« 神様とその他の変種 | トップページ | 5月26日のお昼ごはん »

2009年5月25日 (月)

5月25日の晩ごはん

Cimg0865




















料理において油分は大切だ、というのと同じくらい、
水分も大切だ。
「水気をきって」とか、「水気でべちゃべちゃ」というふうに、
料理の文脈において、「水気」というのはイマイチ良くない単語として扱われがちだけど。
でも、そうだろうか。
たとえば「肉汁」、たとえば「ジューシー」という単語。
これだって、水分だ。
もちろん、サラダで葉っぱに水気が残っていると、
水っぽくておいしくない。
でも、一方で、焼きすぎて水分が抜けたハンバーグはパサパサで美味しくない。

果たして、水分とは如何!?みたいな(笑)

とにかく、経験上行き着いた結論として、
肉類の調理は水分がポイント!だ。
火が入れば、お肉それ自体が持っている水分というのは抜けてしまう。
その水分をいかに保持し、美味しい肉汁に変えるのかが、
「ジューシーさ」への第一歩ではないかという素人考え。

で、今日はその水分使いがテーマとなる餃子です。

・焼きギョーザ
(焼きギョーザの皮は絶対に永楽製麺所のものです。
 ぷりっぷりの肉厚が美味しいんだな。水餃子にしてもいいです。
 で、テーマの「水分」ですが、
 うちでは、ギョーザの餡にはたっぷりガラスープを練りこみます。
 かなりなめらかな感じかな。噛むと肉汁がこぼれます♪)

・蒸し鶏のマスタードマヨソース、トマトときゅうりぞえ

・ピーマンの塩こぶ和え

・大根のスープ煮
(新しく買ったジオプロダクトの鍋で炊くと、びっくりするくらいやわやわの美味しい煮物になった)

・たこぶつ
(同居人くんがたこ好きなので・・・・・)

« 神様とその他の変種 | トップページ | 5月26日のお昼ごはん »

晩ごはん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 神様とその他の変種 | トップページ | 5月26日のお昼ごはん »