« 6月2日の晩ごはん | トップページ | 6月3日のお昼ごはん »

2009年6月 2日 (火)

広島2-1日本ハム

むかし読んだなんかの書評に -といっても評者も対象の本も覚えていないのだけど- 「陰謀論者というのは過剰な合理主義者なんだ」とかなんとか、そんな感じの文章があった。ようするに陰謀論者ってのは、事故であったり事件であったり、とにかく世の中のあらゆる事象には、偶然なんかじゃない、なにかしら「もっともな」理由があるはずで、ただそれが人々から隠されているだけなんだと考えてしまう、そういった人種なんだって話だったと思う。もう忘れたけど。

で、じっさいには存在しない(でも本人にとってはわかりやすい)因果関係を空想しちゃうという意味では、弱いチームのファンには陰謀論者がけっこういそうな気がする(競馬のようなギャンブルの愛好者にも多そうだ)。たとえば僕はしばらくブログを書いていなかったけど、それはなぜかというと、ブログを書かないあいだ広島が勝ち続けたせいで、つまり、僕がブログを書かないことで広島が勝っているんだと妄想してしまったからだ。ちなみに高校野球で地元の代表を応援していたとき、たまたま用事で試合が見れなかったことがあったんだけど、さらにたまたまそこで代表が勝ってしまい、その大会ではゲンを担いで代表の試合を見ないという、なんかかなり倒錯した行為をしたことがあった。ちなみに次の試合で負けた。

もちろん、ここまでいくと過剰な合理主義を通り越してたんなる妄想なんだけど、これもチーム愛のゆがんだ形なのかもしれない。とはいえ、プレイしている選手には失礼な話ではあるわけで、きょうこの文章を書くことで、そんな失礼な妄想も終了することにしたい。前田健太の快投も見られたのだし。でも、明日の試合に万が一負けようものなら、僕がこのエントリを書いたせいなのだ、という妄想が復活しそうだが。

« 6月2日の晩ごはん | トップページ | 6月3日のお昼ごはん »

野球観戦」カテゴリの記事

コメント

はじめておじゃましました。
ブログ拝読して、お気持ちがよーく分かります。
陰謀論者、カープファンには沢山いるように
思いますね。
私もその一人ですから

こんな貧打チームが7連勝出来たのは
投手陣の頑張りとしか言えませんね。

こんなこと8年ぶりなんですから
明日も勝つことだけ考えましょ

こんな駄文の垂れ流し(笑)のようなエントリにコメントしていただいて恐縮です。

広島の投手陣は若い選手も多いし、これから楽しみですよね。
なんか、前健、斉藤、篠田、大竹を見ているだけで、5年はおいしいお酒が飲めそうです。
明日も勝てますように。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 6月2日の晩ごはん | トップページ | 6月3日のお昼ごはん »