« 11月27日の生活 | トップページ | 12月1日のお昼ごはん »

2009年11月29日 (日)

11月29日のお昼ごはん

Dsc00527
















遠距離というのはなかなかに難しい、とこぼした私に、
「お互いのことを尊重し合って」と言った人がいて、
思わず、
「私、そういう言葉が一番嫌い」と言い返してしまう。
「お互いのことを理解している」とか、「尊重している」とか、
なんだ、その口あたりのいいだけで中身のない言葉。

「理解すること」の果てのなさ、や
「尊重すること」の難しさ。
相手を想うことと、自分のエゴの境目。
他人と一緒にいるということは、そういう苦しさに向かい合うことなわけで。
口あたりのいい言葉は、そういう矛盾を隠ぺいしてしまう。
そこで、「わかりあっている」と繰り返すのは、
自分の殻に閉じこもっているにすぎない。
そんなのは、体のいい「無関心」だろう。
「理解と言う名の無関心」。
10月の学会でお目にかかった老教授もそうおっしゃっていた。(さっすが実存主義の大御所)

人にかかわる、というのは、そんなお気楽なものでは決してなくて、
(少なくとも私にとっては)
乱されて、イライラして、でも、爆発的に楽しいこともあって、
そんなふうに、激しく動くものだ。
そして、「相手のことを尊重する」という名目で、互いに踏み込まない領域を作って、
静かに暮したいのであれば、
私は、初めから一人でいることを選ぶ。
だって、そんなの一人でいるのと変わらないもの。
二人でいる意味のある関係を築くには、
むしろ、理解したいと思いつつ届かなくて、
大切にしたいと願いつつ、傷つけてしまい、
そこにいる他者の存在に振り回されることでしか可能ではないんじゃないだろうか。

苦しいのは、一人でいることではない
一人でいることに慣れてしまうこと、二人でいることの意味を失ってしまうこと。

とかなんとか、考える休日の昼下がり。
お休みのランチって、なんとなく麺類って感じ。
手早く食べて、仕事しよう。次のアイデア、まったく浮かばんぞ。

・明太子パスタ
(パスタと一緒にエノキも茹でています。トッピングは水菜)

・コールスローサラダ 茹で鶏入り

・鶏手羽コラーゲンスープ
(もちろん自家製。手羽先と手羽元二種類で煮出しています)

« 11月27日の生活 | トップページ | 12月1日のお昼ごはん »

お昼ごはん」カテゴリの記事

コメント

遠距離は確かに難しいなと自分も思います
難しいというよりしんどかった
広島に来る前、東京と広島でそれぞれが暮らしていて
お互いに仕事がとても忙しかった時期がありました
当時はスカイプのようなつながり方の術がなかったので
メールと数分の電話くらいが精一杯
普段は仕事にまぎれて自分の気持ちに向き合う時間もないけれど
会えた日とその後数日の気分の浮き沈みは自分でも笑えるくらいでした

スカイプは一挙に距離を縮めて、でも現実には遠く離れているということを強く気付かされます
遠くに住む友人と話していてさえ気持ちが波立つのですから

こんな自分の昔話をしてもしょうがないのですが
それでも二人でいたいと思ったから今があるんだなと
ちょっと書いてみたかったのです

そぐわない話でごめんなさい

コメントありがとうございます。
そうですね~。ホント、しんどいって感じなんですよね。
なんというか、距離があって、どうしようもない事情があって、結局「行き止まり」みたいな。
経験者の方は、みんなそういう問題をどういうふうに克服してきたのかな、って思っていたので、nyankoさんのお言葉ありがたいです。
やっぱり遠距離って、みんな色々悩みながら、なんですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 11月27日の生活 | トップページ | 12月1日のお昼ごはん »