« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月29日 (日)

11月29日のお昼ごはん

Dsc00527
















遠距離というのはなかなかに難しい、とこぼした私に、
「お互いのことを尊重し合って」と言った人がいて、
思わず、
「私、そういう言葉が一番嫌い」と言い返してしまう。
「お互いのことを理解している」とか、「尊重している」とか、
なんだ、その口あたりのいいだけで中身のない言葉。

「理解すること」の果てのなさ、や
「尊重すること」の難しさ。
相手を想うことと、自分のエゴの境目。
他人と一緒にいるということは、そういう苦しさに向かい合うことなわけで。
口あたりのいい言葉は、そういう矛盾を隠ぺいしてしまう。
そこで、「わかりあっている」と繰り返すのは、
自分の殻に閉じこもっているにすぎない。
そんなのは、体のいい「無関心」だろう。
「理解と言う名の無関心」。
10月の学会でお目にかかった老教授もそうおっしゃっていた。(さっすが実存主義の大御所)

人にかかわる、というのは、そんなお気楽なものでは決してなくて、
(少なくとも私にとっては)
乱されて、イライラして、でも、爆発的に楽しいこともあって、
そんなふうに、激しく動くものだ。
そして、「相手のことを尊重する」という名目で、互いに踏み込まない領域を作って、
静かに暮したいのであれば、
私は、初めから一人でいることを選ぶ。
だって、そんなの一人でいるのと変わらないもの。
二人でいる意味のある関係を築くには、
むしろ、理解したいと思いつつ届かなくて、
大切にしたいと願いつつ、傷つけてしまい、
そこにいる他者の存在に振り回されることでしか可能ではないんじゃないだろうか。

苦しいのは、一人でいることではない
一人でいることに慣れてしまうこと、二人でいることの意味を失ってしまうこと。

とかなんとか、考える休日の昼下がり。
お休みのランチって、なんとなく麺類って感じ。
手早く食べて、仕事しよう。次のアイデア、まったく浮かばんぞ。

・明太子パスタ
(パスタと一緒にエノキも茹でています。トッピングは水菜)

・コールスローサラダ 茹で鶏入り

・鶏手羽コラーゲンスープ
(もちろん自家製。手羽先と手羽元二種類で煮出しています)

11月27日の生活

・8時30分:起床。マフィン。まきとスカイプ。

・10時:図書館。仕事。

・14時:まきとスカイプ。年末の話はわくわくするなあ。

・15時:Departmental Seminar。今日は仕事をしたかったんだけど、指導教官が発表するのでおとなしく拝聴する。

・17時:図書館。仕事。

・21時:パブ。友人のひとりが誕生日だったため、バースデーカードになにか書け、と。こういうときに気の利いた英語がかけないので、Happy Birthdayと書いておく。やる気がないわけではないんだけど、ひどいな。あと、日本にいるあいだ食器などを預かってくれていた友人に、お礼として懐中時計をプレゼントする。これは、僕の地元のフリーマーケットみたいなイベントで、まきと一緒に選んで買ったものだ。喜んでもらえたようでなにより。「日本人はこの手のsmall artifactを作らせるとうまいんだよ」と、自分の不器用さを棚に上げて威張ってみる。

・25時:帰宅。チキンアンドチップス。

2009年11月28日 (土)

11月28日のお昼ごはん

Dsc00526














同居人くんが一時帰国するまで、まだ二週間以上。
待ち遠しいなぁ。
そんなわけで、ここのところ毎日、帰ったら何をしようかという話ばかり
スカイプでしている。

二人とも一致しているのが「師走の雰囲気を味わいたい」ということ。

街が少しずつ慌ただしくなって、それと共に華やかになっていく、
12月の街中の空気が私はとても好きだ。
冷たい風に吹かれて、厚手のコートを羽織って、
首をすくめながら歩く、師走のにぎわい。
忘年会があって、「今年も暮れていくねぇ」という話をして、
「ともかく飲もうか」と燗酒なんかを酌み交わし、
「良いお年を」と言って別れる。
せわしなくて、浮ついた年末の空気。

オシャレして出掛けるのが本当に楽しい時期だよね♪
映画とか行って~、買い物して~、美味しいもの食べて♪
行きたい店がありすぎて困ります(笑)

とはいえ、いまだ一昨日のOさんショックが後をひいているので、
本日もジャンクな感じのご飯メニューです。

・チキンのチーズソテー キャベツとしめじの蒸し炒めぞえ
(カリっと焼いた鶏もも肉に溶けるチーズをのせて、マヨネーズ。
 鶏肉の油で炒めたお野菜が美味しい♪)

・もやしのピリ辛

・わかめの味噌汁と白ごはん

2009年11月27日 (金)

11月27日のお昼ごはん

Dsc00525














昨日の余韻冷めやらず・・・・
毎度のことながら、Oさんに行った後は、何を食べたらいいのかわからなくなる。
まいったなぁ、と思いつつ、パントリーをごそごそ。

お、中途半端に棒ラーメンが残っている。
でもなぁ、ごま醤油って感じじゃないんだよなぁ。
というわけで、ごま醤油をベースに自分でアレンジ。
もう少しジャンクな感じがいいので、志野の「キムチ鍋の素」を入れて、
キムチラーメン風に。

うんうん、これくらいジャンクなのがいいんですよね~

・キムチラーメン
(にら・しめじ・豚肉炒めをトッピング)

・もやしの胡麻和え

2009年11月26日 (木)

11月26日のとくべつ

同居人くんがいないなか、
ひさびさの外ごはん。
一人だけど、どう~~しても11月に行きたかったお店。
それは、いつものOさん。
だってだって~~、蟹が解禁されたんですもの。

とりあえず結論から言うと、
同居人くん、ごめん。
先月のめくるめく体験の1.5倍おいしかったです。
なんかすごすぎた。しかも、お酒もいろいろ合わせてもらって、
至福~~。
気がついたら、4時間もカウンターでお話したり、飲んだり、食べたりしていました。

・飯蒸し
(柚子釜仕立てで、なかには、ごはん・このわた・うずらの卵が。
 ゆずのフレッシュな香りに濃厚このわた~~。酒がすすむぅ。
 あ、お酒は黒竹鶴18BY)

・こっぺ蟹 土佐酢のジュレがけ
(シンプルイズベスト。内子がうまい。お酒は黒竹鶴をお燗で)

・くもことワンタンのお椀
(「くもことワンタンです」と言って出されたときは、?って感じ。
 蓋を取ると、雪のように白い!くもこを裏ごしして、出汁で伸ばしたスープにワンタン。
 なんというか、濃厚なポタージュのような。。。お酒は弁天娘山田錦19BYぬる燗で)

・明石の鯛とあおりイカのお造り
(鯛とイカかぁ、と一瞬がっかり気味だったのだけれど、どうしてどうして。
 鯛のなめらかな甘みと言ったら!弁天娘山田錦19BYぬる燗)

・焼き蟹 もちろん間人のタグつきっ!
(まずは身の方から。その次に足です。うーん、香ばしい。お酒は弁天娘玉栄18BY)

・海老芋の炊いたん
(うわ~~、なんだこれ~。クリームですよ、クリーム。
 なめらかなバタークリームを食べているかのような海老芋。
 こんな美味しいのを食べたのは初めて。弁天娘玉栄18BY)

・甲羅酒
(さきほどの間人蟹の甲羅の蟹味噌にお酒を少し入れて、蟹味噌スープ。
 濃厚、芳醇♪ そして、これに合わせるのは、竹鶴合鴨15BY。ベストマッチだわ!)

・太刀魚天ぷら 国産ライムの香りで
(これがなんと、見た目が完璧に「フィッシュ&チップス」のフィッシュで(笑)
 四角くひらいた太刀魚をカラリと揚げて、和紙に挟んで、ライムを軽くしぼって。
 で、Oさんが手渡しでくださいます。もちろん、手づかみでガシガシ食べます。
 うっまーーーーい。最高~~~!こんな美味しい太刀魚食べたことない。
 甘くてほろほろで、ライムの香りがほのかに香って。すっぱいんじゃなくて、
 香りだけが、残るんだよなぁ。これにも竹鶴合鴨15BY)

・鯛みそご飯
(これ、説明しにくいなぁ。味噌風味の鯛飯に山椒がはいっているというか・・・ 
 山椒がいい感じ。お代わりしたいと思いつつ、今日はご飯ものがもう一つあるということで我慢)

・鯖寿司の海苔巻き
(出汁で炊いたご飯にほんの少し酢をいれて、肉厚の鯖。
 で、それをあぶりたての海苔で巻いて。もちろん、手づかみ~~。
 さてここで出ました小笹屋竹鶴生一本13BY。13BYがこんなに鯖に合うなんて~。
 なんか、笑うしかない)

で、ここでコースは終了であとはデザート。なんだけど、
まだお酒が残っている・・・・
そしたら、Oさんが「なにかアテしましょか?」と。
「お願いしますぅ。Oさんがこのお酒に合うと思うものをお願いしますぅ」。

出て来たのは、「あん肝~~」。うーまーい。

・デザートはぎんなん餅
(ぎんなんに少しだけ和三盆をいれてたたいたものだと。
 あっさりほろにが。こういうのいいなぁ。)

なんか・・・すごすぎました。笑いが止まらないというか、おいしすぎて泣けてくるというか。
あーーー、同居人くんに食べさせてあげたかった!

2009年11月25日 (水)

11月25日のお昼ごはん

Dsc00524














世の中の女性のいったい何割が、「女に生まれてよかった~」って思っているのかな、
とか友人たちとお鍋もつつきながら、ふと考えた。
ちなみに、その場にいた一人は「よかった」と答え、もう一人は「どっちでも」と言った。
そして、私は、「男の方がよかった」と。

最近、思うんだけど、「オンナ」って向き不向きがあるんじゃないか?(笑)
で、そう考えると、私は圧倒的に向いてない気がする。

私は「仕事をするオンナ」で、
この「仕事」は私の人間としての大部分を形成している。
それだけが、唯一、私が積み上げてきたものだし。
これしかない、と言ってもいいんだろう。

「仕事なんていつでも辞められる」とかつて言った知り合いがいて、
彼女は、いわゆる働く女性としてのキャリアアップ典型例みたいな人なんだけれど、
たぶん、仕事にそこまで同一化していないんだろうな。
だから、ダンナがアメリカに企業派遣で留学するって言うと、仕事をサクッとやめて、
ついて行ったりできるわけだ。

なんだかなぁ、って思う。
そういう生き方の方が、賢いのだろう、きっと。

「私の仕事が」とか、「自分の将来が」とか、
そういうことに囚われて、誰かに何かを委ねる勇気がない女は、
おそらく「オンナ」向きじゃないのかもしれないねぇ。
よい言い方したら、不器用ってことなんかもしれんが(笑)

30代って、もう少し安定しているものかと思っていたけれど、
なかなかどうして難しいもんだ。

「私たちは、たくさん持っているじゃない。
 仕事も、オシャレも、趣味も、美味しいお店も知っているし、
 株から遊びも経験も。
 なのに恋愛だけが私たちを傷つける。
 くやしくない?」(おかざき真里『サプリ4』)

ちったぁ可愛げのあるオンナになりたいと思う、今日この頃。無理だけど。

こういうときは、あたたかーい汁物がいいですよね。
というわけで、くったりくたくたに煮込んだうどんです。

・煮込みうどん
(トッピングは鶏肉・わかめ・えのき茸)

・コールスローサラダ 茹でブロッコリーぞえ

2009年11月24日 (火)

11月24日のお昼ごはん

Dsc00522














昨日は一日、いかにも女の子な感じの休日でした。
サウナ行って~、岩盤浴して~、マッサージうけて~、
友達と飲んで~みたいな。

しかし、がんばってやり過ごしている感が拭いきれないなぁ(笑)
今朝もあまり寝ていなので、ちゃんと寝ろと同居人くんに怒られたんだけど、
やっぱり眠れない。眠いんだけどね。
どうもネズミ騒動以来、物音に過敏になっているような気が。

でも、大丈夫、ご飯はそれなりに食べています!

・ホウレンソウと豚肉のソテー 目玉焼きのっけ

・納豆

・コールスローサラダと茹でブロッコリー

・わかめのお味噌汁

11月23日の生活

・8時30分:起床。イングリッシュマフィンを焼くとうまいということは事実だった。

・10時:研究室。昨日から書き始めた論文の続きを書くが、うまくいかない。よく考えたら、2年近く前に中断した研究を再開するんだもんな。というわけで、そのころ書いた論文を読んでみたが、誰が書いたんだこれ、という内容。なんか英語で書いてるから頭よさそうに見えるな、おい。

・13時:悩んだ結果、こういうときは指導教官に相談してみるべ、ということで。いま書いている論文を見せるのではなく、いまやっていることを論文全体にどう組み込めばいいかを聞くことにする。そのためのアポイントのメールを送る。こういうとき、指導教官に気軽に相談できてありがたい。

・14時:昼食。サンドイッチとコーラ。

・16時30分:まきとスカイプ。鍋はいいなあ。

・17時:図書館に。指導教官になにを相談するかは決まったので、カリカリ仕事に集中。

・22時30分:帰宅。英語のリスニング能力を上げるために、イギリスのラジオをしばしば聴いているのだけど、「ものすごい辛いカレーをなんさじ食べれるでしょうか」というくだらないクイズをしていた。そんなのに笑ってしまった自分をしめてやりたい。疲れているのだろうか。

2009年11月23日 (月)

11月22日の生活

・10時30分:起床。目覚ましを10時にかけたのに・・・。朝食はマフィン。ふつうマフィンって焼くってことを、後になって知った。明日からそうすることにしよう。とはいえ、ポップアップトースターの使いかたを知らないのだけど。
Dsc00093

・11時:今日は寮で仕事をする。来週に指導教官に見せるつもりの論文を書き始める。久しぶりに英語で論文を書くので、いまいちペースが上がらない。

・15時:昼食。パスタ。

Dsc00094

・17時:まきからスカイプが。いまって日本だと夜中の2時だよなあ、と思いつつスカイプにでてみると、ネズミが徘徊しているとのこと。困ったなあ。急に活発になってきたのはなぜだろう。日本にいたら、いろいろと作業をしてあげられるんだけど。

・20時30分:仕事はそろそろ終わり。晩飯はいつもどおり、野菜ラーメン。

Dsc00096

 

2009年11月22日 (日)

11月22日のお昼ごはん

Dsc00521














う……、画像が下品。
どうしたらもう少しキレイな一人鍋が撮れるのかしら。
具材を入れすぎなのか?
つい、野菜をたっぷりとらないとと思って、こんなふうになってしまうわけで。

こんな手抜きになってしまったのには、理由がありまして。
また出たんですねぇ。
町屋の鬼門と言えば、すきま風・ごきぶり・ネズミですよ。
はい、ネズミがねぇ・・・・。どうも夜の間に暴れたようで。
起きた瞬間、愕然。
ここのところ、大人しかったのに。
なんで?女一人になったと思って、なめてるんかぁぁ(怒)
そんなわけで、朝っぱらから疲れ果てましたよ。

一段落したら、ホームセンター行って、駆除グッズ買おうっと。

・常夜鍋
(豚肉・ホウレンソウ・えのき茸・もやし・豆腐)

・ピーマンのおかか炒め

11月21日の生活

・12時:起床。土曜日は休み。なので目覚ましをかけなかったら、こんな時間まで寝てしまった。疲れてたのだろうか。まきとスカイプで会話。昼飯をどうしようという話になり、うどんを食べることに。あとレタス的なものも残っていたので、ツナマヨとあわせてサラダうどんにする。
Dsc00091















あきらかにレタスの分量を間違えているが、ヘルシーなので良しとする。このうどんは鉄板でうまい。なにより、パスタと違って、茹で時間が多少ずれても大丈夫な点が素晴らしい。

・13時:数日前に、寮の管理会社の人間が、僕の住んでいるフラットの使用状況をチェックしていたのだけど、今日になってその結果の通知がきていた。部屋とキッチンが汚いのでどうにかしろとのこと。月曜日に再チェックが入るのだけど、そのときもまた汚かったら、臨時の管理費用をとられてしまうらしい。しかたないので、今日は掃除の日にする。そのためには掃除道具を買わなければならないので、まきと相談して、買い物リストを作る。

・14時:掃除用品と食料を買ってくる。悲しいことに、もやしはなかったのだけど、イングリッシュマフィンがあったので(そらあるわな)それを購入。ベーコンエッグには食パンよりもマフィンだろう、やはり。でも、食パンと比べると賞味期限が短いような。

・15時:自分の部屋の掃除。フラットの住人の共有空間である廊下とキッチンは、日曜日に、フラットに残っている人間で掃除をするらしい。みんな留学生だから、金銭にはシビアだね、やっぱり。とはいえ、僕は明日は仕事をするつもりなので、今日のうちに廊下をひとりで掃除しておく。

・17時:掃除が終わったので、つぎは洗濯。ベッドのシーツを洗おうと思っていたのだけれど、普通に忘れた。なんか最近、体がかゆかったので、シーツに虫がいるのではないかと、まきとふたりで推測していたのだけど。まあ、いいや。

・19時:晩飯。野菜ラーメン。もう、目を閉じていても作れるな、これ。
Dsc00092

11月20日の生活

・8時30分:起床。まきとスカイプ。朝食はベーコンエッグサンド。

Dsc00090

・10時:研究室。研究会の下調べをしておく。

・11時:研究会。論争の一方の陣営が詳細な実験結果をもとにあるプロジェクトをたたいて、もう一方の陣営がそんな細かい論点じゃこのプロジェクトは倒れませんよと反論。うーむ。この手のdemarcation problemは苦手だ。議論が不毛になりがちだから。正直、現場の人間はそんなこといちいち気にしてないと思うけどなあ。もちろん、demarcationじたいは、たとえばリテラシーの問題で大事になるときもあるんだけどさ。

・13時:まきとスカイプで会話。昼飯はサンドイッチ。

・15時:図書館。かりかり仕事。いま取り組んでいる本が異常に難しい。あたま痛い。なんというか、わかりやすく図で書いてパワーポイントで発表してくれないか、という感じ。レジュメをきってたら、8割訳みたいになってしまった。いつか出版社に持ち込んでみようかしら。

・21時:いつものパブへ。日本政治を研究しているシンガポール人の友人とすこし議論。政権が交代して、いろいろとカオティックな状況になってるよな、とかなんとか。あと、それぞれの政党が独自のイデオロギーにもとづいてどんどん純化していくんじゃないか、という不安。あと、恐妻家ネタは万国共通で受けるらしい。

・24時30分:帰宅。まきとスカイプ。明日は休みで買い物をするつもりなので、まきと相談。もやしが売っていたら、いい保存食になるんだけど、という話。もやしラーメンとか、素敵やん。

2009年11月21日 (土)

11月21日の晩ごはん

Dsc00520














ひさびさに晩ごはんのアップ。一応、それなりの物を作ったので。
と加えて、なんだか書きたいことがあったから。

それは、珍しく本の話。
もちろん、仕事上、年がら年中本を読んでいるのだけれど、
そのなかで、現代の小説に手を伸ばすということはめったにない。
(何人かだけ、定期的に読んでいる作家さんはいるけれど)

ところが、ふと、とある本を買ってみた。
きっかけは朝日新聞の書評で某人文系学者が取り上げていたから。
「倫理の問題と、永井均氏がテーマにする自己の問題が描かれている」とのこと。
ネットで軽く評判を調べると、なんだか恐ろしく良い。
「善悪の根源に迫る!」とか、「これは哲学」とか、
「心が揺さぶられる」とか、「苦しくなるような感動」とかね。
まぁ、題名は書きません。美人で有名な芥川賞作家の最新刊です。

それでですな。

これがひどくて。

やりきれないくらい、ひどかったので、はけ口としてコレを今書いているわけです(笑)

おいおい、そこが「根源」なのかい?
ここに書かれていることの何に愕然とし、心動かされるのだろうか。
よくわからない。
至極当たり前の事が、借り物の言葉で書かれている。
お願いだから、そんな借り物の言葉で、世界を描かないでおくれよ。
こっちが読んでてなんだかむずかゆくなるんですよ(笑)

ラストシーンで、主人公が世界を受容する場面があって、
そこを褒めている方がどうやら多いらしいのだが
(ネット上で散見したかぎりです。あくまでも)、
その美しさを激賞するくらいだったら、
読むべき古典は山のようにあると思う。

とはいえ、私は普段、現代の小説を読まないから、そう思うだけなのかもしれないけれども。

そのがっかりなラストシーンを読みつつ思い出したのは、
九鬼周造の未発表随筆におさめられた一文。

「思い出のすべてが美しい。明かりも美しい。蔭も美しい。誰も悪いのではない。すべてが詩のように美しい」

決して届かないとわかっていつつ、
その裂け目を見つめることの、諦めと優しさ。
そういうことを静かに描ける人ってなかなかいないのかもしれないなぁ。

はてさて、これでまたしばらくは現代ものは読まなくなるな(笑)

で、本日のご飯。

・真鱈の酒蒸し ニラソース
(レンジ用の器に、もやしを敷いて、ひと塩した鱈とお豆腐をのせたら、
 お酒をふって、レンジで5分♪お手軽~~。 
 自家製のニラソースがあったので、良い感じでした)

・蒸し鶏とキムチの和えもの

・ピーマンのおかか炒め

11月21日のお昼ごはん

Dsc00519














今日のお昼はけっこうちゃんと食べられたかな。

パブ帰りで深夜(イギリス時間)の同居人くんとスカイプでお話をしてから、
洗濯をして、軽く掃除したら、
買い物に。

出掛けようと思って、家の引き戸を開けると、
向かいにあるお地蔵さんの前に近所のおばあちゃんが。
「おはようございます~、寒くなりましたねぇ」
とか言いつつ、自転車に乗ろうとしたら、
「寒いのに自転車かえ~?」と。
「はぁ、買い物なんで」
「どこまで行くん?」などなどと柔らかな会話が流れていく。

で、スーパーに行って、ラストはコーヒー豆屋さん。
ここもいつものお店のひとつ。
またしても「さむなったねぇ~」。
「手袋はしてるん?」「してないんですよ。」「若いなぁ」とかなんとか。

この町の持っている人に対する開かれた、おだやかな空気。
人がいる、人が生活しているという実感のまだ残る場所。
ここのところ、冷たく固まりがちだった心が少しほぐれるような気がしたり。
冬の冷たい風に吹かれながら、だからこそ、温かみにほっとする。

そういうわけで、けっこうちゃんと作ったお昼です。

・チーズクリームパスタ シメジソテーぞえ

・レタスと胡瓜の浅漬けふうサラダ 茹でブロッコリーぞえ

・鶏団子のスープ 二ラ風味

2009年11月20日 (金)

11月20日のお昼ごはん

Dsc00517














我ながら、打たれ弱いというかなんというか・・・・
心の置きどころがはっきりしないので、
日々ぐらぐらです。
さっさと仕事しろよ、おい、って感じなんですが(笑)
仕事は仕事でな~~、まぁいろいろありますよね。

というわけで、昨日も友達の家で鍋を食べたにもかかわらず、
また昼間っから鍋(笑)
心が疲れたときは、鍋というのが鉄則なので。
ま、昨日は水炊きだったし、今日はつくね鍋に。
結局、イマイチ食べられなかったので、中の具をさらってから、
雑炊に↓

Dsc00518





そうそうこういうほっこりしたものは
心身ともに温まるし、いいですね~

ていうか、京都寒すぎ。

11月19日の生活

・8時30分:起床。コーヒーとサンドイッチ。まきは友達の家に遊びに行っているので、そのまま研究室へ。

・14時:帰ってきたまきとスカイプ。ウェブカメラを忘れてしまったので、こちらからは画像と音声が送れず、一方的な筆談のかたちに。友達との夕飯が楽しかったようでなにより。お友達の子供さんたちも相変わらずだったようだ。

・17時:図書館へ。風が強い。寒い。たまらん。京都の底冷えとはまた違う寒さ。風が強すぎてタバコがすえない。

・22時50分:帰宅。野菜炒めセットはもうないので、単品で食べられるラーメンと、冷凍のパスタ。

2009年11月19日 (木)

11月19日のお昼ごはん

Dsc00516













昨日は少しお疲れのぐだぐだでした。
やっぱりなかなかメンタル面が安定しないのが、要因なのかも。
まぁ、いろいろありますわな。

とはいえ、仕事も一段落したので、
今日は午後から滋賀の友達の家に行く予定。
晩ごはんを一緒に食べて、チビたちと遊んで、
色々なことを話して。
彼女とは、大学時代から本当にたくさんのことを話してきた。
とても論理的な人なので、気持ちが明快になるんだよな。
ちゃんと言葉で事象を紡いで目の前に提示しないと落ち着かないのって、
職業柄なのかしら。

ここのところ、ちゃんと食べられていなかったので、
今日はキチンと作った和食のランチです。

鶏手羽先のコラーゲンスープ 壬生菜のっけ
ピーマンのじゃこ炒め
もやしとニラのピリ辛
卵納豆
明太子

2009年11月17日 (火)

11月17日のお昼ごはん

Dsc00515















朝、とりあえずテレビをつけると『白洲正子が愛した京都』(当然NHKハイヴィジョン)
を放映している。
モーニングコーヒーを飲みながら、なんとなく見る。

ちなみに、白洲正子という人が私はあまり好きではない。
ただしく言うと、白洲正子という「ブランド」を取り巻く文脈が嫌い。
まぁ、文章は歯切れもいいし読みやすいんだけど、
それだけって感じだけどなぁ。暇なときにパラパラと読むエッセイという印象なのだが。
(そういう意味で、酒井順子と大差ない。ちなみに酒井順子はけっこう好き)

ところで、その番組のなかで、白洲正子が京都人のことを、
「千年のすれっからし」と言っているということが話題になっていた。
ちょっと笑った。

たしかに、地の京都人って、複雑な生き物だよな~。
私も18歳から10年以上住み、
街の中で遊ぶことでようやく少しだけわかってきた気がする。
(うん、なかなかの投資額をつっこんだ気がするぞ)
あの、独特の人当たりの良さ。
でも、絶対に踏み込ませてくれないラインがある。
ところが、はじめてのときはそれがわからないんだよな。
人との距離の取り方がとてもうまいのだと思う。
それを、「何考えているのかわからない」という人もいるけど、
最近の私にとっては心地いい。

ちなみに私たちがいつも行く日本酒バーTは、本当に京都人の集まり(笑)って感じなのだが、
ここに集う常連客の持っている空気がまさに、
「ほどよい距離感」なんだと思う。
みんな顔見知りなんだけれど、絶対にベタベタとならない。
もちろん、時にはみんなでおしゃべりを楽しんだりするけれど、
サラサラと流れて行って、その場かぎりという感じ。
なので、この店に一見のお客さんが来たときの、Tさんの反応がものすごく面白いのだ。
まさに「優しそう」。ただし、その実「優しくない」。
そのひねくれ(白洲正子言うところの「すれっからし」)を理解できずに、
額面通りに受けとってしまうと、京都という土地にに馴染んで生きていくことはできないのだろう。
だって、関係はひねくれの裏側で紡がれていくんだもの、こっそりと。
そして、このひねくれが理解できない人のことを、京都人は本当に軽蔑しているなぁ。
(そんなわけで、しばしばこの店では京都関係の有名ライターがやり玉に挙げられます)

とかなんとか、つらつらと考えつつ、
今日のお昼はどうしようかなと。
そういえば、昨日の同居人くんのお昼はパスタで、
そのときにマッシュルームとどうやって合わすかという話をしたんだった。
「本当のキノコパスタってのを明日見せてあげよう」と言った以上、
今日は作らないとな~。
てなわけで、お手軽パスタです。

・キノコとチンゲン菜の和風パスタ
( フライパンでニンニクと唐辛子をオリーブオイルでじっくり炒めたら、塩豚としめじを入れて、
 塩と麺つゆで味付け。チンゲン菜はパスタと一緒に茹でて、
 茹であがったら、フライパンで一緒に軽く炒めて出来上がり♪塩豚のかわりにベーコンでもいいかな)

・レタスと胡瓜の浅漬けふうサラダ 茹でブロッコリーぞえ

・わかめスープ

11月16日の生活

・10時:起床。まきとスカイプ。今日は外出しないことにしたため、今後のために自炊のヴァリエーションを増やすことにする。というわけで、まず朝食。
Dsc00086















先日フラットメイトと買い物に行ったときにフライパンを買ったので、ベーコンエッグサンドを作る。はじめてにしてはよくできたのではないか。まだ改善の余地はあるが、とりあえずこれがうまくなれば、日本に帰ってきたときに朝ごはんをまきに作ってあげられそうだ。レタスっぽいやつ(名前を忘れた)を買ったのでそれも一緒に食べることにする。

・11時:まきとスカイプでしゃべっていると、寮の管理人が部屋のチェックに訪れる。「いまガールフレンドとしゃべってるんだ」とかなんとか。

・14時:昼飯。パスタのリベンジ。冷蔵庫のなかにマッシュルームがあったので、それを使う。
Dsc00088















見た目は汚いが、とてもうまかった。パスタのゆで具合も今回は完璧だった。

・21時:晩飯。朝飯と昼飯がそれなりにうまくできたので、気分よく調理にとりかかる。いつもどおり野菜ラーメンでも作るかと思って冷蔵庫のなかを見ると、昼間に食べたマッシュルームの賞味期限が今日まで。しかたないので、残ったマッシュルームをバターでいためはじめる。その一方で、頭のなかはラーメンのモードになっていたので、そのまま同時にラーメンを作る準備をする。ところが、食べようと思ってすでに開封していたラーメンが、どう考えてもマッシュルームとあわない。こういうとき、まきのように料理ができる人間だったら、いろいろと計算をして、どうにか最適解を見つけるのだろう。でもいまの僕には無理。仕方ないので、マッシュルームとラーメンを別々の皿にすることに。後、朝に食べたレタスがうまくサランラップに包まってなかったので、ついでにそれも食べることにする。というわけで、統一性のない晩飯になってしまった。
Dsc00089

2009年11月16日 (月)

11月16日のお昼ごはん

Dsc00514




















昨日のリーマン予想の番組は面白かったな~。
結局、ずーっと同居人くんとスカイプで話しつつ、見ていました。

で、今朝。我が家はデフォルトがNHKハイヴィジョン。
すると、『丸竹夷にない小路』という去年放送していたハイヴィジョン特集を再放送している。
これは思い出の番組。
だって、この番組を見て、当時フツーのマンションに住んでいた私たちは、
町屋を探すようになったからだ。
今日、改めてこの番組を見ていると、
「町屋暮らしをしていると季節に敏感になって、それに適応していく」
という話をしている方がいた。
うんうん、わかる。
たとえば、町屋というのはものすーごく風通しがいい。
(寒いとも言う(笑))
普段、町屋にいるとその風通しのよさ、空気の動きみたいなものを
あたりまえと感じている。
ところが、これが他の所に行くとテキメンに違いがはっきりする。
たとえば、高層のホテル。
こういうところは安全上、絶対に窓が開かないようになっている。
それがねぇ~~。
すごいしんどいんです、二人とも。
「なんか息苦しい」って何度ホテルで二人して愚痴ったことか。
それが「息苦しい」と感じる程度に風通しの良いのに慣れているんだなぁ。

テレビをつけたまま、掃除したり、保存食作ったり、洗濯したり・・・
こまごま働いたら、お腹が空いてしまって、がっつりランチです。

・チンジャオロースー

・とろろ汁

・コールスローサラダ 茹でブロッコリーぞえ

11月15日の生活

・8時30分:起床。まきとスカイプ。今日の夜に論文のデッドラインがある。まきにも以前ブログで書かれていたけど、こういうときは食欲がてきめんに落ちる。朝飯を食べる気がしなかったので、コーヒーだけ。

・9時30分:図書館。

・13時30分:サンドイッチとコーラ。まきとスカイプで話していると、NHKで面白い番組をやってるとのこと。いいなあ。俺も見たかった。リーマン予想って解かれたってニュースを前に見たと思ってたけど、結局ダメだったのね。にしても、数学ドキュメンタリーというジャンルは素敵だ。NHKは以前もポアンカレ予想の番組をやっていて、まきと一緒に楽しんでみた記憶がある。なんというか、数学者って業が深いよな。文系の研究者の業の深さとは種類が違うような気がする。

・18時:サンドイッチ。論文の提出前はいつも頭がパンクする。気にしだしたらきりがないのに、性格上いろいろ気になり、こまごま直すとそれにともなって他のところも直すという悪循環に。

・21時:これ以上やってもきりがないので論文をメールで送る。いつもならこれで酒をがぶがぶ飲んで忘れるんだけど、日本との時差があるために、こちらの夜中に日本からメール連絡がくる可能性がある。そのため日本時間の朝10時くらいまでは寝ないことにする。晩飯は野菜ラーメンだったけど、メールを待っているあいだに小腹がすいたのでうどんを食べる。めちゃうまい。

Dsc00084

2009年11月15日 (日)

11月14日の生活

・9時30分:起床。まきとスカイプ。せっかく救援物資が届いたので楽しむことにする。

Dsc00079













うむ。とてもうまい。やはりラーメンはいい。

・11時:普段だと土曜日は休みにしているのだけど、締め切りの近い仕事があるため、寮でやることに。どうせ外も雨だし。とはいえ買い物には行かなくてはならない。
Dsc00080













・14時:昼食をとろうと思うが、フラットメイトが友人を呼んで食事会をしている。中国料理は食欲を刺激するなあ。後で聞いたら、実家がレストランを経営しているそうだ。どうりで、たくさん調理道具を持ってきてるわけだ。

・17時:ようやく食事会が終わったみたいなので、すこし遅めの昼食。パスタを食べる。
Dsc00081













おかしい。時間通りにゆでたのにとても硬い。なんというか、ほとんど棒のままだ。

・21時:フラットメイトに誘われて、おおきなスーパーに買出しに。フライパンとまな板を買う。まえに留学していたときには考えられないような自炊の意欲に自分でも驚く。まきの影響なのだろう。

・23時:晩飯。野菜ラーメンは鉄板だなあ。

Dsc00083












 

11月15日のお昼ごはん

Dsc00513













日曜日ですね~。
とはいえ、私にはあんまり関係ないな。
今日もかちゃかちゃかちゃ。
唯一、日曜らしいことと言えば、
同居人くんとスカイプをしながら、「サンデーモーニング」を見たことかな。
ウェブカメラをテレビに方に向けて、
同居人くんにも生中継(笑)
二人で「喝」のコーナーを堪能。

それから、またかちゃかちゃかちゃ。
なんか先の見えない作業な気がしてくる。
いや、「先」なんて一度たりと見えたことはないか。
一体、どこまで走ったらゴールがあるのか。
ゴールのある仕事だったらいいのですけど。

は、と気づいたらもう1時をまわっている。
あ~、ご飯作るのめんどくさい。何食べたいのかもわかんないし。
一応順番として、今日は麺の日なので、うどんでいいやって感じで。

・鶏なんばうどん
(トッピングはちんげん菜とえのき茸)

・もやしのピリ辛

2009年11月14日 (土)

11月13日の生活

・9時30分:起床。外でタバコを吸って部屋に戻ろうとすると、扉が開かない。仕方ないのでパジャマのまま受付に行って、直してもらう。そのついでに郵便受けを見てみると、ついに念願のものが。
Dsc00076

















まきからの救援物資到着。これで年末に日本に戻るまでは大丈夫だろう。助かった。

 半田うどん&麺つゆ

 棒ラーメン(スタンダード・醤油とんこつ・ごま醤油・博多とんこつ・熊本黒マー油とんこつ・鹿児島黒豚とんこつラーメン)

 ロン龍

 パスタソース(たらこ・明太子・ツナマヨ)

すばらしい。それはそれとして朝食はまずいコーヒーとサンドイッチだが、サンドイッチにツナマヨを入れたおかげで、とても食べれる。うれしい。

・11時:いつもよりすこし遅く図書館に。

・14時:昼飯。サンドイッチ。

・17時:間食。ポテトチップス。

・21時30分:いつものパブへ。雨が降っているせいかひとが少なく、めずらしく快適に英語がしゃべれて満足。

・23時30分:酔っ払ったときはなぜかチキンアンドチップスになってしまう。飲み会のあとの締めのラーメンみたいなものだろうか。

Dsc00078

11月14日のお昼ごはん

Dsc00510














とりあえず最近は暇があれば、年明けの旅行のことを考えている。
いや、暇がなくても考えていますが。現実逃避ですな(笑)

そんなわけで、今日はひさびさにDB(ドイツ鉄道)のHPを見る。
うーん、相変わらず路線図がややこしい・・・
地図を見つつ、ベルリン近辺から行けそうな街を探す。

・・・すると、デッサウ!
そう、デッサウ!なんで忘れてたんだろう~~
バウハウスのあるデッサウ!
これは決まりだな。とりあえずデッサウはいこう。
あと、ポツダムも行ってないから、行こうかな。

あとは、ニュルンベルクとか・・・でも三時間くらいかかるかぁ。
そうなったらいっそのこと、
ベルリン→ニュルンベルク→フランクフルト→マンチェスターでもいいな。

それにしても長らくドイツ語使ってないんだけど、大丈夫だろうか。
んー、でもまぁ、初めて行った時なんて、全然話せなかったけど、無事帰ってきたしな(笑)
そうそう、一人で海外に行くようになると、
妙に度胸がつきます。まぁ、なんとかなるかぁ、みたいな。

ヨーロッパかぁ。。。
はじめてドイツに行ったときは、なんというか・・・・
「かなわない」って思って帰ってきたんだよな。
別に文化度がどうこうっていう問題ではない。
たとえば、なんとなく参加した大聖堂でのパイプオルガンのコンサート。
十字架を見上げ、高くそびえるステンドグラス。
まるで、それにそって音が上昇していくような感覚。
その「高み」を目指す態度のようなものに、圧倒的な違いを感じた。
そして、それは私の専門としている分野においては、ある核心部分でもあって、
あぁ、私たちに、ソレを求める心性があるだろうかと思ったものだった。
動かしがたいヨーロッパの、あるいはキリスト教が生きる場所というもの。

ともあれ、楽しみです。
ていうか、現実逃避してないで、さっさと仕事しろってね。
今日もPCカタカタの生活なので、お手軽ランチで。

・トロロ丼 納豆トッピング
(同居人くんのご実家から立派な自然薯をいただいたので。
 タンパク質補助のため、納豆も入れています。うーん、濃厚でおいしい)

・春菊のおかか和え

・えのき茸のおすまし

2009年11月13日 (金)

11月13日のお昼ごはん

Dsc00509














同居人くんがイギリスに戻って、まだ一週間。
楽しくスカイプで話したり、連絡がうまくつかなくて凹んだり。
メンタルの振れ幅が大きい。

別に何か大きな問題があるわけではない、もちろん。
でも、些細なことが大きく響く。
それがまたいっそうの動揺を呼ぶんだろうな。

メンタルが振れるたびに、なにかがたまっていくような感じ。
沈澱していく澱のような。

こんなときはとりあえず仕事。
ともかく仕事。デスク、ぐちゃぐちゃにして、片っぱしから資料を並べてみたり。
でも、進まないだよな。
当然です。だって、事務仕事しているわけじゃないもんね、うちらの仕事って。
空洞化したまんま、創造力のいる仕事が進むわけもなく。

まいったな~~。

少し気を落ち着けるために、マンガなんぞ読んでみる。
女子がこの手のことで落ち込んだら、私としてはおかざき真里の『サプリ』を勧めます。
なんか、働く女子にはどんぴしゃの名言が多くって(笑)

はぁっ。とはいえ、仕事進めないとな。
今書いてる論文をさっさと終わらせて、新しい依頼論文のことも考えないと。
それから、来年の授業計画もたてないといけないし、
資料も集めないと。

とかなんとかしていたら、食欲ゼロ。
一応、形だけ作ってみました。

・タラコパスタ

・コールスローサラダ プチトマトぞえ

・わかめの中華スープ

11月12日の生活

・8時30分:起床。コーヒーとサンドイッチ。まきとスカイプで会話。

・10時:研究室で仕事開始。

・13時:昼飯。サンドイッチ。まきとスカイプで会話。まきがネットで確認してくれたところ、このあいだ日本から送ってくれた救援物資がそろそろ届きそうとのこと。楽しみにして待つことにする。

・17時:めずらしく、小雨ではなくしっかりした雨が降っているので、図書館には行かずに寮の自室で仕事の続きをする。

・21時:なんか疲れたので、いつもよりすこし早く仕事終了。晩飯。野菜ラーメン。

2009年11月12日 (木)

11月12日のお昼ごはん

Dsc00508




















同居人くんと朝起きて、とりあえずスカイプ。
なんだかんだと話すことは尽きずにあるなぁ。
年明けには私もイギリスに行くつもりなので、そのときの旅程とか。
どちらにしろ関空―ロンドンの直行便はないんだし、
乗り継ぎをするなら、ついでに遊ぼうかという感じ。
となると、どこの街に行くべきか・・・・

普通なら、フランスとかイタリアになるのが一般的なのかな。
でも、なぜか私たちはドイツ一択。
だって、言葉ができなんだもん、フランスとか。
しかも、「じゃぁ、ベルリンかミュンヘンだね~」
だって、そこにしか知りあいいないんだもん。
どれだけドメスティックなのか(笑)
ちなみに同居人くんはベルリン希望らしいです。
私もドイツではフライブルク・ハイデルベルク・ハンブルク・ベルリンと滞在したけれど、
たしかにベルリンって面白い街。
旧東独の空気がどこかしら残っていて、でも、一方で最先端の雰囲気もあって。
博物館島もあるし、遊ぶことには事欠かないし。
せっかくだから、ベルリンフィルのチケットとか手に入らないかなぁ。
でも、ベルリンではけっこう遊んだことがあるので、もう一都市くらい行けるといいんだけど。
ベルリンから近いとこってどこがいいかな。ケルン?

・・・・妄想はどんどん広がりつつ、
それって実は仕事からの逃避なのでは(笑)
というわけで、お昼はお手軽です。

・チキンカレー
(いつぞやのカレーを冷凍していたので。
 実は朝にカレーの特集を見て、むしょーに食べたくなったのです)

・コールスローサラダ
(レタスとプチトマトも一緒にね)

11月11日の生活

・8時30分:起床。朝飯はコーヒーとサンドイッチ。あまりにも代わり映えがしないので、写真を載せるのもはばかられる。まきとスカイプでしゃべる。

・9時30分:買出しに出かけるため、まきと打ち合わせ。野菜の賞味期限が短いので週2は買い物に行かなくてはいけない。野菜炒めセットと長持ちする冷凍のミックスベジタブルを買う。ハム買うのを忘れた。まきが送ってくれた荷物が届いてくれたら、もう少し華やかな食生活になるのだけど。

・10時15分:研究室で仕事開始

・14時:まきとスカイプで会話。

・17時:図書館に移動。サンドイッチ。

・22時30分:帰宅。野菜ラーメン。

2009年11月11日 (水)

11月11日の晩ごはん

Dsc00507














昨日は結局、帰って来たのが1時過ぎ。
12時前には戻るつもりが、話盛り上がりすぎ。
とはいえ、そのせいで同居人くんとはスカイプできず、
自業自得で寂しく就寝。

朝起きて、同居くんと話す。
今度は向こうが12時前でかなりお疲れの様子。

うーん、うまく波長が合わない。
もちろん、そういうことは一緒に住んでいるときにだってあったのだけれど、
そのズレが目の前にいる二人の間にあるのと、
遠く距離を隔てた場所にあるのはずいぶんと違うなぁ。
距離の隔たりが、そのズレを増幅させていく。

結局、今日は一日中、そのズレを眺めているような気分だった。
届かないものを眺め続けていると、妙に心が静まるのはなぜだろう。
落ち込む、というのとは違う。たんに静かになって、平坦な状態になる。
あぁ、こういうのはよく知っている。「あきらめ」という名の行き止まりだ。

そして、それはよくない兆候。
というわけで、なぜか同居人くんの論文なんかを読んでみる。
勉強になるな~、ふむふむ。

とかなんとか思っていると、起きたばかりの同居人くんからスカイプ。
時節柄、民主党の事業仕分けの話。
学問の世界はますます厳しい・・・・
それから、プロ野球のトライアウトのことなんかも。
ストーブリーグの季節だな~。
ようやく元気になると、急にお腹がすいてきました(笑)
どんだけゲンキンなんだか。
お腹がすいたし、ぱぱっと作りたいということで、お手軽鍋です。

・鶏手羽先の水炊き
(手羽先っていいスープ出ますよね~。具はしめじ・豆腐・ニラ・手羽先。 
 雑炊ではなく、スープかけごはんで〆ました。簡易版鶏飯ってとこか)

・れんこんきんぴら

この二つの組み合わせって、まさに『きのう何食べた3』に載っていたのと一緒だ(笑)

2009年11月10日 (火)

11月10日のお昼ごはん

Dsc00505














朝、シャワーを浴びて、さーてコーヒーでも飲むかと台所に立とうとした瞬間。
家の電話が鳴る。
こんな朝っぱらから電話してくるのは、どうせうちの実家だろうと思って、
しぶしぶ電話に出たら、
「あ~おはよう、○○です」。
あちゃ、いつも研究会でお世話になっている先生やん。

それにしても、こんな朝からどないしはったんですか?

・・・・訊くと思いっきり仕事の話なんですけど。
ていうか、いきなり次の本の企画とか言われても困るんですけど。
もちろん、前から「面白そうだし、やろうやろう」と話していた内容なんだけど、
でも、飲みながらだしな(笑)
まさかここで「何書く?何か面白い企画ない?」って言われても(苦笑)
しかし、この出版不況のさなか、有り難いことです。

しかも、私自身は本の企画を一から立ち上げるって初めての経験なので、
ちょっと楽しみ。
今までは、いつも頼まれて書くだけの受け身だったので。
まぁ、もうそんな年齢になったってことなのかしらん。

そんなわけで、急遽、今日の夕方までに何か考えないといけないことになりました。

何かって(笑)

と思っていたら今度は、同居人くんのお母さまから小包が。
イギリスに送るEMS用の資料一覧。
そんなわけで早速、ラベルを書いて、郵便局に出しに行く。
うひゃ~~、わかっていたけど、送料たかっ。

バタバタしてたら、もうお昼・・・・
はぁ、なんか疲れてご飯も何食べていいのかわかんないです。
(その実、何もしていないのに(笑))

ご飯食べたら、とりあえず企画練ろう。夕方まで時間ないぞ。

・野菜たっぷりラーメン
(同居人くんのラーメンを見ていたら食べたくなって。 
 こちらはマルタイの「ごま醤油棒ラーメン」です。
 トッピングは、もやし・にら・しめじ・レタス・豚肉をピリ辛で炒めたもの。
 味噌味のラーメンにはバターが合うけれど、醤油にはゴマ油ですな♪
 ゴマ油好きの同居人くん、ごめんね~~)

・オクラのおひたし

11月9日の生活

・8時:起床。コーヒーとサンドイッチ。まきとスカイプで会話。那須野のトレード話。まあ、横浜はトレードだけはうまかったりするから、意外といけるのかもしれない。でも焼け石に水っぽいが。

Dsc00070

・9時30分:研究室で仕事。誰もいないので快適。

・14時:昼飯。サンドイッチとコーラ。まきとスカイプで会話。

・17時:研究室でもコーヒーを飲みたいので、生協でカップを買うことにする。そこまでしなくてもというほど、大学の名前が前面に押し出されたカップだが、どうせ研究室で使うだけだしいいや。あとコーヒーとインスタントラーメンを買い足す。

・22時30分:帰宅前にメールチェック。前回のイギリス留学のときにお世話になったかたに、イギリスにまたやってきましたというメールをしたところ、その返事が届いていた。僕はこの手の、目上のひとにまめに連絡を取るということが、本当に苦手というか、めんどくさくてあまりしないのだけど、このひとは弁護士なのでいざというときに頼れるという下心もあり、僕にしては珍しく手早く連絡した。まきがイギリスに来るときには紹介したいなあ。彼の家は、いかにもイギリス!という庭があって、とても素敵なのだ。

・23時:晩飯。野菜をバターでいためたやつは、味噌ラーメンに良く合う。

Dsc00071

2009年11月 9日 (月)

11月9日の晩ごはん

Dsc00504














こちらの夕方は、イギリスの朝。
「あぁ、一日が暮れていくな~」と仕事部屋の窓から眺めながら、
ぼんやりしていると、同居人くんから「おはよう」のスカイプ。
一瞬すごく混乱する。
スカイプがあって、いつでもオンラインで繋がっていて、
すぐに連絡をとれるからと言って、それをただちに「近い」なんて思えないのは、
昔型人間なのかな、私。
だって、はっきりとわかるんだもん、違う所にいるなぁっていうのが。

30分ほど話をして、「じゃぁ、研究室に行って来るよ」と同居人くん。
「うん、じゃぁ私も仕事するよ」と私。
要するに一人になると仕事するしかやることないのね(笑)
私自身は、来年担当するコマ数の多さにゲンナリしていて、
ともかく目の前の仕事をこなさなきゃという感じ。
楽しんで仕事をこなす、という感覚を忘れそうで怖い。

そんなわけで、晩ごはんは超おてがるです。

・豚肉の蒸篭蒸し
(千切りキャベツの上に、豚肉スライスをのせて、蒸篭で蒸すだけ♪ 
 なんて簡単。料理とも言えない。でも、茹でるより蒸すと味が濃くなるのはどうしてかしらん)

・モヤシとニラのピリ辛和え

・冷奴 オクラとろろがけ

11月9日のお昼ごはん

Dsc00503














さて、土曜日の結婚式。
急遽テーブルインタビュー形式でのスピーチがまわってきた。
ともかく笑いをとらなきゃと思って、あれこれしゃべったのだが、
それを同居人くんに報告すると
「おやじギャグならぬ、おばさんギャグ」と言われる始末。
しかし、扇子片手の着物姿で後輩に囲まれている30女って、
たしかに「お局」ですよね。
結婚式のラストにエンドロール形式で、出席者への一言が映像で流れたんだけど、
ワタクシ宛てには「これからも僕らを引っ張っていってください」でした。
おいおい。
そりゃ、オヤジ化するのも仕方ないような(笑)。
しかも気がつけば、ビール片手に仕事の話を熱く語っているし。
やれやれ。

で、今朝、その結婚式のお土産としてもらった、クラシックショコラという名の
チョコレートケーキが冷蔵庫に入っていることを思い出す。
ジョギング後で少し空腹だったので、
フルーツとヨーグルトを食べたあと、たっぷりのコーヒーとともに、少しだけ食べてみる。

・・・おいしいんですけどね。
なに、このいっぱいいっぱい感。
三口食べるのが限界です。

そういや、結婚式でもデザート(及び「幸せのおすそわけ」という名のウェディングケーキ)
に一切手をつけず、挙句のはてに後輩に「食べないなら、もらっていいっすか~」
と言われて、「ていうか、食べてくれたまへ・・・」となったんだった。
「甘いもの全然食べないんですね~。ホンマ、酒飲みっすね~」
とかのたまわれたことを思い出しました。
いいんだ、ホンマ酒飲みだし。

というわけで、朝っぱらからショコラなんて食べるもんじゃないっすな。
すっかりお腹がふくれてしまって、もう濃ゆいものは無理な感じ。
お昼はあっさりあっさりで~~

・鯵のみりん干し と 生タラコ
・小松菜のすだち風味お浸し
・蓮根きんぴら
・納豆
・えのき茸と豚肉のピリ辛お味噌汁
(鶏やさい味噌+「志野」のキムチ鍋の素の合わせ技)

11月8日の生活

・8時30分:起床。昨日パンを買ってきたので、久しぶりに朝飯を食べることができた。まずくはない、ような気がする。味覚がそろそろバカになってきただけかもしれないが。

Dsc00068

・10時:図書館で仕事。

・14時:昼飯をしつつスカイプ。まきにタンパク質が足りていないといわれたので、ハムが入っているサンドイッチを食堂で買う。とはいえ、タンパク質の入っている食材と炭水化物の入っている食材の違いは、いまいちよくわかっていない。

・22時30分:仕事を終えて帰宅。

・23時:晩飯。うまかったけど、見た目がすごくまずそうだな。

Dsc00069

2009年11月 8日 (日)

11月8日の晩ごはん

Dsc00502




















同居人くんがいないので、仕事をするしかない(笑)
朝起きて、ジョギングして、シャワー浴びて、コーヒー飲んで、
かちゃかちゃかちゃ。あるいは、本をぺらぺら。
お昼を食べて、少し休んだら、
またかちゃかちゃかちゃ。そして、夜も同じく。
研究者の普段の生活なんて、そんなもんだ。

ただ、ここにはちょっとした落とし穴があって、
別に「かちゃかちゃ」も「ぺらぺら」もしていない時間というのが必ずある。
一応、デスクには座っているけれど。
でも、絶対知らない人がみたら、どこからどう見ても、
「ぼーっ」として見える(笑)
もちろん、ぼーっとしているんじゃないんだけれど、考えているんだけれど。
でもまぁ、怪しいよなぁ。

とはいえ、そんな合間にネットなんかを探索してみたりする。
今日はふと思い立って、「三月のライオン」の新刊はまだかと調べてみた。
(なぜこうなったかというと、仕事のBGMとして菅野よう子が監修したハチクロ映画版の
 CDをかけていたから)
で、新刊は出ていなかったのだけれど、なんとなく「三月のライオン」のアマゾンページを
見る。アマゾンは必ず「この商品を買った人はこんなんも買ってますよー」という
リコメンドが一緒に出てくるけど、それを見るとちょっと笑えた。
『ちはやふる』、『もやしもん』、もちろんハチクロに、
『きのう何食べた』、『鋼の錬金術師』、『とめはねっ』と
ここのところ私たち二人が必ず買っているマンガばっかり(笑)
普段ならこういう発見をすぐに食卓で話せるんだけれども。

仕方ないので、何か発見があったら、忘れないようにとりあえずPCのメモ帳に。
で、こんなふうに書いています。
一人であることに少しでも慣れないように。それはそれでしんどいのですけれどもね。
でもたぶん、そういう生き方を選んだはずなんだし、私たちは。

とはいえ、お仕事モードの私の晩ごはんは簡単です。

・鶏手羽元の中華粥
(中華粥って実はめちゃめちゃ作るの簡単ですよね。
 今日は、手羽元が特売だったので、たくさん買ってきました。
 やっぱりこういうときは、お粥にスープ♪)

・ニラともやしのピリ辛和え

・冷奴

11月8日のお昼ごはん

Dsc00501














昨日は結局、帰宅したらもう12時前。
やっぱり神戸は遠いっす。
後輩の結婚式の方は、まぁつつがなく。
私は新郎側のゲストだったんだけど、なんというか、
新婦側と新郎側のゲストの差が激しすぎてちょっと笑えた(笑)
なんつーか、地味ですよ、さすがに研究者ばっかりだと。
地味軍団は華やかなノリにはなかなかついていけず、
妙に疲れて京都まで帰ってきた次第。

それにしても、今回も行きつけの美容室でセットと着付けをしてもらったんだけど、
うーん、やっぱりうまいな~、ここの美容師さんは。
近年最高のヒット作かも♪
でも、こういうときにかぎって、同居人くんがいない・・・・
一番見てほしい人がいないのって、つまんないな~。
とはいえ、スカイプがあるやん!
なので、帰宅してまずはイギリスへスカイプ。

けど、出ない。
チャット受信を見たら「買い物に行ってきます」と。
ちぇっ、つまんない。もういいや、着替えてやるもん。
と悪態をつきつつ、少し残念。
と思ったら、ビデオチャットの着信が。
とりあえず、良かったです。

そんなやりとりが、日本の深夜12時過ぎとイギリスの昼3時。
あぁ、遠いなってこういうときにしみじみ思う。

結局、ベッドに入ったのは2時前で、今朝はさすがにちょっとしんどかったな。
朝から掃除したり、買い物に行ったりしたりとバタバタしたので、
お手軽ランチです。

・キノコクリームパスタ しめじソテーぞえ

・小松菜のすだち風味お浸し

・ワカメの中華ふうスープ

・・・和洋折衷どころじゃないメニューですな。

11月7日の生活

・11時:起床。いつも土曜日は休みの日にしているのでゆっくり起きる。ちなみに昨晩は酔っ払った勢いで、久しぶりにチキン&チップスを買ってしまった。

Dsc00066













チキンがポテトに埋もれて見えない。まずいコーヒーを飲む。

・13時:昼飯はラーメン。

Dsc00064













このラーメン鉢はそのままIHにかけて麺をゆがけるのでとても楽だ。

・15時:結婚式帰りのまきとskypeで会話。着物と髪型が似合ってた。1週間分の買い物の打ち合わせ。

・20時:晩飯。マッシュルームを買ってきたので、早速ベーコンと一緒にバターでいためる。多すぎるかなと思ったけど、キノコってものすごく小さくなるのね。見た目は悪いが気にしない。ただ一緒に炒めるものがベーコンである必然性がまったくない気はする。それとラーメン。

Dsc00067

2009年11月 7日 (土)

11月7日のお昼ごはん(兼朝ごはん)

Dsc00497













今日は後輩の結婚式が神戸であるので、
お手軽ブランチです。
ささっと食べて、お化粧してから着付けとセットへ。
30代になってから、結婚式に出席するときは、
ドレス率がガクンと落ちた。
それに着物の方が案外喜ばれたりするんだよな~。

今日はお気に入りの黒の着物なので、ちょっとうれしい。

というわけで本日のブランチ。

・納豆オムレツ
(なかにマヨネーズをいれてます。納豆とマヨネーズって案外合うんだよな)

・コールスローサラダ トマトぞえ

・蓮根きんぴら

・えのき茸のお味噌汁

・土鍋炊きたてごはん

その実、大半が作りおき(笑)

11月6日の生活

・朝7時30分に起床。早起きだと逆に時差ボケが抜けていないのではないかと思ってしまう。

・コーヒーを飲む。まずい。朝飯用のパンを買わないと。

・Skypeでまきと話す。まきの女友達とその子供の話。ちなみに、娘さんがふたりいるのだが、どちらもかわいい。それなりになついてくれていると思うのだけど、あと10年もしたら相手にされないのだろう。できればそのころに相手にされたいのだけど。

・9時から研究室で仕事。

・10時よりReading groupに出席。日本の大学でよくある学生の読書会と異なり、こちらでは教官が主催。昔なら日本の大学もそうだったらしいが。10日にアメリカの研究者がスピーカーとしてこちらの大学に来る話を聞く。僕の専門と比較的近いので楽しみ。彼の論文を読み返しておかないと。

・12時に昼飯。サンドイッチとコーラ。まずい。

・14時30分からDepartment seminar。スピーカーが鬼のような早口でなにを言ってるのかさっぱりわからん。てめえ何人だこの野郎と思ったら思いっきりカリフォルニアの人間だった。アメリカには留学できないかもしれない。仕方ないので、ハンドアウトに落書きをして暇をつぶす。小学生か。ちなみに僕はドラえもんとパーマンだけは、子供のころ死ぬほど練習したので、藤子F先生ばりにうまく書ける。

・17時から場所を図書館に移して仕事。間食としてサンドイッチとコーラ。まずい。

・21時からパブで友達と飲む予定。晩飯はなににしようかしら。

2009年11月 6日 (金)

11月6日の晩ごはん

Dsc00495














それなりにこまごまとしたおかずを集めて、白いご飯とお味噌汁もあって、
まぁ、一応「食事」の体裁を保っているかな、今晩は。

昨日はお昼がおうどんで、夜は中華粥という、なんともやる気のないメニュー。
今日のお昼は、ちびに邪魔されながらのランチだったので、
結局、半分くらいしか食べられなかった。
でも、そろそろちゃんとしないとな~と。
キチンとした食事を作ってとる、ということは私にとって、一種強迫観念になってさえいる。

広々した土間にあるキッチンで一人出汁を引きながら、ふと昔読んだ本のことを思い出す。
それは小林キユウという写真家さんのルポ『トーキョー・キッチン』という本。
ここには、東京で暮らしている(主に一人暮らしの)人々のキッチン、冷蔵庫、
そして、普段の食事の写真が掲載され、それの風景についての文章が綴られている。
そのプロローグ「こんにちは、キッチン」で小林キユウはこう書いている。

「上京した者、あるいは一人暮らしを始めたばかりの者が、日常生活でまず向かい合わなければならない場所は、キッチンだと思う。それを「自炊」という言葉に言い換えてもいい。
 (中略)
 自堕落―。
 コンビニのレジの前で、温めてもらった弁当が入ったビニール袋を受け取るたびにそんな言葉が僕の頭をよぎった。
 気がつくと、「舌が喜ぶ」ということを忘れてかけていた。上京して三か月ほどした時、たとえ狭くてもこのキッチンで何かを作り始めなければと、本能的に感じた。
 生きている姿勢や戦う姿勢はまず食に出る。そう信じたい気持になっていた。
 できるだけ人間らしいキッチンを目指そうと思った。キッチンの風景を整えれば、僕の東京生活も少しは正しくなるのではないか、と考えた。」

とてもよくわかる。
食べる、ということは生きていくことの基本中の基本だ。
それをおざなりにする、というのは、生活(ちょっとおおげさに言うなら生きていくこと)を大切にしていないということを意味するように私も思うから。
そういえば、今日一緒にランチをした女友達が昔言っていた。
「食べることが好きな人って、生きることに貪欲だよね」と。
だからこそ、キチンと料理しなきゃと思うわけです。

とはいえ、まぁ、作り置きを使い回したり、けっこうお手軽料理なんですけど(笑)

・鶏むね肉とキノコのホイル焼き チーズマヨネーズソース

・水菜のすだち風味お浸し

・蓮根きんぴら

・わかめのお味噌汁

・白ごはん

11月6日のおでかけ

さて、仕事をしようかとデスクについた10時前。
ケータイのメールを受信。
見ると私にとって、数少ない(というか唯一の)女友達からのメール。
急に京都に出てくることになったので、お茶かランチかしませんかと。

というわけで、急遽おでかけ。

彼女は小さな子供連れなんだけど、わりと気にせずどんどん出歩く人で、
子供達もおとなしいので、比較的ラク。
子供が苦手な私も、全く問題なくすごせる。
でも、やっぱりお食事に行くのは難しい(笑)
そんなわけで、ランチは手軽に。
というか、お子様がぐずったので、早々に切り上げ。
うーん、お母さん業って大変。

そのあとは、女二人でショッピング。
こういうのはひさしぶりだったのだけれど、やっぱり楽しいです。
まぁ、買い物好きというのもあるんだけれど、
いわゆる「ガールズトーク」をしつつ、デパートをぶらぶらするのって、
なんというか、自分の中の女性性を徹底させる行為なので、
そういうオンナに浸る快楽っていうのもあるな~と思いだした。

えーっと、で、戦利品はこれ↓

Dsc00494














えへへ、買ってしまいました~~。
まぁ、明日神戸である後輩の結婚式には新しい服も買わずに、
着物で行くことにしたし、その分をこのブーツに使ったってことで。
それにね、年明けヨーロッパに行くとき用の靴も必要だし。
これならウォータープルーフでナイキエアだから、雨でも大丈夫だし、歩きやすいし。

・・・・・と、自分に対する言い訳(笑)
でも、うれしい♪ コールハーン大好き♪
あぁ、同居人くんが「またか・・・・」って言っている姿が目に浮かぶ・・・

2009年11月 5日 (木)

11月5日のお昼ごはん

Dsc00491














来月半ばに同居人くんが一時帰国するまでは、
また一人暮らしの日々が続きます。

とりあえず朝起きて、まずはスカイプ。
それからコーヒーを飲んで、山積する家事に挑むことに。
洗濯して、掃除して、保存食作って、
宅急便はじゃんじゃん届くし、手洗いしないといけない服は多いし、
あっという間に時間が過ぎていく。

でもそれでいい。
どんどん時間が過ぎればいい。
出来る限り、立ち止まりたくない。
余計なことを考えないように、無心で手を動かす。

けど、洗濯物のなかに同居人くんのTシャツを見つけたり、
ベッドの脇に、私が絶対に読まなさそうなマンガが落ちていたり、
そういうものたちが、ふと私を立ち止まらせてしまう。
不意打ちはやめようぜ~~と心の中でつぶやきつつ、
やっぱりため息がでる。
その瞬間はあふれかえる記憶の嵐という感じ。
で、ものすごく暗澹たる気分になる。
そう、「不在」というのは、単に「ない」ということではないのだ。
濃厚なかつての存在の雰囲気を匂わせるからこそ、「不在」は耐えがたい。

とかツラツラ考えてしまうわけです。ね、時間があるとロクなことをしない(笑)

そういうわけで、家事に追われていたので、簡単お昼です。

・はいからうどん
(天かす入りのうどんって「はいから」でいいんだよね?
 というわけで、手抜きうどん。トッピングは水菜・ワカメ・えのき茸)

・蒸し鶏入りのコールスローサラダ トマトぞえ
(保存食としてたくさん作りました)

東京にて日本酒バカ一代の店にゆく。

同居人くんからお鉢が回ってきたので、
東京でのことを書かざるをえない(笑)

そんなわけで、今回は成田の前に東京に行ったんです。
理由は同居人くんも書いているとおり、錦糸町の居酒屋さんに行くことと、
丸善本店に行くこと。
とりあえず、覚えている分だけでも、錦糸町のお店で食べたもの&飲んだものをメモしましょう。

・つきだし(じゃが芋のそぼろ煮)

・おぼろ豆腐と水タコのフルーツサラダ
(これはKちゃんからの「サービスですよ~。ちょっと千花ふう(笑)」
 ということで出してもらいました。
 千花ふう、というのは、フルーツで味付けしているかららしいです。
 下におぼろ豆腐、上には水タコ、トマト、バナナ!、オレガノを会えたものが載っています。
 このバナナがいい仕事してるんだな♪)

・お造り盛り合わせ(サンマの肝醤油漬け、サワラ、生マグロ、鯵)

・シマアジの焼き霜造り

・駿河しゃもロック胸肉の炙りタタキ

・究極の油揚げの焼いたの 味噌添え

・ピリ辛冷奴

・長島農園の白菜お浸し

・茄子の揚げ浸し
(同居人くん一押しの一品。
 賀茂ナスをじっくり揚げて、吸い物より少し濃いくらいのお出汁がたっぷりと。
 トロンとしておいしい)

・短角牛のタルタル
(このタルタルうまいっ。やっぱり時代は短角ですな~)

・野菜スティック
(わがまま言って無理やり出してもらいました。
 だって、こちらで使っている長島農園のお野菜って、とっても美味しいんですよ♪)

・ゴボウの唐揚げ、白エビ唐揚げ、ギンナン素揚げ

・デザートにパンアイス

さて飲んだもの。

・旭日のなんと7BY!
(最初の一杯が7BYて(笑)。
 でも、そんなに濃厚な古酒味がたっていなくて、キレイな味です)

・小笹屋竹鶴生もと19BY
(こちらは、常温、ぬる燗、熱燗、燗冷ましと段階を変えて少しずつ飲みました。
 香りが立つのはぬる燗かな~。)

・秋鹿生もと
(BYを忘れました・・・。うん、生もとっぽい、いかにもって味)

・竹鶴 無濾過生原酒
(これも、常温、燗と二段階で飲みました。
 めっちゃ濃厚です)

えーっと、なんかもう一本飲んだ気がするんだが・・・思い出せない(笑)

で、〆に出してもらったのが、「睡龍」の梅酒、しかも15BY!
すげーーーー。うまーい。
それにしても、なんというかこちらのKちゃんは本当に日本酒を愛しているんだな~。
いい日本酒をみんなにもっと知ってほしい!そういう一念だけでお仕事している。
だから、私たちなんて、年に3,4回しか行かないにもかかわらず、
いつも全力でもてなしてくれる。

・・・で、また今回もいっぱいお酒をお土産にくださいました。
感謝です。本当にありがとうございます。

出発前

まあ、そんなわけでイギリスにいるわけです。
こっちは寒いな、しかし。

成田出発だったため、今回は東京に前々泊することに。
着いた当日は錦糸町の居酒屋Iさんに。
店に入ると、来るのは久しぶりなのに、前と同じテンションで迎えてくれた。
うれしい。

こういう、お店に通う楽しさみたいなものは、まきから教えてもらったことだ。
今回の居酒屋さんや京都のOさんは、はじめてお邪魔したときからまきと僕のふたりだったので、僕にとってはとくに大事なお店なのだ。
そして、僕のようなペーペーの若僧でも、顔を覚えてもらっていて、対応してもらえるのはうれしい。
よく考えたら、その分野では超一流のひとたちなんだよなあ。

なにを飲んで食べたかは、たぶんまきが丁寧に書いてくれるだろうから、割愛。
個人的には、飲み物では睡龍の梅酒、食べ物ではナスの揚げびたしがよかった。

翌日は丸善へ。
お目当ては松岡正剛プロデュースの店舗内店舗「松丸本舗」。
うーん。丸善の底力を見たという感じ。ただの大型書店ではこんなイベントできないだろうなあ。
なにより、これに対応できる店員のスキルの高さに感動した。
本棚の並びを崩す度胸がなかったので一冊も買わなかったけど、amazon漬けで図書館にも最近ご無沙汰の僕には、とても新鮮でした。

・・・しかし、あれだけの量の本を読んでんのかよ・・・

2009年11月 4日 (水)

11月4日の外ごはん

成田で同居人くんを見送り。
なんだか、二人とも妙に明るくて変な感じ。
出来る限り悲しくならないように無理をしているというか、
大事なことを見ないふりをしているというか。

「こういうことには慣れないようにしたい」と、
同居人くんは言っていたけれど、
やっぱり一度経験してしまった以上、
危険察知本能が働くのか、二人ともなんとか回避しようとしてしまう。
もちろん、それは「慣れ」とは違うのだろうけれど、
まぁ、あまり良いことではないのだろうな。

・・・という予感は、家に帰ってから的中するわけですが、
その段階では気付かず。
ともあれ、一人で家に帰るのが寂しい私の晩ごはんはお外でした。

さて、どうしようと思ったのだけれど、
幸い例の二つ星鮨店が当日予約でとれたので、
偵察を兼ねて行ってきました。

・明石の岩もずく
・三陸の赤貝、熟成のグジ、鯛
・昆布森の牡蠣を煮びたしで
・胡麻サバ
・握り(鯛昆布〆、シマアジ炙り、こはだ、づけ、中トロ、スミイカ、車海老、穴子、ウニ、イクラ
    北寄貝、玉、鉄火巻き)

というわけで、しっかり食べて、で、さらに飲みに行って。

それでもキチンと10時半にはおうちに帰りついたわけです。

それで。

少し無防備だったのだと思う。
前回の同居人くんが行ったときと違って、
少しぼんやりしていたし。

でも、家の鍵を開けようとしたときのぞっとした感触。
瞬時に思い出す、「あぁ。一ヶ月以上、この家には誰もいないんだ」という恐怖感。
なんというか、寂しいとか、そういうかわいい感情ではないんだな。
仕方ないのですけれど、残された方の性として、
喪失感が目に見えた形になるので、ちょっとキツイのかも。

さて、明日からがんばらないと。

2009年11月 3日 (火)

11月3日のお昼ごはん

東京に行って困ることの一つが、
日祝お休みの飲食店が多すぎる、ということ。
まぁ、それは東京にかぎったことではなく、銀座や新地、あるいは祇園という
繁華街であれば、仕方ないのだけれど、
それにしても、東京における鮨屋、天ぷらやの日祝休み率って半端ない感じがするのですが。

さて、11月3日文化の日。
この日は統計上晴れが多いらしいけれど、
実際、晴れた。
定宿のアグネスホテルでチェックアウト時間ギリギリまでダラダラしたあとは、
お楽しみの丸善本店の「松丸本舗」へ♪

一歩足を踏み入れた瞬間のクラクラするくらいの心地よさ。
あ~~、これぞ本好きのための空間。
なんせ本のジャンル分け、配置、そして、それを入れる空間の設計が素晴らしい。
ものすごくよく出来た本好きのための迷宮。
そして、配置そのものも迷宮。

たとえば、マンガ「へうげもの」の隣にはきちんと古田織部の自伝があって、
下には民藝運動関係の書物に、近代陶芸(八木一夫とか)の評論集。
そうそう、これこれ!

同居人くんとも話していたのだけれど、
本を読む悦楽というのは、一冊の本だけを読むことではない。
一つの本を読むことで、今まで読んできた本がどんどん思い浮かび、
さらに、「あれってどうなってたっけ?」という好奇心が湧いて、
また別の本を手にとる。いわば、本の連鎖反応こそが一番楽しい瞬間なのだ。
そういう意味で、ここの配置は、まさに繋がっている。

けっこう私自身が持っている本も多くピックアップされていたりして、
そういうことが地味に嬉しかったり(笑)

ここは一日遊べますよ。
結局、私たちは2時間ほどグルグルと迷宮をさまよい続け、
私自身はけっこうな量の本を買い込みました。

さて、お腹もすいたし、どうしましょ。
ってことで、「日祝休み」の壁にぶちあたる私たち・・・・
こういうときは、無難にホテルがテナントビル。
まぁ、せっかく丸の内にいるんだし、一回くらい「丸ビル」行っとくか~ってことで、
結局、丸ビルのお座敷天ぷらのお店にしました。
食べたのは、秋限定のコース。

・才巻海老×2、アスパラ、ハゼ、墨イカ、ユリ根、しいたけ、穴子

追加で同居人くんが、ギンナン・本しめじ・蓮根。私がメゴチと蓮根。

で、ご飯ものが選べたので、

同居人くんは、雲子天ぷらの出汁茶漬け。
私が、鯛の天ぷらのせ鯛飯(天ぷらを崩して天バラ風に)。

お品書きを見たときは、「フツーに天丼か天茶でいいのに」と思ったのだけれど、
このご飯ものが二つともいけました。
特に同居人くんのお茶漬け!出汁は金目鯛のアラでとったもので、
そこに雲子を崩して食べるとクリーミーで「リゾット」みたい。
濃厚でとっても美味しかったです♪
あと、個人的には追加のメゴチが良かったかな。
まぁ、無難に美味しいお店です。丸ビルってことで使い勝手がいいし、
今後ともたまに使うことがあるかもしれないな~。
それにしても、5年ほど前に茅場町の某天ぷら屋で食べた穴子を超える穴子天ぷらに
いまだに巡りあえません。やっぱり穴子に関しては、あの店なのかしら・・・・。

2009年11月 2日 (月)

11月2日のお昼ごはん

Dsc00490




















あさって、同居人くんはイギリスに戻ります。
今回も成田からということで、東京一泊、成田一泊。
東京では古本まつりに行ったり、新しく出来た丸善の本店に行ったりと、
お楽しみも多いのだけれど、
でも、やっぱりねぇ。。。。。

ともあれ、最後のおうちでのご飯は毎度ながら、シンプル和食です。
ご飯が進むおかずを集めました。

・目玉焼きとウインナーソテー

・春菊とマイタケのすだち風味お浸し

・漬けブリのトロロがけ

・明太子

・納豆

・ワカメとお豆腐のお味噌汁

2009年11月 1日 (日)

11月1日の晩ごはん

Dsc00488










今日の私は、夕方までの研究会。
もちろん終わったあとには、懇親会と言う名の飲み会があるのだけれど、今日はちょっと無理を言って、
そそくさと帰宅。

さすがに同居人くんの帰国が近付いていて、
京都で食べる晩ごはんが今日で最後なので。


さて、家にたどり着いたのは、ちょうど六時。
「ご飯どうする?どっか美味しいもの食べに行こうか?」
と相談しはじめてから、テレビをつけて気づきました。

今日の日本シリーズ、ダルビッシュが先発してる!

「・・・やっぱり家でご飯食べようか」
と同居人くんのお言葉。

でも、たいしたものがないんだよな~。
ま、困ったときは、「鍋」でしょう♪

Dsc00487













そんなわけで、アテセットもお手軽です。

・もやしのうま鍋
(もやし2袋、キャベツ、えのき茸、鶏ぶつ切りで、〆はラーメンです)

・メンマと白ネギのラー油和え

・冷奴

・ブリのお刺身と〆サバの握り
(急遽、近所のスーパーで買ってきました)

11月1日のお昼ごはん

Dsc00485














なんか画像が汚いです(笑)
ちょっと具材が多すぎて、お鍋いっぱいいっぱいになってるし。

はじめは、皿うどんでもと思ったのだけれど、
ちょっと寒いので、あんかけうどんにしました。
でも、中華風のスープです。
海老やらイカやら、牡蠣まで入っているので、お出汁がおいしい~~。

さくっとランチを食べたら、本日私は研究会に出掛けまーす。

・中華風あんかけうどん
(きゃべつ・人参・きくらげ・海老・イカ・豚肉・牡蠣で具沢山)

・塩むすび
(明太子入りです)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »