« 10月8日のお昼ごはん | トップページ | 10月8日 »

2009年10月 8日 (木)

10月8日の外ごはん

自分で振り返ってみるに、
私という人間は年のわりに贅沢な食生活を送ってきたと思う。
若い頃から、いわゆる有名店に出入りをしてきたし、通ってきた。
そのなかで、感動にうちふるえたという料理がいくつかあって、
それはさすがにたとえ10年すぎても覚えている。

たとえば、かつて木屋町二条にあった創作料理Yの
「車海老と桃のサラダ」。
もしくは北新地Kの「ステーキミルフィーユ」と「フカヒレのステーキ」。
さらにいうと初めて行ったときの祇園Sで出してもらった刺身の盛り込み。

でも、これらはすべて単品。

ところが今日!!

コースそのものを通して、うちふるえました、感動しました。
ていうか、単純に、「びっくりした」。
同居人くんいわく、「トラッドなのにポップ、ポップなのにトラッド」!

お店を出たあとの二人の第一声が、
「ありえへん!」

ここまで完成度高い和食のコースは初めてです。
構成も、バランスも、もちろんお味も完璧です。
素晴らしいコンサートに行ったような充実感。
「めくるめく体験」という言葉はこういうときに使いましょう。
・・・我ながら、言葉が高揚していることはよくわかるんだけど、
止まりません。というくらいに感動したので・・・

というわけで、10月初旬の割烹Oさんのメニューです。

・鱧のお出汁で煮た寄せ豆腐
(「お月見です~」と言って出していただきました。お豆腐は三日月の形。
 うーん、お出汁が滋味深い。)

・渋皮栗の飯蒸し
(私、栗ごはんって嫌いなんですよ。
 でも、これは別格。栗のフレッシュ感!まったくぱさつきがなくて、
 栗なのにジューシー。で、そこにもっちりしたご飯と少し辛めの醤油の餡。
 うーん、ベストバランス)

・名残りの鱧の焼き霜と時鮭のお刺身
(鱧の立派なこと!この時期の鱧はなごりなので、皮が固かったりするんだけど、
 全くそういうこともなく、シャキシャキであまーい)

・五島列島のウニ
(やばいくらいの酒あて)

・蒸しあわびの銀杏醤油ソース
(蒸しているのにこのフレッシュ感は何??
 ギンナンのほどよい苦味とばっちり合います。
 もうだめ~うますぎる~)

・アワビのトロロ
(ここで私はノックアウトされました。
 だって、アワビをすりおろしているんですよ。
 で、そこに大和芋のすりおろし。
 こればっかりはな~食べてもらわないとわからないかも。
 濃厚なアワビの香りと、でも、口あたりは柔らか。)

・丹波の松茸天ぷら
(同居人くんをノックアウトした一品。
 もちろん、すでにノックアウトされていた私はもうメロメロ。
 えーっと、一本まるまるの丹波松茸の天ぷらです。
 それを和紙に巻いて、Oさんがカウンター越しに
 「はい♪」といって手渡してくださいます。
 で、「このまま丸かじりしてください。松茸って丸かじりが一番おいしいので」とのこと。
 松茸丸カブリです。でも、本当においしい。
 ジューシーで香りが閉じ込められていて、食感も残っていて。)

・すっぽんのにこごり
(油ものを食べたところで、生姜の効いた冷たい煮こごりです。
 さっぱりしておいしいな~。完璧な構成だと思います)

・穴子の昆布巻き
(昆布巻きってこんなにあっさり美味しく作れるんだ!)

・子持ちアユの唐揚げ 山椒醤油
(サクサクに、山椒のピリリがいい!)

・松茸ごはん
(皆さん、このように松茸ごはんを作りましょう。
 と言いたい。でも作れないんだろうな~
 炊きあがったほんのり塩味のご飯に、
 割いた生の松茸を混ぜて、余熱で火を通して完成。
 たしかにこういう作り方だと、香りはフレッシュなままだし、
 食感は絶妙の「シャキフワ」なんです。
 あ~~~完敗です。同居人くんは三杯、私も二杯食べました)

・おはぎとお煎茶

本当にびっくりしました。
お願いだからミシュランには載せないで・・・・

« 10月8日のお昼ごはん | トップページ | 10月8日 »

外ごはん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 10月8日のお昼ごはん | トップページ | 10月8日 »