« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月31日 (火)

5月31日のお昼ごはん

P1010372

日々、学生と話していると、自分の学生時代を思い出すことがある。今日、とある学生が授業カードに「他人とふれあうとか、こんな当たり前の話がなんで哲学なのか」と書き付けているのを見て、「そっかー、それは当たり前のことなのか」と思いながら、自分の学生の頃を思い出した。

少なくとも私にとって、他人とつきあうとか、理解を持つ、ということは、子供の頃から一度たりと「当たり前のこと」になったことがなかったような気がする。そして、大学に入って、そういう疑問を持つことが全くおかしくないとわかって、とても肩の荷が降りた。そして、だからこそ、他者とつきあえることの素晴らしさが、わかった気がする。

授業カードを書いてきた学生は何の悪気もないんだろうけれど、人が「わからない」というのは悪いことではないよ、と言いたい気がする。「わかっている』世界より、「わからない」世界の方が楽しいよ、とも。そして、わからない世界のなかで、何かを手探りで作っていくことは今の私にとって発見の連続だと、生活の中で思う訳です。ホントは同居人くんと発見したいのですけれどもね。

P1010373

奄美ふう鶏飯

ほうれん草の卵炒め

切り干し大根煮

冷奴だしがけ

2011年5月30日 (月)

5月30日のお昼ごはん

P1010365

今日も在宅ワーク。昨日に引き続き東京での仕事をやっております。ただ、少しつまづき気味。。。なにせ今までやってきた仕事は全く種類が違っていて、別の能力が必要になるんだとなと今頃になって実感。たしかに大変だけど、勉強になることも多いので、良かったんじゃないかと自分に言い聞かせる。

たぶん、気を抜くとネガティブになってしまう、というのを薄々わかっていて、だからこそ、得られるものは全部身に付けまっせー、みたいなガツガツしたモードをあえて維持している。大学の仕事や学外での仕事なんて、自分の研究に繋がるものはこれっぽっちもないけれど、でも、その中で何か身に付けて、自分のプラスにして楽しまなきゃ、こんな状態やってられない。いつだったか、同居人くんに「私のやっているのは「労働」でしかない。「仕事」がしたい」と愚痴ったけれど、「労働」だと思ったら、それは「労働」だし、そうじゃなくて自分のスタンス一つで楽しい創造的な「仕事」に変えられるはずだ、と思わないと。なんだか怪しいポジティブシンキング思考みたいになっていて、ちょっと自分でも気持ち悪いけれど、そうでもしないと、モチベーションすら維持できないという情けない状況です。

ともかく、前を向いてやっていくためには、ちゃんと食べて楽しむこと。というわけで、今日ものんびりお昼ごはんを作りました。

P1010369

器のスタイリングがすっかり夏ですなぁ。最近、汁碗にもう少し木目のたった素朴な感じのものが欲しいです。それから、お茶碗も種類を増やしたい。器欲、際限なしです(笑)

鶏もも肉のソテー チーズソース エリンギとピーマンソテーぞえ(ひさびさにアンティークベルさんで買った大皿を。やっぱ、このお皿好き)

トマトとオクラのお浸し(トマトお浸しは夏の好物です。あと、この有田の陶器市で安く買った小鉢は使い勝手が良くて気に入っています)

ニラ納豆

新ごぼうのサラダ

くずし豆腐のスープ(じっくり煮出した鶏ガラスープがおいしいー)

2011年5月29日 (日)

5月29日のお昼ごはん

P1010361

雨ですね。よく降ります。でも、仕事をするには雨の方が静かでいいかなという感じです。なんだか時間が飛ぶような勢いで過ぎて行くのですけれど、いったいどういうことなんでしょうか。

熊本黒マー油ラーメン(トッピングは野菜炒めとメンマ、ゆで卵)

冷やしトマトサラダ(上に載せているのは、新玉ねぎのマリネです)

2011年5月28日 (土)

5月28日の外ごはん

ひさびさに週末、福岡にいます。まずは朝からゆっくりお風呂に入って、ぼんやり。思わずお風呂のなかで『婦人画報』なんぞ熟読してしまった。お風呂に1時間以上はいっていたので、あがると、お腹がぺこぺこ。時計は11時になろうかという時刻。さて、どうしようかと思い、ふと、「寿司食べたいなぁ」と。

改めて考えてみると、私は好きな食べ物のランキングとして、寿司というのはかなり上位に食い込む気がします。京都にいた頃は、定期的に鮨Mさんか、大阪のS寿司に行かないと、「寿司分が切れた!(寿司分というのは、体内の寿司成分のことw)」と騒いでいたものです。
もちろんこういうときは、ちゃんとした江戸前じゃないとダメ。いわゆる、握り飯の上に生の魚が載っているだけのもの、を私の「寿司分」は求めていない(笑)

で、そういえば、ここのところ、寿司を食べていない。そりゃ、食べたくなるよねってわけで、思い立って、以前から行ってみたかった、現在福岡市内では1,2を争う人気店に電話をかけてみると。。。。当日直前予約だったのですが、とれました。こういうとき、おひとりさまってラクですね。

ちなみにお店は我が家から歩いて行ける距離。それも有りがたい。降りしきる雨の中、ぶらぶらと歩いてむかいつつ、「この天気だから、魚がイマイチかもなー」とちょっと不安がよぎったりしたり。

さて、食べログで検索すれば、福岡のトップランキングに登場するこのTというお店。
席数はカウンター9席のみ。なんつーか、ともかく照明が暗い。手もとだけにスポットが当たっていて、あとはかなり暗くて、内装も黒っぽい打ちっぱなしで、おしゃれというより、90年代か、と思ってしまったのは私だけでしょうか。
女一人客で警戒されたのか、席はご主人の前。キレイなネタ箱にはぎっしりと魚が。ランチはお決まりのみということで、それをお願いして、まずはビール。それから熱燗に切り替え。
以下、食べたものをざざっと。

・蛸の柔らか煮
・握り(アオリイカ、呼子の小鯛、マコガレイ、コハダ、中トロ、鯵、赤貝、生鳥貝、ウニ、車海老、穴子、玉 追加で鰯と鉄火巻)
・お吸い物

ビール一杯に熱燗二合飲んで、値段はけっこう驚くほど安かったです。
ただ、なんか物足りない。ネタとシャリのバランスなのかなぁ、一体感があんまりなくて。。。
ネタ自体も、まぁ、天気がこんなだったという問題もあるだろうけど、飛び抜けたものはなかったような。マコガレイとか、もう少しきちっと昆布〆にした方が味が凝縮して美味しいと思うんだけど。
あと、鳥貝はやっぱり京都で食べる舞鶴のものが一番ですな。
うーん、せっかくちゃんと寿司食べようと思ったのに、中途半端で不完全燃焼なランチになってしまいました。
これはどこかでリベンジせねば。まぁ、こちらに状況の良いときの夜に伺うってのもアリかなとは思うんですけれどね。
美味しいものが食べたいなぁと、毎日一人ごちている今日この頃でございます。

2011年5月27日 (金)

5月27日の晩ごはん

P1010359

晩ごはん、ていうか、アテセットです。いやー、ひさびさに家でゆっくり飲めるなぁという感じです。来月になればまた一週おきに東京なので、そんな時間なさそうだし、ああ、そういえば、そもそも来月は休日出勤が多いんだった。。。。

上の写真は茨木屋さんの魚素麺。夏になると必ず食べたくなるんですけど、京都を離れてからは入手困難な品。それから後ろに映っているのはくみ上げ湯葉ですが、これまた福岡では入手困難。

P1010358

アテセット全景。関西ものばっかりですね。こういうシンプルなもので良いお酒を飲むのが至福ー。

魚素麺 温玉のっけ

水イカのお刺身

くみ上げ湯葉

水茄子のお漬け物

5月27日のお弁当

P1010357

お弁当暮らし再開です。とはいえ、作り置きを詰めただけなんですけどね。まぁ、時間がないので、ご飯を食べに行く時間さえ惜しいわけで。それにやっぱり自分で作ったものの方が美味しいし。

わっぱ弁当(出汁巻き卵、チンジャオロースー、新ごぼうのサラダ、胡瓜の芥子漬け)

2011年5月26日 (木)

5月26日のお昼ごはん

P1010356

昨日から体調わるし、です。ていうか、頭痛。昔から頭痛体質ではあるのですが、薬は効かないし、原因がわからないしで困る。ま、疲れがたまっているだけなのかな。なので、昨日の夜は咀嚼するのさえしんどくて、くったり煮込んだ雑炊を食べただけだったのですが、さすがに今朝はお腹がすいて。

頭痛いと言いつつ、しっかり料理してしまいました。食欲があるうちは大丈夫だな(笑)

油揚げ納豆詰め焼き と 万願寺ししとうの炙り焼き(油揚げに何か詰めて焼くのって、大好きです。今日は納豆。他にもチーズとかいいですよね)

出汁巻き卵 紅生姜ぞえ

新ゴボウのサラダ

たたきオクラのお浸し

胡瓜の芥子漬け、沢庵、明太子

浅蜊のお味噌汁

2011年5月25日 (水)

5月25日のお昼ごはん

P1010353

貝の季節、まだまだ続いています。というか、浅蜊は今が一番おいしいのでは?と思うほど、今日の浅蜊はぷっくり太っていて味が濃かったー。こうなると、ボンゴレもロッソではなく、ビアンコがいいですよね。ちなみに今日は時間があったので、浅蜊は半量を殻から外しておきました。ビジュアル的に見ると、全部剥き身にしちゃうのはどうかなーと思ったのですが、殻を外しながら食べるのはめんどくさいので、折衷案ということで、半分だけと。

ちなみにサイドディッシュには自家製の「だし」(山形のアレです)をたっぷりかけた冷奴。「だし」とか「冷や汁」を食べたくなると、夏だなぁとしみじみ。そして、私は夏野菜大好きです(これ、毎年言っているような気がする)。特に新生姜や青紫蘇、茗荷といった香味野菜が大好物♪ なので、今日のパスタは、イタリアンな「ボンゴレビアンコ」というよりも、「和風ボンゴレ紫蘇たっぷり」となっています。

紫蘇のパスタは昔から好きなんですが、なんでこんなに好きなのかと考えると、どうも、かつて地元で両親に連れられて行った居酒屋さんのMという店があって、そのお店で食べた和風パスタがきっかけになっていることを思い出しました。今にして思い出すと、まぁ、多少気の利いた普通の居酒屋さんだったのですが、十代の私にとって、その店のちょっとした創作料理は、とても目新しかったわけで。色々食べたはずなんだけど、一番印象に残っているのが、ディチェコのカッペリーニを使った紫蘇パスタ。紫蘇という和の野菜がイタリアンに活かされるというのがきっと目から鱗だったんだろうな。

それにしても、今日の浅蜊は、貝好きの同居人くんに食べさせてあげたかった。はよ帰っておいで、おいしいもん食べられるで。

浅蜊と紫蘇の和風パスタ(カッペリーニではなく、リングイーネで。魚介のパスタには絶対にリングイーネというのが個人的な決まり事です)

「だし」がけの冷奴(お豆腐はもちろん久在屋さん♪)

2011年5月24日 (火)

5月24日のお昼ごはん

P1010349

やっと家での生活です。さすがに10日近く家をあけていると、部屋の中は埃っぽいし、洗濯はたまってるしで、家事が山積しています。そういうわけで、とりあえず朝起きたら洗濯から。

忙しいし、家事の手抜きをすればいいのかもしれないけれど、生活を丁寧におくっている、という感覚を失うのは私としてはとても怖い。なので、出勤前にブランチがわりのご飯を丁寧に作りました。

P1010352

新しい器も使って、夏らしいスタイリングにしてみました。きちんとお出汁をひいて、新生姜をすりおろして、オクラをたたいて、ゆっくりと万願寺唐辛子を炙る。それをゆっくり食べる。それだけで、少し心にゆとりが出た気がします。

久在屋さんの厚揚げと万願寺唐辛子の焼いたん 新生姜たっぷりで(万願寺おいしいなぁ。もっと焼いてもよかったかも)

マグロのマリネ(なぜマリネかというと、新玉ねぎのマリネとマグロを和えているからです。ほんのり黒酢の風味がさっぱり)

たたきオクラともずくの酢の物(オクラが安くなると夏やなぁと思いますね)

ハムエッグ

大根と人参のお味噌汁

沢庵と明太子 そして、炊きたて白米

2011年5月23日 (月)

新しい器たち

P1010345

やっと出張ウィークが終わりました。もう、最後の方はフラフラ(笑)日曜日の6時にようやく全行程が終了し、日曜夜から月曜の午後まではフリータイム。さすがに、日曜日そのまま福岡に帰るんじゃ、何もお楽しみないやん、ということで、京都に一泊したわけです。

ちなみに、先週からの動きとしては、先週土曜日夜関空→日曜午前東京→木曜夜福岡→金曜夜京都→月曜夜福岡、です。あいだに挟まった福岡が余計。とはいえ、本務校の仕事ですからね。

で、まぁ、色々ストレスフルだったのですが、そういうときはやっぱりお買い物♪というわけで、また、器を買っています。一度、うつわ欲を解放すると、際限ないな。

この一週間に買った物をざざっと。まず、上の写真は京都の草星さんで買った青磁の小鉢。でも、草星さんに行ったのは、別のお目当てが♪

P1010347

艸田正樹さんのガラスプレートです!やっぱりこの方のガラスは透明感があって、美しい。実用性というより、芸術作品ですね。これに、カルパッチョとかカプレーゼを盛りつけたい。

今回のテーマはガラスということで、東京でもこんなタイプを。

P1010348

東京での職場近くにあるギャラリーさんで購入。秋田の星耕硝子さんです。手にしっくりくる質実系。大きさも使いやすそうで一目見て気に入りました。

P1010346

草星さんに行くということは、ご近所のセカンドスパイスさんにも顔を出しました。で、そこで気に入ったのがこの小鉢。錬星舎の西村由美さんの作品で、底に入ったブルーの加減が抜群に美しい。

食卓周りも少しずつ夏が近づいてきております。

2011年5月18日 (水)

5月16日の外ごはん

東京での仕事のため、毎度ながらの渋谷滞在中。
この仕事は、だいたい3~4日間のスパンでおこなうんだけど、
必ず2日目が飲み会で、後半になればなるほど、
仕事のハードさに皆がげっそりしていくという展開(笑)
今からそんなこと言ってたら、この後もたないよ、とのことですが。

というわけで、初日あたりくらいは美味しいもの食べよう!
前回、前々回と天ぷらだったので、今回はがらっと趣を変えて、居酒屋さん。
ま、ありていにいえば、知り合いのいるお店で楽をしたかったわけです、私が。

向かう先は錦糸町のIさん。
渋谷からだと、けっこう遠いんだけど、それでも行く。
月曜夜7時、かれこれ一年以上ご無沙汰しているので、
忘れられてるかなぁと心配しつつ、カウンターに座る。
すると、まず、料理人さんが「こんばんはー。あれ?旦那さんは後から来るんですか?」と
質問され、「今日は一人ですよ」。
そのあと、オーナーのKちゃんが奥のキッチンからやってきて、
「わー、ひさしぶりですねー」
実はこの店には半年から1年に一回くらいしか顔を出さないのに、
いつ来ても歓待してもらって、ホント感謝です。
そんなわけで食べたもの一覧。

長島農園の水菜お浸し
おぼろ豆腐
お造り盛り合わせ(金目鯛あぶり、スズキ、水タコ)
鰯のマリネ 茹で野菜と一緒に
猪肉のラグーパスタ

後半の二品は新しくスタッフになったイタリアン担当のシェフによるもの♪
ラグー、おいしかったなぁ。
ここは熟成系のお酒が多いので、がっつりお肉料理とか合うんです。

人との出会いに感謝する一夜でございました。

2011年5月17日 (火)

GW中の帰国

GW中は日本に滞在。全体的な感想としては、暑かったことと黄砂。イギリスの空港に着いたら吐く息が白く、しばらく体調には注意した方が良いかも。それはそれとして、滞在中のことをまとめて。

・ファームの試合は面白い!
ホークスとカープの二軍戦を観戦。本当は一軍の試合をヤフードームで観戦するつもりだったのだけど、結果としてはこっちで正解。高校野球観戦が大好きな僕たちとしては、甲子園の春・夏の優勝投手をドラフトで獲得したカープの二軍というのは、とても魅力的(とはいえ今村は一軍だったけど)。でも残念ながら、カープの二軍の本拠地は由宇。地図で確認してみると、こりゃさすがに行きづらい。そんなわけで、雁ノ巣球場でカープの二軍を見ることができるというのは、貴重な機会だったのだ。堂林くんのベースランニングに惚れた。あとひとり出塁したら、庄司くんの打席も見ることができたのだけど。それと大竹が二軍の主みたいになってた。太りすぎやろ。

・有田・波佐見の陶器市も面白い!
まきと一緒に暮らしはじめるまで、器というものには、まったく関心がなかった(そんなんばっかりだな)。でも、まきが器を集めたがる理由も分かったような気がする。なんせ、食卓が華やかになるのだ。あほみたいな感想だけど。で、有田・波佐見の陶器市。良い天気だったし、人出も平日ということで、そこまで殺人的ではなく、おまけに日帰りで帰れるし、まさに「行楽」という感じ。僕も生まれて初めて、好きな作家さんというのができたし、これからはGWの定番にしたいところ。

・まきの料理
買ってよかったstaub。重くても持って帰ってきた甲斐があった。今回はこれに尽きる。アクアパッツァ、塩豚、チキンカレー。どれも、いままで食べたことのないような味に。夏はなにを作ってくれるか楽しみ。そして、ついにパスタマシンを使い出したまきの料理欲はどこに向かうのだろう。僕はおいしく食べるだけだけど。



しばらくお休み

同居人くんを見送ってから、私自身の仕事で東京に滞在中です。
このあと、東京から京都での仕事に入り、福岡での生活がキチンと再開するのは、
一週間後になるかと。
現在、同時進行の仕事が大量にあって、忙しいため、ブログの更新が滞りがちになるかと思います。
ひとつよろしうに。

2011年5月14日 (土)

5月14日のお昼ごはん

P1010343

同居人くん、おうちでラストのご飯です。なので、彼の好物が並びます。あー、一人はつまんないなぁ。

チキン南蛮(これは絶対食べたいということで、向こう側が彼のお皿なんですが、山盛りになってます)

水菜の大根おろし塩昆布和え

川島豆腐店のおぼろ豆腐

おくらたたきのお浸し

胡瓜の芥子漬けと沢庵

石鯛のアラ汁

白ご飯

2011年5月13日 (金)

5月13日の晩ごはん

P1010339

今日の晩ごはんをもって、同居人くんの福岡暮らしは終了。明日、関空へ移動して、日曜日の朝イチの飛行機でイギリスに戻ります。というわけで、今日はおうちで魚祭り&日本酒でゆっくり。メインは岩田屋で買った石鯛一匹。半身はお刺身、そして、半身は鍋。

P1010340

もちろん、刺身の方も刺身として食べるだけでなく、しゃぶしゃぶしてもオッケー。アテセットは貝類が中心で。

P1010338

岩牡蠣のバターソテーに、揚巻貝。それからとりあえず胡瓜。それにしても、石鯛は本当においしかった。ゼラチン質がぷりっぷりで、けど、くどくない。味が濃厚で、個人的にはクエとかアラより好みだなぁ。

石鯛のお刺身とお鍋(ポン酢はもちろんOさん製♪)

岩牡蠣バターソテー

揚巻貝の酢みそがけ

鶏皮の胡麻酢和え

胡瓜の梅かつお和え

それにしても、〆は雑炊は絶品でした。


5月13日の朝ごはん

P1010337

シンプル朝ご飯ですが、こういうのが一番ほっとしますね。この組み合わせ気に入ったので、同居人くんがちゃんと帰国したら定番にしようかな。

佐藤水産の鮭ルイベ漬けのおにぎり、自家製胡瓜芥子漬け、沢庵、ひじき煮

あおさのお味噌汁

2011年5月12日 (木)

5月12日の晩ごはん

P1010336

今日の晩ごはんは満を持してのハンバーグ。お気に入りのパン屋さんでフランスパンを買って、赤ワインも用意して。同居人くんはまたすぐにイギリスに帰るのに、洋食でいいのかなぁと思うんですが、「うちのハンバーグは絶対に食べたい!」んだそうです。たしかに我が家のハンバーグはおいしいからなぁ。ちなみに美味しさのポイントは「ふわふわ感」だそうです、同居人くんいわく。

この日も5限まで講義だったので、サラダ二品は作り置きでした。

我が家のハンバーグ きのこソース アスパラソテーと新じゃがソテー(この肉汁で焼いた野菜がおいしいんだなぁ)

コールスローサラダ

マカロニサラダと冷やしトマト

パン屋東條さんのフランスパンとツナクリームチーズディップ

2011年5月11日 (水)

5月11日のお昼ごはん

P1010335

ナイス湯気!今日は在宅ワークの日、ということで、がっつりランチです。

しかも、今晩はおそらく外飲みになると思われます。

なぜなら、同居人くんに新しいお仕事のご依頼があったから♪ ここのところ、彼の周りは一気に賑やかになりつつあります。そろそろ、「そういう時期」が来たのかなぁと私としては非常に羨ましく思ったり。

「そういう時期」。それは一気に最前線に引っ張りだされる時期であり、急激に状況が展開して、ステップアップしていく時です。だいたい、一つ足がかりになる仕事が決まると、そこから芋づる式に仕事がどんどんやってくる、というパターン。まぁ、どこの業界でもそうですよね。仕事って、いかに次に繋げるのかというのが肝心なんだし。で、たぶん、今の彼は、芋づるの先端が目の前にぶらさがっていて、それをしっかり掴まないと!という時。いわゆる、「チャンスの前髪」ってやつ?

いいなぁ、と素直に思います。もちろん、パートナーとして非常に喜ばしいし。こういうとき、同業者なので、彼がどういう状況なのか明確に理解できるので有り難いですし。

ともかく楽しんで仕事をしてほしいなと思う、私です。

P1010334

桜えびの炊き込みごはん

玄海島産カレイの干物と出汁巻き卵

水菜とエノキ茸のお浸し

マカロニサラダとトマト

胡瓜の芥子漬けと沢庵

ワカメの味噌汁

2011年5月10日 (火)

5月10日の晩ごはん

P1010332

仕事が終わって研究室を出たのが6時半ちょい前。スーパーに寄って家に着いたのが7時過ぎ。すでにお腹ぺこぺこ。なので、手軽にできるアテセットが並んでいます。(というか、刺身なんか切ったものを買ってきたしな)真面目に作ったのはマカロニサラダくらいか。

もちろん、メインディッシュもあるわけで。

P1010333

どどーんとstaubの鍋。キャベツに埋もれて見えませんが、塩漬け豚の塊が下に眠っています。あと、ちょっとだけ鶏肉も。

よーく熱したお鍋にオリーブオイルをどぼどぼっと注いで、お肉に焼き目をつけて、7分たったら、四つ割りにしたキャベツと同じく四つ割りにしたジャガイモ、エリンギを入れて、また蓋をする。で、そこから15分弱火に。そのあと10分ほど蒸らしたら完成♪

もー、なんでこんなに美味しいのってくらいに美味しいです。お肉がまさに「ふっくらジューシー」、柔らかいのに味はしっかり残っていて、「肉感」がある。いや、これはちょっと他で食べたことのない旨さです。

でも、なにより美味しかったのが、肉汁を吸った野菜!ほどよく焦げ目のついたキャベツなんて、感涙ものですよ。今日はキャベツを半玉使ったんだけど、それでも足らないくらい(笑)同居人くんはキャベツ一押しです。ラストは残った煮汁にご飯を絡めて、リゾット風。余すところなく食べきりました♪

staubで塩豚ロースト(キャベツ、ジャガイモ、エリンギ入り)

鰹のたたきとホウボウの薄造り(同居人くんがホウボウを食べたことないというので)

マカロニサラダ

酢もつ(またか。と思われるでしょうが、同居人くんと一緒にスーパーに行くと必ず買わされるんですよ。)

水菜と長芋、胡瓜の梅和え

釜揚げ桜えびと大根おろし(トッピングに葉わさび醤油漬け)

5月10日のお昼ごはん

P1010330

今日は午後からの講義なので、少し早めのランチを食べてから出勤です。

メインデッシュはどどーんと釜揚げしらす丼。いやー、前々から「春だし、釜揚げシラスとか、桜えびとか食べたいなー」と思っていたんですよ。そうしたら、岩田屋の地下に静岡のお店が特別出店していて、もちろんお買い上げ♪ということになりました。

ちなみに今日は器合わせ、悩みました。ブルー系で統一というところまでは良かったんだけど、絵付けが多いとどうもゴテゴテしてしまう。一つ「抜く」ポイントが必要なんですよね、こういうとき。そうなると、白っぽいものかガラスが便利。うちはガラス系、少ないからなー。夏に向けて、ガラスの器充実が課題です。

釜揚げしらす丼(もちろん卵黄のっけで。同居人くんは二杯食べていました。。。)

ほうれん草と蒸し鶏の胡麻マヨ和え

ひじき煮

エノキ茸のお味噌汁

お漬け物セット(沢庵と自家製胡瓜の芥子漬け)

2011年5月 9日 (月)

5月9日のお昼ごはん

P1010328

どどーんとラーメン。今日は完全自家製ですよ。完全自家製ってどういう意味?それはですね、スープもチャーシューも、そして麺も!ということですよ。だって、そのために、買ったんだもの、これ↓

P1010323

パスタマシーンです♪これで手打ちパスタも自家製中華麺も、なんなら饂飩も蕎麦も手打ちできるわけですよ♪まずは待望の中華麺から。

P1010326_2

こんな感じの仕上がりです。少し手揉みすることでちぢれ麺ふうになります。で、シンプルな支那そばがまず一杯目(はじめの画像ですね)

そして、もう一杯食べるわけで、こちらは少し胡椒を効かせて「鶏ネギ中華そば」

P1010329_2

うーん、抜群のうまさ。もちろんスープも家で作っているので、完全無化調です。ちなみにベースのスープは鶏ガラ、昆布、焼き海老、干し椎茸などでとっています。ポイントは焼き海老。これがないと深みが出ない。

それにしても、パスタマシーンはいいですよ。こりゃ、夢が広がるわー。

2011年5月 8日 (日)

休日あれこれ

P1010321

ゴールデンウィーク最後です。同居人くんに良い知らせが届いて、二人ともご機嫌さん♪私もお手伝いした仕事だったので、「お祝いしよう!」というわけで、夜は急遽、外食することに。

で、何となくおやつを作ってみました。自家製のドーナツ、ていうか、サータアンダギーです。突発的にどうしても揚げたてのドーナツが食べたくなったので(笑)

おやつを食べたので、晩ごはんは8時から。近所のオステリアにぶらぶらと歩いていく。見知った顔ばかりなのでとてもラクチン。白ワインを一本ボトルでおろして、がつがつ食べてきました。

アンティパストミスト(このお店のウリの一つかな。カウンターにずらっと前菜の入った大皿が並んでいて、そこから盛り合わせてくれます。いつもだいたい7、8種類くらいかな。ちなみに全部野菜系。かき菜のソテーとか、キノコマリネ、カリフラワーピクルスにパプリカマリネなどなど)

蛸とセロリのマリネ(これは同居人くんリク)

ソテーディマーレ(要するに貝のガーリックソテーです。今日はムール貝と浅蜊)

タリアテッレでカルボナーラ(もちろん生パスタ。二人ともここのカルボナーラファン)

スカンピとトマトのパスタ(こちらはリングイーネで。唐辛子をがつんときかせてもらいました)

ひな鶏のグリル

オーナーも店員さんも顔見知りなのでわがままがきくため非常にラク。値段もリーズナブルですしね。で、このあとは近所のバールで軽く飲んでばたんきゅーでした。とにもかくにも、同居人くん、おめでとうございます。

5月8日のお昼ごはん

P1010319

今日も今日とて野球観戦♪ といっても、テレビでですが。で、休日、野球、そして暑い!となると、ビールが飲みたくなるわけで、いかにもそれっぽいメニューを作ることに(またか)。

で、我が家では珍しい焼きそばです。というか同居人くんと暮らし始めて、焼きそばをご飯に出したのなんて初めてじゃないだろうか。焼きそばを作ることに決めてから、サイドメニューには何がふさわしいのかわからなかったので、同居人くんに「他には何がいい?」と訊くと、「ポテサラとかー」と言われたので、言われたとおり、そうしました。あとは、ネギチャーシューというラーメン屋さんなメニュー。

P1010320

無意味なアップ(笑)いや、理想としては、目玉焼きの黄身に箸をいれたら、黄身がとろーんと流れ出すのが理想だったのですが、ほんの少し固かった。にしても、目玉焼きに紅ショウガにソースの茶色ってフォトジェニック(食べかけの写真ですみません)

目玉焼きのっけのソースやきそば(具は豚、もやし、きゃべつとシンプルに)

ネギチャーシュー(自家製チャーシューのはしっことメンマの和えたもの、下にはネギスライスたっぷりで)

ポテトサラダ(これもあえてチープ路線を狙って、魚肉ソーセージときゅうり、玉ねぎを具に)

2011年5月 7日 (土)

5月7日の晩ごはん

P1010314

今日のテーマは「下品な食べ物」(笑)です。なんで、そうなったかというと、18時からのカープvsスワローズ戦に、私たち二人の大好きな今村猛が先発するからー!今朝、その情報を見た瞬間に、一日の予定はすべて18時に向けてくまれることに。ともかく、18時には家でテレビの前にスタンバイすること。もちろん、ビールを片手に♪

そうなると、やっぱり「球場で食べるもの」を作りたくなる。じゃぁ、何にしよう、と考えた結果、毎度ながら定番ですが、こういうメニューになりました。

P1010315

名古屋風の手羽唐揚げもかなり作り慣れてきたなぁ。ちなみに、下味は軽くつけてしっかり揚げて、揚がってから、タレを塗ります。このタレがポイント♪(醤油50cc みりん25cc 日本酒25cc 砂糖小1 鷹の爪1本 にんにく1かけ 生姜1かけ 粗挽きブラックペッパーたっぷり)

P1010316

そして、我が家の野球観戦には必ず登場する韓国風海苔巻きの「キムパプ」です。これは出来る限りチープに作るのがポイントで、絶対に魚肉ソーセージと安っぽい黄色い沢庵が必須アイテム。近所のちょっと高級なスーパーには魚肉ソーセージも安い沢庵もなくて、わざわざスーパーのはしごしましたよ(笑)

まぁ、試合の方はむにゃむにゃむにゃ、な感じだったのですが、おいしいアテとおいしいお酒で楽しみました。ちなみに今日のお酒はビールからハイボールへ。野球観戦に日本酒は合わないですからね。

名古屋ふう手羽からあげ

キムパプ

マカロニサラダ(飯島奈美さんレシピで作ったのですが、これ絶品!普段のマカロニサラダの数倍おいしかったです。)

茹で空豆

たたき胡瓜

冷やし焼き茄子(私も同居人くんは焼き茄子は冷たい吸い地で食べたい派。まぁ、生姜醤油のほうが手軽なんでしょうけど、こればかりは譲れない)

筍木の芽和え

島らっきょの塩漬け(これが手軽に手に入るって九州すばらし)

5月7日のお昼ごはん

P1010311

毎日暑いですねぇ。こうなると俄然食べたくなるのが冷たい麺♪このブログを読んでいる人は以前から気づいていると思うのですが、私たち二人は麺好きなんで、物産展やら新しい店舗に行くと、珍しい麺を探します。

で、今日の麺は、岩田屋の物産展に出ていた「別府冷麺」です。実は以前から別府冷麺はあこがれの麺!

さらに、「お腹すいたー」とぶつぶつ言う同居人くんのためにチャーハンも作りました。今日は作り置きの自家製チャーシューとそのタレを使ってのチャーハン。コンセプトは「新福菜館の茶色いチャーハン」です。(新福菜館は京都のメジャーなラーメン屋さんです。ラーメンのタレでチャーハンを炒めるので、まっくろなのが特徴なんだけど、あのチャーハンにはファン多し)

そんなわけで、本日は冷麺とチャーハンという休日にふさわしいメニューでございます。

別府冷麺(麺はかなりもっちりです。小麦粉とそば粉混合なのかな?一転、スープは澄んだすっきり味。そこにキムチの酸味とラー油の辛みです。二人の意見としては、「これ、温泉はいったあとに食べたらサイコーやろな」です。うん、別府行きたいぞ)

ラーメン屋さんのチャーハン(自家製チャーシューなんで美味しい♪あとは、タケノコの姫皮と葉にんにくをいれています)

2011年5月 6日 (金)

5月6日の晩ごはん

P1010310

画像きったなー。急いで撮ったのがバレバレですね。

今日は普通にお仕事。金曜日は3コマで5限まで講義があるので、仕事が終わったらもう6時過ぎ。で、だいたいバテバテです。そんなわけで、手抜きのお鍋で晩ごはん。まぁ、せめてもの良心で出汁はキチンとひいて、鶏団子は手作りしましたけどね。でも、アテセットなんかひどい。

P1010309

こういうとき、マシな器があってよかったなと思いますよ、ホント。

話は変わりますが、奥に胡瓜が映っていますね。ここのところ、ほぼ毎日登場する「胡瓜の芥子漬け」ですが、完全に我が家の保存食リストに新たに入りました。っていうか、同居人くん、食べ過ぎですから!一週間に二回作ってもいつのまにかなくなってるんです。。。。あ、レシピがほぼ確定したので、書いておこう。

胡瓜5本分(砂糖大2.5 塩大1 練り芥子小3 日本酒大1 昆布茶1匙)

以上の調味料をよく混ぜて、ジップロックに入れて、胡瓜ともみもみするだけ、という簡単お漬け物です。これ、夏になったら専用容器を設けて作りだめだな。

鶏団子鍋(鶏団子にはゴボウ!ということで新ゴボウたっぷりです。あとは、長ハゲ、ニラ、水菜、大根、人参、しめじ、豆腐、白ねぎ。〆は雑炊)

酢もつ(困ったら酢もつ。)

もずく酢と胡瓜の芥子漬け

2011年5月 5日 (木)

5月5日のおでかけ

P1010306

おお、なんだこの画像は!って感じですよね(笑)えーっと、広島東洋カープの庄司隼人選手です。(知っている人は知っている二年前常葉橘のエースで4番だった選手ですね♪)

いや、だから、この写真なに?って話ですが、えーっと、ファームの試合を見に行ってきたのですよ、今日。

こうなったのには理由がありまして、私たちは連休中も相変わらず7時起きを続けているんですが、今日、朝起きて、お風呂に入りつつ、「今日は何しようかねぇ」と相談した結果、「やっぱ野球見たいよね」と。そうなると行動が早い私たちは近所のローソンに出掛けて、ロッピーでチケットをチェック。ところが、さすが連休中。チケットがない!でも、二人ともすっかり野球モードなので、どうしても野球が見たい。挙げ句の果てに広島の一軍戦のチケット状況までチェックする始末(新幹線でマツダスタジアムまで行こうとしていた)。ちなみに広島戦も完売でしたけどね。で、チケットがまったくないなか、二人が思いついたのが「二軍戦」。だって、ソフトバンクの二軍があるんですもの、福岡には♪しかも、この連休中、相手は広島!これは素晴らしいということで、急遽、雁の巣球場に行くことに。この段階で時間は10時。試合開始は12時半なので、急いで準備をする。本当なら、キチンとしたお弁当を作りたかったんだけど、そんな時間もない。ていうか、早く行って、練習見たいし。なので、ドタバタと準備。そんな中、せめて、と私が作ったのが、これ↓

P1010300

お稲荷さんです。実はお稲荷さんの揚げを前日に食べようと思って煮含めていたんですよね。あとは冷凍しているご飯をチン、して、保存食の葉ワサビの醤油漬けを刻んで混ぜ込んで、少し酢を加えたら、すぐに完成♪あとはこれまた保存食の胡瓜の芥子漬けを添えて。あとはデパ地下で食材を仕入れることに。

ちなみに、私は野球観戦慣れしているので、こういう用意はめちゃめちゃ早いです。(最近はあんまり球場に行きませんが、若かりし頃に一生分ほど球場通いしましたんで)そんなわけで、レジャーシートにお弁当にタオルに日焼け止めにサングラスに保冷バックを用意して、この段階で10時半。急いで家を出る。

ちなみに天神から雁の巣球場までバスで30分弱、片道500円です。そして、ファームは何がいいって、入場無料♪二人できゃーきゃー言いながら、球場に入る(もちろん、広島側)さすが連休で混んでいるんだけど、なんせファームなので、ノンビリしている。私たちはというと、「わー、堂林くんだ!」とか「おー、白浜やん」とか、「永川だー」(永川は現在二軍落ち中)と大騒ぎ。ちなみに同居人くんは堂林くんのベースランニング姿の美しさに惚れたそうです。うん、ホントきれいでした。でも、男前度で言ったら庄司くんでしょうー。というわけで、上の写真になったんですね。

入場は無料だし、選手との距離は近いし、ファーム通い、はまりそうです。

2011年5月 4日 (水)

5月4日の晩ごはん

P1010298

今日ものんびり晩酌をしようというわけで、シンプル和食で小鉢多めです。フツーのメニューなんですが、器がいいと映えますね。

P1010296

ここのところ、天ぷらばっかり揚げている気がします。でも、天ぷらが上手になるのは、経験値アップが必要だもんなぁ。ちなみに、この海老は九州の地元で「すえび」と呼ばれている地場産です。

P1010297

康創窯の黄色の器、ポップだけど、いいなぁ。サイズ的にもジャスト。で、〆には春には食べたいこのご飯。

P1010299

一度は食べないと、のタケノコご飯です。同居人くんはもちろんおかわりくんでした。

カンパチのカマ塩焼き

天ぷら(すえび、蓮根、新ごぼう、紫蘇)

水菜としめじのお浸し

長芋のワサビ明太子和え

胡瓜の芥子漬け

煮豚と煮卵 白髪ネギぞえ

タケノコご飯

5月4日のお昼ごはん

P1010295

staubのお鍋を買ったら作ってみたかった料理のひとつが、チキンカレー。しかも、骨付き肉そのまま煮込む本格的なタイプ。連休の中日、そういう大物を作るにはふさわしいな、ということで、今日のランチに登場です。

そうなると、もちろんナンが欲しくなる。というわけで、小麦粉をこねる。そして、お供はビール。本当は黒ビールがよかったんだけど、おうちにはなかったので、「よなよなエール」で。

で、チキンカレー。staubで煮込むと、お肉本来の味がぐっと引き出される。ジューシーなんだけど、スプーンでお肉が骨からはずれるくらいに柔らかくなる。単に柔らかくするなら、時間さえかければいいんだけど、そうすると普通はお肉の方からは味が出てしまう。ところが、staubはジューシーさは維持。すばらしい。

というわけで、あまりの美味しさに二人ともしばし無言で食べる。同居人くんいわく、「シンプルにうまい。カレー屋とか行かんでええな」だそうです。

チキンカレーと自家製ナン

コールスローサラダと野菜スティック

2011年5月 3日 (火)

5月3日の晩ごはん

P1010289

新しい器を使っての夕食。好きな器を愛でつつの晩酌って幸せの瞬間です。あと、ここのところ、私は起きている時間の大半を料理にあてているのですが、それでもまだまだ料理欲高し、な感じで、しみじみ、私って料理好きなんだなぁと実感。基本的に何かを「作る」という創造欲が多いタイプの人間なようです。そういうときは、丁寧に何かを作りたくなります。そんなわけで、まずは自家製ひろうす。

P1010293

揚げたての自家製ひろうすって、日本酒のお燗にホント合う。もちろん、おいしい醤油と大根おろしは必須アイテムです。それから、丁寧な料理といえばの、お寿司。

P1010290

器を写したくて、下からあおったようなアングルですが(笑)春の定番、鯵のお寿司です。これは私の実家では定番で、京都から実家に戻るたびにリクエストしていました。ポイントは青じそかな。ちなみに改めてレシピを訊いたことがなかったので、どうするんだろう?と思いつつ、何となくの記憶で作ってみました。まぁ、こんなんでしょう。

P1010292

すんません。これはただ写真がキレイだったので。やっぱこの器サイコー。白のさえざえした色味が翡翠煮をいれるといっそう際立ちます。ちなみに、同居人くんに「豆を煮るときに、一つもしわが寄らずに作るのはけっこう難しいんやで」と言ったのですが、どうもイマイチわかってもらえなかったようです。まぁ、彼は私の翡翠煮しか見たことないわけで、仕方ないんだけど、誰か褒めて(笑)

焼き鳥(鶏せせり薫製塩、葉にんにく巻きの豚バラ)

自家製ひろうす(具は、ひじき、人参、干し椎茸、れんこん)

きびなご刺身(一パック100円、福岡すばらしい。ま、きびなごを手開きするのがちょっと面倒なのが難点)

鯵の棒寿司

グリーンピースの翡翠煮(ホントはうすいえんどうで作りたいんですけど、こっちにはないもんで)

マグロやまかけ(もちろん、本わさびをすりおろして♪)

葉ワサビ醤油づけ

5月3日のお昼ごはん

P1010286

今日は買ってきたお皿でのお昼ごはん。何が食べたいというのではなく、お皿ありきのメニュー構成です。何を盛りつければ一番器が映えるのかというコンセプトです。

で、考えた結果が、海鮮丼。はじめは鯛飯にしようかと思っていたのですが、スーパーに行くと、良い鯖があったので、ゴマ鯖と鯛のハーフ&ハーフで。

P1010287

うーん、この小鉢もシンプルだけど映えるなぁ。

海鮮丼(鯛とゴマ鯖。卵黄がいいな♪)

おくらのお浸し

茄子とニラの味噌炒め

きゅうりの芥子漬け(これは定番になりそうです。夏の保存食やな)

えのき茸のおすまし

2011年5月 2日 (月)

有田陶器市&波佐見陶器市

P1010271

今日は早起きして有田と波佐見の陶器市へ。この連休中、最大のイベント!もう楽しみで楽しみで。。。朝八時半の電車にのる。(ちなみにだだ混み。来年からはちゃんと座席予約をしていくこと)降りるのは上有田駅。ここから有田駅までの2キロ強、陶器市が続く。2キロなので、かなり長い。前半からテンションをあげると、お財布がもたないので要注意。特に上有田駅の近くはかなり雑多な店が混ざっていたなぁ。

有田は途中で「このままでは破産する!」と気づき、大急ぎで波佐見へ移動。同居人くんはもともと波佐見好きなので、本来はこっちがメインだったのですよ。それなのに、有田おそるべし。ちなみに、波佐見までは有田陶器市から定期バスが出ています(所要時間20分くらい)波佐見は、一カ所にお店が集まっていて、非常に便利。有田ほどメジャーではないから、どことなくのんびりしている。けど、若手が頑張ってるという意味では波佐見だなぁ。もう少し波佐見用にお金を用意しておくべきだったと私は個人的に反省。

では、買った物をざざっと。(上は買ったもの全商品。いくら使ったかは訊かないで)

P1010272

まずは同居人くんが一目惚れした波佐見、工房福春(福重久弥さん)の器。青磁のなめらかさと、キレのあるフォルム。あと、手前のぐい飲みは色がすばらしいんだけど、この写真だとわからないなぁ。残念。

P1010273

こちらは波佐見、といえばの白山陶器。実はB級品で、一枚千〜千五百円くらいで買えました。白のパスタ皿は前々から狙っていたもの。正方形の縞柄も普段のおかずを載せるのによさそう(チキン南蛮とか。同居人くんいわく「千切りキャベツが似合う」)

P1010276

こちらは私と同居人くん一目惚れの鉢。有田の伝平窯さんです。けっこうな値段だったけど、抗いきれない欲求により購入。

P1010279

こちらは、有田の色んな店頭で買ってきたお手軽な値段の小鉢一覧。(アンダー千円)たとえば、真ん中に映っている青磁は深川製磁のB級品で700円。深川製磁がそんな値段で買えるなんて、感涙。手前の小鉢二つは個人的にかなり気に入ったんだけど、びっくり安さの値段だったし。

P1010281

こちらも有田で普段使いのお皿。醤油入れがついているお皿は我が家では便利なんだな。お刺身用の必須アイテム。それから、隣の小丼はあえて「ベタ」を狙って、こんなフツーの柄を買いました。(もちろん、アンダー千円)

P1010282

もちろんお値打ち品ばかり買っているわけではなく、作家物も♪これは一目惚れした中皿。この手のものには目がない私。

P1010280

そして、あぁ、なんて美しい白磁。これまた値段は張ったけど波佐見で買ってしまったお皿です。同居人くんと私の今回ナンバーワンか。

P1010278

こちらも有田でお気に入りの窯。宝寿窯。右の平皿は同居人くんが買ってくれました。焼き魚や揚げ物によさげ♪ 左側は私のひとめぼれっす。こういう小鉢好き。

P1010283

そして、波佐見でどうしても見たかったのが、ここ、康創窯。はじめて、実際見たけど、気に入った!同居人くんは「もう白山陶器よりも、こっちやな」だそうです。私も個人的にはそう思う。ちなみに正方形の絵皿、実はB級品で(でも、どこに傷があるのか私にはわからなかった)、一枚千円ですよ。黄色のお皿は正規品ですが、4割引きでした。

いやー、買った買った。ちなみに会場には食べ物の出店なんかも色々あって、たとえば、有田ではかしわ飯やらお寿司やら、クジラカレーやら、地鶏唐揚げなんかがあって、波佐見は五島うどんのお店も。いろいろ食べたりして、まぁ、お祭りですね。ただ、有田から波佐見を一日で回るのはけっこうきついです。ていうか、有田だけでも一日かかるもん。今回、けっこう勉強したので、波佐見はじっくり、有田はお目当ての窯にしぼって、というふうに行かないと時間もお財布も足らないということがよくわかりました。まぁ、でもコレだけ買っても、私の靴一足分かと思うと、安いなぁとしみじみ。

さ、この器に料理盛りつけるのが楽しみだ!


5月2日の朝ごはん

P1010270

今日も五時半起き。でも、それでいいのです。だって、今日は陶器市ですから♪そんなわけで、がっつり鶏飯の朝ご飯を食べて、いざ出陣!

奄美風鶏飯(前の晩にスープをとって、椎茸も炊いていたので、あとはご飯を炊くだけ。お手軽ですな)

冷やしトマトに新玉ねぎのドレッシング漬け

2011年5月 1日 (日)

5月1日の晩ごはん

P1010267

今日は一日何もせずにおうちでのーんびり。お昼は近所のラーメン屋さんに行って、ビールとラーメンを頼み、家に戻ってきてから、またビールを飲んで、うたた寝。同居人くんいわく、「タオルケットは魔力」。たしかに窓から入ってくる柔らかな風を受けつつ、タオルケットにくるまれば、寝るしかありません(笑)

そんなわけえダラダラ過ごしたので、今日はライトな晩ごはんです。まずは精進揚げでビールを飲んで、〆はこれ↓

P1010268

冷や汁ごはんですね。ちなみに同居人くんは三杯食べていましたが。うん、でも、揚げ物食べて、さっぱり和え物があって、〆は冷や汁ご飯でさらさらと。いい構成だと自画自賛です。

揚げ物セット(人参とタマネギのかきあげ、ズッキーニの天ぷら、紫蘇とチーズの春巻き)

小松菜と豚しゃぶの塩昆布和え(これ、ヒットです。小松菜と豚は茹でて、あらかじめ吸い地に浸しておいて、大根おろしに少し塩を加えたものと、塩昆布で合えるだけ)

空豆の明太子チーズ和え

冷や汁ごはん

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »