« 11月2日のお昼ごはん | トップページ | 11月3日の外ごはん »

2010年11月 2日 (火)

11月2日の外ごはん

夕方、京都に着く。
駅前でタクシーに乗ると、珍しく女性の運転手さん。
柔らかい京都ことばにほっとする。

ホテルに荷物を置いて、
またすぐタクシーに。
四条通は相変わらず混んでいて、ゆっくりと車窓が流れて行く。
狭い通り、歩道は人だらけ。
この狭さがとても京都な感じだ。

四条花見で降りて、祇園南へ。
行きかう芸妓さんたち、写真をとる観光客。いつもの風景。
そして、それを横目で見つつ急いでいつもの店にはいる。
19時、今日のNMさん。

いつもの胡麻豆腐
鱧と松茸のお椀
(立派な松茸!吸い地がいつもながらキレイ)
剣先イカ・たたいたトロ・鯛のおつくり
(毎度ながら、イカの切り方が素晴らしい。もちろん鯛うまし。
 最近は腹より背側が好き。年かなぁ)
鯖寿司 八坂の雪バージョン
(冬の鯖寿司。脂のりのり)
八寸
(菊菜お浸し、エビのすり身揚げ、ギンナン揚げ、新いくら醤油漬け、栗の炊いたん。
 いくらが濃厚)
酒肴
(おいしーカラスミと、今日はサプライズで何と鮒寿司!)
松茸の茶わん蒸し
(シンプルだけどほっこりするなぁ)
太刀魚塩焼き
海老芋と蕪の炊いたん 白みそ仕立て
(おいしいんだけど、海老芋に関してはやっぱOさんでしょう)
天茶
(なんと、松茸とアワビの天ぷら!)

毎度ながら常連さんの多いゆるーい空気。
今日はお座敷も満席で、NMさんもテンパリ気味で、
「ごめん、Mさん、ちょっと待ってもらっていい?」
と私のお皿は少し後回し。
「あー、ゆっくりやってください」
と燗酒をかたむけつつ、嬉しくなる。
後回しにされる、つまり、お店側にとって、私は甘えてもいい客で、
それは、この店の常連として認定されたことを意味する。
なので、にんまり。
しかも、待っていると合間にサービスでちょこちょこ酒のアテ出してくれるし(笑)

ゆっくり二時間半かけてご飯を食べて、
目指すはいつもの日本酒バー。
入ると、いつもの常連さん。
話すことといえば、競馬か競馬か、ご飯の話(笑)
あ、あと、ガールズバーの話。
心底リラックスした夜でした。
さぁ、あと二日も京都で飲めるぞ!

« 11月2日のお昼ごはん | トップページ | 11月3日の外ごはん »

外ごはん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 11月2日のお昼ごはん | トップページ | 11月3日の外ごはん »