« 3月3日のお昼ごはん | トップページ | 3月5日の外ごはん »

2010年3月 4日 (木)

3月3日の外ごはん

急遽、必要になった本を入手しに、
夕方から街へ出る。
行き先は河原町のジュンク堂。
アマゾンがあるおかげで、本屋に行く機会というのは、
ぐっと減ったけれど、
やっぱりそれでも、大型の書店に行くのは楽しい。
なんというか、安心する(笑)
けれど、ちょっと、ジュンク堂レベル落ちてない?

閉店時間までたっぷり粘って、
外に出る。
夜の河原町の空気。
キャバクラのお姉さま方や、大学生らしき団体さんや、
うーん、若い。さすがに若いぞ。
もちろん、それが嫌なわけじゃない。
なんというか、懐かしいものを見る感じ。

さて、それで、私の晩ごはんはどうしようかねぇと。
噂のイベント「日本酒ドロップキック」の話も聞きたかったし、
高倉六角のNさんに行こうと思ったら、今日は定休日。
むーーーん・・・・しばし考える。

あ、鮨食べよう。
そう思って、急遽いつものMさんに電話。
なんとか一席空いていて滑り込み。

以下が本日のメニュー。

スミイカと菜の花のお浸し(さっと湯通ししたスミイカの食感がいい)
明石の鯛・北寄貝・タコ(鯛が素晴らしい。口触りという甘みといい)
初かつお(「うちも今日はじめて入ったんですよ~」とのこと。初かつおなのであっさり)
あぶりグジと北寄貝の醤油焼き(最近、熟成系のグジはあまり好まない)
タラバ蟹の内子塩辛と生からすみ(やばい、酒がすすみすぎる)

握り
(ヒラメ昆布〆、すみいか、煮蛤、アジ、車海老、づけ、中トロ、穴子、小柱、ウニ、玉、鉄火巻)

そのあとは、ひさしぶりに祇園の北側を散歩する。
暇そうだなぁ。景気悪そう。
こういうところは華やかであってこそなのに、ちょっとさびしくなる。
最近は、祇園北で遊ぶことも減ったので、
けっこう店の入れ替わりがあったりして、きょろきょろと見渡しながら、
ぶらぶらと。
酔って、富永町を走っていた頃が懐かしい・・・・
もうあんなパワーないです(笑)
朝方まで飲んでも、昔はキチンと翌日仕事してたもんなぁ。
飲む量も(食べる量も)半端じゃなかったし。
今にして思うと、飲んだ後に12時から焼き肉って、どんな胃袋だったんだ。

祇園をふらふらしていると思いだすことは尽きない。
世の中には、夜遊びや街遊びを軽蔑する人もけっこういるけれど、
私は、遊ぶことを知らない人間のほうが、ちょっとどうかと思う。
こういう場所で、色んなタイプの人間と出会うことは、
時に嫌な思いをすることがあったり、時にびっくりしたりするけれど、
でも、基本的には発見の連続。
「いろんな人がいる」
そういうふうに、ただ「言う」のは簡単だけど、
そのいろんな人たちの人生を少しでも見てみないと、
「いろんな」の内実はわからない。
そういう意味で、祇園や木屋町は最適の場所。
いろんな人たち、さまざまな生き方、
そういう「いろいろ」を受け入れられるようになったのは、
本当にお酒を飲むことを通してだったような気がするな。
杓子定規じゃない対人関係の能力って、
実はこういうところでしか養えないと思うし。

それにまぁ、キレイに遊ぶのも、大人のマナーなわけじゃないですか。
ん?ちょっと考え方古い?
ともあれ、私は「無粋」っていうのが一番苦手なのです。

うん、ただの酒飲みの自己正当化ですけどね(笑)

« 3月3日のお昼ごはん | トップページ | 3月5日の外ごはん »

外ごはん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 3月3日のお昼ごはん | トップページ | 3月5日の外ごはん »