« 福岡に戻りました。 | トップページ | 4月4日 »

2010年4月 4日 (日)

4月4日の晩ごはん

Dsc00809

いつぞやのエントリでも書いたのですが、
ともかく福岡の食べ物はジャンクで、こちらの皆様の食欲は、
とてもパワフルです。
旅先として考えるとき、それはとても魅力的なんだけど、
関西のあっさり味で育ってきた人間にとって、
それが日常食になるのは、ちょっと厳しい・・・
しかも、引越ししてすぐのときは、
私も同居人くんも、物珍しくて、けっこう色々と食べ歩いていた。

そしたら、同居人くんの帰国直前で、
私の体調が、破綻・・・・。
なんとか、Oさんでのお食事のために、
意地で治したけれど、私も同居人くんも、最後の方は、
こっちの食事にやられっぱなしでした。

「三十過ぎて、食べ物の味が変わるのはきついですよー」
とは、日本酒バーTさんのお言葉。
たしかになぁ(笑)

そういうわけで、福岡に戻っての一食目は、
お腹をいたわるメニューです。
帰国直前に、「あーー、まきちゃんの作ったお粥が食べたい」
と同居人くんが言っていたのを思い出して、
丁寧にとった鶏ガラスープで中華粥を作ってみました。
あとは、京都から買ってきた久在屋さんのお豆腐で湯豆腐なんぞ。

ちなみに、今日は、関空から飛行機で帰ろうと思ったんだけど、
ちょうどいい時間のフライトがなく、仕方なしに電車で戻ってきました。
もちろん、一番早いのは新大阪まで関空特急で行って、新幹線、
なんですが、
なんででしょう。なぜか、京都で乗り換える私(笑)
しかも、降りてご飯食べて、買い物してるし。
ちなみに、ごはんは、スバコにある最近人気の高台寺WKDのセカンドラインのお店。
行ってから、猛烈に後悔しました。
なんで、こんな中途半端な和食を選んでしまったんだろう…
食べたのは、
「鯛のごまみそ丼」、「お吸い物がわりの湯葉にゅうめん」、「三度豆の胡麻和え」。
胡麻和えはね、香ばしくってとっても美味しかったんですよ。
でも、もう、にゅうめん・・・・。
ていうか、やっぱりOさんでご飯を食べたあとは、しばらく和食はやめておきます。
どうしても、比較してしまうので。
今日も、にゅうめんの出汁を一口飲んだ段階で「からっ」。
丼のご飯を食べたときに、「白米、まずっ」。
でもね、そうなの。Oさんのご飯は特殊なの。わかっているんです・・・・。
(だいたい値段が違うだろう!)
あぁ、でも、あのみずみずしくて、でも、粒がたっている甘い白米・・・・
思い出しただけで、食べたくなってきてしまいました(笑)

しかし、こっちで和食って、たぶん食べられないんだろうな。
出汁とり道に精進したいと思います。

« 福岡に戻りました。 | トップページ | 4月4日 »

晩ごはん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 福岡に戻りました。 | トップページ | 4月4日 »