« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月30日 (水)

6月30日のお弁当

Dsc00902

こってりした照りですねぇ。
鰯が安かったので、かば焼きふうにしてみました。
あとは煮卵とサラダで簡単に。

ようやく7月が見えてきて、
前期の終了が視界に入ってきました。
テスト問題を作ったり、事務処理をしたり、相変わらずバタバタしていますけれど、
終わりが見えてくると、安堵感だなぁ。
にしても、もう来年の仕事の話がバシバシ入ってくるのは、
いったい、どういうことなんでしょうか・・・・。
早いよ、もう。

ともあれ、念願のipadも注文し(けれど、一カ月待ち)、
同居人くんの帰国日も近づいてきたし、
8月は色々遊ぶこと満載だなぁ。
まずは、京都♪
それから天草♪そして、また京都♪

・・・・どんだけ、京都好きやねん(笑)

・鰯のかば焼き丼弁当

2010年6月28日 (月)

6月28日のお昼ごはん

Dsc00899

先週は結局休みなしでした。土曜日は大学のパーティで百道のホテルへ。たいして美味しくもないフレンチを食べ、たいして美味しくもないワインを飲む。あぁ、休日の貴重な一食が・・・。なんか、こういうのって、不当に損をした感じがする。

おかげで、土曜日も日曜日も仕事をするはめに。そんなわけで月曜日、も、もちろん仕事。

遊びたいです。美味しいものが食べたいです。

同居人くんと二人して夏旅行の話ばかりしています。早く天草行きたいなー。八月第二週に天草旅行(またまた五足のくつ、今回は三泊四日。ボーナスで贅沢しちゃうぜ)が待っているので、それだけが心の支えです。

とはいえ、その前に仕事仕事。

・チキンのソテー しめじソース とサラダ色々

・沖縄産生もずく

・韮のお味噌汁

6月27日

ものすごい誤審がらみでイングランド敗退。暴動が起きるレベルじゃね、これ。
とりあえず審判が日本人じゃなくてよかった。

2010年6月25日 (金)

6月25日のお弁当

Dsc00898

疲れていて、白いごはんとおかずというお弁当を食べる気力がありません。
疲れているというより、バテ気味なのかもしれないけれど。

でも、こういうとき、混ぜご飯なら食べられるのが不思議なところ。
やっぱり塩味がポイントなのかなぁ。
そういうわけで今日は混ぜご飯弁当

・わっぱ弁当
(塩鮭ときゅうりの混ぜご飯、人参のツナサラダ、ピーマン焼き浸し
 鶏肉のねぎ塩炒め、プチトマト)

2010年6月24日 (木)

6月24日のお昼ごはん

Dsc00895

こういうシンプルご飯ってたまに食べたくなるんですよねー。
人参サラダは個人的にはまってます。

・ウィンナーエッグ
・人参サラダとグリーンリーフサラダ
・卵豆腐
(九州のローカルメーカーのを買ったら、
 出汁が甘過ぎて吐きそうになった)
・冷や汁

2010年6月23日 (水)

6月23日のお弁当

Dsc00894

豚の生姜焼き丼
(ピーマン焼きびたし・豚生姜焼き・ゆで卵・プチトマト)

6月21日

どうにか指導教官にエッセイを提出できた。
とはいえ休む暇はない。7月末には日本に帰るので、すぐに次のエッセイにとりかかる。

そのための資料を手に入れてkindleに入れている途中で、そういえばそろそろkindleがヴァージョンアップされているんじゃなかろうかと思い、amazonで確認してみる。あたり。version 2.5がダウンロード可能とのこと。普段はワイヤレスをオフにしてるから気づかなかった。というわけで、きょうはkindleとiphoneの両方をヴァージョンアップ。kindleはこころもちページ送りが早くなったような気がする。なによりフォルダが作れるようになったのはありがたい。iphoneは動きがややもっさり。

晩飯の写真をアップしようと思ったのだけど、うまくサイズを小さくできないので、またにしよう。

2010年6月22日 (火)

6月22日のお昼ごはん

Dsc00893

夏だなぁ。
さっそくバテ気味でございます。
そういうときは、冷たい麺がいいですよね♪
昼からは大学に出勤予定なので、
軽めのブランチです。

・おろし納豆うどん
(大根おろし・納豆・たたきめかぶ・紫蘇)

・ほうれん草と蒸し鶏の胡麻和え 冷やしトマトぞえ

6月20日

9時に起床。今日も今日とて、カリカリ勉強。
夏休みにマキと遊ぶことだけを考えて、カリカリ勉強。
どうにか明日には指導教官に見せる論文も仕上がりそうなので、カリカリ勉強。
あと1ヶ月とちょっとで夏休みの帰国なので、カリカリ勉強。
Oさんで美味しい料理を食べて、Tさんで美味しいお酒を呑むのだ。カリカリ勉強。
福岡のアップルショップに行くので、カリカリ勉強。
そんなこんなで、カリカリ勉強。

2010年6月21日 (月)

6月21日のお昼ごはん

Dsc00892

今日のお昼ご飯はフォトジェニックだなぁ。
というか、写真うつり重視のメニューだろうって感じですが。
にしても、こう暑いと食欲が落ちます。
こんなときは、冷や汁。ホント冷や汁は常備です。
あとは、ガツガツ食べられるものがいいので、
小さい丼仕立てのご飯。
多少は油分をとろうということで、野菜のソテーがつきました。
がっつり食べて、昼からも仕事仕事。
あー、げんなり。

・釜揚げシラス丼
(今日は梅おろしバージョンではなく、卵黄バージョンで。
 うん、これも美味しいなぁ。胡麻は多めが好みです)

・エリンギとアスパラのバタ炒め
(バターではなく、バタと書くと、ぐっと雰囲気が出ますねぇ)

・冷や汁
(今日は、紫蘇・みょうがたっぷりで、あとはキュウリとたたきメカブ)

6月19日

学期も終わり、そろそろフラットメイトが引越しの準備をし始めている。日本人のフラットメイトも、この6月からインドに行くので、その準備に忙しいようだ。今回のフラットメイトは、結構あたりだったので、これで別れてしまうのは少し残念。

とはいえ、学期が関係あるのは学部生や修士の話で、僕は変わらず今日も論文執筆。ただ今日はサッカーの日本戦があるので、昼間にフラットメイトと大学のバーで観戦した。特に感想はなし。むしろイングランドが予選敗退になりそうで怖いなあ。


2010年6月20日 (日)

6月20日のお昼ごはん

Dsc00888

にんにくがっつりのワイルドなランチです(笑)
だって、日曜日はフツーに仕事の日なんですもの。
まぁ、家で仕事できるだけ、気は楽なんだけれど。

午前中に軽く資料を調べて、午後からは本格的な講義ノート作り。
雨はけっこうな本降り。
私は、そもそも「雨」というものが好きなので、
窓を開けて、雨の音を聞く。

でも、やっぱりつまんないなぁ。
仕事部屋の窓から見えるのは、向かいのマンションの壁で、
もちろん、雨がしみ込んだ土から立ち上る匂いや、
庭の上に垂れこめる重い雲や、
目の前をかすませるような雨粒を
はっきりと見ることも感じ取ることもできない。
そういう意味で、京都のあの町屋で感じた「雨」が懐かしい。

それからもう一つ思うのが、
マンションって、空気がよどむ。
まぁ、町屋ってそういう意味では本当に風通しがよかったんだなぁと、
しみじみ。
そして、すっかりあの風通しの良さに体が慣れている人間としては、
この空気の淀んだ感じはけっこう辛かったりする。
まぁ、玄関を網戸にして開けておけばいいんだろうけど、
それもちょっとなぁ・・・・。

・ほうれん草とオイルサーディンのパスタ

・キュウリと蒸し鶏のピリ辛和え 冷やしトマトぞえ
(たたきキュウリと蒸し鶏を食べるラー油で和えています)

2010年6月18日 (金)

6月18日のお弁当

Dsc00886

金曜日。
給料日だし、賞与も支給される日だし、
テンションがあがってもいいんだけれども、
仕事の多さに、テンションだだ下がり。

せっかくだし、ぱーっと買い物するか!
と思うものの、疲れているので体も動かず、
じゃぁ、美味しい食べ物でも、
と思っても、食べたいものも特になく、
知っている店もあるわけじゃないし。

京都にいたらなぁ。
とりあえず、Nじんさん、か、鮨Mさんでも行って、
さくっとご飯食べてから、Tさんに飲みに行くんだけれど。
まぁ、そういう場所もないので、
今日も寂しく家飲みです。

・わっぱ弁当
(カニカマ入り卵焼き、チンゲン菜の胡麻和え
 チンジャオロースー、塩鮭)

2010年6月17日 (木)

6月17日のお昼ごはん

Dsc00885_2

昼ご飯というか、正確にはブランチです。実家から届いた釜揚げしらすが、どーしても食べたくて、そうなるとお弁当では無理なので、木曜日は授業が午後からというのをいいことに、ブランチを食べて出掛けることにしました。

そういうわけで、和定食ですね。

・釜揚げシラス丼(個人的にはシラスには梅おろしが合うと思う)

・冷や汁

・納豆

・ナスと豚肉の甘辛炒め・明太子・冷やしトマト

2010年6月16日 (水)

6月16日のお弁当

Dsc00883

今日は教授会があって、帰宅が遅くなった・・・
しかし、ホント、「会議で話されていることの7割は無駄」
というのはよく言ったもんだな。

はぁ、げんなり。と思って帰ってきて、
メールチェックすると、
タイミングが悪く仕事の依頼。
しかし、断るわけにもいかず、引き受ける。

でも・・・・ホンマに大丈夫なんか?
七月末までにかぁ。
死んでしまうかも、私。

・ナス豚丼
(ナス・豚ばら・ニラを甘辛生姜ダレで炒めています)
・レタスサラダ

2010年6月15日 (火)

6月15日

①最初の一杯
なにを食べるかにもよるけど、ギネス。白浜Tのギネスは美味しかったなあ。

②好みの日本酒のタイプ
マキほど味のボキャブラリーが無いからなあ。とりあえず甘いのは嫌い。そのせいで、一時期、日本酒は飲まないようにしてたし。だから、にごりも少し苦手。なんでも古酒がいいわけじゃないけど、やっぱりあの渋みは好き。

③好みの居酒屋、理想の居酒屋
マキと同じで、カウンターがあること。ふたりでカウンターに座って、店のひととお話するのは楽しい。周りがうるさいのは嫌だけど、程よくガヤガヤしててほしい。食材が目の前にどんと置いているとテンションが高くなる。軽井沢のOとか。

④絶対頼むつまみ
ポテトサラダ。どこにでもあるのに、どこも独自なので比較するのが楽しい。Tさんのポテトサラダが好き。尾道のポテトサラダも美味しかったなあ。

⑤自分でつくるつまみ(同居人くんは作ってもらうつまみ)
僕もたたきキュウリ。あと佐藤水産のやつ。食べだすと止まらなくなるんだよなあ。

⑥家飲みBGM
ハイビジョン特集。あまり重いのは困るので、自然科学系か世界探検系。あるいは、日本の地方都市を舞台にしたNHKのドキュメンタリー。いずれにせよ、民放は野球以外はNG。

⑦忘れられない「あの酒、あのつまみ」
どれも忘れられないものだけど、雰囲気も含めるなら、白浜Tにはじめてお邪魔したときに頼んだギネスとピザ。もしくは福岡の屋台での日本酒と焼き鳥。値段は関係ないんだね。

6月15日のお昼ごはん

Dsc00882

本日のブログはちょっと違う趣向で書こうかなと。
というのも、今日買った『食楽』という雑誌が面白いアンケートをしていたので、
私と同居人くんも、これをお題にしようと思いまして。

ではお題です。「居酒屋」に関するQ&A。
①最初の一杯
②好みの日本酒のタイプ
③好みの居酒屋、理想の居酒屋
④絶対頼むつまみ
⑤自分でつくるつまみ(同居人くんは作ってもらうつまみ)
⑥家飲みBGM
⑦忘れられない「あの酒、あのつまみ」

①「とりあえず」の生ビール
②甘残りしない、キレイな味の日本酒。
 舌にはりつくようなものはもってのほか。
③遊び慣れた常連さんがほどよくいて、適度に賑やかなお店。
絶対条件はカウンターがあること!
できれば、燗つけ場が目の前にあるといいなぁ。
 例)金沢駅の「K百合」、白浜の「C酒場」
④おでん、ポテトサラダ、出汁巻き
⑤たたきキュウリのにんにく和え、蒸し鶏のネギソース
⑥ぜったいに野球!
⑦たくさんあって、悩むなぁ・・・・
「あの酒」は、はじめて錦糸町のKちゃんのお店に行ったときの
「独楽蔵」10BYかな。何の紹介もなしに、行ったのに、
お酒の話であっという間に盛り上がって、出してもらったとっておきのお酒。
これを越える古酒にはいまだ出会ったことなし。
「あのつまみ」は、
ある意味で今まで一番たくさん食べてきたかもしれない日本酒バーTさんのアテ。
特にTさんところのポテサラかなぁ。
「あの酒あのつまみ」とセットで考えるなら、
白浜のパブTさんの
リアルモスコミュールとピザだな。
あの店、そして、オーナーさんとの出会いは、本当に僥倖でした。

ということで、次は同居人くんにバトンタッチです。

あ、ちなみに今日のランチは
・煮込みうどん
(わかめ・えのき茸・ニラ・鶏肉トッピング)
・冷やしトマト

2010年6月14日 (月)

6月14日のお昼ごはん

Dsc00881

忙しいと、人間、現実逃避したくなるもので、
最近は同居人くんと、夏休み何して遊ぼうという話ばかりしている。
そのなかで、同居人くんが「あーー、Oさん行きたいなぁ」と
つぶやいて、思い立って、ネットでどれくらい記事になっているか検索してみると、
これがけっこう写真付きでブログに載せている人が多いの。

このことに関しては、今月はじめ、Oさんにお邪魔したときにも
ちらっと話題になった。
そもそも、彼自身、食事のときに写真を撮られることを嫌がっていて、
今まで極力メディアへの露出も避けてきた。
でもまぁ、ここまで有名店ともなると、なかなか大変らしい。
個人客の写真に関しては、
今まではイチイチ、「お断りしていたんですよ」。
「でもね・・・・」と、Oさんは言葉をついで、
「おことわりすると、「どうしていけないんですか」って訊いてくるお客さんが多くて、
もうめんどくさいし、疲れちゃって」
とのこと。

この話を聞いた時、怒りで一瞬頭がくらっとした。
「どうしていけないんですか」って・・・・・。
いい加減にしろよなという感じ。
こういう無粋な人たちは、本当に「お店で料理をいただく」ということの意味が
わかっていないんだろうな。
で、そういう人たちに対して、じっさい、Oさんは、
「正直、全部写真にとるって意味わかんないですよね」
と呆れ顔なのだが、店の人にそう思われていることについて、どう考えるんだろうか。
まぁ、もちろん、Oさんはとっても良い人だから、
そんなことお首にも出さないけどさ。
でも、京都人、怖いからなぁ。裏で何言われているかわかりませんで。

まぁいいんだけどさ。
でも、自分たちが行く時にそういう無粋な客とあたることだけは避けたいな、
と同居人くんと話す。

しかし、こっちも蒸し暑い。
ということは、京都はもっと暑いんだろうなぁ。

暑いので、さっぱりランチです。

・アスパラとエリンギのバターソテー 茹でウィンナーぞえ

・冷や汁
(今日は、オクラ・キュウリ・豆腐のシンプルバージョンで)

・納豆

・白ごはん

6月13日

Dsc00161_2
mac生活一日目。予想以上にwindowsとやりかたが違い、かなりとまどう。

とりあえず必要なソフトを入れなくてはならない。まずfirefoxを入れるところから。これがないと話にならない。アドオンもこちゃこちゃ入れる。で、マキとしゃべるためのskype。メーラーはどうするか迷ったが、thunderbirdがどうも使いにくいのでmailのままに。あと研究生活には欠かせないoffice。itunesのデータは大きすぎて、外付けのHDがないと無理なので、夏に日本に帰ったときにすることに。使い慣れたgoogle日本語入力も(でも結局ことえりになってしまった。文章の入力中に変換を保留したままで入力ソースを切り替えることができないのだもの)。

とりあえずめぼしいソフトを入れたので、図書館で仕事を再開することに。

ところが。日本語と英数字の入力の切り替えがめんどくさいなと思い、ネットで情報を探してみると「かなキー」がどうとか書いてある。・・・ないんだが。そうか、よく考えたらイギリスで買ったんだからあるわけないよな。これについては、commandキーにかなキーと英数キーを割り当てることのできるソフトを導入して解決。とはいえ、やはり慣れないせいで、文字入力がいまいちはかどらない。これはしばらく練習が必要そうだなあ。

とはいえ、いいところもたくさんある。やはり画面がみやすいので、長時間論文とにらめっこしていてもあまり苦にならない。skypeの画像もきれいだし。あと起動が速いのはwindowsしか知らない人間にとってはびっくりだった。ウィルスの心配もあまりない。スケジュールなどiphoneとの連携がより強くなった。そしてなによりシンプルなデザインがいい。マキともよく話すけど、工業デザインの華といえば昔は調理器具だったけどいまはこの手のものになったんだなあ。

2010年6月13日 (日)

6月13日のお昼ごはん

Dsc00879

今日は日曜日だけど、仕事の日。
昨日も仕事だったし、今週は休みなしかぁ。

基本的に生活を丁寧に営みたいタイプなので、
時間がなくて、料理ができなかったり、ゆっくりとコーヒーを飲む時間がとれないことは、
ストレスになる。
最低限、部屋の掃除と洗濯とアイロンがけはしているけれど、
もうそれだけの家事をこなす時間さえ惜しい感じ。
そういう時間があれば、少しでも寝たいし、ぼーっとしたい。
とはいえ、パリッとした恰好をするのも仕事のうちだから、
キレイにしておくための時間は減らせないわけで、
自然と食に対する時間が削られる。

こんなの生活じゃないなぁ。

来月末まではこんな調子の日々が続くんだろうか。
ちょっとげんなり。
6月が一番の鬼門だって、京都の研究会のメンバーたちが口をそろえて言っていたことを
思い出す。

そういうわけで、お手軽ランチです。

・サラダうどん 胡麻だれバージョン 食べるラー油トッピング
(茹で豚にレタス・キュウリ・トマト。下には冷たい半田うどんです。
 で、志野さんの胡麻ドレッシングと食べるラー油。)

6月12日

僕が子供時代のパソコンといえばPC9801の全盛期で、中学生のころ、親にお願いして買ってもらった。僕の叔父が昔からPCをよく使うひとで、そのせいか、僕はPCを持っていないころから、MSXマガジンやログインというパソコン雑誌を購読していたのだけど、さすがに我慢できなくなったのだ。とはいえ、買ってもらったのはいいけど、少しプログラミングの勉強をしただけで、その後は部活や受験で触らずじまいだった。

ところで、僕のメールアドレスは、大学の学部生時代にはじめてプロバイダと契約したときからずっと一緒だ。Sony大好きっ子である以上、プロバイダは当然So−net。そして大学3回生の頃にはじめて買ったPCは言うまでもなくVAIOだった。

その後、VAIOのあまりの重さにうんざりしたため、デザインよりも早く動けばいいと思い、修士時代にDellを購入。周りの人間にX−BOXと陰口を叩かれながらも7−8年はもった。うるさかったけど、アメ車だと思えば気にならなかった。

日本の博士課程の学生だった頃は、下宿が近かったということもあり、一日の大半を研究室で過ごしていた。そんな研究生活で一番大事なのはノートPCの駆動時間で、そのため僕は博士課程に進学したときに、長時間バッテリーなら10時間近くもつというのが当時の売りだったLet’s noteを購入した。いまでも研究者に愛用者は多いし、記者会見の会場にいる記者が使っているのもよく見かける。僕も気に入っていて、初代が壊れたあとの二代目も同じモデルを購入し、イギリスでの留学生活を再開した。

で、それが2日前に壊れた。おそらくHDであろう場所から一日中モーター音がしはじめて、アプリケーションがまともに動かない。買って2年ほどなので修理で済ませたいのだけど、海外にいるために難しい。かといって、この音を1日じゅう聞きながら論文書くのは拷問に近い。実際やってみたけど、気が狂うかと思った。

しかたない。こりゃ買い替えだな。と思ったのはいいが、さてなにを買おうかと考える。問題は海外で購入しなくてはならないという縛りで、こんなときに現地のよく分からないメーカーのWindowsマシンを購入してしまうと、日本に持って帰ったときにどこに修理を頼めばいいかわからなくなる。調度良い具合に、近くにアップルストアがある。アップルならどこの国で買っても一緒だろうし、もし壊れてもアップルストアが福岡にあるから安心だろう。

というわけで、生まれて初めてMacを購入。MacBookでいいやと思っていたのだけど、学割がきくとのことなので、MacBook Proに。しかし。まさかMacを買うようになるとはなあ。それこそ、僕が小学生のころは、金持ちが買うマシンという印象だったけどなあ。周りにいなかったから知らないけど。

むかしVAIOを持っていたころに、Macを使っている後輩相手に「VAIOのほうがかっこいい」と言ってたのが懐かしい。うらやましかったんだろうか、俺。ちなみに、その場にいた指導教官もMacユーザだったとは知らず、あとで冷や汗をかいたのもいい思い出だ。それで思い出したが、大学生のころホンダのジョルノという原付に乗っていたのだけど、ベスパを持ってるサークルの同期生に「それってジョルノのパクリだろ。仮にジョルノがパクりだとしてもジョルノの方がかっこいい」と言ったこともあったっけ。これは普通にベスパが羨ましかっただけだが。

写真を載せようと思ったのだけど、画像サイズを切り替えるためのいいフリーソフトが見つからないのでまた後日。

2010年6月12日 (土)

6月12日の晩ごはん

Dsc00878_2

今日は土曜日なんだけど、大学の行事で出勤。なんというか、私立だなぁという感じの行事で少しうんざりする。最近の親御さんはすごいですわ、いろいろ。

その足で午後からは天神まで。お腹が空いていたのでまずはランチ。土曜日恒例の麺祭り♪

さて、天神近辺で。食べログを調べて良さげな店を探す。お、「魚介ダブルスープ」のラーメンや発見。ということで、さっそく。

ここのお店イチオシということで「辛ネギラーメン」をオーダー。ラー油をからめたたっぷりの白髪ネギがのっている。スープは豚骨と魚介系のダブルスープとはいえ、かなり豚骨がち。

うん、なかなかいいのではないかしら♪同居人くんも気に入りそうな感じだし。

あとは化粧品やらコンタクトレンズやら本を購入して帰宅。

土曜日に出勤しただけで、なんだかどっと疲れる・・・。

そういうわけであっさり晩ごはんです。

・お刺身三種(ヤズ・鯵・天然鯛。うーん、これが398円って素晴らしいなぁ。特に鯛はこぶりだけれど、味が濃厚だった)

・生もずくとたたきオクラ(昔、もずくって食べられなかったんだけれど、それは市販の味付けもずくが食べられないだけで、生もずくは大好きだということに最近気づきました)

・たたきキュウリのにんにく和え(夏の定番)

・エノキ茸と水菜の白みそ仕立て(急に白みそが恋しくなって)

2010年6月11日 (金)

6月11日のお弁当

Dsc00877

同居人くんが、PCを買い変えて、
いよいよ私たちもwindowsからサヨナラをする日が近づいています。
それもこれも、iphoneとの出会いが・・・
一度、使いだすと離れられないもんなぁ。
夏に同居人くんが帰ってきたら、すぐにipadも買う予定にしているんだけれど、
そうなったら、完全にまっかーさん、ですな。
しかし、大げさではなく、iphoneとipadって生活を変えるなぁ。
(特に研究者は)

わっぱ弁当
(タンドリーチキン・しし唐としめじの焼きびたし
 キャベツとカニカマの卵サラダ・焼き丸天・にんじんの炊いたん)

2010年6月10日 (木)

6月10日のお弁当

Dsc00876

大学の中を歩いていると、
自分の学生時代をふと思い出す瞬間がある。
それから、自分の出身大学と比較することもある。

教養の講義へ向かいながら、
学生があふれかえった階段をうんざりしながら歩く。
「なんで、こんなに学生がいるんだ・・・」
「教養なんか、行かないでしょう、ふつう」
と思いつつ、まぁ、私も出席点を考慮すると言っているわけだし、
そんなわけにもいかないよな、と苦笑。
にしても、私自身、教養科目の記憶がまったくないんだが(笑)
唯一、金曜二限の社会学系の授業が、
待ち合わせ場所として機能していたことだけは覚えているけど。
まぁ、ロクな学生じゃなかったってことだな。

・わっぱ弁当
(ほうれん草の卵焼き、豚肉としめじのケチャップ炒め
 人参の炊いたん、ウィンナーソテー、ゆでオクラ、丸天の焼いたの)

2010年6月 9日 (水)

6月9日のお弁当

Dsc00875

忙しくって、てんてこまい。
ひたすらバタバタしています。
けれど、手のぬき方を覚えるというのも、
仕事をしていくうちで、大切な能力なんだよなぁ。
わかっているけれど、それがなかなかできない新任です。
大学を出て、就職したばかりの友人たちが、
かつて苦労していたことを今にして痛感する今日このごろ。
いや、ホント、手のぬき所を知る、というのは大切な能力だよなぁ。

今日は夜まで会議だったので、お昼はがっつりでした。

・そぼろ弁当
(鶏挽肉と椎茸のそぼろ・いり卵・しし唐焼き浸し・ハリハリ漬け)

・ほうれん草とモヤシのツナサラダ

2010年6月 8日 (火)

6月8日のお昼ごはん

Dsc00873

週末を丸々京都で過ごしたので、
今週は本当にバタバタ。
明日は夜まで会議だし、土曜日は出勤だし、
授業の準備が追いつかない(涙)

でも、それでも、
やっぱり京都に行ったのは良かった気がする。
たしかに、一泊二日での往復は、からだ的には疲れるのだけれど、
メンタル的な解放度は高いもの。

とか言いつつ、
すでに今日、バテバテだったのですが。
仕事が山積していて、せっかくリフレッシュした気分が、
一気にふっとんでしまった。

なので、今日は最低限、大学で用事を済ませて、
あとはおうちで過ごします。

・明太子パスタ
(エノキ茸と水菜のトッピング)

・冷やしトマトと春キャベツとじゃが芋のサラダ

2010年6月 6日 (日)

6月6日の外ごはん

今回は1泊2日の慌ただしい京都滞在。
行きたい所は色々あるんだけれど、
来週からの忙しさを考えると、遊ぶことより、体を休めることを優先。
そんなわけで、以前から通っているカイロプラクティックの先生のところに行く。
もう、体がバッキバキなので。
「ストレス・寝不足・不良姿勢」と、凝り症の三点セットを指摘される(涙)

そして♪
夕方5時。いつものOさんに行く。
普段より早い入店だったので、長々とOさんとおしゃべりを楽しむ。
初夏メニューのOさんです。

・賀茂ナス丸焼き
(この時期限定のスペシャリテ。去年、これを食べたときは衝撃だったなぁ。
 なんというか、みずみずしさと口どけの柔らかさが同居している素晴らしい一皿)

・潮干狩り
(柔らかーく炊いたOさん独特のご飯に大ぶりの浅蜊。そして、ウドが上にたっぷりと。
 毎度ながら、Oさんのご飯はおいしい。これは、同居人くんが大好きそうだなぁ)

・アマテガレイに五島列島のウニ
(Oさんいわく、「今日のカレイはイマイチ気に入らないので、ウニをのせることにした」
 うーん、でも、十分おいしかったですけど。)

・鱧モチのお椀
(柔らかな鱧を、パリッと焼いたお餅で包んでいます。
 去年のワンタンの方が、好きかな。お餅も悪くはないんだけど。
 にしても、吸い地がホントおいしい)

・蒸しアワビと半生バチコ
(バチコが・・・・バチコがおいしすぎる。柔らかさと磯臭さがすばらしくおいしい)

・琵琶湖産天然うなぎの焼いたのに、たっぷり花山椒と有馬山椒
(本日のナンバーワンです。文句なし。鰻の脂に二種類の山椒がベストマッチ。)

・太キュウリと鮑の葛煮
(キュウリの炊いたのって、おいしいんだよなぁ。これはOさんで知ったこと)

・新たまねぎごはん
(本日のナンバー2かな。玉ねぎの甘みが溶け出して、とろける食感がおいしい)

・酒アテとして、もう一度、半生バチコ
(よっぽど物欲しそうにしていのか、私。)

・鱧の玉〆丼

・じゅんさいの黒みつがけ

途中、これから夏に向けての冷たいお酒は何を置くべきか、
という話で盛り上がり、現在Oさんでよく出ている冷酒をいろいろ飲ませてもらう。
何年かぶりに「飛露喜」なんか飲んだけど(笑)、
やっぱりこの手のは無理だ。
「イマイチですよね、やっぱり」と、Oさんと二人で盛り上がる。
けど、この手の冷酒がお客さんには人気だそうで。
食べ物の味はわかるのに、お酒の味には疎い人が多いんだなぁ。
ちなみに、私とOさんの意見は、「夏は睡龍の涼でしょう!」で一致。

それにしても、Oさんでのご飯はなごむ。
いわゆる高級店なんだけど、Oさんの人柄か、
まったく緊張を強いることがない。
ほんわかとお酒を飲んで、おいしいご飯でホントにリラックス。
「じゃぁ、また来月」と言って、7時半にはお店を出る。
で、そのまま京都駅に行って、
新幹線で爆睡して、福岡に戻ってきました。

2010年6月 5日 (土)

6月5日の外ごはん

朝9時の新幹線に乗って一路京都へ。
今日は、伝統ある例の講演会(笑)
夜はどうせ、後輩たちと飲みに行くので、
お昼くらいはいいもの食べようと、京都駅からタクシーで祇園へ。
とはいえ、時間はない。
こういうときは、やっぱりお鮨♪
ひさびさの鮨Mさん。
ぽすっといつもの席に座ったら、Mさんが「どうしましょ?切ります?」と。
うーん、時間がないし、このあと仕事だからお酒は飲めない。
おとなしく13貫のコースを頼む。

お鮨一通り
(鱸昆布〆、墨イカ、コハダ、キスの軽〆、やいとかつお、鯵、マグロ、ぐじ、
 北寄貝あぶり、蒸しあわび、車エビ、ウニ、穴子、卵)

一通り食べたところで、やいとかつおをリピ。
藁の香りにかつお独特の酸味がおいしい。
で、ラストは普通、かんぴょう巻きなんだけど、鉄火に変更してもらう。
うーん、やっぱりMさんの鉄火はいいなぁ。

そのあとはがっつり講演会。
ひさびさにハイレベルな専門の議論を聞いた。
なんというか、ものすごい充実感。

そして、幸せな気分になったあとは久しぶりに研究室に行く。
8階の窓から見える風景に懐かしさを感じ、
同時に少し寂しくなる。
けれど、それを吹き飛ばす賑やかな後輩たちの話声。
わいわいと百万遍に飲みに出る。
気が付いたらあっという間に時間がすぎて、
楽しい一日になりました。

2010年6月 4日 (金)

6月4日のお弁当

Dsc00871

わっぱ弁当
(鶏肉のチリソース炒め、ピーマン焼き浸し、こんにゃくと人参の炊いたん
 海苔入り出汁巻き、キャベツといんげんの胡麻和え)

2010年6月 3日 (木)

6月3日のお弁当

Dsc00870

ふぁー、なんだかバテバテです。
しかも、明日は、なぞの業務で夜まで仕事だし。
なんとかこなしたら、明後日は京都だ♪
もう、それだけが心の支え(笑)

・わっぱ弁当
(モヤシの塩豚の黒胡椒炒め・プチトマト・インゲンの卵とじ
 チンゲン菜とカニカマのマヨネーズ和え・塩サバ・チーズコロッケ)

2010年6月 2日 (水)

6月2日のお弁当

Dsc00869

今日もあっという間の一日でした。
やっぱり一限の授業があると、一日早いなぁ。
授業して、コピーして、明日の準備して、
事務連絡の電話して、ゼミをこなして、
必要な文献を借りに行って・・・ふと気付いたら、もう6時。
はやっ。
でも、頑張って仕事しよう。
だって、週末には京都ですもの♪

・わっぱ弁当
(キノコの炊き込みごはん・ポテトサラダ・プチトマト・
 海苔入り出汁巻き・蓮根キンピラ・チンゲン菜のおかか和え)

2010年6月 1日 (火)

6月1日のお弁当

Dsc00868

火曜日は授業日ではないけれど、
研究室で授業準備をして過ごしています。
そういうわけでお弁当。

・わっぱ弁当
(チキンのチーズ焼き・ピーマンソテー・小松菜の胡麻酢和え
 人参とこんにゃくの煮物・大根とキュウリの香り漬け・ゆかりごはん)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »