« インディペンデント紙一面 | トップページ | 3月17日のお昼ごはん »

2011年3月15日 (火)

改めてお願い

下のエントリにイギリスにいる同居人くんが
向こうのindependent紙の一面をあげてくれています。
日本のメディアでも少し話題になっていましたが、
イギリスの新聞に日本語の一面。
「がんばれ、日本。がんばれ、東北」。
がんばりましょう。落ち着いて、そして、長期スパンで考えていきましょう。

「安全なところにいる人たちに」のお願いのはじめにも書きましたが、
原発の状況が変化するにつれて、少しずつ懸念していた事態が起こっていると感じます。
それは何度も書くように情報の混乱です。
たとえば昨日の夜のtwitter上でもとんでもないデマがとびかっていました。
そして、いま私が懸念しているのは、
「情報の精査」をはき違えている人がいるんじゃないかということです。
「情報を精査する」というのは、「ともかく疑う」ということではありません。
どうも今、何でもかんでも疑ってかかり、
「政府は嘘を言ってるんじゃないか?」とか、
「専門家は正しいのか?」とか疑心暗鬼になっている人がけっこういます。
そういう人は、入ってくる情報をかたっぱしから疑うだけで、
その内容を調べることをしていません。
まずは 
1、入ってくる情報のネタ元を把握しましょう。
基本的に今は理系の専門家の情報以外のものは気にしないでください。
(たちの悪い文系の「評論家」がいます。絶対にひっかからないでください)
そして、
2、ネタ元のわかった情報をもとに、
「自分で考える」ことをしてください。
このとき、気をつけて欲しいのは、
3、「考える」というのは、「疑う」ことではない、ということです。
「考える」というのは、そこにある情報の意味を読み取る、ということです。
たとえば、原発について「放射線量は距離の逆二乗に比例する」というふうな発表がありました。
これは「放射性物質は風にのり薄まりつつ拡散する」ということで、
たしかに「拡散」はするけれども「薄まる」ということです。
ここで、「拡散」の文字面だけをとって「拡散するのか!」なんて思わないように。(思いませんよね(笑))
ともかく、自分の目でたしかな情報を見て、キチンと考えましょう。
「そんなのわからないし、こわい!」とならないでください。
「わからない!」となっているかぎり、自分で納得を得られず、
疑心暗鬼になります。

たしかに情報は混乱しています。
政府の対応も褒められたものじゃない場合もあるかもしれません。
(でも、枝野さんはがんばってるぞ)
でも今は未曾有の事態なんです。
誰しもが初めて出会うことばかりです。
こういうときにこそ、落ち着いて、冷静な頭でいましょう。

と言いつつ、福岡は今日も平和です。

P1010128

かきあげうどん
(かき揚げは別添えで。トッピングはワカメと鶏肉、それからしめじ)
オニオンスライスと冷やしトマト

« インディペンデント紙一面 | トップページ | 3月17日のお昼ごはん »

雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« インディペンデント紙一面 | トップページ | 3月17日のお昼ごはん »