« 2月6日の生活 | トップページ | 2月7日の生活 »

2010年2月 7日 (日)

2月7日の生活

同居人くんのまねをしたタイトルにしてみました。
というのも、今日はどうも食欲がイマイチで、
写真に撮るほどの料理を作らなかったので。

やっぱり一人というのは、生活の形が崩れがちだなぁ、と思う。
人がいれば、自分の食欲云々は別にして、必ず料理をするし、
キチンとした料理が並んでいれば、多少なりと箸をつける気がするもの。
なんとなく、雑然とした居間を見て、しみじみと思う。
「ここに生活はないなぁ」と。

結局のところ、
ただの栄養補給でしかない食事をとりつつ、
仕事をなんとか進めようとする。
というか、仕事のことで頭がいっぱいで、食事にまで意識がいかないのかもしれない。
(そのくせ、今、ブログを書いています。現実逃避中)

今回の仕事は、本当に大切にしたいのに、
どうも試行錯誤というか、紆余曲折というか・・・・
すぱっとキレよく進まない。
それでも、ようやく道が見えてきた。

私は仕事が行き詰ったときに、必ず読む本があって、
今回も風邪ひきの病み上がりにまずそれを読んだ。
何度も何度も読んでいるのに、いつ読んでも、
その筆致に、そこにある剥き出しの何かに触れると、
私はものすごくしんどくなる。
それこそ、謝りたくなるのだ。私はここまで真剣じゃないなと。

その著者が、亡くなっていたことを、一昨日知った。
彼が主宰していたワークショップには一度だけ合宿形式で参加したことがある。
当時、まだ大学院生になりたてだった私にとって、
それは文字通りの衝撃体験で、
それでも、自分のやろうとしていることは間違っていないということを、
身を持って知ることができた。
ただ、衝撃が強すぎて、合宿から帰ってきてからの一週間は、
ほぼ使い物にならなかったけど。

その彼が亡くなった。
もう一度でいいから、彼のレッスンに参加したかったな。
と思いつつ、本を読みなおす。
こんなふうに強い姿勢を保てれば、とひとりごちつつ。

良い仕事ができますように。
さーて、あとひと踏ん張り。



« 2月6日の生活 | トップページ | 2月7日の生活 »

雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2月6日の生活 | トップページ | 2月7日の生活 »