« 9月11日の外ごはん(夜) | トップページ | 名古屋滞在1(夜編) »

2009年9月13日 (日)

静岡滞在

先週末は、同居人くんの御親戚からのお招きで、静岡へ。
静岡市の方には、以前、アウトドアがてら遊びに行ったことはあるんだけれど、
今回お邪魔するのは、御前崎ということで、未踏の地。

和歌山も海に面した町なので、
似た感じなのかな~と思っていたのだが、
一口に漁港と言っても、やっぱりそれぞれにだいぶ雰囲気が違う。
御前崎は、本当に大きな漁港だ。
漁港っていうよりも、「港」という感じ。
実際にはどうかわからないのだけれど、
大きな企業がバックについて、大々的に遠洋漁業を展開している「港」の雰囲気。
道も広いし、倉庫も多いし。
海の感じもだいぶ違う。
和歌山はけっこう入り組んだ海岸線なんだけれど、
こっちは、本当にまっすぐ。なんというか、「広い!」って感じ(笑)
でも、海から渡ってくる強い風は、やっぱり海風で、
最近すっかり京都人になってしまった私は、地元を懐かしく思い出したり。

さて、この静岡一泊二日のあいだは、本当にお魚を堪能してきました~
やっぱりメインは、かつお!
うーん、かつおが美味しい。そして、何より調理法が豊か。
ちなみに、「かつおは刺身が一番!タタキなんて、駄目駄目」というのは、
静岡県民、和歌山県民の意見の一致をみたところ。
(ついていけない滋賀県民が約一名・・・)
特に美味しかったのは、皮つきのかつおのお刺身。
あのこりこり感ともっちり感。海の近くでしか味わえない贅沢♪
それから、今回はじめて食べて、とっても気に入ったのが、「がわ」と「静岡おでん」。
この「がわ」というのは、この地域限定の食べ物みたいなんだけど、
釣り人なら、「水なます」という言葉でイメージするところの料理っぽい感じ。
たたいた生魚(今回はかつお)に、味噌・薬味(しそ・ショウガ・梅干し・ねぎなど)を
たっぷり混ぜ込んで、それをつめたーいお水でのばしていく。
もちろん、水なしでそのまま食べてもいいし(アテにぴったり!!!)、
のばして冷や汁状になったものをお素麺のつゆとして使ってもいい。
これがめちゃウマで。(でも、大半同居人くんが食べた)
うーん、一度家でも作ってみたいけど・・・
良い魚が手に入らないとダメだろうなあ。
それにしても、「がわ」って名前、どういう意味なんだろ?

そして、今回初めて食べたもう一つが「静岡おでん」♪
噂にはよく聞いていたけれど、「ほほー、これが」という感じ。
だし粉と味噌をたっぷりつけるのがポイント。
個人的には、だし粉が好きだな~風味が増すし。
あと、こんにゃくなんかは味噌が合う♪まぁ。田楽って感じといえばいいか。

それにしても何よりも、
海の人たちが持つ、風通しのよさや明るさをひさしぶりに思い出して、
本当に楽しかった~
(静岡の皆様、ありがとうございましたm(  )m)
そう考えると、京都人って、やっぱりイケズやわ~
それはそれで楽しめるんだけど(笑)

« 9月11日の外ごはん(夜) | トップページ | 名古屋滞在1(夜編) »

旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 9月11日の外ごはん(夜) | トップページ | 名古屋滞在1(夜編) »