« 8月13日の晩ごはん | トップページ | 8月17日のお昼ごはん »

2009年8月16日 (日)

8月16日の外ごはん

二泊三日で実家に帰省。
お盆の期間なので、漁もお休みだし、
さすがの和歌山も魚の揃いはイマイチ。
とはいえ、ひさしぶりの郷土食が色々食べられてよかった。
(同居人くんは、「かつおめし」が一番気に入ったらしい。
 ちなみに「かつおめし」とは三重の「手こね寿司」のようなものではなく、
 かつおの炊き込みご飯です。刺身用のかつおじゃないと作れません。)

で、魚の揃いがイマイチなので、
うちの両親が近所の精肉店(これがなかなかウマい)で、
熊野牛やら、牛肉のタタキなんかを買ってくれていた。
普段、「牛」を食べない私たちにとっては、
なかなか珍しいメニュー。
で、食べた結果、
「おいしい」。
いつもは積極的に食べたいと思わないんだけど、
食べてみると「牛もいいね~」と二人ともなった。

そして、
入っちゃんたんです、「焼き肉スイッチ」。

京都に戻る特急電車の中で、
二人で「肉~にくぅ~」の連呼。
お盆で焼き肉屋さんも休みが多くって、片っぱしから知っている焼き肉屋に電話(笑)
第一候補だった松ヶ崎のお店は、電話に出ず、
塩ホルモンの美味しい西大路の店もアウト。
三条の精肉店は8時半まで席が空かないって言うし、
どうしようかな~・・・と悩んでいたら、
「あ!」と思い出したのが、西院の老舗焼き肉屋。
西院の細い路地のなかにある古いお店で、
シンプルに「レバー」とか「テッチャン」と書かれた木札のメニューがとても渋い。
いまふうの「ガーリックパター」とか、「豚トロ」とかはないんだけど、
良いお肉をキチンと処理して出してくれる。
お肉以外は、キムチとスープとごはん(クッパとビビンパはある)。

そう!まさにそういうふうにシンプルに肉が食いたかった!

電話をしたら、幸い席がとれた。
地元の人ばかりがわしわしと食べているなかで、
私たちも、もりもり食べました♪

・ユッケ
(ニンニクのきいたタレが美味しい。もちろん、お肉も)

・タン塩
(ここのお店は、タンが売りです。
 薄切りなんだけど、しっかりした旨み。さっと炙って食べるといいです♪)

・塩ミノ
(包丁の入れ方が的確だと、全く硬くない♪)

・タレで、テッチャン・ハラミ・天肉・上バラ

・チシャ菜をたっぷり

・白菜キムチと大根キムチ

・わかめスープ

・ユッケビビンパ(同居人くん用)

« 8月13日の晩ごはん | トップページ | 8月17日のお昼ごはん »

外ごはん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 8月13日の晩ごはん | トップページ | 8月17日のお昼ごはん »