« 名古屋滞在2日目 | トップページ | 10月17日の生活 »

2009年10月18日 (日)

名古屋滞在3日目

そういうわけで、最終日の学会シンポをさぼって、
早々に名古屋駅へ。

〆として、最後の最後で味噌にチャレンジ。
とはいえ、味噌カツに行く勇気はなく、味噌煮込みうどん。
以前からけっこう信用しているブロガーさんたちが比較的「穴場」として
挙げているエスカ(新幹線口の地下街)にある「山本屋本店」へ。
ちなみに、もう一つ有名店としては「総本家山本屋」というのがあるけど、
まぁ、京都の八つ橋における「元祖」か「本家」か、という争いと同じような感じみたい(笑)
本店の方を選んだのはいくつか理由があって、
1、比較的空いている
2、アテが充実している
ということ。

さて、11時10分くらいにお店に到着。
席は空いていたけれど、もうテーブル席はいっぱいで、
相席用の大テーブルに通される。
ともかく、ビールが飲みたい(笑)
なにしろ、昨日から自分のペースでお酒を飲んでいなくて、
ああいうパーティというのは、会話の間を繋ぐため、あるいは潤滑にするために
お酒を飲むので、けっして味わっているわけではない。
ああ、自分にお疲れ~って感じでビールが飲みたい。
そんな感じで、ビールに名古屋コーチンのネギマ串と、シンプルな味噌煮込みうどんを頼む。
とりあえず、ネギマは無難に旨い。
あ、あと、ここは必ずお通しとして浅漬け(おかわり自由)が出るのだけど、
これはたしかに好感度高し♪
とここまでは順調だったわけです。

・・・・
さて、味噌煮込みうどん。
なんというか評し難い(笑)
まず、出汁の味なんだけど、ともかく赤味噌。
甘みはほとんどなくて、むしろすっきりと辛い。
ただ出汁の風味はあまり感じられなくて、
ひたすらに味噌の香り。で、味噌の塩っぽさ。
で、麺はご存知のとおり、生麺を煮ているので、
芯は小麦の味がそのまんま。まぁ、たしかにこれだけ濃い出汁で、
やわやわに煮られたら、味が濃ゆすぎるだろうし、
これがベストバランスなんだろうな。

そして、最も私が困ったのが、上にのっている生卵(余熱で少し火が通っているけど)。
えーっと、これは、つぶして混ぜてしまうものなんだろうか?
それとも、単品で味わうもの?
個人的に鍋焼きうどんに入ってくる卵は、
最後のお楽しみとしてつぶさずに取っておく主義の私としては、
とても悩む。(というか、出汁に卵が混ざるというのが許せない)
でも、この辛さは卵で中和しろということか??
とかなんとか悩みつつ、結局、そのまま食べました。
うーん、でもすき焼き感覚で卵を混ぜたほうが食べやすかったかも。

あと麺の生硬な感じは独特。
「すする」のではなく、「噛む」ための麺。
どちらかというと、大分の「だご汁」みたいな小麦の団子を思い出しました。
これはこれで悪くないけど、
色んな意味で「先入観」が揺さぶられるなぁ。
なんというか、一言で言うなら「ユニーク」!

で、帰るときに箸袋を見て気づきました。
「煮込みうどん 山本屋本店」。
「煮込みうどん」でいいのね。それが「味噌」なのは、いわずもがななのね(笑)
恐るべし、味噌文化。

一歩外に出たら、地下街では、「燃えよドラゴンズ」がガンガンかかっているし。
(しかも、無限リピート)
なんか名古屋って面白い(笑)

« 名古屋滞在2日目 | トップページ | 10月17日の生活 »

旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 名古屋滞在2日目 | トップページ | 10月17日の生活 »