« 5月2日の朝ごはん | トップページ | 5月3日のお昼ごはん »

2011年5月 2日 (月)

有田陶器市&波佐見陶器市

P1010271

今日は早起きして有田と波佐見の陶器市へ。この連休中、最大のイベント!もう楽しみで楽しみで。。。朝八時半の電車にのる。(ちなみにだだ混み。来年からはちゃんと座席予約をしていくこと)降りるのは上有田駅。ここから有田駅までの2キロ強、陶器市が続く。2キロなので、かなり長い。前半からテンションをあげると、お財布がもたないので要注意。特に上有田駅の近くはかなり雑多な店が混ざっていたなぁ。

有田は途中で「このままでは破産する!」と気づき、大急ぎで波佐見へ移動。同居人くんはもともと波佐見好きなので、本来はこっちがメインだったのですよ。それなのに、有田おそるべし。ちなみに、波佐見までは有田陶器市から定期バスが出ています(所要時間20分くらい)波佐見は、一カ所にお店が集まっていて、非常に便利。有田ほどメジャーではないから、どことなくのんびりしている。けど、若手が頑張ってるという意味では波佐見だなぁ。もう少し波佐見用にお金を用意しておくべきだったと私は個人的に反省。

では、買った物をざざっと。(上は買ったもの全商品。いくら使ったかは訊かないで)

P1010272

まずは同居人くんが一目惚れした波佐見、工房福春(福重久弥さん)の器。青磁のなめらかさと、キレのあるフォルム。あと、手前のぐい飲みは色がすばらしいんだけど、この写真だとわからないなぁ。残念。

P1010273

こちらは波佐見、といえばの白山陶器。実はB級品で、一枚千〜千五百円くらいで買えました。白のパスタ皿は前々から狙っていたもの。正方形の縞柄も普段のおかずを載せるのによさそう(チキン南蛮とか。同居人くんいわく「千切りキャベツが似合う」)

P1010276

こちらは私と同居人くん一目惚れの鉢。有田の伝平窯さんです。けっこうな値段だったけど、抗いきれない欲求により購入。

P1010279

こちらは、有田の色んな店頭で買ってきたお手軽な値段の小鉢一覧。(アンダー千円)たとえば、真ん中に映っている青磁は深川製磁のB級品で700円。深川製磁がそんな値段で買えるなんて、感涙。手前の小鉢二つは個人的にかなり気に入ったんだけど、びっくり安さの値段だったし。

P1010281

こちらも有田で普段使いのお皿。醤油入れがついているお皿は我が家では便利なんだな。お刺身用の必須アイテム。それから、隣の小丼はあえて「ベタ」を狙って、こんなフツーの柄を買いました。(もちろん、アンダー千円)

P1010282

もちろんお値打ち品ばかり買っているわけではなく、作家物も♪これは一目惚れした中皿。この手のものには目がない私。

P1010280

そして、あぁ、なんて美しい白磁。これまた値段は張ったけど波佐見で買ってしまったお皿です。同居人くんと私の今回ナンバーワンか。

P1010278

こちらも有田でお気に入りの窯。宝寿窯。右の平皿は同居人くんが買ってくれました。焼き魚や揚げ物によさげ♪ 左側は私のひとめぼれっす。こういう小鉢好き。

P1010283

そして、波佐見でどうしても見たかったのが、ここ、康創窯。はじめて、実際見たけど、気に入った!同居人くんは「もう白山陶器よりも、こっちやな」だそうです。私も個人的にはそう思う。ちなみに正方形の絵皿、実はB級品で(でも、どこに傷があるのか私にはわからなかった)、一枚千円ですよ。黄色のお皿は正規品ですが、4割引きでした。

いやー、買った買った。ちなみに会場には食べ物の出店なんかも色々あって、たとえば、有田ではかしわ飯やらお寿司やら、クジラカレーやら、地鶏唐揚げなんかがあって、波佐見は五島うどんのお店も。いろいろ食べたりして、まぁ、お祭りですね。ただ、有田から波佐見を一日で回るのはけっこうきついです。ていうか、有田だけでも一日かかるもん。今回、けっこう勉強したので、波佐見はじっくり、有田はお目当ての窯にしぼって、というふうに行かないと時間もお財布も足らないということがよくわかりました。まぁ、でもコレだけ買っても、私の靴一足分かと思うと、安いなぁとしみじみ。

さ、この器に料理盛りつけるのが楽しみだ!


« 5月2日の朝ごはん | トップページ | 5月3日のお昼ごはん »

旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 5月2日の朝ごはん | トップページ | 5月3日のお昼ごはん »