« 2月26日のお昼ごはん | トップページ | 京都つれづれ »

2010年2月27日 (土)

2月27日の外ごはん

土曜日は休日。
朝起きて、同居人くんとスカイプでお話したら、
さて、今日はどうやって過ごそうかと。

とりあえず、けっこう空腹(笑)
天気もいいし、せっかくだから、大学方面に出掛けることに。
自転車をこぎながら、どこにご飯を食べに行こうか考える。
時間は11時半。微妙な時間帯・・・・
とりあえず、一番混んでいそうな中華料理屋さんからのぞいてみることに決定。
もし並んでいたら、別の店に行けばいいんだし。

11時40分に到着。
急いで階段を上がっていくと、待っている人の姿はない。
ラッキー♪ということで、いそいそと店内に入ると、
珍しく満席じゃない。
しかも、ローカルなお客さんばっかりでいい感じ。

カウンターの奥に座って、
「あんかけ焼きそばランチセット」(750円也)を注文。
まいどながら手際のいいオーナーさんの中華鍋さばきを眺める。

ここって、もう開店してどのくらいたつんだろうか。
たしか、私が大学院生の頃じゃなかったかなぁ。
どう見てもラーメン屋さんを居抜きで使っている店内(きれいとはいえない)。
そのくせ、出てくるものはどれもちゃんとしている。
ここで、はじめて「鶏ねぎ中華そば」を食べたときの感動は忘れられない。
それから一人で、友達と、そして、同居人くんと、
ご飯を食べたり、ビールを飲んだり。
一番印象的なのは、同居人くんが博士論文を提出する前日に、
前祝いって感じで飲んだとき。
あのときは、二人とも疲れていたし、ともかくよく食べてよく飲んだ。
だって、比較的寡黙なオーナーさんに、
「よぉ食べたねぇ」と声をかけられたくらいだから。

とかなんとか思い出していたら、
ランチセットのご飯(少なめでオーダー)と唐揚げが出される。
同居人くんが好きな唐揚げだ。
けっこうしっかりニンニクが効いていて、ご飯にとっても合う。
アツアツを大口を開けて、頬張っていると、
次にあんかけ焼きそばが。
これは本当に麺が美味しいんだよなぁ。
手打ちの平打ち麺。多めの油で揚げ焼きにしているので、
パリパリでもなく、かといってもっちりでもなく、
両方の食感が楽しめる。

食べ終わる頃には、案の定満席に。
そういうわけで、水を一杯飲んだら、そそくさとお会計をして店を出る。
うーん、でもまだまだ食べたいものがあるんだよなぁ。
鶏ねぎ中華そばと、冷麺は必食!
できたら夏限定のサラダ冷麺が食べたいけど。。。。無理ですよね(笑)
あ、あと胡麻だれの水餃子も美味しいんだよなぁ。

さて、実は最終チェックをしたい原稿とパソコンを持ってきているので、
少し仕事がしたい。
普段から私は、原稿の最終チェックだけは外でする人なのだ。
で、まぁ、大学近辺にいるってことは、行く店は一軒しかない。
まいどおなじみの進々堂。

自転車を店の前に止めて、中に入る。
個人的には手前の窓際席よりも、奥のテーブルが好き。
奥のテーブルから、大きく切った窓を眺めていると、
窓が額縁の役割をして、外が絵のように見える。
店の中は薄暗いので、外の光の陰影が際立つ。

そういうわけで、奥の席に陣取って、原稿とPCを机に広げる。
オーダーはいつも「ホットカフェオレ」。
普段はコーヒーばかりなくせに、なぜかこの店ではカフェオレ。
ほの甘い牛乳の風味が優しくて、心が落ち着くし。
あとは、ひたすら仕事仕事仕事。
1時間半ほどで直しも終了したので、
もう一杯カフェオレを頼んで、ぼんやりする。
なんでも、創業80周年だそうだ。
80年かぁ。
たしか田辺元全集の月報に誰かが書いていたけど、
(高山岩男だったかな?)
授業のあとに必ずここに集まる決まりだったとか。
歴史ですな(笑)

にしても、やっぱり私たちもなんだかんだと使ってきたわけで。
ここまで大学の生活に溶け込んでいるお店って珍しいよなぁ。

« 2月26日のお昼ごはん | トップページ | 京都つれづれ »

外ごはん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2月26日のお昼ごはん | トップページ | 京都つれづれ »