« 和歌山旅行 | トップページ | 5月31日のとくべつ »

2009年5月29日 (金)

和歌山旅行その2

木曜日、すさみに一泊して、
翌日は白浜に移動。
白浜ではいつも素泊まりで、外湯めぐりをして、
地元の居酒屋と、お気に入りのバーで飲む。

特に、このバーは、同居人くんのお気に入りだ。
もともと出不精な同居人くんは、知らない店に行くのを嫌う傾向がある。
でも、このバーは別。
というか、このバーに行くために、すさみに二泊ではなく、
あえて白浜に一日割いたくらいだ。

でも、飲みに行く前に、まずは腹ごしらえ♪ということで、
いつもの「長久酒場」となった。
ここは、普段はイニシャルトークの私も、堂々と名前を挙げられるくらいの有名店。
なんでも「日本三大居酒屋」なんだとか。
(でも、あとの二つはどこなんだ??)
でも、全く入りづらくなく、
観光地特有のオープンな雰囲気がある。
ただ、常連さんが多いので、早く行かないとお目当てのお魚はなくなってしまう。
私たちもいつも必ず6時前にはお店に行くようにしています。

さて、店は焼き台のついたカウンターと、小上がり、そして、二階にお部屋がある(らしい)。
もちろん、特等席はカウンター!
L字のカウンターのなかは広々としたキッチンで、
ぐつぐつと煮えるおでんと、いろんな魚や貝の入った水槽がある。
ここは、ともかくローカルな珍しい魚貝がメインだ。
とくに貝類は変わったものが多い。
貝好きの同居人くんは、いつも興味津津。

金曜日の食べたもの

・ナガレコのお刺身
(全国的には、トコブシという名前で呼ばれている貝らしいです)
・クロベ
(がんがら、とか、なぁらみ、とか色々な呼び名を聞いたことがあるけれど、
 いったい、どれが正式名称なのか?磯の香がする巻き貝。)
・太刀魚のお刺身
・ハゲのお刺身
(皮はぎのこと。冬がすぎて、肝も小さくなったけど、やっぱり食べてしまった)
・ゆで渡り蟹
(水槽から生きたまま取り出して、ガツンバコーンみたいな感じでゆで上げられました(笑))
・ナガレコの煮付け
・アゲマキの焼いたの
(マテ貝の少し小さいみたいな感じ。これは私もはじめて。
 同居人くんいわく「ハマグリの味。めっちゃうまい」)
・クジラのタレ焼き
(ここのクジラは本当においしい)
・自家製からすみ
(長久に来たら、酒飲みは必食! ふだん、うすーく切ってみみっちく食べるからすみが、
 ものすごい厚切りで、山のように出ます。で、値段がびっくりするくらい安い)
・おでん色々
・あおさのお吸い物
(しめにはあおさでほっこりと)

金曜日の飲んだもの

「とりあえず」の生ビール×2
「居酒屋といえば」の熱燗(長久)×5

バカみたいに食べました(笑)
で、いつものコースで、お腹をならすために、
近くの白良湯につかりに。
(それにしても、ここのお湯は熱い)

そのあとは、同居人くん待望のTさんへ。
ここはバー、というか、パブというか・・・
バーというほど閉鎖的ではなく、とってもオープンなので、
むしろパブかもしれないな。
そして、なにより、マスターをはじめとして、
一緒に働いている方たちが魅力的。
お客さんには媚びないけど、ものすごく気づかいができて、
なんとうか、「天性のサービス業」って感じ(笑)
こういうふうに、本当にやりたいことを形にして、
それをお客さんたちが面白がって、集まってきているのって、
一つの店としての理想形じゃないかなぁ。
とかつらつら思いつつ、
私はお気に入りの「リアルモスコミュール」を、
同居人くんは、いつもの「ドラフトギネス」。
それから、マスターやスタッフさんと色々話しつつ、
飲みつつ、
適度なざわめきのなかで、いい感じに夜が過ぎて行って・・・
つい、
食べてしまいました。Tさん名物のピザを(笑)
なんと、こちらのお店には、石窯が完備されていて、
その石窯でピザやパンを焼いてくれるんだな~
この日は「リコッタ・マルゲリータ」を注文。
やっぱり美味しい~~~。

たらふく食べて飲んで、金曜日は白浜の夜を満喫しました♪

« 和歌山旅行 | トップページ | 5月31日のとくべつ »

旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 和歌山旅行 | トップページ | 5月31日のとくべつ »