« 5月18日のお昼ごはん | トップページ | 移動日/大矢監督解任 »

2009年5月18日 (月)

5月18日の晩ごはん

Cimg0846夕方の匂い、というのは何だか人をせつなくさせるな、
と、同居人くんと今日の夕暮れ時に買い物に行って感じる。
わたしたちが住んでいる辺りは、
本当に古い住宅街で、今日も帰りがけに近所の子供たちは、
キャッチボールをしていた。
子供の賑やかな声、おばあちゃんたちのゆっくりとした井戸端会議、お母さんの怒った声。
「懐かしい」というと陳腐な感じがするけれど、
でも、そうとしか言えない。
そこに、夕食の支度の匂いが流れてくる。

なんだか完璧すぎるくらいだ(笑)

いわゆる「家庭」というものの匂いなのかもしれない。
で、ちょっとせつなくなったりする、センチメンタルな私。

懐かしい夕食の匂いを嗅いだので、
ひさびさに干物なんぞ焼いてみた。


・ブロッコリーの海鮮塩炒め
(めっけもんのブロッコリーとカリフラワー・しいたけ・ブラックタイガー・スルメイカを中華風に)

・小アジの干物

・新ゴボウと人参の牛肉煮

・コールスローサラダ プチトマト入り

・新わかめと油揚げのみそ汁

こんな夕食を作って、少しセンチメンタルな気分に浸ったら、高山なおみのこんな一節を思い出した。

「私はふだんから買い物のレシートをためている。いっぱいになるとそれを種類別に分けて封筒にしまう。その時に、ついスーパーのレシートに見入ってしまうことがある。そこにはナスだのタマゴだのブタヒキだのと打ってあって、その日に夫と食べた晩ご飯が浮かんでくる。そういう、日々のなんでもない暮らしが、これからもずっと続いてゆくのだろうとぼんやり思う。ぼやっとしたその気持ちは、日常的にただ漠然と私をやすらかにしてきたように思う。」

もちろん、まだそんな境地に私は至れていないけれど(笑)

« 5月18日のお昼ごはん | トップページ | 移動日/大矢監督解任 »

晩ごはん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 5月18日のお昼ごはん | トップページ | 移動日/大矢監督解任 »