« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月31日 (木)

12月31日の晩ごはん

Dsc00616














夕方までにおせち作りを済ませて、今年最後のメインイベントは、
いつものOさんにおせちを取りに行くこと♪
Oさんいわく、「おせちじゃなくて、酒のアテですよ」とのこと。

というわけで、こんな素敵なビジュアルです。

で、開けてみると・・・・

Dsc00621













うぁ~~、蒸しあわびどーん。
大好きな渋皮煮もある。
それから、からすみの粕漬け♪


それだけではちょっと物足りないので、自家製のアテセットもあります。

Dsc00619














手前のお皿は、一湖房の鴨ロース・自家製牛タタキの味噌づけ・うずら卵醤油づけ・鈴広かまぼこ。
奥には牛肉八幡巻き・茹でカリフラワー・だし巻きです。

2010年おせち2

Dsc00613




















かわいい市松柄立方体。
これを高島屋で見つけたときは、
一目ぼれで・・・

しかもめっちゃ安かった(笑)
かなり小さめなので、
普段の家飲みでも使えそう。
こういうモダンなお重もいいですよね。

今回もアテセット用として使うことにしました。Dsc00614













一の重(変わりかまぼこ二種。鈴広さんのものです。)
二の重(たたきごぼうと子持ち鮎の飴煮)
三の重(佐藤水産のいくら醤油漬けとイカ塩辛)

2010年おせち1

Dsc00609




















今年、新しく買った重箱。
高島屋で現品処分で安くなっていたけれど、
かなり良い会津塗です。

というわけで、これが全景の写真。
下がそれぞれのお重です(詳細がわかるように飾りをどけています)

Dsc00610














一の重
(龍皮巻き・スモークサーモン野菜巻き・龍眼揚げ
 梅かつお蓮根・牛肉八幡巻き・海老のうま煮)

Dsc00611














二の重
(ブリの味噌漬け・鶏もも肉照り焼き・ホタテ入りなます柚子釜仕立て
 だし巻き・味噌松風)

Dsc00612














三の重
(お煮しめ一式。里芋・棒鱈・高野豆腐・くわい・タケノコ・椎茸・こんにゃく 
 金時人参と絹さや)

12月31日のお昼ごはん

Dsc00615














なぜか私の実家のしきたりとして、大みそかは「カレー」です。
まぁ、大みそかはバタバタするし、カレーなら事前に作っておけるから、
手軽ってことなんだろうけど。

そういうわけで、私も伝統にしたがって(笑)、
昨日のうちにカレーを仕込む。
友人にもらった梨が食べきれずにあまっていたので、
それをすりおろしていれてみる。
これが大当たり。

「すっきりでおいしい♪」とは同居人くんコメントです。

・チキンカレー
(アナンの「大辛」で作りました)

・きゅうりと大根の浅漬けふう・プチトマト・ゆでブロッコリー

2009年12月30日 (水)

12月30日の外ごはん

夕方まで、おせちの準備やらでバタバタし、
慌ただしく準備して大阪へ。
今日は大学時代の友人と待ち合わせ。

向かうお店は、友人のリクエストのA東迎。
本店の方はミシュランに載ってしまったので、こっちの支店を選ぶことにした。

ここのお店は私が子供の頃から時折訪れている店で、
特に高校受験が終わったあとにお邪魔したときのことは今でも覚えている。
(牛肉の冷しゃぶがおいしかった)

そのあと京都に住んでいることもあって、少し足が遠のいていたんだけれど、
それでもなんだかんだ10年以上通っている店、ということになる。
割烹の和食だけれど、京都の割烹とはまったく違う。
ここはまさに「浪速料理」!とにかく派手派手~。
同居人くんは初訪問だったので、事前に「おしながきがすごいから」とだけ
言っておいた。

で、席についたときの同居人くんのテンションのあがりっぷりといったら。
「おぉ~~、夢が広がりますなぁ」

三人だったので、色々食べてきました~。

・お造り盛り合わせ
(よこわのタタキ・中トロ・平すずき・シマアジ・イカうに・鯛などなど)

・馬刺し(同居人くんたっての希望で)

・ホタテと椎茸のグリルサラダ

・鮑の味噌バター焼き

・和風コロッケ

・グジとほうれん草の小鍋仕立て

・牛たんのクリームソース煮

・ユリ根饅頭

・鯛のアスパラ巻き揚げ

・イカぬた

・〆は蟹雑炊と鯛茶

熱燗をゆるゆる飲みながら、しっかり食べてきました~。

12月30日のお昼ごはん

Dsc00606














朝からまずは出汁をひく。
で、野菜の下ごしらえをしてから、高島屋へ。
うーん、すごい人出だ。

で、帰ってきて、お煮しめの準備。
金時人参を抜き型でぬいたり、ごぼうを成型していたら、
端っこがどんどん出てきたので、今日もそれを使ってお昼ごはんです。
その実、手抜き。

・豚汁うどん
(金時人参・大根・ごぼう・えのき茸・豚肉)

<おせち備忘録>
本日作成
・お煮しめ(こんにゃく・椎茸・タケノコ・小芋・金時人参・高野豆腐・きぬさや)
・海老の姿煮
・たたきゴボウ
・蓮根の梅かつお和え
・味噌松風
・牛肉の八幡巻き
・ホタテ入りなます
・小カブの柚子漬け

・牛たたきの味噌漬け
・煮卵

2009年12月29日 (火)

12月29日の晩ごはん

Dsc00605














朝起きてから、ひたすら掃除。掃除。掃除・・・・
気がついたらもう五時。
それから、おせち用の買い出しに出かけて、
もうバテバテ。

というわけで、今日は簡単晩ごはん。
去年の日記を見たら、去年も大掃除のあとは、軽くビールを飲みに行ってました・

・葉たまねぎと塩豚の土鍋蒸し

・スモークサーモンの野菜巻き
(甘酢漬けの大根ときゅうりを巻いただけ)

・サラダいろいろ
(買ってきたペンネサラダとポテトサラダ。あとは茹でカリフラワーとトマトです)

・お寿司色々
(これまた買ってきたものです)

で、ビールかっぷかぷ飲んで、さくっと寝まーす。

12月29日のお昼ごはん

Dsc00603














なんとか昨日の夜に仕事を終わらせて(私は)、
今日の朝ポストに投函。
で、今日は大掃除の日。

サッシを拭いて、窓もスプレーで拭いて、
外の庭を掃除して・・・・二人してこまごまこまごま・・・・

気がついたらもうお昼前。
実家から届いためっけもんの野菜の封をさえ切っていなかったので、
ダンボールを開けて、中を点検。

金時人参やら大根やら小蕪やら、すべて葉付きなので、
葉を切り落として、下処理。
めっけもんの野菜なので、けっこう形が不ぞろい。
そういうわけで、形を整えていくと、残る部分が出てくる。
その残り部分を使って、せっかくなので粕汁を作ることに。
(同居人くんは粕汁好きなのだ)
午後からもお掃除なので、がっつり食べました♪

・金目鯛の干物
(大きい金目鯛なので、二人で一匹を半分こしました)

・ほうれん草の卵いため

・ニラ納豆

・粕汁
(大根・金時人参・しめじ・ごぼう・塩鮭)

2009年12月28日 (月)

12月28日の晩ごはん

Dsc00601














今日は一日バタバタしました。
お正月用のお魚の注文に行ったり、雑煮用の白みそを買いに行ったり、
保存食の下ごしらえをしたり、
時間があっという間にすぎてしまう。

そんなときにかぎって、つまらない仕事が舞い込んできたり。
まったくなんでこんな時期にそんな仕事を申しつけるかなぁ。
どうにか今日中にすべての仕事を終わらせてしまいたい。
(年賀状作成含む)
明日からは大掃除におせち作りと家事に専念したいんだけどなぁ。

今日はよく動いたので、白いご飯がすすむおうち和食にしてみました♪

・肉じゃが
(けっこうがっつり目の味付けにしました。ご飯に合う~~)

・わかめときゅうりの三杯酢

・鮭のホイル焼き
(シメジとエノキ茸のマヨネーズソテーを下にひいています。で、チーズトッピング)

・ニラと豆腐のお味噌汁

「和食でこってりって珍しいよね~~。ご飯がすすむ」とは同居人くんのお言葉。
だって、「あっさり」和食の最上級を昨日食べてしまったじゃないですか。
同じ方向のものは今日食べられないでしょう。

12月28日のお昼ごはん

Dsc00600












昨日は、Oさんで幸せなお食事のあと、
もちろん、いつもの日本酒バーへ。
例によって、まーったりとお酒を飲む。
ちなみに昨日は睡龍の日。

で、結局寝たのは2時前。

豪華のお食事の翌日は、毎度ながらお昼に困る。
しかも、昨日は遅くまで飲んでいたので、そんなにお腹もすいていない。
同居人くんは「優しい味のもの」とのリクエスト。

さて、どうしようかなと。
我が家の定番奄美ふう鶏飯にしようかとも思ったんだけど、
先週作ったしなぁ。
でも、冷凍庫には手羽元がたくさん入っているし・・・

というわけで、ひさびさに中華粥。
あとはこまごまとお粥に合うおかずにしました。

Dsc00599














・中華粥
・小松菜の牡蠣オイル漬け炒め
・鶏肉と白ネギのラー油和え(桃屋の「食べるラー油」で)
・一湖房の鴨ロース
・佐藤水産鮭ルイベ漬け

さて、今日からおせち作りの下準備。
まずは、鶏レバー煮と牡蠣オイル漬けの仕込みからです。

2009年12月27日 (日)

12月27日のとくべつ

本日、午前中は研究会で、
年内の公式行事も終了。これからは年末展開です♪

となると、もちろん忘年会。
二人忘年会ですから、一番のお気に入り店に行くでしょう!

師走のOさんのメニューです。

・こっぺ蟹の玉じめ と弁天娘山田錦19BY
(内子・外子がたっぷりはいった贅沢茶碗蒸し)

・柚子飯蒸し と弁天娘山田錦19BY
(なんかこれすごかった!うーん、表現しにくい。
 とろっ柔らかいご飯の周りに柚子の香りをまとった衣がついていて、
 さっくりと揚げられていて。飯蒸しとはいえ、揚げているんだよな~。
 超高級ゆべし、という風情)

・やいとかつおのタタキと白グジのお造り と竹鶴黒ラベル
(かつおにノックアウト・・・・。うますぎる。
 白グジはねっとり熟成系ではなく、軽やかな感じ。
 私はこっちの方が好きかな)

・かぶら蒸しと素麺のお椀 と竹鶴黒ラベル
(蕪の繊細な甘み。すごい。)

・鴨ネギクレープ と竹鶴黒ラベル
(いわゆる北京ダックふう。すべての北京ダックがこうなればいいと思う。)

・富田林の海老芋蒸し煮
(キターーー!って感じです。ああ、このバタークリームのような口どけ。
 うっとり)

・間人蟹の焼き物 と弁天娘中垂れ
(いわずもがなのうまさです)

・蟹酒
(作り方がさっぱり想像できないのですが・・・・ともかくものすごい蟹の甘味です)

・フグと香り野菜の梅和えと竹鶴黒ラベル
(三つ葉・水菜とフグブツが梅の香をまとって和えられています)

・このわた&ねりうに
(だらだらと飲み続ける私たちを見て、Oさんが「なんかアテしましょか」と。
 もうこのこのわた絶品!ものすごくフレッシュなの。
 聞けば年間20箱しか生産されていないこのわただとか。)

・蟹みそご飯
(蟹味噌で炊き込みご飯です。なんつーか、和風リゾット。
 うますぎます・・・・)

で、本日のご飯は三種。

・鯖寿司海苔巻き・牡蠣カツ丼・牛丼で、私は海苔巻きと牛丼を、
 同居人くんは、笑顔の奥さまが「全部食べはったらどうですか~(ニコニコ)」とおっしゃられ、
 素直に三種類。
 で、海苔巻きには小笹屋竹鶴生一本13BY♪
 お~~ベストマッチング~~。

・代白柿とおいしい緑茶

前回が、情感たっぷりのラフマニノフだとしたら、
今日は、軽やかに流れていくショパンのピアノって感じ。

2009年12月26日 (土)

12月26日のお昼ごはん

Dsc00596














炊きたてツヤツヤぴかぴかの白ごはんも大好きですけれど、
ほんのり塩味のきいたおむすびって、また別の美味しいですよね~~。

今朝、「今日のお昼はどうしよう」という話をしていたとき、
「白ご飯・・・うーん・・・」となって、
それじゃぁ、「おむすびでしょう!」と意見一致。
こまごまとお弁当風のおかずを盛り合わせて、
あとは保存食の煮物と味噌汁で完成♪
塩むすびの具は三種類とも別々にしてけっこう豪華。
「シンプルですてき~。パクパクっと食える」とは同居人くんのお言葉。

・おむすび弁当
(塩むすびは、佐藤水産の鮭ルイベ漬け・梅かつお・明太子です。
 おかずは、鮭ハラス焼き・チーズと海苔の卵焼き・鴨ロースときゅうり・ピーマンと鶏肉のケチャップ炒めでした)

・ひじきと糸こんの煮物

・ニラとえのき茸のお味噌汁

本日は、午後から研究会でーす。そして、忘年会だっ。

2009年12月25日 (金)

12月25日の晩ごはん

Dsc00595














え~~、残り物処理です。
はい、徹底して残り物の処理。

なにせ、昨日の夜はお料理を準備しすぎて、食べきれなかったので。
完食できたのが、蒸し野菜とグリーンサラダと、生春巻きって、
どれだけ野菜好きなのか(笑)

今日も引き続き野菜メインです。
蒸し野菜に使った残りがまだあったので、
そのお野菜と、これまた昨日の残りのローストチキンをほぐして、
ガーリックオイル(牡蠣のオイル漬けに使ったもの)で炒めて。

あとは煮物やら、中華風のスープやらで、
完全に無国籍・・・。いい加減な食卓となりました。

・色々野菜と鶏肉のガーリックいため
(カリフラワー・しめじ・芽キャベツ・空豆とチキンです)

・イカとセロリのリモーネマリネ
(シャキシャキの食感にリモーネが香り高くていい感じ♪)

・ひじきと糸こんにゃくの煮物

・マーラースープ
(白菜・白ネギ・豆腐をピリ辛で)

12月25日のお昼ごはん

Dsc00594














午前中、こまごまと仕事。
さて、お昼はどうしようかと。
と言っても、昨日は食べすぎて、朝ごはんもいらないくらい。
ここのところ、暴飲暴食だったし、少しクールダウンしないといけないなぁ、と、
冷蔵庫をがさがさ。

こういうときは、やっぱり優しい味のおうどんなんかいいかもと、
ともかく出汁をひく。
かつお出汁のいい香り、そこに少し生姜をたらす。
すると、二階の仕事部屋にいた同居人くんから、
「めっちゃいい匂い~~」という声がかかる。
うどんを茹でて、三つ葉を刻んで、お昼の支度がだいたい整って、
土間から二階へと「ご飯そろそろ出来るよ~」と声をかける。
そして、「はぁ~い」という子供のような返事がかえってきて。

それを聞いてなんだかすごく嬉しくなった。
そこにある空気がとても懐かしいものだから。
ありふれた日常の温かさ、のようなもの。

「一人の男と人生を共有しているときの、ありふれた日常の信じられないような幸福、
 奇跡のような瞬間の堆積」(江國香織『落下する夕方』)

そういう温かさにふさわしいお昼ご飯でした。

・けいらんうどん
(けいらんうどんって、関西弁?それとも京都ことばか?
 あんかけうどんを卵とじにして、生姜をきかせたものです。
 食感のアクセントにえのき茸のみじん切りを入れています。
 で、三つ葉を散らして完成)

2009年12月24日 (木)

12月24日の晩ごはん

Dsc00592











メリークリスマス、
です。
宗教は大嫌いなのに、
イベント事は大好きな私たちは、
こういうお祭りには、乗っかる主義です(笑)


というわけで、今日はクリスマス飲み会。
まぁ、その実、家飲みの口実なのですけれど。

で、クリスマスと言えば、チキン。

私たちが住んでいる街には、大宮商店街という、なかなかにコアな商店街があって、
そこにはけっこうキャラの濃いお店が多い。
たとえば、なぞの喫茶店とか、趣味の手仕事の店とか。
あと、フレンチのデリカテッセンや、ドイツ仕込みのソーセージを売る肉屋さんとか。

去年は、そのフレンチのデリでクリスマスディナーのセットをお願いしたのだけれど、
今年は、そういうセットは販売しないとのこと。
うーん、どうしよう。と考えて、商店街をウロウロした結果、
ドイツ仕込みの肉屋さんがローストチキンを販売することを発見。
そりゃ、いっとくでしょう。本日6時焼き上がりを予約して、万全の体制。
もちろん、これだけでは寂しいので、サイドディッシュは以下↓

Dsc00590














事前に仕込んでいたものやら、高島屋のデパ地下で買ったものやら、
いろいろ混ざっていますが、まぁ、それなりに豪華かなと。
というか、年なのかしら、二人とも食べきれませんでした。
チキンも半分しか食べられなかったし。
和食はともかく、油のきいた洋食はきついな。

とか言いつつ、イベント好きは、キチンと形を作りたいわけで。

Dsc00593









10センチ四方の小さなホールケーキです。
マンゴーのムースでさっぱりと。






・かわきた屋のローストチキン
(ハーブが香ばしくっておいしい。さすがドイツ仕込みのお肉屋さん)

・蒸し野菜色々
(芽キャベツ・カリフラワー・本しめじ・空豆。蒸篭で蒸すと本当においしいですね。
 今日のヒットは芽キャベツ)

・RF1の生春巻きセットとグリーンサラダ

・大皿盛り
(明太子ディップ・鴨ロース・牡蠣のオイル漬け)

・イカとセロリのリモーネマリネ

2009年12月23日 (水)

12月23日の晩ごはん

Dsc00588









戻ってきた二人の生活。
何かイベントがあるわけでもなく、
お互いに仕事をこなしつつ、
一緒に眠り、一緒に食事をして、
あいまにたくさんの言葉が交わされる。

それは、一人の静かな暮らしとは本当に違う。
あの、静かで平坦で単色の時間とは。

二人の暮らしは複雑だ。
楽しいことも圧倒的だけれど、しんどいこともある。
時間は自分一人のものではなく、ときに奪い奪われる。
関係がつながったり、反転したりしながら、どんどん入り組んでいく。
で、よくわからなくなる。
漱石ふうに言うならば「片付かない」。
その煩雑さ。それは決して一人では手に入らないもの。

というわけで、私たちは二人で、仕事をしつつ、日々の生活を送っております。
でも、明日はクリスマスイブなんで、おでかけですけど♪

明日にそなえて、今日は休肝日。
がっつり白ご飯メニューにしたら、ちょっとおかずを作りすぎました。

Dsc00586














ともかく同居人くんの好きなものを、と思ったら、こうなってしまったというメニュー(笑)

・回鍋肉
(おそらく同居人くんのなかで一二を争う好物なのではなかろうか)

・小松菜と茹で鶏の梅おろし和え
(帰って来た時に、「和えものとか食べたい」と言われたので。
 梅おろし和えは、特に彼のお気に入り)

・ごぼうの柳川ふう
(上の写真の奥ですね。長谷製陶の陶板をつかってアツアツです)

・ピリ辛奴
(前々から欲しかった「食べるラー油」@桃屋をようやくゲットしたので、
 さっそく冷奴にかけて食べました。フライドガーリックがたっぷり入っていて、 
 二人とも好きな食感だわ。これは使いでありそう)

12月23日のお昼ごはん

Dsc00585














うーん、寒い日々が続きますねぇ。
特に町屋の寒さは、ホントに骨身にしみます。
しかも寒さが足元からあがってくるの。
最近、お白湯で冷え症解消を目指しているんだけど、
それだけではなかなか追いつかない感じ。

そうなるとやっぱり温かい汁物が恋しくなる。
しかも、さらっとしたものではなく、とろみがあったり、刺激があるものがいい。
昨日は粕汁だったので、今日は薬味をきかせたものにしようかなと。
冷え症といえば、やっぱり「生姜」かな。

そういうわけで、うずみ豆腐に生姜をきかせたお味噌汁にしました。
あとは、炊き込みご飯に小鉢二種で、なかなかにいい感じではないでしょうか。

・一湖房の鴨炊き込みご飯
(同居人くんのお母さまから送っていただいた、一湖房の炊き込みご飯セットです。
 うん、あっさりしていていいですね)

・うずみ豆腐のお味噌汁生姜風味

・春菊と焼きエリンギのゆず醤油和え
(エリンギは網焼きすると味が凝縮して美味しい♪)

・納豆

2009年12月22日 (火)

12月22日の晩ごはん

Dsc00584














日々の生活が戻ってきた。
一階と二階の仕事部屋に分かれて、
二人がそれぞれにPCと向き合ったり、資料をくったり。
あいまにコーヒーをいれたり、お互いの部屋に話をしに行ったり。

夕方になれば、私は晩ごはんの準備。
土間の真上が同居人くんの部屋なので、
仕事をしている彼の気配が手に取るように伝わってくる。

生活の中にある人がたてる音は、なぜこうも人を安心させるのだろうか、
そんなことを思いながら、料理の下ごしらえをする。
作るのは、しごく当たり前の料理。
テレビを見ながら、話をしつつ、ご飯を食べる。
時間をかけて、食事をとる。いい時間だなぁ。

・マーボー豆腐
(やっぱりおうちで作るマーボー豆腐はいいですねぇ。
 花椒でかなりがっつり痺れ系の辛さです)

・茹でイカのネギソース 小松菜ぞえ
(スルメイカが安かったので・・・・)

・かぼちゃのぽくぽく煮
(今日は冬至なので、かぼちゃです♪)

・牡蠣のオイル漬け
(年末年始の保存食の試作です。うーん、濃厚で美味しいわぁ)

・ワカメのお吸い物

12月22日のお昼ごはん

Dsc00582













さて、今日からは普段モードの生活です。
とはいえ、年末が見えているので、買い物に出たり、
お取り寄せをしたり、けっこうバタバタ。
そうそう、クリスマスももうすぐだしねぇ。

ひさびさに同居人くんと買い物に出る。
たった一ヶ月なんだけど、しばらくぶりに感じる。
「何食べよう」と二人で話しながらスーパーをぶらぶらするのは、
すごい安心感。
一人であることが「孤独と自由」への道ならが、
二人でいることは「束縛と安心」なのかしら。
ふと、柳田国男が言った「優しい束縛」という言葉を思い出したり。

で、今朝も寒かったので、満を持しての粕汁です。
同居人くんのリクエストで。でも、鮭がなかったので、塩豚で。
これが案外いけました。
というわけで、粕汁メインのシンプル和食のお昼です。

・塩豚の粕汁
(塩豚・金時人参・しめじ・大根・白ねぎ。で、粉山椒たっぷり。)

・にらたま

・オクラ納豆

・明太子

2009年12月21日 (月)

12月21日の晩ごはん

Dsc00580




















いや~、同居人くんが戻ってきてからの一週間は本当によく遊びました。
そして、よく飲んだ(笑)

そういうわけで、白浜からの帰り道、二人で今日は何を食べようかと相談。
少し大阪に寄って行く予定だったので、お昼は大阪で。
「やさしい味のものが食べたい」という同居人くんのリクエストにしたがって、
道頓堀の「今井」さんへ。

ここのおだしは本当に美味しいなあ。子供の頃から食べているけど、
一番ほっとする♪
ちなみに本日のオーダーは、「しっぽくうどん」(私)、「鴨とじうどん」(同居人くん)、
「親子丼」(二人で半分こ)でした。

で、夜はこれまた「やさしい味」ということで鶏鍋に。
しっかりスープをとって、コラーゲンも摂取しました。

・鶏なべ
(鶏ブツ切り、きゃべつ、えのき茸、椎茸、春菊、豆腐)

・もやしのピリ辛

・たこぶつとワカメの甘酢生姜和え

2009年12月20日 (日)

12月20日の外ごはん

この日は白浜泊。
前日はいつものパブで心ゆくまで食べたので、
今日は、魚を食べましょうってことで、これまたいつもの長久酒場。
空にした熱燗のとっくりを目の前に並べながら、
絶品のアテを食べる幸せ~~。
今回も食べまくってきましたよ。

・かわはぎのお刺身
(肝が大きくって美味しい♪)

・あおりイカの刺身
(このあたりはあおりイカがよく釣れるんだよな。もちもちで美味しい)

・さざえのお刺身
(貝好きの同居人くんオーダーです)

・天然カンパチのカマ塩焼き
(めっちゃ大きいカマでした。聞けば20キロのカンパチだとか)

・大根サラダ

・カラスミ大根
(もはやド定番。絶品の酒アテです)

・おでん色々
(卵・大根・平天・豆腐・こんにゃくなどなど)

・〆には梅茶漬けを二人で半分こ。

もちろん、このあとはいつものパブです。
奇しくもこの日は周年祝いということで、スタッフのみなさんとシャンパンで乾杯したりして。
こういうお祝いの日の雰囲気って好きなんだよなぁ。
いつもどおり、リアルモスコミュールも美味しかったし、
ほどよく賑やかな店内は居心地良いし、ホントこの店はベストだわ。
この日も本当にいいお酒でした。多謝。

2009年12月18日 (金)

12月18日の晩ごはん

Dsc00574














この日は実家で晩ごはんです。
というわけで、魚祭り♪
やっぱり、うちの家より器も小マシなものが多いので、
写真にとると映えるなぁ。
いいなぁ、器、ほしいなぁ。

実家でご飯を食べるときは、滋賀県出身の同居人くんのために、
和歌山ならでは、って感じのメニューが並びます。
まぁ、私にとっては「ソウルフード」なんですけど。
この日も写真にはないけれど、
我が家独特のチラシ寿司もありました。
うちの実家のチラシは、焼きアナゴとか海老ではなく、
具材に〆サバ(しかも軽〆)が入っているもの。
私も久々に食べたんだけど、「うん、これこれ」って感じ。

でも、今回のメインは別のものだったのです。
それがこれ↓

Dsc00575














え~~、なんかすごいな(笑)
地元では「イガミ」と呼ばれるお魚です。
で、煮魚にして冷やしてから食べるんだけど、
冷めるとこういうふうに煮こごり状になります。
このゼリーだけで飲めますよ(笑)
この日は、京都から小笹屋竹鶴大和雄町16BYも持参していたので、
ベストでした♪

12月18日のお昼ごはん

Dsc00572














三日間、食べに食べ、飲みに飲んできたので、
さすがに今日のお昼ごはんは「やさしい味」のもので。
とはいえ、また今日の夕方から出掛けるので
(野暮用で和歌山まで、そのあとはお決まりの白浜)
あり合わせメニューです。
何を作ろうかと思ったのだけれど、
同居人くんのリクエストにより「鶏飯」。
これも我が家の定番メニューですなぁ。

・奄美ふう鶏飯
(赤カブ漬け・白菜もみ・錦糸卵・椎茸甘煮・茹で鶏・刻み三つ葉)

・もやしのピリ辛

2009年12月17日 (木)

冬旅行越前・6

さて、三日目。
もちろん、旅館の朝ごはんを堪能し、朝風呂もたっぷりはいって、
私たちは一路金沢を目指す。

私自身、金沢は好きで(特に冬の金沢)、けっこうちょくちょく来ている。
人口だけで比較すると、私の出身地である和歌山市とたいして変わらないんだけど、
この文化度の違いはなんだ。
加賀百万石と紀州五十五万石。城下町としてはどちらも大きいのだけれど・・・
うーん、旧制高校の有無だろうか?

ともあれ、この町特有の上品で緩やかな空気が私は好き。
そして、食べ物もおいしいし♪

今回は諸事情あって、金沢は泊まれない。
それでも、わざわざ来たのは、同居人くんと一緒に行きたい所が二つあったから。

一つは、
いわずとしれた、「金沢21世紀美術館」。
うちの同居人くんは、あんまり美術に興味がないタイプなんだけど、
今回の企画展は、現代美術のなかでも、インスタレーション系で、
楽しんで見られるかなと思ったので、誘った次第。
かなり知覚を揺さぶって、お客さんの参加を促す(というか客がいないと成立しない)タイプの
作品なので、二人でキャーキャー言いながら楽しんできました。
ホントにここは良い美術館だわ。

さて、その次♪
それは、私にとって思い出深い居酒屋K。
たしか2年前の冬、資料探しに金沢に来て、
電車が出るまでの間、少し飲もうと思って入ったお店。
コの字のカウンターにおでん鍋と燗つけ場。
きびきび働くお母さんに楽しい大将。
そのときの私は一人酒だったのだけど、
始終その大将が話しかけてくれて退屈することはなかった。
そして、色々金沢の美味しいものを教えてもらった。
この店が持つ長い歴史、物語、渋いたたずまいの常連客たち。
まさに街の縮図。知らない街の日常に溶け込んで飲める幸せ。
それをぜひ同居人くんにも味わってもらいたかった。

まずビール(大瓶)を頼んで、お刺身からスタートです。
そのあとは、ずーっと熱燗でね。

・刺身三種盛り(甘エビ・がんどう・イカゲソ)
・金時草のお浸し(金沢と言えばの野菜ですよね。同居人くんははじめてだったそうな)
・雲子のポン酢
・むかごの唐揚げ
・治部煮(これまた金沢ならでは)
・固豆腐のお刺身(みっしりした食感がいいよな~)
・おでん(車麩・卵・大根・海老天・ホタテ・バイ貝などなど)

同居人くんの感想としては、「上品なおでん♪」
あと、お店の空気は「くすんでいる(笑)」。
もちろん、いい意味でですよ。いろんなものが沈殿してくすんでます(笑)
うーん、近くにあればなぁ~~

冬旅行越前・5

Dsc00567














こちらは二泊目の晩ごはんメインディっシュです♪
ちなみにこの前に大好きなコッペ蟹も食べています。

で、この日は蟹なべ――――。
しかも、普通のお出汁じゃないですよ。
お出汁のなかに蟹味噌を溶いています。なので、濃厚♪
もちろん、蟹にはさっと火を通すだけ。

それから、この日も茹で蟹です。
(他の食べ方も選べるんだけど、やっぱり茹でが一番好き)

Dsc00568














二人で茹でが一杯に鍋用が一杯。
つまり、一人一杯食べています(笑)

もちろん、〆はこれ↓

Dsc00569


蟹味噌をたっぷり溶かした雑炊。
うーん、これはすごい。
人生最高の雑炊かもしれない。

もう動けないってくらいに食べました(笑)

2009年12月16日 (水)

冬旅行越前・4

Dsc00563














こちらは、一泊目の朝ごはん。
アツアツのだし巻きに、きんぴらごぼう、きのこの焼き浸しにイカの塩辛。
フレッシュな野菜サラダ。出来たての揚げだし豆腐。
ほどよく漬かったブリの味噌づけ。などなど。
もちろん、銅の羽釜で炊きたてのごはん。
これぞ、旅館の朝ごはんです!

Dsc00564














で、連泊のお楽しみといえば、お昼ごはん。
今回は、望洋楼名物の焼き鯖寿司をお願いしていました。
うーん、脂がのっていて美味しい♪
風呂上りの私たちはビールすすみまくり。
それから、一緒につけてくださったアラ汁がびっくりするほど美味しかった!

2009年12月15日 (火)

冬旅行越前・3

Dsc00560














以前、いつもの日本酒バーで
「絶対的においしいものって何だろう?」という与太話で盛り上がったことがある。
そのとき私が答えたのが
「蟹!」
だった。しかも「越前がに!」
(ちなみに、Tさんの回答はたしか「アワビ」だった。)

新鮮で良い蟹のおいしさは絶対的だ、というのは私の前々からの持論。
(もちろん、タグ付きのやつですよ、当然)
間人や柴山、津井山などなどブランド蟹数あれど、
私はやっぱり越前の黄色いタグつき蟹が大好き♪
しかも、刺身より焼きより、茹であげのアツアツが♪

もちろん、望洋楼を選んだのも蟹を食べたいがため。
今回は贅沢に二泊三日だったので、ほんとーーーに、満喫してきました。

Dsc00562




まず一日目は、上にある写真のとおり、
刺身・焼き・茹でと堪能。

ところが必死で食べたため、
写真は刺身しかありません(笑)

茹で蟹のときなんて、
同居人くんは、お酒さえ飲まず、
ひたすら無言で食べ続けていました。

うん、やっぱり蟹のうまさは「絶対的」だわ♪

冬旅行越前・2

Dsc00553














まずは京都からサンダーバードに乗って、越前を目指す私たち。
というわけで、お昼は車中で。
私自身は、研究の関係で、わりと北陸には出向くことが多い。
そういうときはだいたいが駅弁を食べる。

で、今回。
初サンダーバードの同居人くんにぜひ食べてほしいものがあった。
それが、「越前かにめし」。
中身はこういうのです↓

Dsc00556














こっぺ蟹を使った炊き込みご飯。
内子と外子を使っているので、けっこう濃厚。
同居人くんいわく「めちゃうまい。駅弁としてはものすごくレベルが高い」とのこと。
たしかに、シンプルイズベストで美味しさを最大限引き出していると思います。

というわけで、蟹かに大作戦の二泊三日旅行のはじまりです♪

冬旅行越前・1

Dsc00557












同居人くんが戻ってきて、
まずは冬恒例の旅行です。今回はあまり時間がないので、
長期では出掛けられない。
さて、どうしよう、と。

来年から福岡に引っ越すので、
九州から行きにくい場所にしようというのが二人の意見。
そうなると、関西人にとっては冬の定番、北陸♪

山代・山中・片山津に芦原。
関西人ならこのどれかにはだいたい行ったことがあるんじゃないだろうか。
私自身も山代・山中・芦原は体験済み。
同居人くんもこのあたりはたいてい行ったことがあると。
そうなると、行ったことのないところがいいなと。

というわけで、今回は三国温泉。
そして、越前蟹っすよ!
なによりも泊まってみたい温泉旅館があったのだ~。

それがこちら↓

Dsc00559



三国温泉と言えば、名前のあがる、
「望洋楼」さん。
目の前は冬の日本海。
豪快な波しぶき。
吹きすさぶ寒風。
それを見下ろす客室つきの露天風呂。

同居人くんはお部屋に入った瞬間、
呆然と部屋からの景色に見入っていました。







Dsc00558



こちらのお宿は、客室数も10室ということで、
本当にこじんまりした、昔ながらの旅館。
でも、ロビーは、ちょっとしたサロン風で、
雑誌の貸し出しがあったり、
無料のドリンクバーがあったりと、
それなりに整っている。
なにより、スタッフさんが親切で、
いい意味で「旅館らしい」。

この絶景のお部屋で、
ひたすら食べて寝て飲んできました~(笑)

2009年12月14日 (月)

12月14日の外ごはん

同居人くんはやっぱりちょっと時差ボケ気味。
というわけで、本日日中は寝ないために、強制的に(笑)外出。
でも、お正月用の器を見に行ったり、
洋服を買ったり、かなーり有意義な一日。

で、ラストは伸びまくった同居人くんの髪を切りに行くことに。
今までは大学近くの美容室で切っていたんだけど、
どうもそこはなぁ・・・・イマイチの腕前で、私としてはお気に召さない。
今回は、私がひいきにしている美容師さんに切ってもらうことに。

そうしたら♪めっちゃよかった~~。
「ラクでいいよね」。(良い美容師さんに切ってもらうことについての同居人くんコメント)

さっぱりしたら、今度はがっつり中華。
二人とも大好きな寺町今出川の四川料理屋さんに。
もう食べまくってきました。しかも、竹鶴お燗つき♪

・キュウリのにんにく和え
(これ、大好き♪)

・湯引きイカのごまソース
(花椒の香りがいいねぇ)

・四川唐辛子と鶏肉の唐揚げ 花椒風味
(めっちゃおいしい♪大ヒットです。フレッシュな辛み)

・ナスの味噌炒め
(竹鶴と味噌マッチングはすばらしいですな~)

・アサリのネギ油炒め
(貝好きの同居人くんのオーダー)

・豚肉の唐揚げ山椒風味
(サクサクぱりっぱりが美味しいなぁ)

・空芯菜の塩炒め
(二人ともこの野菜が好きなんだなぁ。)

・四川風水餃子
(坦々麺スープに水餃子が入っています)

・五目チャーハン

いやー、食べた食べた。

12月14日のお昼ごはん

Dsc00552







生活が、戻ってきた。

一人ではない、という感覚は
圧倒的な幸福感。
誰かのたてる物音。
動く気配。
空気が一気に複雑になる。
そして、ほどけていく。




というわけで、我が家はすっかりにぎやかになりました(笑)
逆にいうと、一人だと、どれだけ静かなんだって感じ。

ちなみに今日はブランチ。
さすがに同居人くんは時差ボケであまり眠れなくて、
ものすっごく早起き。
でも、ここでまた寝ると、ボケが治らないので、ぐっと我慢。
そういうわけで、ブランチを食べたらおでかけしようかなと。

もちろん、帰国後のランチですから、シンプル和食です♪
そして、メインがこれ↓

Dsc00551














昨日のお鍋に使った金目鯛のアラでお味噌汁です。
せっかくなので、小さな土鍋でアツアツのままいただきます。
あとは、漬物盛り合わせに、同居人くんリクエストのだし巻き♪

・土鍋でおいしい白ご飯
(同居人くんは三杯おかわりしてました)

・金目鯛のあら汁
(めっちゃ美味しかったです~~。)

・だし巻き

・漬物盛り合わせ(白菜・きゅうり・赤かぶ・壬生菜)

・鮭ハラス焼き

・納豆

・ほうれん草と椎茸のごま酢和え

・明太子

12月13日の晩ごはん

Dsc00550












ようやく同居人くんが、クリスマス休暇で帰国♪
さて、何を作ろうと思っていたのだけれど、
同居人くんいわく、
「ともかく出汁!それからお魚!」
ということだったので、
それならやっぱり寄せ鍋でしょうと。


今回は飯島奈美さんの『life2』のレシピにしたがって、ちゃんと丁寧につくりました。
(といっても、鶏肉を霜降りして、鶏団子も下ゆでしたというだけですが)
それから、お魚は高島屋でいい金目鯛が売っていたので、
一匹まるまる買ってきました。
もちろん、これだけじゃないですよ。
アテセットは↓

Dsc00549














お漬物好きの同居人くんのために、いろいろ盛り合わせ。
それから、お刺身と小鉢♪
もちろん、お伴は竹鶴黒ラベル♪
(っていうか、正式名称は割り水生もと、18BYです)
ぬる燗が美味しい~~。
ファーストアタックはいわゆる「竹鶴」っぽくない。
けど、余韻はやっぱり「竹鶴」なんだよなぁ。これは食中酒にいいです。

・寄せ鍋
(金目鯛・鶏もも肉・鶏団子・久在屋さんの木綿豆腐・白菜・三つ葉・
 椎茸・えのき・しめじ・白ネギ。もちろん、〆は雑炊で♪)

・刺身盛り合わせ
(天然鯛・天然ヒラメ・まぐろ・たこ・ひらまさ・サヨリ)

・漬物盛り合わせ
(壬生菜・赤かぶ・きゅうり・白菜・沢庵)

・汲み上げ湯葉

・佐藤水産の鮭ルイベ漬け

2009年12月12日 (土)

ただいま在庫整理中

Dsc00548














いよいよ明日、同居人くんが一時帰国です♪
今日は、朝からコインランドリーで毛布やらベッドスプレッドやらを洗濯。
それから、古新聞を出して、掃除して・・・・
一人だと時間がたらーん。

なによりも、同居人くんの帰国に合わせて、色々と取り寄せたものがあるので、
(サッポロ赤星ビール、日本酒いろいろ、佐藤水産、燗付けセットなどなど)
その整理がけっこう大変。
というわけで、今、押入れ熟成中のお酒をいったん出して整理してみる。

笑えるほど、竹鶴だらけだ(笑)
うーん、下手な日本酒の店より在庫があるんじゃないだろうか。

とりあえず現在あるものを書きだしてみます。
実は写真に入りきらなかったものが、あと三本ほど(竹鶴以外)。

<四合瓶>
小笹屋竹鶴番外編 山田錦純米原酒 13BY
小笹屋竹鶴 大和雄町 無濾過 純米原酒 16BY がなぜか二本
小笹屋竹鶴 生もと 無濾過純米原酒 17BY

<一升瓶>
清酒竹鶴純米にごり 19BY
雄町純米にごり酸味一体 19BY
熟成純米原酒 八反 12BY
小笹屋竹鶴 生一本純米原酒 13BY
小笹屋竹鶴 宿根雄町 純米原酒 18BY
清酒竹鶴割り水生もと 18BY
雄町純米酸味一体   18BY
小笹屋竹鶴 宿根雄町 純米原酒 20BY
小笹屋竹鶴 大和雄町 純米原酒 20BY

弁天娘 純米酒 玉栄 20BY
弁天娘 青ラベル 19BY 12番娘
日置桜「山笑う」 其の参

さて、どれから飲もうかなぁ。
とりあえず、気になるのは割り水の竹鶴かな。(通称黒竹鶴)
お燗をつけて、アテを食べて、明日が待ち遠しいな♪

2009年12月11日 (金)

12月11日のお昼ごはん

Dsc00547














ふぅ~~~、今回の福岡滞在は忙しかったです。
ちょっと情報量過多で、昨日の夜は事切れたように寝てしまった・・・

着いた水曜日は、こちゃこちゃと事務仕事。
で、岩田屋で軽く買いものしてから、まずはホテルにチェックイン。
少し同居人くんとスカイプでお話してから、
化粧直しをして、今度は新しい同僚になる先生方との飲み会に出掛ける。
今回は、U先生お勧めの居酒屋さん。
博多らしく、店に入るとネタケースにずらーっと魚が並んでいる。
勢いがあって、いかにも博多の居酒屋って感じ。

さて、と座って、何を食べようかと。
そうすると、U先生から「ここ、魚が売りなんですけど、実はモツ鍋がおいしいんですよ~」と。
そりゃ食べるでしょう~~。

というわけで、豪快な刺身盛りを食べて、
(やっぱり博多といえば、生サバですよね♪)
それから、鉄鍋ギョーザやら、カキフライやらをつまんで、
メインはモツ鍋。
たしかに美味しい♪モツが新鮮でぷるっぷる。もちろん〆は「ちゃんぽん麺」で♪
ふと気づいたら、もう11時まわってるし・・・・。
なんというか、本当に肩の力の抜けたいい先生方だ。
お酒は焼酎をボトルキープして、さらに私は日本酒がばがば飲んで、
お支払したのは3000円って・・・。毎度ながら、こっちは飲食店のレベル高いなぁ。
あとは、日本酒さえもう少し充実していたら文句なしなんだけど。

翌日木曜日は家探しの日。
マンションを見学しに西へ東へ。
同居人くんにも言われたけれど、今住んでいる西陣のイメージはいったん捨てないと。
やっぱり福岡は都会だし。
ていうか、マンションだらけなんですけど。
まぁ、そうなると割り切って便利な場所にある、最新式のマンションにしますよ。
というか、一応、薬院に住む予定♪これからは「アーバンライフ」(笑)だわ。
でも、薬院ってなかなかに良い街っぽい。
カフェなんかもけっこう多いし、なにより、行ってみたかった日本酒の店もある!
(またそんな理由か(笑))

それにしても、京都を離れる日が来るなんて、本当に嘘みたいだ。
まだ実感がないんだよなぁ。

あさってには同居人くんが戻ってきてくれるし、今日はお仕事がんばらないと。
そういうわけで、がっつりブランチです。

・イカ納豆
(中粒の納豆にイカ刺し、カイワレ、大根、卵黄です)

・万願寺ししとうの炒め煮

・豚バラとニラのお味噌汁

2009年12月 8日 (火)

12月8日のお昼ごはん

Dsc00536














明日から一泊二日で博多滞在ということで、
今日は冷蔵庫の在庫整理。

今回の滞在は、来年度からの仕事の打ち合わせと家さがし。
ということで、かなりお気楽。
今まではスーツを着てかっちりしたモードで博多に行くことが多かったけど、
今回はそういうわけでもないし。
(さて、何着ていこうか)
ここのところ、そういうわけで新しい職場の若手(中堅か?)の先生たちと頻繁にメールをしている。
私が普段接しているジャンルの先生たちと違って、
むしろ同居人くんの専門に近い人たちで、
(ていうか、みんな、私の仕事より同居人くんの仕事に興味があるんじゃ・・・)
このジャンル特有の「ラフさ」がある。
私のところは、わりと昔ながらの「師匠ー弟子」関係の縦社会なんだけど、
こっちのジャンルはなんというか、ホントにフラットだよな。
そういうわけで「天神に出撃しましょう♪」みたいなかわいらしいメールをいただいたりして、
ちょっとなごむ。(それがまた40代半ばの先生ってあたりがかわいい)

新しい街、新しい職場、新しい同僚たち。
これからどんな楽しいことが待っているんだろう。
人間はどんなふうにでも生きていける。
選択肢は無数にあって、どんなふうにでも変化できる。
変わることができる自由さ、と、それに伴う不安。
ひとって、いくつになっても新しく何かを始めることができる。
はじめる、ということに伴う緊張感と期待感。
その甘美さはちょっとクラクラするくらいだ。
ひさしぶりだな、こういう感覚。

というわけで、今日はサクサクお仕事モード。

・蒸篭蒸し
(千切りキャベツの上に豚ロースを並べて。ポン酢で食べます)

・鶏やさい味噌でお味噌汁
(白菜・しめじ・ニラ・お豆腐で具だくさん)

・納豆

12月7日の生活

・8時:起床。朝飯はマフィン。まきとスカイプ。

・9時:研究室。さあ、あと1週間も切ったし、カリカリ仕事しよう。

・13時30分:昼飯がてらまきとスカイプ。大森南朋が出演している「笑う警官」の評価が低い。う~ん。帰国したら見ようと思ってたのに。やはりここは「イングロリアスバスターズ」かな。…という話をSkypeのチャット機能を使ってまきとしていたんだけど、Google日本語入力の優秀さにびっくりする。大森南朋が一発変換。羽海野チカも。すげえ。九鬼周造。秋山真之。鳩山威一郎。木内幸男。広中平祐。青木昌彦。獅子文六。野平祐二。伊藤清。なんか楽しくなってきたけど、キリがないのでこの辺にしておこう。とういか、これで検索で引っかかってきたひとがいたら、申し訳なさすぎる。でも、あれだなあ。これで、人名は読めるし打ち出せるけど書けないというひとがまた増えるんだろうなあ。あ、俺のことか。

・18時:図書館。かりかりかり。あいまにネットで日本のニュースを見ていると、大ニュースが!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091208-00000001-maiall-ent
いま日本は夜中なのだけど、興奮のあまり、見ているはずもないまきのSkypeにメッセージ送る。こりゃ、キャスティングの妄想でまきと3日間はしゃべれるなあ。

・22時:少し早いけど、食材がなくなりつつあるのでスーパーに寄ってから帰ることにする。

12月6日の生活

・10時:起床。まきとスカイプ。昨日の肉料理がお腹に残っている感じ。イギリスでかっつり肉を食べることがあまりないからかな。

・11時:図書館で仕事。来週には日本だ。うれしいな。かりかりかり。

・23時:帰宅。野菜ラーメン。

2009年12月 7日 (月)

12月7日のお昼ごはん

Dsc00535














今日も手抜きだなぁ~。
くったり煮込んだピリ辛うどんです。
昨日は、がっつり焼き肉を友達と食べたので、これくらいあっさりで。

今週は博多にも行かなきゃいけないし、なんだかんだしていたら、
あっというまに一週間ぐらい過ぎるといいな。
同居人くんが帰ってきたら、遊ぶの予定満載だから、
私も仕事片付けないとな。論文一本に校正も一本。
さーて、働きますかぁ。

・チゲ風うどん
(にら・えのき茸・豚肉・卵)

12月5日の生活

・10時:起床。あと1週間で帰国する。飛行機の便が朝早いのでロンドンで前泊して帰ることに。ネットで予約。これで前日は安心してギネスが飲める。

・13時:昼飯。お腹がすいていたので、うどんを2玉。

・16時:近くのスーパーに買物に行った帰り、エレベーターの前で、別の寮にいるはずの友人と会う。なんでここにいるんだよ、と聞いたら、別の友人が僕と同じ寮に住んでいて、しかも隣のフラットだったことがわかる。仲間で晩飯を食うからお前も来いよ、といわれる。

・17時:さすがに手ぶらで行くのも悪いので、ビールを買いに行く。

・19時:晩飯。ブラジルの伝統的な料理だそうな。こういう、いかにも「肉」を食べるのはものすごく久しぶりだ。ブラジル人にメキシコ人にドイツ人に日本人に台湾人にインド人という、よく解らん組み合わせで歓談。ドイツ人と日本人(僕)が台湾の豆腐だけは食べれない(らしい)ということで意気投合した。でもそのドイツ人は納豆も食べられないということで、その親近感はすぐに崩れた。
Dsc00101












Dsc00103

2009年12月 6日 (日)

12月6日のお昼ごはん

Dsc00534














昨日はなんだか気分的に疲れていて、まともに食事がとれませんでした。
そういうわけで、今朝は起きた時からかなり空腹。
さて、どうしようと思いつつ、とりあえずお米をとぐ。
昆布を水につけて、かつお節を入れて、出汁を取る。
ネギを刻んで、納豆を混ぜて。
ぼんやりと作業が続く。

ちまちまとしたおかずが並ぶ食卓。
私たちの日常の中にあった、ありふれた食事。
いったい、去年、こんな食事を何度二人で食べただろうと考えながら、
ちゃぶ台の上に一人分のお皿を並べる。

そうすると、なんでだろう。
もう見ただけでお腹がいっぱいなの(笑)
なんか妙に丁寧な食卓は、楽しかった生活の残像をひきずっていて、
今の私にはちょっとキツイ。
炊きたての土鍋のご飯も、美味しいんだけど、なんか「咀嚼している」だけだし。

あと一週間かぁ。

・ハムエッグ

・小松菜のすだち風味お浸し

・アジのひらき

・納豆

・えのき茸の味噌汁

2009年12月 5日 (土)

12月3日の生活

・8時30分:起床。まきとスカイプ。ほぼ日で頼んでいた本が届いていたようだ。僕は、糸井重里というひと自身にはあまり興味がない。とくに、対談での彼はうまいことを言おうとしすぎで、閉口することがしばしばある(最近の有吉との対談も「うーん」という感じだった)。記事になったときの見出しを考えながらしゃべっている感じ。もともとコピーライターだからかな。とはいえ、「ほぼ日」という「場」を作ったことについては、すごいことだと思う。とくに永田泰大の文章を読むことができるのは、彼がファミ通の編集者だったころからのファンとしては、素直にうれしい。

・10時:研究室。今日はひたすら仕事するぞ。と思うときに限って、いろいろ雑用が。とりあえず、ヘッドフォンの片側がいかれてしまったので、買いに出かける。

・13時:昼飯。サンドイッチ。

・23時:帰宅。晩飯は野菜ラーメン。

2009年12月 4日 (金)

12月4日のお昼ごはん

Dsc00533














同居人くんからのほぼ日は、プレゼントでした。
「ギフト包装で頼んだのに、おっかしいな~」ということだったけど、
でも、ありがとう。
中身は私が大好きなフードスタイリスト飯島奈美さんの新刊『Life2』と、
ネット限定のレシピブックと、計量カップ。
なぜに計量カップ・・・と思ったのだけれど、
これ便利そう。普通、計量カップって、横にしか目盛がついていなので、
計るときにはいちいちかがんで確認しないといけないけれど、
これは、なんと上から見てわかる!すばらしい!楽ちん!

ちなみに、なぜ、これをプレゼントしてくれたのかというと、
「このなかにあるやつ作ってもらおうと思って」
だそうです(笑)

しかし、このシリーズのレシピはものすごく丁寧に作ってあるので、
むしろ初心者向けかもしれない。
とはいえ、絵柄がかわいいので大好き♪なのですが。

こういう予期しないときのプレゼントって嬉しいんだよね~~。
だって、特別な日(誕生日とかクリスマスとか)は、
まぁある意味、プレゼントが当然だけど、
なにげない日常のなかのプレゼントって、
相手のことをキチンと考えてくれているっていう証だもの。

というわけで、ご機嫌さんでお仕事開始したら、
いい感じに進みました~~~。
そうなると、ランチは超手抜き(笑)

Dsc00532


・焦がしキャベツのクリームソースパスタ

・わかめスープ

2009年12月 3日 (木)

12月3日のお昼ごはん

Dsc00531














今朝、さてと仕事でもするかとデスクについた途端、
ピンポーンと。
おっかしーなぁ、今日は荷物が届く予定はないんだけど・・・
と思って、出てみると、やっぱりクロネコさん。
手に持っている袋は、見覚えのある・・・・それって「ほぼ日」?
ん??ほぼ日で何も頼んでないけどなぁ。
ともかく受け取ってみると、差出人は同居人くんで、宛先は私になっている。
え?もしかして、プレゼント?(笑)
でも、イギリスは現在夜中なんで、たしかめようがなく。
気になる気になる気になる~~と思いつつ、とりあえず放置しています。

リビングに気になる袋を放置しつつ、
今日もお手軽ランチです。
その実、冷蔵庫の残り物処理なんだけど。

・中華丼
(今日は海鮮系ではなく、ひき肉で作ったので、味付けも白湯系ではなく、
 オイスターソースでがっつりと。お野菜は白菜・人参・小松菜です)

・エノキとワカメのお味噌汁

12月1日の生活

・8時:起床。12月突入。もうすぐ帰国だ。年末は、まきといろいろ遊ぶ予定でみっちり。予備日が2~3日しかないほど。そのときに思い切り遊ぶためにも、いまのうちに仕事をしないと。

・12時:指導教官と面接。うーむ。相当がんばらないと・・・

・17時:図書館。とにかく仕事するしかない。かりかりかり。

・22時30分:帰宅。野菜ラーメン。うまい。でも、そろそろまきのご飯が恋しい。

2009年12月 2日 (水)

12月2日のお昼ごはん

Dsc00529














昨日は一日ぶらぶらして、外で資料読んだり、
夜は軽くいつもの店で飲んで、いつもどおり常連さんたちとお話して。
少しメンタルバランスも整ったかなぁ。

というわけで、今日は朝からかちゃかちゃ・・・
といきたかったのですけれど、
結局のところ、なかなか構想がまとまらず、PCの前で呆然。
うーん、あと一歩って感じなんだけどなぁ。
これが書けたら、いい意味で区切りがつきそうなんだけど・・・・

さーて、汁物で温まったことだし、さくっと仕事しよう♪

・煮込みうどん
(鶏肉・わかめ・えのき・水菜をトッピング。今日は七味家さんの七味で風味づけ)

2009年12月 1日 (火)

11月30日の生活

・10時:起床。目覚ましをかけたのにおきられなかった。

・13時:昼食。まきとスカイプ。

・14時:ラーメンを2杯食べたせいか眠い。

・16時:ちょっとうとうとしたつもりが、2時間寝てしまった。明日は指導教官との面接なのにまずい。あわてて仕事に取り掛かる。

・22時:どうにか、明日指導教官に見せる資料を作り上げる。

・23時:晩飯。野菜ラーメン。まきとスカイプ。

12月1日のお昼ごはん

Dsc00528














地味だなぁ。
でもなぁ、食欲がないっていうわけじゃないんだけど、
何を食べたいか、体の声が聞こえないんだよなぁ。
論文も書かないといけないんだけど、
困った。。。。。

こういうときは、サクッと出掛けて気分転換した方がいいのかも。
買いものでもして、外でご飯食べて。
そしたら、明日から仕事が進むかしらん。
ちゃんとしろ~、私。

とはいえ、今日の昼はこんな感じでした。

・卵粥
・コールスローサラダ

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »