« 被災された方々への呼びかけ | トップページ | 3月14日のお昼ごはん »

2011年3月13日 (日)

3月13日のお昼ごはんと思うこと

東日本大震災の被災者の皆様に心からのお見舞い申し上げます。
そして、亡くなられた方のご冥福をお祈りします。
まだ多数の行方不明者がおられます、一人でも多く、一刻でも早くの救助を
遠く離れた九州から願っています。

私自身もお世話になっている先生の安否がまだわかりません。
報道で大きく取り上げられている仙台市若林区にお住まいのため、
非常に心配しております。

今回の地震で、
ネットというインフラのもつ力に正直驚きました。
情報を共有するためのツールとして、そして、個人でも出来ることの様々なこと、
ネットだからこそ、というのがあると思います。
下の「被災された方々への呼びかけ」も、
ブロガーさんたちの間で現在広まっているものです。
ささやかな力ですが、できるかぎりのことをしていきたいと思います。

被災地にいない私たちにできること。
それはけっして慌てないこと、そして、ネガティブにならないこと。
むやみな批判をせず、今は専門家に任せること。
様々な分野で日本の専門家は一流だから、大丈夫。
大丈夫だから、普通に生活しましょう。
笑顔で普段通り生活することが、前へ進む力になります。
そして、何よりも長いスパンで支援を考えること。
震災は「これから」が長いです。
たとえば、今、各地の献血ステーションに人が殺到していて、
それは大変すばらしいことなんですけれど、
これが、短期間で終わっては意味がありません。
そもそも、献血というのは保存期間が短いもので、
今、大量にあるだけではダメなんです。
ボランティアも個人での物資の支援も今は少し待ちましょう。
そのまえに、義援金を。

復興が始まったら、全力で応援しましょう。
それは別にボランティアに行く、ということではなくて、
たとえば、三陸には多くの生産者さんがいます。
彼らが立ち直ったときに彼らの商品を買ってあげること、
そして、これは先になると思いますけれど、
どんどん仙台や三陸に遊びに行きましょう。

阪神大震災のとき、神戸の人たちが恐れたのは、
「街が廃れること」だと聞いたことがあります。
大丈夫、私たちは神戸が大好きだよ、と伝えること、
それだけでも小さいけれど、力になったのではないでしょうか。

仙台は本当に美しい街です。
三陸は美しい海と山があり、私自身もこの季節になると、
宮古の生産者さんから海産物のお取り寄せをするのを定番にしていました。
ともかく、長い目で支援を考えていきましょう。
そして、被災地にいない私たちは普通に生活して、出来る事を考えていきましょう。

つーわけで、今日のランチ画像だけあげておきます

P1010126_2

« 被災された方々への呼びかけ | トップページ | 3月14日のお昼ごはん »

お昼ごはん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 被災された方々への呼びかけ | トップページ | 3月14日のお昼ごはん »