« 3月5日の外ごはん | トップページ | 3月6日 »

2010年3月 6日 (土)

3月6日の外ごはん

昨日に引き続き今日のお昼も外ごはん。
両親が京都に遊びに来るということで、じゃぁ、ランチでもということになったのだ。
(いや、正確に言うと逆。ランチのために遊びにきた)

お店は、祇園の路地にある祇園NBさん。
初めてお邪魔したのは・・・2年?3年前?くらいかな。
当時はちょくちょくお邪魔していたのだけれど、
ここのところ、ご無沙汰気味。
引っ越しすることだし、忘れられないようにひさびさの訪問ということで。

祇園NMさんが、男性的なタイプのお料理を出すのに対し、
こちらNBさんは、とても女性的。ともかく華やか!なのだ。

こごみ・筍・モロッコインゲン・ホタルイカの酢味噌和え トマトジュレぞえ
(とても、NBさんらしい先付けだなぁ。 
 こごみの緑に、筍の黄色、酢味噌の色に、トマトのアクセント。
 とても、絵画的な一皿。そして、一気に春気分。
 お味の方も、ばっちり。あ、ホタルイカは今シーズン初)

車海老と筍のお椀 葛仕立て
(うーん、吸い地がよくなっている。一時期、濃すぎたんだよな。
 それから、毎回思うのだけど、NBさんって葛の使い方うまいよなぁ)

ヒラメ・サヨリ・ヨコワのお刺身
(まぁ、無難なおつくり。ヒラメが・・・味うすい。でも、この値段ですから贅沢言いません。)

雛祭りの八寸
(NBさんといえば!の八寸。
 今日は雛祭りということで、菱形の木の二段重ねのお皿に桃の花を散らして登場
 一段目は、穴子寿司・蛸の柔らか煮、鳥貝とうるいの和えもの、鯛の子煮
 二段目に鰆の幽庵焼き。うーん、華やかですねぇ)

たいらぎ貝と筍の桜の葉包み揚げ
(たいらぎと筍を桜の葉でつつんで、天ぷらに。そこに木の芽をきかせた大根おろしとお出汁)

筍ご飯・香の物・赤だし

フルーツたっぷりのクレープ
(NBさんで、こういう洋風のデザートって初めてかも)

鶯餅とお薄
(最後はいつもどおり、お薄で〆)

うーん、なんというか、これが5000円のランチって、コスパ高いよなぁ。
うちの母の友人たちに大人気らしいけど、納得します。
それになんというか、女性受けしそうだもん。
なんというか、華やかだから、一皿ごとに「わぁぁぁっ」となる(笑)
もう、そういうのには惑わされる年でもないって、思っていたけど、
やっぱりそれはそれで良いですね。

« 3月5日の外ごはん | トップページ | 3月6日 »

外ごはん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 3月5日の外ごはん | トップページ | 3月6日 »