« 7月7日のお昼ごはん | トップページ | 新しいお皿たち »

2009年7月 7日 (火)

7月7日の晩ごはん

Cimg0964

















わー。
なんかすごい豪華な食卓に見える♪
今日は、こちゃこちゃとオカズのともを集めての手巻きご飯。
いつも見させていただいている「きょうの晩ご飯」さん参照です。

こういう食卓で仕上げる食べ物って、
なんだか楽しいですよね。
組み合わせの妙を味わえて、
二人で「これ美味しい」とか「こうやって食べたら」とか話ができるし。

ちなみに、今日のヒットはこれ! ↓

Cimg0958

















博多で買ってきたものなんですが、鹿児島の高校生が作っている「いわし味噌」です♪
九州の味噌らしく、しっかり甘くて、味も濃い!
これはリピートだわ。

いやー、しかし食べた食べた~

・手巻きごはん
(巻物は、焼き海苔・サンチュ・レタス・紫蘇
 トッピングの野菜は、きゅうり・カイワレ・オニオンスライス
 具は、いわし味噌、塩豚焼き、ゆで豚、ねぎとろ、梅わさびじゃこ、納豆、ツナマヨ、
 ハム、チーズ、でした)

・なめこのお味噌汁

・プチトマトのマリネとオクラの味噌漬け

今日の組み合わせのヒットは、「いわし味噌+かいわれ+きゅうり」を「レタス」で巻くだそうです。
(同居人くんいわく)
ちなみに私は「ハム+チーズ+ツナマヨ」を「サンチュ」で巻くのか、
「紫蘇+かいわれ+梅わさびじゃこ」を「海苔」で巻くのが気に入りました。

« 7月7日のお昼ごはん | トップページ | 新しいお皿たち »

晩ごはん」カテゴリの記事

コメント

手巻きご飯はいいですよね♪
思わぬ組み合わせがヒットだったり
お互いに真似してみたり
二人でも盛り上がります

あと手軽なのも作る担当としては嬉しところ

まきさんの手巻きご飯はおいしそう
やっぱり野菜たっぷりがポイントですね

わ~コメントありがとうございます!
めっちゃうれしいっす!!

手巻きご飯大好きです♪ 
nyankoさんのマネで、すし飯じゃなくて、
ごま油+塩にしているんですよ。
こっちの方が逆に何にでも合うような気がするんですよね~。

8月に広島と尾道に遊びに行く予定なので、
nyankoさんの広島情報に目を凝らしています。
(天草→博多→広島(もちろんカープ観戦)→尾道という旅程なのです)
同居人くんは、「きさく」の汁なし坦坦麺好きで、今回も絶対行きたいとかで(笑)

確かに胡麻油+塩は濃い〜具にもよくあいますもんね(^^)
最初は酢飯だったのにいつのまにかキムパ風になりました

いよいよ広島にこられるのですね(^^)
今から天気のよいことを祈ってます
お店の好みとかあればいくつかリストアップしましょうか?
尾道も一年間住んでいたのでおすすめ店がいくつかありますし
観光案内も「よろこんで〜(^^)」です(笑)

いよいよ行っちゃいまーす。
2月に尾道に行ったときは、
「一口」→「高原誠吉食堂」という豪華なハシゴをしたんですよ~。
高原さんが、とっても良くって!でも二軒目だから、あんまり食べられなかったから、今回は一軒目から突撃(笑)しようかと画策しています。
問題は、辛いもの系で(笑)
二人とも辛いもの大好きで、前回の「きさく」さんはすごく好みだったんですけど、
広島って、けっこうたくさん汁なし坦坦麺のお店がありますよね?
ほかに行ってみるべきか、「きさく」がいいのか。
はたまた噂の「広島冷麺」か・・・・。
悩んでます。nyankoさん、おすすめ教えてくださいヽ(´▽`)/

高原さんお魚もいいけどお肉もおいしいんですよね(^^)
高原さんと言えばカウンター横に琴光喜の写真がはってあるんですよ
ファンかな?と思って聞いてみたら「似てるでしょ(^^)」って(笑)
笑いをこらえるのに苦労しちゃいました


汁なし担々麺は花椒で辛い、つけ麺は辣油唐辛子で辛い
辛さの系統が違うので迷いますよね(;^_^A

汁なし担々麺のお店、やっぱりきさくが一番人気
我が家は同居人クンが好きなので竜胆によく行っています

つけ麺だったら新華園、冷めん屋かな

広島市内の食べ物系はこのサイトが詳しいです
http://hamanet.jp/kaishoku/
(店や味のこのみがかなりはっきりしてる方なので
店のデータや雰囲気の参考にどうぞ)

φ(・ω・ )メモメモ
この前の高原さんは二軒目だったせいで「ミンチカツ」が食べられなかったんですよ~
食べたかった!あ、でもハムサラダは食べました♪
「琴光喜」・・・気付かなかった(笑)
今回は見てみようっと。

サイトの情報ありがとうございます~
うちの同居人くんとしばらく悩みます!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 7月7日のお昼ごはん | トップページ | 新しいお皿たち »