちがって、生パン粉だとふんわりエアリーな食感に仕上がります。あー、よく食べた。

紫蘇とチーズのミルフィーユ豚カツ 千切りキャベツと冷やしトマト

水菜の芥子和え

白菜とちくわの卵とじ

蕪の柚子香漬け

鯵のつみれと大根のお味噌汁



ピリ辛味噌ラーメン

P1020117

ここのところ、我が家は味噌ラーメンブームです。で、同居人くんが近所のちゃんぽん屋さんの味噌ラーメンがおいしいので、ぜひ真似してほしいと。先日、ようやくその味噌ラーメンを食べたので、満を持しての再現メニューです。

ぱっと見るとまろやかそうに見えるんですが、これ、ベースがチャンポンの豚骨スープをベースにしているからなんです。で、それを和出汁で割って、豆板醤、味噌、生姜、にんにくをたっぷりと。

トッピングは、これまた同居人くんの「麺大盛りにするくらいなら、モヤシ大盛りがいい!」というお言葉に応えるべく、たっぷりのモヤシニラ炒め。

スープが濃厚でモヤシがシャキシャキで満足でした。同居人くんコメントは「もっと辛くてもいいかな」とのこと。ちなみに麺は平打ち太麺が合いますよ♪

ピリ辛味噌ラーメン(モヤシ、ニラ、豚肉の炒めたの、ゆで卵、白髪ネギトッピングです)

2011年11月12日 (土)

鯵のキムチ煮

P1020112

今日は新メニューです。昨日もキムチを使ったし、二日連続になるのですが、同居人くんの熱烈ラブコールにより新作「鯵のキムチ煮」。

なぜ、こうなったのかというと、今日のお昼、近所に出来た宮崎に本店のあるチキン南蛮屋さんに行ったのですが(ちなみに、とってもおいしかった!)、そのお店で置いてあった雑誌を見ていたんですよね。そこに載っていたのが、このメニュー。青魚好き、キムチ好きの同居人くんが見落とすはずもなく、「これ作って」と言われて、即スーパーへ。立派な鯵が1尾80円という安値だったので、こりゃ作るしかないなと。

P1020115

メインが辛いので、あとはあっさりと。カリフラワーも安くなってきましたねぇ。冬だなぁ。

P1020111

お魚メインの晩ごはんになりました。

鯵のキムチ煮(付け合わせは一緒にピーマンを炊いたのですが、これは絶対ピーマンがいい。めっちゃ合います)

ヒラスのお刺身

カリフラワーとハムの卵サラダ

ワカメのお浸し柚子風味

キャベツと豚肉のガーリック炒め(これは同居人くんだけ)

ニラと豆腐のお味噌汁と白ごはん



2011年11月11日 (金)

鶏のニラキムチ炒め

P1020106

相変わらずの地味メシ続き。同居人くんが忙しそうなので、ゆっくり家飲みってわけにもいかないので、基本的に白ご飯を食べるバランスの良いメニューを組み立てています。まずは豚キムチ、ではなく、鶏キムチ。(豚はお弁当に使ったので)

P1020107

こちらは我が家の定番自家製塩鯖。市販の塩鯖って変に脂だけのっていて塩辛くて食べられたもんじゃないですが、自分で作ればホントおいしい。そして、塩鯖には大根おろし必須ですよね。

P1020109

季節外れのトマトお浸しもガラス器ではなく、黒っぽい器に盛れば、それなりな感じになるかなと。

自家製塩鯖

鶏のニラキムチ炒め

トマトのお浸し

納豆と蕪の葉の和え物

しめじ、小松菜、油揚げのお味噌汁



豚生姜焼き弁当

P1020101

今日は朝からゼミ→病院→会議→講義2コマという過密スケジュール。息つく暇もなそうなので、ともかくお弁当だけは持って行こうということで、お手軽のっけ弁。ちなみに、このホワイトウェアは同居人くんの分で、奥のわっぱが私の分です。ホンマええかげんに同居人くんのお弁当箱買わないと。

豚生姜焼き弁当(白ご飯の上に玉ねぎ入りの生姜焼きをドーンとのせて、広島菜のお漬け物と白菜の漬け物を添えました。サラダはコールスローとブロッコリーのタルタルサラダ)

2011年11月10日 (木)

クリームシチューと海老ピラフ

P1020097

すっかり寒くなりましたねぇ。寒くなると食べたくなるのが、スープ系、クリーム系の食べ物ではないでしょうか。そういうわけで、シチューにしよう!と決めたのは良かったのですが、はて、「シチューのときの主食って何食べるんだろう?」と疑問になった私。

そもそも、私の実家は、こういう「子供の食べ物」を晩ごはんに出してくれることはほとんどなくて(おそらく酒のつまみにならないからと思われ)、実はあまり実家でシチューを食べたことがないんです。なので、シチューと一緒に何を食べていたのかわからない。。。。でもまぁ、晩ごはんにパンが出る家ではなかったので、白ご飯だったんでしょうけど。

で、昨日の夜、「シチューのときの主食って何?」とtwitterで呟いたら、京都方面からリプライが。「カレー」「オムライス」「白ご飯がけ」「白ワイン」など。

結局、私はひそかに決めていたメニューを合わせました。というわけで、これ。

P1020099

どーん、と海老ピラフ。もちろん冷凍食品とかじゃないですよ。手作りですよ。まぁ、ピラフなんて炒めて炊くだけなんで実は簡単なんですが。

というわけで食卓全景。

P1020092

ちなみにこれは私の食べたものなんですが、同居人くんのピラフはもう一回り大きなお皿で出しました。これでもけっこう大きいお皿で出したつもりだったんですが、同居人くんから「ピラフは山盛りで食べたいんだよねー」と一言。はい、今後はてんこ盛りで出しますよw(ちなみに、「今日はシチューメインだったから、この量でよかったよ」だそうです)

鶏肉と蕪のクリームシチュー(「味に深みがあるねぇ」と同居人くんが言ってましたが、隠し味としてほんの少しクリームチーズが入っております。あとは普通にベシャメルソースを作っただけです)

海老ピラフ

コールスローサラダ、冷やしトマト、ブロッコリーのタルタルサラダ


2011年11月 7日 (月)

鯖の味噌煮定食

P1020087

これまたシンプル和食のごはん。かわりばえのしないメニューですが、まぁこんなんですよねw 個人的に鯖の味噌煮って冬っぽいなぁって感じではあるんだけど。

鯖味噌煮(盛りつけに失敗して、皮がむけてしまいました。残念)

小松菜と茹で豚の胡麻酢和え

蛤とキャベツのバター蒸し

和風サンラータン

白ごはん

2011年11月 6日 (日)

ブランチ和食

P1020083

慌ただしく京都へ。それでも京都に行けるというだけで私にとっては精神安定剤。やわらかな言葉、人々の心地よい距離、美味しい食べ物、いつもの友人たち。さくっとブランチ食べて行ってきまーす。

ハムエッグ

ほうれん草とモロッコインゲンの胡麻和え

おろし小松菜納豆

おから

椒房庵の七味明太子

蕪のお味噌汁

白ご飯

2011年11月 3日 (木)

寄せ集め晩ごはん

P1020078

せっかくの休日なのですが、残り物を寄せ集めただけの地味メシになってしまいました。こまごまと皿数だけは多い(笑)残り物大集合なので、私の実働時間も15分くらいだったかも。まぁ、仕事もあるし、いいんですけど。

同居人くんコメントとしては「なにげに残りのおでんってあると幸せ感」だそうです。そう言ってくれたありがとう。私がしたのは温めなおして、青みを添えただけですが(笑)

残り物おでんセット(袋煮、厚揚げ、こんにゃく、ちくわ、モロッコインゲン)

カリフラワーの明太子和え

ほうれん草とシメジの柚子浸し

おから

納豆オムレツ

ワカメのお味噌汁と白ごはん

2011年11月 2日 (水)

常夜鍋

P1020065

会議が終わったのが6時半。退屈な会議のあいだ、「晩ごはんは何しよかなー」とか考えていたんですけど(笑)、なぜか突発的に食べたくなったのが「豚しゃぶ」。シャキシャキのお野菜に程よい脂をまとった豚肉を巻いて食べると、いくらでも食べられますよね。

にしても、いつにもまして手抜きのメニュー。せめてもの罪滅ぼしにゴマダレだけはキチンと手作りしました。そんなわけで、今日はゴマダレで豚肉とシャキシャキお野菜を食べて、くったり煮込んだ野菜と豆腐は大根おろしたっぷりのポン酢で食べようかと。

いやー、同居人くん、驚くほどよく食べるんだもん。野菜もたっぷり取れてよかったよかった。

で、〆はやっぱりこれ↓

P1020068

豚の脂のコクがきいた雑炊になりました♪

常夜鍋(水菜、エノキ茸、白ネギ、生わかめ、豆腐、豚肉バラと肩ロース2種)

鯵のお刺身


鶏ごぼうご飯

P1020062

今日は会議で帰りが遅くなりそうなので、がっつりごはん。メインがご飯ものなのであとは細々と野菜のおかずを並べてみました。

P1020060

鶏ごぼうご飯(あらかじめ鶏もも肉とごぼうを甘辛く炒め煮してから炊き込みます。味がしっかり入っておいしい♪)

ほうれん草の卵炒め

なめこおろし

具沢山味噌汁(昨日の芋煮をリニューアル)

漬け物セット(白菜漬け、胡瓜の芥子漬け、沢庵)


2011年11月 1日 (火)

山形ふうの芋煮

P1020057

東北の秋といえば「芋煮」というのがよく挙がりますよね。とはいえ、私は生粋の関西人。現地での芋煮体験もないんだけど、里芋好きとしては食べてみたいなーと思っていた憧れの食べ物。で、先日買った料理雑誌にたまたまレシピが載っていて、「これは!」ということで早速作ってみることに。ちなみに、これは山形風。山形は芋煮には牛肉、だそうです(他地域は豚だったり鶏だったりするそうで)。あと、ささがきゴボウと蒟蒻とネギだけは欠かせないというふうに書かれていたので、それも忠実に守ることに。

P1020055

けっこうたっぷりお肉が入るのでサイドにはさっぱりした物が欲しくなりますね。こんなときはやっぱりおろし和え。今日は柚子の香りを効かせてみました。一口に「おろし和え」といっても、梅おろしにしたり、ジャコを合わせたり、塩昆布と和えたり、けっこうバリエーション豊富です。

P1020052

シンプル和食の晩ごはん。お漬け物も自家製が二種。胡瓜はぼちぼち終わりだなということで、白菜漬けに移行中です。

鯵の塩焼き

ほうれん草となめこの柚子おろし和え

芋煮(牛肉、里芋、白ねぎ、こんにゃく、厚揚げ、ゴボウ、椎茸)

おぼろ奴

胡瓜の芥子漬け、白菜浅漬け、白ご飯



ボロネーゼ

P1020046

がっつりミートソース! でも、ミートソースって言うとなんか安っぽいですよね。なので、本格的に「ボロネーゼ」で。「ボロネーゼ作ろう」と言ったら、同居人くんに「ボロネーゼってナポリタン?」という質問をされて、がっくりorzとなった私です(笑)何が本格的かというと、日曜日に作ったビーフシチューの残りのソースを使ってるんですよね。なので、味がふかーい。

P1020048

こちらは昨日買った新鮮なカリフラワーを使ったクリームスープ。「クリーム」といっても、牛乳使用なのでさほどカロリーは高くないのですが。それにしても、しみじみ美味しいスープだ。

P1020044

というわけで、洋食尽くしのランチとなりました。

ボロネーゼパスタ

カリフラワーのクリームスープ



« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »