« 3月19日の外ごはん | トップページ | 来福しました。 »

2010年3月22日 (月)

ひっこしあれこれ

いま、新幹線が広島に到着しました。
つまり、私は、京都の家を引き払って、
その足で乗った新幹線のなかで、これを書いているわけで。

同居人くんが帰国したのが、金曜日。
そこからの三日間は怒涛の時間でした。
金曜日は、ご飯を食べて寝たら、あっという間に時間が過ぎてしまい、
土曜日は朝から晩まで引っ越し準備。
そして、日曜日は朝から搬出で、午後から移動。
最後はかなりバタバタした上に、疲れもピークに来ていたこともあって、
京都と、そして、あの町屋に名残を惜しむ間もなく。

けれども、引越し屋さんが作業を終えて、
がらんとなった町屋を見たとき、
本当に自分が京都を離れるんだなぁと感じて、
そして、
この町屋を初めて同居人くんと二人で見学に来たときのことを
思い出しました。

広い土間があって、天井には太い梁が通っていて、
裏は小さな前栽が作られている、典型的な鰻の寝床形式の町屋。
引越し準備をしていた昨日は、とても暖かくて、
家のなかを春の風が吹き抜けていく。
それは、この家に引っ越してきて感動したもののひとつ。
家のなかをまっすぐに風が流れていく。その心地よさ。
その風に誘われて、何度二人で畳に寝そべってお昼寝をしたことか。

でも、実はまだ京都を離れた実感が湧かないのも事実。
なんというか、旅行気分。
もう、京都に家がないなんて、信じられないんだもん。

ちなみに、昨日の夜は、引越し準備をなんとか終えて、
ご飯を食べたあと、二人で、いつもの日本酒バーTさんにご挨拶に。
「もう、今日は飲み放題!」
と言ってくださって、珍しいお酒をどんどん出してくださいました。
特に、弁天娘15BYや、小笹屋竹鶴雄町純米きもと17BYは、
美味しかったなぁ。
同居人くんはTさんのフード(特にお漬物)が大好きなので、
それも、片っ端から食べて。
だって、漬物(菜の花・ハリハリ漬け・高菜)、揚げ焼き、砂肝塩焼き、
三つ葉とササミの和えもの、鯛白子、子アユの炊いたん、
などなど食べましたから。
で、わいわい飲んでいたら、
なんと、Oさんがご夫婦で来店。
お客さんが他にいなかったこともあって、
4人でけっこう盛り上がってお話できて、ホントに幸せ。
ちょっと酔っ払っているOさんは、なかなかにかわいらしく(笑)、
普段、お店では見られない姿に、ちょっとキュンとしました。
しかも、福岡に行ったら寄ってみたらいい店を、
色々と紹介してくださって、「僕の名前、出してくださいね~」と
お墨付きをいただき、ホント感謝です。使いまくってしまいます、たぶん。

こんなふうに、ふらりと飲んで、ほわほわとお話する、
そういう飲み方が、もう出来ないのが本当に残念。

色んな意味で、私は、京都という街に育てられた面が大きいんだなあと、
いまごろになって実感しつつ、
時速300キロで福岡を目指しているところです。

« 3月19日の外ごはん | トップページ | 来福しました。 »

雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 3月19日の外ごはん | トップページ | 来福しました。 »