« 3月18日のお昼ごはん | トップページ | ひっこしあれこれ »

2010年3月19日 (金)

3月19日の外ごはん

同居人くんが帰ってきました♪

今日は関空着ということで、私も関空まで出迎えに。
北ウィングの到着口で、待っている時間というのが、
実は、私は結構好き。
「いつ会えるかな~」というドキドキ感は、
なかなか味わえないものだし。

そういうわけで、圧倒的に幸せな再会を果たしたあとは、
ご飯を食べたり、髪を切りに行ったり。

そして、本日の最終イベントは、
毎度おなじみ、Oさんにご飯を食べに行くこと。
ここだけは、同居人くんが、
「どーしても、どーしても行きたい!」
と仰せのお店。
彼はどちらかというと人見知りをするタイプなのに、
ここのお店では、本当に居心地が良さそうで、
私もそういう姿を見ると、とてもうれしくなってしまいます。
そんなわけで、早春のOさんメニュー。
同居人くんいわく、
「今までで、一番好き」だそうです。
たしかに、秋とは方向性が違う完成度の高いコースです。

・汲み上げ湯葉と春の苦味
(汲み上げ湯葉に春の苦味のあんかけです。
 春の苦味、というのは、花山葵・蕗の薹・ミョウガなど。
 なんというか、このフレッシュな苦味は本当に春! 
 一気にコースの気分が高まります。素敵な序曲)

・焼き穴子と炊きたてご飯
(個人的には本日のナンバーワン。
 炊きたてご飯は、とても水気が多く柔らかめに炊かれています。
 そこに酢を混ぜて、そのご飯と穴子を段々に。
 「口どけの芸術」だと個人的には思います)

・平目・ボタンエビのお刺身
(人生最大のボタンエビを見ました。うますぎる・・・・
 味噌がうまーい)

・ユリ根饅頭
(冬の名残ですね。外はカリカリ、中はねっとりのユリ根饅頭に、
 生姜のきいた餡がかかっています)

・山口の赤貝とワカメの三杯酢ジュレがけ
(同居人くん的ナンバーワン。
 立派な赤貝!私はこんなに大きい赤貝初めてみたなぁ)

・塚原の筍炊いたん
(これはびっくり! 下ゆでなしの筍を40分煮ただけなんですけど、
 何なんでしょう。この柔らかさ、この香り高さ、この甘み。
 おいしい梨を食べているようでした)

・黒鮑と蕗の薹の天ぷら
(うーん、絶妙の揚げ具合。
 ちなみに、食べているときにOさんが同居人くんの蕗の薹を一つとって、
 「この食べ方がいいんですよー」と、蕗の薹の天ぷらになみなみと熱燗をかけてくれました。
 うん、たしかにおいしい)

・釜揚げ蕎麦

・しろうおの玉じめ丼
(クリーミーななかにしろうおの苦味がちょうどいい感じ。
 おいすぃ)

・つばき餅

引っ越し前、最後の訪問ということで、
「さびしいですー」と言っていただいたて、
お酒を変わったものを出していただいたり、
お土産(ちりめん山椒いただきました!)をいただいたり、
こんな若輩者に本当にすみません、という感じでしたけど、
なんというか、こういう素敵なお店の方たちと、
こんなふうにお付き合いできるって、
本当にうれしいなぁとしみじみ実感です。

あぁ、でも、これからは毎月行けないと思うと、
ホント寂しい・・・・

« 3月18日のお昼ごはん | トップページ | ひっこしあれこれ »

外ごはん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 3月18日のお昼ごはん | トップページ | ひっこしあれこれ »